詩篇55篇

 

55篇 思い煩いを委ねる

<要約>

おはようございます。私たちの人生には、突然降りかかる不幸というものがあるものです。突然足を救われるような状況にあって、どうすべきか、神の最善、神の解決に期待する他は無しということがあるものでしょう。神は愛であり、神は善であることを、どこまでも期待し、主の解決を待ち望みたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

背景として、ダビデの議官アヒトフェルが、アブサロムの謀反に加担した時のことが考えられている(2サム15:12、31、16:23)。ここでダビデは、取り乱している。「私は悲嘆に暮れ、泣き叫んでいます」(2節)。我が子に裏切られ、命を狙われた心の痛みが綴られる。それは実に不意打ちであった。冷静に状況を判断する間もなく、死の恐怖、恐れと震え、戦慄が襲ってくるような出来事であった。「嵐と疾風を避けて、私の逃れ場に急ぎたい」(8節)。実にダビデは、足をすくわれる思いであったのだろう。何とかせねばと思いつつ、とうてい逃れられない、もはやその場で打ち倒され、息の根を止められそうな状況にあった、というわけだ。

2.ダビデの試み

そこで、ダビデは、必死に神に向かって叫んでいる。第一に、自分を追い詰めようとする策士どもが混乱させられるように。分裂するように。かつて神がバベルの塔を建てようとした者たちのことばを通じなくさせて混乱させたように、彼らが混乱し、散らされるように、と祈っている。そして、自分が心を打ち開いて語り合った友人の裏切りに、神が裁きをもって報いられるように、と祈っている。「死が、彼らをつかめばよい。彼らが生きたまま、よみに下るがよい」(15節)なんとも激しいことばである。こんな祈り方をしてはいけない、敵が滅びることを祈ってはいけない、普通はそう教えられるものではないか。だから、何かこんな祈りには、違和感を覚えるところだが、ダビデは窮地にあって祈り、叫んでいる。

ともあれ、ダビデは必至に祈った。「私が神を呼ぶと、主は私を救ってくださる」(16節)。確信を持って祈った。「夕べに朝に、また真昼に、私は嘆き、うめく。すると、主は私の声を聞いてくださる」(17節)。ダビデは執拗に祈った。というのも、この状況を打破するのは神以外にありえないからだ。万物の主である神だけが頼りの状況なのである。何の救いも期待できない状況で、ダビデはただひたすら祈った、というべきだろう。ダビデの祈りは率直で、感情を丸出しである。ただその結果、ダビデは、神の奇跡的な助けを即座に得るというのではなくて、神に重荷を委ねる心境を得ている。「あなたの重荷を主にゆだねよ。主があなたを支えてくださる。主は決して、正しい者が揺るがされるようにはなさらない。」(22節)。病み痛む心と辛い重荷を、主に差し出すことである。その結果、主は、人々が、アルキ人フィシャイの助言に耳を傾けるようにし、アヒトフェルのすぐれた助言を打ち破ってくださったのである(2サムエル17:14)。

ペテロは、迫害下にあるキリスト者に語った。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」(1ペテロ5:7)。人生に苦しみは多い。不意を衝く、恐怖や戦慄が襲うこともあるだろう。そして何でも心を打ち明け、語り合った友に裏切られる事もある。人間はわからないものである。そのような中で、神は正しい者に目を留められるのであるし、正しい者に対して致命的な危害が加えられることを許されない。神に重荷を委ねるならば、神が黙って見過ごされることも、正しい者が揺るがされるままにされることもなさらない。主に、ありのまま自らの心の内を打ち明け、主の解決に期待しよう。

詩篇54篇

54篇 空気を変えるのは神

<要約>

おはようございます。物事が総崩れになるようなことがあれば、もはや人は誰も味方してくれることはないでしょう。ただ、孤立無援の中で朽ち果てる自分を思わされるところです。しかし、神は正しいことをなるお方であり、神を呼び求める者の味方です。いついかなる時も神に期待し、主の御名を呼び求めるべきなのでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

背景的には、詩篇52篇に続くものだろう。祭司エブヤタルが、エドム人ドエグの大虐殺からダビデのもとに逃れてきた。ダビデは、もう間もなく、サウルがこの町に追い掛けてくることを知ると、町を出て、そこ、ここ、と彷徨うのである。そうしてダビデの所在が再びわからなくなると、サウルはダビデの討伐を諦めるのであるが、ダビデは、身を寄せた同族の町ケイラの人々の裏切りにより、再び窮地に立たせられていく(1サムエル23:19)。ダビデはジフの荒野を彷徨い、急いでサウルから逃れようとしていた。サウルは山の一方の側を進み、ダビデとその部下は山の他の側を進んでいた。そこに、ペリシテ人侵入の危機がサウルに伝えられる。サウルは、あと一歩というところで、再びダビデを捕まえるチャンスを逃がしてしまう(1サムエル23:27)。危機一髪の所で救われたダビデが、ジフの人たちの敵意と神の憐れみを覚えて歌った歌がこの歌である。

2.孤立無援の中で

「見知らぬ者たち」は、ジフ人のことだろう。「横暴な者たち」とはサウルのことに他ならない。彼らはいずれも、神を恐れない人々である。そのような中で、「神よ。あなたの御名によって、私をお救いください。あなたの力強いみわざによって、私を弁護してください」(1節)と、ダビデは祈っている。ここでダビデは、自分の身の安全のみならず、正しさが明らかにされることを求めている。敵意にさらされた人間は徹底して叩かれ、打ちのめされ、滅ぼされようとするものだろう。人間の敵意ほど執念深く恐ろしいものはない。サウルの敵意の前に風前の灯火にある心を力づける詩篇が52篇であるとすれば、54篇は、その場の空気に左右される無関心な人々が敵対者に加担し、いよいよ多勢に無勢、追い詰められていく中での祈りである。ジフの人々は、ダビデは裏切り者であるとし、サウルの側に立った。しかし彼らは何が起こっているのかを正しく理解しているわけではなく、正しく理解しようとするわけでもない。人は他人の不幸に関心は向けても、何が正しい事で、何をすべきか、ということまでは考えないものである。打ちのめされた人間をかわいそうとは思っても、その人間の悲しみに寄り添うほど関心は持たないものである。

3.ダビデの逃げ道

そこでダビデはどうしたか。ダビデは「御名」を呼び求めている。この直後に書かれたと思われる、詩篇31篇にも「あなたの御名のゆえに、私を導き、私を伴ってください」とある。人の敵意のみならず、自分を取り巻く状況が益々冷え切っていく中で、その空気を変えてくれる人など、現れることはない。物事が総崩れになるようなことがあれば、もはや、誰も人は味方になろうとはしないだろう。途方に暮れる状況の中で、ダビデは、神の力強いみわざ、神の真実を覚え、神の御名を呼び求めている。

神は目には見えないし、そんなものはあてにならないと思われるかもしれない。しかし、人には、正しいことをなさる神の御名を呼び求めることが許されている。呼べば応えてくださる神に声をあげることが許されている。

ダビデは、その祈りによって束の間の休息を与えられた。ペリシテ人侵入によってサウルが引き返したからだ。それは根本的な解決ではなかったが、神が助けてくださったことに変わりはなかった。なぜ神が根本的な解決をもう少し先に延ばされたのかはわからない。一時しのぎではない救いを求めるところであるが、ダビデは、退却するサウルの軍隊を見ながら「神が、すべての苦難から私を救い出し、私の目が敵を平然と眺めるようになったからです。」(7節)と語る。たとえ一時しのぎであれ、ダビデは神の臨在を感じながら完全な救いをそこに期待できたのである。

あらゆる状況の鍵を握っておられるのは、神ご自身であって、優勢な敵でも、勢いを盛り返した自分でもない。権威をもって、正しいことをなさる神に期待できる幸いがある。神の御名に期待する歩みをさせていただこう。

詩篇53篇

53篇 願望ではない信仰的経験に生きる

<要約>

おはようございます。53篇は、14篇とよく似ています。しかし、内容に進展があることが特徴です。5節に注目しましょう。信仰は願望ではありません。それは経験され、確信となり、神への信頼を深めるものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. 背景

一読して、あれ、既に読んだことがある、と思った人はいるだろう。そう、詩篇14篇とよく似ている。ただ、これをヘブル語の原語で読むと、神名には「ヤーウェイ」ではなく「エロヒーム」が使われている違いがある。学問的にはエロヒーム詩歌集と括られるものの一つである。つまり、詩篇には、いくつかの系統の詩歌集があり、それがまとめられたために、このような重複ができた、と考えられている。また、ヤーウェイは、どちらかというとイスラエルの民にとって重要な神名である。それがより一般的なエロヒームに換えられたのは、この詩がより公の場で読まれたことを意味しているとも言われる。学問的な議論は尽きないので、さっそくこの詩そのものを読み味わってみよう。

14篇は、アブシャロムが謀反を起こし、勢力を増し加えた時、あるいは、ダビデの生涯には記録のない非常に不運な出来事のあった時に詠まれた、と考えられている。復習になるが、14篇は、神は意図的に神に心を閉ざす愚か者が、神の民を抑圧し、食い物にされていくこと、そして苦しめられその計画が踏みにじられていくことを許さない、そのような個人的な神への信頼を詠んだものであった。後にそれは、パウロのローマ人の手紙に引用され、誰か特定の枠の中にいる人たちではなく、全人類が愚か者なのだとされている。確かに、悔い改めをもって神を信じたとしても、私たちは愚か者である性質を引きずっているのであり、神に意図的に心を閉ざしやすい者である自覚は必要なことだろう。彼らは愚か者かもしれないが、そのように見る私自身も愚か者の中から神のあわれみをもって救われたのだ、という謙虚さをもってとりなす者となる、それがパウロの引用に意図と言える。

2.53篇の特徴

ともあれ、私的に作られたものが、後に公用に使われるものとして書き改められたのが53篇とされている。後で書き改められたのだから、幾分時代を反映した修正もありうる。読み比べてみると、小さな表現で異なる部分はいくつかあるのだが、大きく違うのは5節である。それは、より具体的、結果的な書き方になっている。つまり、14篇では、まだ事が起こっていないが、53篇では、愚か者が「恐れた」、というのではなく「神があなたに陣を張る者の骨を散らされた。あなたは彼らを辱めた。神が彼らを捨てられた」ということが起こっている。つまり14篇が作られた後で「神はいない」と語る愚か者たちに対して何事かが生じている。ダビデの個人的な後日談があったのか、あるいは、53篇の著者が後の時代に経験したことを、踏まえてそのように修正した、のかもしれない。実際、53篇は、ヨシャパテ王の時代、アモン人とモアブ人の同盟が壊滅させられたこと(2歴代誌20:22-24)、あるいは、エリシャの時代のエピソードとして、アラムの軍隊が、神の超自然的なはからいで敗退させられたこと(2列王7:6,7)などを背景として書かれたとも言われている。

3.願望から経験へ

大切なのは、信仰は、願望ではない、ということだ。祈りで願われたことはやがて経験となる。祈りにおいては、実際に神の力を味わうまでに至ることが大切なのだ。

ある記事に、なぜ語学学習産業が成り立っているのか、ということについて、それは、将来ぺらぺらと外国語が話せるようになることを夢見ているが、決して身に着かない人たちがいるからだ、と書かれていた。なるほど、そういう見方もあるかと思ったが、キリスト教信仰も同じようなものとして考えられているとしたら、それは随分と残念なことである。やはり信仰においては、確かに神の救いと勝利を経験せねばならない。「ああ、イスラエルの救いがシオンから来るように」と神に叫び、確かに、「神が、あなたに対して陣を張る者の骨をまき散らされたからだ。あなたは彼らをはずかしめた。それは神が彼らを捨てられたからだ」(5節)と勝利を宣言させていただくのである。

4.確信をもって歩む

悪人ばかり成功し、真っ正直に生きる自分の人生は全くぱっとしない、神を信じても意味がない、そんな風に考えてはならない。やはり信仰を持っているなら、確かに神の救いと勝利を経験したいところだろう。だから、そのように思う人はこう祈ったらよいだろう。「神よ、私はまだあなたの救いを経験していません。私はあなたの勝利を頂いていません。」「神はいないと言われている人達の中で、私は、神がおられることを何も示すことができていません」自分は霊的な破産者である、そんな現実を素直に訴えるのだ。そして、ひたすら神の力を仰ぐ、そして神の力を実際に味わうのである。漠然と神を信じる歩みではなく、確実に神の助け、祝福を味わう人生へと歩ませていただきたいものだ。

詩篇52篇

52篇 神の恵みを待ち望む

<要約>

おはようございます。ダビデの個人的な経験に基づく詩篇が続きます。しかし、3000年以上も前に書かれたものでありながら、人間の個人的な経験というのは、時間を飛び越えて、私たちの心に訴えるものがあるから不思議です。聖書は、世界のベストラーであるゆえんでしょう。ダビデが立つ神の真理に、私たちも立たせていただきましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. 背景

ダビデの個人的な経験、サウルから逃れていた時に起こった出来事に基づいて綴られた詩篇がしばらく続く。この詩篇は、ダビデがサウルの元から逃れ、祭司アヒメレクの元に立ちよった時を背景としている(1サムエル記21:1-9,22:9-23)。ダビデは祭司アヒメレクの元に身を寄せ、食料を得、かつて自分が倒したゴリヤテの剣を手にした。かつては、剣など見向きもしなかったダビデであるが、サウルに命を狙われ護身用にそれを手にしたところに、ダビデの追い詰められた心境があるのだろう。祈ると同時に、剣を手にせざるを得なかった切実な状況がある。

ともあれ、この時、ダビデはアヒメレクの元からさらに、敵であるガテの王アキシュの元に逃れようとした。しかしアキシュの家来に、素性がばれ、気が狂ったふりをして、そこから逃れている。何とも惨めな状況である。アキシュのもとから追い出されると、アドラムのほら穴、そしてハレテの森へと逃げた。ダビデは追っ手から逃れようと必死であった。そんなダビデを見つけて、サウルに密告する者がいた。エドム人ドエグである。サウルは、ドエグの密告に、祭司アヒメレクの行動を良く思わず、85人の主の祭司たちを虐殺するのである。いかにダビデが、明日の命も危うい状況にあったかが、理解されるところである。

2.神を力とする

そのような状況にあったことを思いながら、改めてこの詩篇を読んでみる。ドエグに対する痛烈な批判。「おまえは、善よりも悪を、義を語るよりも偽りを愛している」(3節)。お前はまるで英雄のつもりかもしれないが、人を中傷し、いい加減な嘘偽りによって人を破滅させようとするような者は、結局そのしっぺ返しを受けるのだ(3節)。

かつて私自身、人のいい加減な嘘偽りによって追い詰められたと思わされた時、ダビデのようにはなかなか言えなかったことを思い出す。復讐心をメラメラ燃やし、呪いの思いでそう語ることはあっても、悪者が神に裁かれるとは到底思えない現実に、臍を噛む思いでいたものだ。しかし年も取り、信仰の歩みにおいて様々な山谷を超えた今では、同じような経験をしても(人生にはいくらでも同じようなことが起こりうる)、必ず、神は正しい方で、暴虐を許す方ではない、とこの詩篇には心からアーメンを言うことができる。「神は、お前を打ち砕いて倒し、幕屋から、おまえを引き抜かれる。生ける者の地から、お前を根絶やしにされる」(5節)、これは揺るがない真理である、と心の中で確信しているのである。たとえ表面的にそのように物事が進まないとしても、神がなさることを静かに見守ろう、そのような人間は神の裁きの手に委ねて、自分がなすべきことに心を集中させよう、という心が育ってきたように思うところがある。

だからダビデがこう語りながらも、護身用にゴリヤテの剣を持ちだしたのは、ダビデの若さの故、まだまだ信仰において未熟であったためなのだろう、と考えさせられる。ただそれでも、かつての私とは違って、ダビデは神の真理をしっかり把握し、自分の心に言い聞かせ、自分を奮い立たせている点が、素晴らしいと思うところだ。いずれにしても、ダビデの語るところは真実である。ダビデがより頼むものと(神の恵み)ドエグが頼むもの(おのれの豊かな富)とには、その結果に雲泥の差がある。ダビデは、窮地にあって、最良の選択をした。邪悪な力を頼りにする者の将来は危うい。しかし、神の恵みにより頼む者は、生きながらえるのだ。

3.主の愛に立つ

信仰に立つことは、勇気を必要とする。何の当てもなく、保障もないところで、あるいは、全てを失っていく状況にあっても、神の守りと導き、祝福を信じていくからである。自分の身を守るのは、手にある剣ではなく、あるいは、お金でも、人のつながりでもなく、ただ目に見えない神の愛、神の配慮であることを信じていくからである。

イスラエルの乾いた大地に力強く育つオリーブの木を、ダビデは見ながら語る。オリーブは長生の樹木である。古い幹が衰えても、その根元から新芽が生え出ることを繰り返し、再生し続け、永遠に生き続ける樹木とも言われる。神の恵みに寄り頼む者は、神の命に活かされ、尽きそうな状況にあっても決して尽きることはない。パウロは言う。「私たちは、この宝を、土の器の中に入れています。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかになるためなのです。私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方に暮れますが、行き詰まることはありません。迫害されますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。」(2コリント4:7-9)今日も、いつくしみ深い主の御名を待ち望むことにしよう。長い眼で、否信仰の目で、成り行きを見ていくことだ。不本意なことがあっても腐ってはいけない。敵をののしり、自ら復讐しようなどとは思わないことだ。復讐は、神に委ねよ。神がちょうどよい裁きをしてくださる。むしろ、そのような輩とは関わり合わず、遠く離れて、今自分が神に与えられている使命に没頭することである。そして風の便りに、そのような者たちが窮地に立たせられたと聞いたならば、そのような者たちの悔い改めのために祈ることなのだろう。主はあわれみ深く、正しいお方である。

詩篇50篇

50篇 神の愛に応答する

<要約>

おはようございます。信仰を持つというのは、どういうことなのでしょうか。生活上に宗教的な習慣が増えたことを意味するのでしょうか。それとも、世俗から離れて、神に没入して生きていくようなことを意味するのでしょうか。いずれでもないでしょう。神を喜び、神に感謝する、そこを原動力として日々人間として当たり前の感覚を失わずに、正しい道を選び取り生きていくことなのだと思います。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.宗教的であっても形式的な者たちへの警告

一読して、なぜか、マタイの福音書25章にある、終末においてより分けられる、羊と山羊のたとえを思い出すところである。まず神は、ご自身を義なる審判者として現されている。そして、「わたしにある敬虔な者をわたしのところに集めよ」と言う。まず、神と契約を結んだ者たちが集められる。神は審判者として彼らの行いを調べ、彼らが宗教的ではあっても形式的な礼拝者達であることに警告を発せられる(7-15節)。彼らは、神との生き生きした関係を持つことをせず、儀式的にすべてをこなすだけである。神の不興を買っているということがあれば、それはいけにえが足りないためである、と考える。今の時代で言えば、奉仕が足りない、献金が足りない、それが問題だと考えるようなものだろう。だが神は言う。「わたしはあなたの家から雄牛を、囲いから雄やぎを取ろうとしているのではない(9節)」と。神は、自ら天地をお造りになったのであって、もともと地上のものは皆神のものである、と言う。だから、なぜ人に、そのようないけにえを要求しなければならないのか、と(13節)。感謝なきささげ物、喜びなき奉仕、これが神を喜ばせるものであろうか、私が見ているのは、献金や奉仕ではなく、それを行う者の心だ、というわけだろう。

近年教会の伝道力や教育力の弱さが言われたりする。何が問題なのか。指導者の勉強不足だという話もあるし、教会内での教育が徹底していないのだ、という話もある。だが、私は、率直なところ、信仰者一人一人がどれだけ、生き生きした、神とのよき時を持っているのであろうか、と思うところがある。聖書よりも神よりも、心を魅惑するものがあり、それに時間も財も力も注ぎ込んでいる現実というものがあるのではないか。一日特定の時間を定めて、聖書を開き、ゆっくり落ち着いて神との対話を楽しむ時があるだろうか。聖書を学ぶためでも、説教を準備するためでもなく、ただ友として語り、過ぎる時を持つのである。そして神のことばを心に留め、一日を過ごす。神に対する感謝、神に対する喜びが、神と語り合う中で生じ、それがその人の生活に広がり、そしてさらに奉仕や献金、また働きに現れているかということが問題なのである。

だから大事なのは、第一に感謝の気持ちである(14a節)。繁栄の時も逆境の時も、祈りと感謝を忘れてはならない。いつでも神が求めるものは、礼拝者との対話であり、面会ではない。神に心を開いて、神の御声に耳を傾け、神に礼拝する心があるのかどうかが問題である。そして第二に、誓を果たすこと(14b節)。神の人格を認めることが信仰の本質である。忠実な信仰は、神に対する誠実さを持つことであり、神との誓いに責任を持つことである。神はこう語られていても、「苦難の日にわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出し、あなたはわたしをあがめよう」(15節)と罪人に対する優しさを示している。

神と心通う礼拝こそが、求められるところである。このディボーションにしても、ただお決まりの時間に聖書を開く、というのではなく、確かに神に語られていく。神の言葉をいただいていく、ということが大事なのである。

2.悪しき者への裁き

次に、神は偽善的な礼拝者達に語っている(16-21節)。何事か、まるで神が自分と共にあるかのように語るお前は、である(16節)。マタイの福音書のたとえからすれば、「主よ。いつ私たちは、あなたが空腹であったり、渇いていたり、旅人であったり、裸でいたり、病気をしていたり、牢におられたりするのを見て、お世話をしなかったでしょう」と反論する者たちである(マタイ25:44)。しばしば人は、神は霊的な存在であると同時に、道徳的な存在であることを理解できないでいる。また、その道徳も、自分と同じようなレベルであると考えていることがある(21節)。しかし、神はそうではない。神は、盗み、姦通し、欺き、悪口を語る方ではない。神と人は根本的に違うのだ。そのような道徳的な低さからなされる礼拝にどんな意味があるのか。私はそれを喜ばない、あなたを罰しないからと言って、黙認しているわけではない。大目に見ているわけでもない。

大切なことは、神はこのような者たちに、単純に有罪判決を下そうとしているわけではない。むしろ悔い改めを求めておられる。神を忘れる者に対して、熟慮せよ、弁えよと勧められる(22節)。

そして、神はいつでもご自身を認め、ご自身に対して心通う歩みをする者に対して、祝福を与えよう、と約束される。私たちに求められていることは、いつも、神に対する感謝を数えあげ、それに値する従順を示すことである。真に生きた信仰、神の愛に応答する信仰者であろう。