エゼキエル書25章

これまでエゼキエルは、エルサレムを中心とする神のメッセージを直接的に、また比喩的に語ってきた。続いて25-32章までは、周辺諸国に対する預言となっている。

確かに、イスラエルは主への契約に違反したさばきを受ける運命にあった。しかしながら、主との契約関係の中にない国々もまた主の主権の下にあることは間違いなく、同じように主の裁きが宣告される。神はイスラエルだけの神ではなく、全世界の主である。そこで、神は、イスラエルの滅亡を喜んだ、近隣諸国、アモン(1-7節)、モアブ(8-11節)、エドム(12-14節)、ペリシテ(15-17節)に対しても、その裁きを告げられる。また、諸外国へのさばきは、主の契約の民イスラエルの回復にとって、大きな意味を持つ。この意味で、25-32章は33章以下のイスラエルの回復の預言につながるものとなっている。

まず、アモン人の祖先は、ロトの末娘の子に遡る(創世記19:38)。ロトはアブラハムの甥であるから、イスラエル人とは親族関係にある。そのアモン人への裁きは、既に21:28-32で語られている。それがここで繰り返されるが、アモン人へのさばきの根拠が加えられる。それは、彼らがイスラエルの民が受けた災いをあざけったことである(3、6)。イスラエルが主にさばかれたのは,イスラエルの罪による。このさばきは正当なものである。しかし,それをアモン人があざけって喜ぶことは正当なことではない。というのも、アモン人も同じく罪の中にあるからだ。またアモン人のあざけりは、彼らのイスラエルとの敵対の歴史から生じた憎しみから出ている。主のさばきは憎しみから出たものではなく、イスラエルの汚れを取り除き、きよめるためのものであった。

一方モアブ人の祖先は、ロトの姉娘の子に遡る(創世記19:30-38)。つまり、アモン人と同様に親族関係にある。彼らの罪は、ユダを神の選びの民とは認めず軽蔑したことにある。つまりユダ王国がバビロニヤによって滅ぼされたのは、イスラエルの神、主が同じように滅ぼされた国々の神と同じく力のない神であるからだ、と考えたからだ。それで主は、モアブをさばくことによって、ご自身が諸国の罪をさばく主権者なる主であることを示される(11節)。実際、アモン人もモアブ人も、この後程なくして、現代のアラブ人の祖先であるナバテヤ王国に侵略され征服された。

エドムの祖先は、アブラハムの孫、ヤコブの兄エサウに遡る。つまりエドムも親族関係にある。彼らの罪は、「ユダの家に復讐を企て、罪を犯し続け、復讐した」(12節)ことにある。彼らはエルサレムを征服しようとしたネブカデネザルに味方したのだ(35章、オバデヤ書)。実際捕囚後、彼らはユダ南部を占領した時代があった。彼らもまたナバテヤ王国によって侵略されている。

最後に、ペリシテ人。現代のパレスチナ自治区のガザが彼らの代表的な町と言えば、その地域がイメージできるだろう。ペリシテ人は、イスラエルとは全く血族関係はない。創世記にはカスルヒム人(ミツライム)を起源とするとあり(創世記10:14)、ミツライムはエジプト人のことであるから、エジプトから移住してきた民族と思われる。歴史的にイスラエルに敵対してきた彼らの罪は、エドムの罪と同じく、「復讐を企て、心の底からあざけって、ひどい復讐をし、いつまでも敵意をもって滅ぼそうとした」(15節)ことである。

この章全体を通して神は公正であることを示している。人間は復讐心を抱き手厳しい。人間の怒りと復讐は止まるところを知らない。「罪刑衡量」と言われるが、罪に対する刑罰のバランスがうまく取れないのが人間である。ダビデも人間の裁きの不完全さを思い恐れている(2サム24:14)。神は、ご自身を愛する者に加えられる罪を罰せられるが、私たちに加えられる不正な怒り、不正な復讐心から、私たちを守られる。つまり不正が行われている時には神の真実に期待したい。神は度を過ぎたことを赦されないし、度を過ぎたことがなされれば、取り戻してくださるお方である。神の正しさに期待しよう。

「エゼキエル書25章」への2件のフィードバック

  1. 主の公正な裁きに、依り頼んでいます。
    でも、時々ルカ18:68のみことばが、心に響きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です