エレミヤ書2章

2章 エルサレムへの警告
おはようございます。昨日のメッセージに、年代的に不正確な部分がありました。修正しましたので、午前中に読まれた方はご確認ください。さてエレミヤの召命直後のメッセージが始まります。イスラエルの二股信仰への警告、それは私たちの信仰のあり様をも探るものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.イスラエルの背信
エレミヤは神の召しに立った。本章から6章は、おそらく召命直後、ヨシヤ王時代に語られた初期の預言である。2節、「あなたの若いころ」「種も蒔かれていなかった地、荒野での」は出エジプトから、シナイ契約締結までの期間を指している。その時、イスラエルはその貧しさや困難の中にあって誠実であり従順であった、と神はイスラエルの愛を認めている。が、今は違う。イスラエルは、新婚時代の愛と純潔を保つことなく、主の恵みを忘れこれに背き(5節)、もはや神を求めようともしなかった(6節)。それは、指導者たちだけの問題ではなく一般の民衆も同じで、彼らはさらに偶像礼拝の罪を重ねた(13節)。10節、キティムの島々は、パレスチナから見て西方を、ケダルは東方を示唆した。つまり古今東西を探してみよ「どこにかつて自分の神々を、神々でないものと取り換えた国民があっただろうか」ということだろう。そしてそのために「メンフィスとタフパンヘスの子ら」つまりエジプトに恥辱を受ける今の現実があるのではないか、と神は語る。「いったいどうしたことか」アッシリヤやエジプトとの外交政策によって国の安全を保つことが出来る、と考え、神を捨て去るとは、と言うわけである。
2.まことの神のみへの信頼
エレミヤの初期のメッセージには、先輩の預言者ホセアの影響があると言う。確かに、ホセアのメッセージと重なる部分がある。つまり、イスラエルは、姦淫の女に例えられている(25節)。「他国の男たち」はバアルの神々のことであり、イスラエルは、夫である主を捨てて、他国の男たちを追いかける女のように、宗教的に不誠実な状況にある、という。
しかも彼らはまことの神と偶像の二股をかけていた(27節)。バアルを神として祭りながら、困った時には聖書の神に祈り求めた。神と名の付くものはどれでも同じ、結局信仰は皆同じ、何であれ信心は尊い、ということはない。これは、日本人の信仰の持ち方への警告でもあるのだろう。日本人は宗教心はあるが信仰心はない、と言われる。宗教や信心は大切であると考えるが、何を信じるかは問題にしない。むしろ信じる対象を一つに絞って信仰することには抵抗感がある。だから、家には仏壇もあれば神棚もあるし、聖書も置かれていて、よしとなる。だが信じるべきまことの神は、ただお一人である。
ヨシヤの時代、アッシリヤの国力は急速に衰え、それに代わってエジプトが一時シリヤ、パレスチナの支配権を握った。イスラエルの指導者は、そのような時流を読んで、エジプトとの関係を良好にすべきと考えたのだろう。けれども時代の動きをコントロールしているのは神であり、その神をないがしろにした行動に実りはない(37節)。このCOVID-19禍においても、表層的な時代の動きに踊らされず、まことの神に聞き従う者であろう。

エレミヤ書1章

エレミヤ書1章 エレミヤの召命
おはようございます。本日からエレミヤ書に入ります。この書も長いですが、ぜひ、読み切るだけではなく、読みを深める努力をしてまいりましょう。気づいた時には聖書を読むのが当たり前のこと、欠かせないこととなっているはずです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.エレミヤ書の背景
預言者エレミヤの名は、ヘブル語で「主は高められる」を意味する。エルサレムの北東約4キロに位置する寒村、アナトテの町に住む祭司の子であった。彼は、BC627年に啓示を受け、約50年に渡って預言者として活動した。
 先のイザヤの時代に全盛であったアッシリヤは、BC633年アッシュール・バーン・アプリ王の死後、次第に弱体化し、BC612年新興勢力のバビロンに脅かされるようになった。そして、BC605年カルケミシュの戦いにおいて、ついにネブカデネザル王の率いるバビロン軍に破れ滅亡、ユダ南王国も、アッシリヤからバビロンの支配下に服していった。しかし南ユダのエホヤキム王は、エジプトを後ろ盾としバビロンから独立しようとした。その試みは失敗し、エホヤキム王は死に、エホヤキン、ゼデキヤが傀儡の王位につく時代が続いた。そしてエジプトを頼みとし独立を求める主戦派の動きは収まらなかった。そのような時代にあってエレミヤは、それが、神のみこころに反し、さらなる捕囚の悲劇的な結果を産むことを預言する。
2.エレミヤの召命
 1章は、エレミヤが預言者として召命を受けた時の出来事を語る。エレミヤは、神の召しにしり込みをしているが、神はご自分が共におられること、そして必要な助けを与えることを語る(8節)。そして、神は、エレミヤの目線に立って、エレミヤが見ているアーモンドを、私も見張っている、と語られる。アーモンドは、イスラエルでは1、2月頃に真っ先に白い花を咲かせ、春の訪れを感じさせる花である。またヘブル語の「アーモンド」(シャーケード)と「見張っている」(ショーケード)は語呂合わせとなっている。毎年アーモンドの花が咲き乱れるアーモンドの名産地アナトテで育ったエレミヤにとって、それは特別な気づきとなったことだろう。つまり、エレミヤの召命も神の裁きも、ある日突然思いがけずに起こったことではない。それは、神がすべてをショーケードしてきた結果である。だからエレミヤにとって神の召しは、案ずるに及ばない。他方北から傾く「煮え立った釜(13節)」は、南ユダのすべての悪に対して、神が北方の民を、裁きの執行者とされることを示しているが、これも突如なされることではない。神が繰り返し警告を発して来られた結果である。
神はエレミヤに「腰に帯を締め、おびえるな」(17節)と言う。しばしば神が託された働きは私たちの力を超えるもののように思われることがあるだろう。しかし怯んではいけない。というのも神は、すべてをショーケードしておられる。召し出された者が生まれる前からことを計画し、その働きに相応しく、幼いころから教育と経験を加える中で物事を進めて来られているからだ。私たちはただ神に従うのみである。

イザヤ書66章

66章 主のことばにおののく
おはようございます。イザヤ書完読です。神が忌み嫌われるのは、偶像崇拝と形式主義的な信仰です。これは、イエスが戦った宗教的二大悪というべきものでしょう。イエスはそのために十字架につけられ、嘲られましたが、最終的には復活の勝利に与ったのです。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.神のご計画と業
イザヤ書は、黙示録と重なる興味深い書である。黙示録も、基本的に新しい出エジプトを語り、終末のビジョンを指し示す。そしてそのビジョンを共有する今の心の幸いがある。
 さて66章は、65章に続く神の応答であるが、まず1-5節、神は「貧しい者、霊の砕かれた者、神の言葉におののく者に(2節)」こそ目を留めるとされる。神は霊であり、目に見えないお方である。だから、偶像を造り、その神のために神殿を建て、献げものを携えて崇拝に熱中する者たちを、神は罰せずにおられない。5節は、「今、十字架から降りてもらおう。それを見たら信じよう」という十字架上のイエスに対する嘲りを思い出させることばである。祭司長や律法主義者たちは、イエスの神に対する熱心を嘲ったが、最終的に、神の怒りに触れて度肝を抜かれたのは、彼らであった(マルコ16:32-39)。
神のみことばは必ず時至り実現する。しかも、人が予測するよりも一歩先にそれは実現する(7節)。突如、一瞬にして、ということがある。確かに、主の日は盗人のように来るのであり、教会は神の御国の種を宿し、それを生み出そうとしている現実がある。「わたしは産ませる者なのに、胎を閉ざすだろうか」(9節)。捕囚帰還然り、出エジプト然り、キリスト者が希望を抱く神の国も然り、それは時至れば必ず起こりものである。空しい希望ではない。そして信じる者は皆、乳飲み子のように愛される安息の平和を享受する(12-14節)。だから、その望みを抱いて、今を喜び生きるように、と神は語る(10-11節)。
2.形ではなく、真実に主を愛す
 15-17節は、再度、偶像崇拝に対する警告である。神が忌み嫌うのは、偶像崇拝、まことの神の否定である。しかし、形式的な礼拝も同じように忌み嫌われる(23-24節)。まことの神を愛する熱心を、明らかにしたのがイエス・キリストであった。そのイエスがこの24節を引用して、当時の偽善に満ちた律法主義、形式主義の信仰者を批判している(マルコ8:48)。イエスは申命記を愛読された、と何かの書で読んだことがある。申命記の主題は、神の愛であるから、確かにそうだろう。だが、イザヤ書の最後の節を引用するイエスの心は、やはり、まことの神に対する霊的な愛と信頼を語る、預言者の心にも深く共感しているようだ。「わたしの造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くように。」(22節)神はもはや、全世界からご自身を求める者を、霊的なエルサレムに集められる。その日は近い。その救いの中心に立つのは、目に見えない神を真実に恐れ、そのみことばに心から従い、その武骨さのゆえに嘲られるわずかな信者である。世の形式からすれば、神の祭司、レビ人となるには無資格とされる者を、神はお選びになり、その者たちによるまことの礼拝を受け入れられる、と言う。形を整えるのではなく、心において神に繋がる信仰が求められている。

イザヤ書65章

65章 楽しみ喜べ
 おはようございます。人は過去の記憶の中に生きている者です。しかし、未来の展望の中に生きている者の生き方はまた違います。主の御国の素晴らしさを思い、そこに向かっている者として歩ませていただきましょう。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.神の答え
 先の預言者の祈りに(63-64章)、神が応答している。本来は、イスラエルの民にこそ、与えられる祝福であったのに、彼らは、神に従わず、偶像礼拝に陥り(3節)、異国の異教的習慣に染まり(4節)、律法を守らず、その心は神から遠く離れていた。神はそのようなイスラエルに対して厳しい裁きを告げられる(6、7節)。しかしそれは神の本意ではない。
神は愛であるから、主の名を呼び求める者には、あわれみ深い。いつでも答えてくださる。たとえ、神を尋ね求めず、頑なに、良くない道を歩む者であっても、神は「わたしはここにいるから」と待ち構えている、と言う(65節)。預言者が、期待したとおりの神である(64:4)。
大切なのは、人の神に向かう心である。人が、この神の祝福を受けようとするか否かなのである。ただ、それは、必ずしも、信仰者として模範的な生き方をしているかどうかを意味しているわけではない。むしろ、神の哀れみに寄りすがって、主に従って生きているかどうかである(13、14節)。
2.他の名の祝福
だから、他人がどうであれ、主の前に真実に生きる小さき者があれば、神に見過ごされることはない。腐れたぶどうの房の中に、一粒の甘い実があるなら、それは損なわれないと言う(8節)。彼らは、神の約束の地を相続するのである(10節)。実に真実な者に対する神の細やかな目がある。「ガド」は言ってみれば福の神、「メニ」は運の神として拝まれた偶像である。これら偶像の神を拝み続けるのではなく、まことの神のみを拝すべきことが勧められる。偶像に執着する者にはのろいを、これと決別し、神に立ち返る者には「ほかの名」を、つまり、もはやこれまで貼られた不名誉なレッテルはすべて取り去られる、というのだろう。
3.新天新地の祝福
 さらに神は答える「先ことは思い出されず、心に上ることはない。」(17節)。人はいつまでも過去の記憶に生き、落胆しているものだ。「曲がったものは真っ直ぐにできない」というが、まさに、曲がりきって、よれてしまった人生に何の希望を抱くことができるだろうか、と考えている。しかし神は言う。「わたしの創造するものを、いついつまでも楽しみ喜べ。」神は創造の神である。神に不可能はない。期待は棄ててはいけない。しかしより大切なのは、人が味わうべき祝福は、何かを所有することよりも、何かを共有することにあることだ。もうすぐ、悲しみも叫び声もない、御国の約束が訪れる時が近づいている。以心伝心というがごとく、神と人の心が、打つ前に響くごとく通い合う時が近づいている(24節)。25節は、11:6-9の引用であり、御国の祝福を語る。もはや、争いもなく、平和で静かな時を永遠に共有する、そこに向かっている者として、この社会の喧騒を超えて生きたいところだろう。

イザヤ書64章

64章 奮い立って主にすがる
 おはようございます。63章に続く、預言者イザヤのとりなしの祈りです。ただひとりでぶどう踏みをした神に対比し、ただひとりでとりなすイザヤの姿が印象的です。ぼんやり物事を考えてしまいかねないCOVID-19禍にあって、大事にすべきことが見えてくるように。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.驚天動地の事態が起こらんことを
63章7節から続く預言者の祈りとなる。既に見たように、預言者は、「わたしの側に立つ者はだれもいない」(63章)と語る神に共感して、人間のはなはだしい罪深さに心を留めている。「私たちはみな、汚れた者」「義はみな、不潔な衣」「枯れた木の葉(6節)」と語るように、預言者は、人間の現実を厳しく見ている。そのような預言者を極端に思い、受け入れがたく感じる人も多いことだろう。誰も彼もが悪いわけではないだろう、と。しかし、神の義は人が考える程度のものではない。かつてペテロは変貌山でイエスの聖さを目撃し、それは「この世の職人にはとてもなし得ないほどの白さ(マルコ9:3)」であると伝えたが、もし神の義、神の聖を目撃することがあれば、人は自分の何であるかに恐れ震え、沈黙せざるを得ないことだろう(イザヤ6:5)。だが人間の感覚は余りにも鈍麻し、現実にはそのようにはならない。だから罪深き人間が救われるとしたら、神が「天を割いて降りて来られ」「山々が揺れ動く」、想像を絶するような、見たことも聞いたこともないことが起こらない限り、到底不可能と言うべきである。使徒パウロは、この4節をコリント人への手紙の中に引用し、十字架の出来事がそうであった、と語る(1コリント2:9、10)。確かに、人の罪に赦しのためにいのちをささげたイエスの十字架は、たましいを心底揺さぶる驚天動地の出来事であった。だが預言者はまだその十字架を知らない。
2.どうか、主よ
だから9節以降の、預言者の神に対するとりなしは叫びに近い。サマリヤの陥落という歴史的な事件を目の当たりにし、残されたユダに対する神の裁きを確信せざるを得ない状況にあって、預言者は祈らざるを得ないのである。実際後にバビロン捕囚を経験した読者は、その惨状にあって、「主よどうか激しく怒らないでください」と祈らざるを得なかっただろう。そのように祈る何の権利もなく、討ち滅ぼされて当然で、静かに身を引くべき立場にあろうとも、いじましくも、人間は命ある限り回復を願わざるをえないのである。神が愛であるとすれば、やはりあつかましくもそこに希望をつなぐのである。そこで、回復を求めて、代弁する、それが預言者の祈りであった。ただ一人「ぶどう踏みをした」神の姿に(63:3)、ただ一人とりなす預言者の姿が浮かび上がってくるところだ。
ウィーンでグラーベンのペスト記念碑を見た時に、このようなものはもう昔話かと思ったが、愛の神の懐に飛び込んで訴える祈りが、再び求められている時代である。というのもCOVID-19禍が見せてくれたのは、まさに、病の怖さよりも、その病にあって立ち振る舞う人間の罪深さではなかったか。しかしその罪深き人間を見捨てることのない深き神の愛に訴えて回復を祈る使命がある。イザヤはその列に加わるように招いている。