人生💯倍の安心😊【聖書】歴代誌第一29章

29章 神殿建設のために献げる

1.神殿のために献げる

ダビデは全集団を招集し、神殿のために献げるように、声をかけました。ダビデ自身、神殿建設のために多くのささげ物をしました。そして自分と同じように惜しみなく献げる者がないか、と尋ねています。王家にでも、プロジェクトにでもなく、ただ神に献げるのです。ダビデは、金3000タラント(約100キログラム)精銀7000タラント(約240キログラム)を献げ、さらに、全焼のいけにえとして、雄牛1000頭、雄羊1000頭、子羊1000頭のいけにえを献げました。大事なことは、献げる金額の問題ではありません。ダビデの気前のよさは、ダビデの神に対する心を表すものです。

共鳴する者が現れました。一族の長たち、イスラエル各部族の長たち、千人隊、百人隊の長たち、王の仕事の係長たちも、みずから進んで献げたと言います。嫌々ながらでも、出し惜しみするのでもなく、全き心からのささげ物でした。

今日、献金については教会内外でも議論があります。しかし、献金は教会の財源として必要なものであることに間違いはありません。教会の働きを献金で支える、これは教会員としての責任でしょう。問題はそれが、適切な目的のために、正しく使われているかどうかです。会計的な説明責任がきちんと果たされるものであるかどうかです。その上で、教会に物質欲から解放された気前のよいささげ物があるということも、また大事なことです。教会が、余りものの献金やケチケチした思いで献げられる献金でなんとか維持されているとしたら、そこは、物欲で毒された社会で疲れ切った人々の心を癒す場になるものでしょうか?世俗的な束の間の楽しみから解放された心が教会に見られる、それ自体が、教会を世の光、地の塩とするのです。

2.         ダビデの祈り

11節からダビデの祈りが記録されます。ダビデの祈りには、神への讃美(11-12節)、感謝(13節)、すべてよきものは上から来る、神の賜物であるという告白(14-16節)、そして、祈願やとりなし(17-19節)があります。祈りというものは、祈願だけではない、そこには少なくとも四ないし五つの要素があるものです。神社仏閣で手を鳴らして祈る祈りとは違う祈りがある。これも教会を世の光、地の塩をする要素だと言えるでしょう。

3.神殿の意義

なお、ここでダビデが、ソロモンに託した神殿建設について、神殿を神殿とは呼ばずに「宮(宮城の意味)」と呼んでいることに注目させられます(1節)。ダビデは、言い間違えたわけではなく、敢えて、19節でも「宮を建てさせてください」(19節)と繰り返しています。ダビデにとって神殿は、宮です。そこに自分の守りがあり、砦があり、本拠があるというわけです。教会も同じです。教会は、今あなたにとってどのような場になっているのでしょうか。コロナ禍になって、教会のデジタル化が進み、礼拝をYouTubeで公開する教会も多くなりました。しかし、それが、ただ興行的な人集めの手段になるのであれば、それは道を誤っています。大事なことは、教会というのは、ケアのなされる場、そこに集う人の、安心や安息が守られる場であることです。キリスト者が教会を世の光、地の塩として誇るのは、教会が、集う一人一人にとって「城」となるからです。イエスが蹴散らした、商売の巣、強盗の巣とするためではありません。となれば、自分の教会を定めることも別の意味で重要なことです。デジタル化が進むことは利便性を高めます。しかしそれはあくまでも自分の城を大事にするためのものです。

最後の26-30節は、主の約束と忠実さによって、ダビデとソロモンの治世とその繁栄がもたらされたと(25節)、理解すべき内容です。バトンはダビデからソロモンに渡されました。しかし、それは、ダビデが用意したものではなく、主が設けられた王座でした。ソロモンを偉大にしたのも主であると繰り返されます。主のなさることに目を留める歩みをさせていただきましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。当時ともしび皿に入れる燃料として使われたのは次のどれでしょうか?①灯油、②オリーブ油、③牛脂、答えは②オリーブ油でした。では、今日の聖書クイズです。ダビデがイスラエルで王であった期間はどれほどであったでしょうか?①30年、②40年、③50年、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

Chapter 29 Dedicated for the construction of the temple

1.dedicate for the temple

David summoned the whole group and called them to devote themselves to the temple. David himself made many offerings for the building of the temple. And he asks if there is anyone who gives as generously as he does. He doesn’t give to royalty, he doesn’t give to projects, he just gives to God. David offered 3,000 talents of gold (about 100 kilograms), 7,000 talents of pure silver (about 240 kilograms), and burnt offerings of 1,000 bulls, 1,000 rams, and 1,000 lambs. The important thing is not the amount of money you give. David’s generosity reflects his heart for God.

A sympathizer has appeared. The chiefs of his clan, the chiefs of the tribes of Israel, the chiefs of the thousands, the chiefs of the centurions, and the chiefs of the king’s affairs, also willingly gave it. It was not reluctant or stingy, it was a completely heartfelt offering.

Today, there is a lot of discussion both inside and outside the church about offerings. However, there is no doubt that donations are a necessary financial resource for the church. Supporting the work of the church with donations is the responsibility of a church member. The question is whether it is being used correctly for its proper purpose. Whether accounting accountability is properly fulfilled. Moreover, it is also important that the church has a generous offering free of material desires. If a church is only sustained by surplus offerings and stingy offerings, is it a place of healing for the weary of a society poisoned by materialistic desires? The fact that a heart freed from worldly fleeting pleasures can be seen in the Church itself makes it the light of the world and the salt of the earth.

2.David’s Prayer

David’s prayer is recorded from verse 11. David’s prayer included praise to God (vv. 11-12), thanksgiving (vv. 13), confession that all good things come from above and are a gift of God (vv. 14-16), and supplications and intercession (verses 17-19). Prayer is not just a request, it has at least four or five elements. There is a prayer that is different from the prayer that you clap your hands at shrines and temples. This is also the element that makes the church the light of the world and the salt of the earth.

3.Significance of the Temple

It should be noted here that David calls the temple, which he entrusted to Solomon, an “Imperial Palace” instead of a temple (verse 1). In verse 19, David repeats, “Let me build an Imperial Palace” (verse 19). For David, the temple is the Imperial Palace. That’s where you have your defense, where you have your fortress, where you have your headquarters. The same is true of churches. What kind of place is the church for you now? With the spread of COVID-19, the digitization of churches has progressed, and many churches have posted their worship services on YouTube. But if it’s just a way of attracting people at the box office, it’s wrong. The important thing is that the church is a place where care is given and where the people who gather there are safe and secure. The reason why Christians boast of the church as the light of the world and the salt of the earth is that the church becomes a “castle” for everyone who gathers there. Not to make it a den of commerce, a den of robbery, which Jesus kicked out. In that case, establishing your own church is also important in another sense. Advances in digitization will increase convenience. But that’s just to take care of your castle.

The last verses 26-30 should be understood as the promise and faithfulness of the Lord that brought about the reign and prosperity of David and Solomon (verse 25). The baton was passed from David to Solomon. But it was a throne set up by the Lord, not one prepared by David. It is repeated that it was the Lord who made Solomon great. Let us take steps to keep an eye on what the Lord is doing. I hope you have a good day today.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Which of the following was used as fuel for the torch plate at that time? (1) kerosene, (2) olive oil, (3) beef tallow, the answer was (2) olive oil. Here’s today’s Bible quiz. How long was David king in Israel? ①30 years, ②40 years, ③50 years, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.