出エジプト記3章

モーセが、羊を連れてやってきたのはホレブの山である。ホレブはシナイとも呼ばれ、その使い分けについては、種々説明されているが、定説はない。その具体的な位置についても、はっきりわかっておらず、伝統的には現在のジェベル・ムーサであるとされてきた。興味深いことは、イスラエルを助ける神が、南の山から来られると認識されたことである(申命33:2)。これは、神々が北の山に住んでいるという、当時のパレスチナ人の信仰とは異なっている。

ともあれモーセは、そこで柴、おそらくアカシヤの木であろうと考えられているが、燃えているのに焼けつきない不思議な現象に出会う。好奇心にそそられて近づこうとするモーセを、主が呼び止められる。そして主は語られた(6)。ご自身がイスラエルの痛みと苦悩を心に留めておられること(7)、契約に基づいた(2:24)救いの計画を持っておられること(8)、その計画を実現すべく、モーセを選ばれたのである(10)と。

しかしモーセは神の召しに戸惑うばかりである。もはやモーセは王族の人間ではない、今やただの羊飼いに過ぎなかった。かつての失敗とミデヤンの地での40年の生活がモーセを謙虚にし、こう語らせている。「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行かなければならないとは」(11)。神は、具体的な使命を語り聞かせ(16-22)ご自身の使命に答えることを期待されるが、モーセは、その神がどんな方なのかに疑問を抱いている。

神は、「わたしは、『わたしはあるもの』という者である」と答えられた(14節)。「ある」と訳されているヘブル語動詞は、「存在する」を意味するハヤーであり、その時制は、継続を意味している。つまり、「わたしは存在していたし、今も、そしてこれからも存在し続けるであろう」という意味になり、神の自存性、独一性、永遠性を物語っている。つまり神は、ご自分だけで完結し、あらゆる神々をしのぐ、唯一の存在であり、永遠に変わることがない(ヘブル1:12)。

しかしながら、このことばは、補語を付けて初めて意味をなす、英語のbe動詞「~である」と同じような機能も果たすものである。つまり「わたしは(光)である」「わたしは(いのちのパン)である」「わたしは(良い牧者)である」というように、後のイエスは、補語をつけて神を解き明かした。光であり、いのちであり、よい牧者としてかかわってくださる神が、モーセとともにいて、モーセを送り出そう、というわけである。

ともあれ、神は不思議なお方である。神はご自分が、「父祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」であることを明らかにされるが(15節)、それは、息子のいない男に息子を、土地を持たない遊牧民に土地を、無名の男に名声を約束し、その約束を果たされた歴史を示している。それから400年経って、再び神は、かつての約束のことばを持ちだされ、その考えを変えることもなく、イスラエルの民を見守り、これを救い出そうとすることを語り掛けられるのである。「乳と密の流れる地」つまり耕作地ではない牧草地を意味する。それは、遊牧民のイスラエル人にとっては実に魅力的な地である。一国の奴隷として縛られて生きていたイスラエル人が、解放されて、もはや苦役ではなく、自らの仕事を楽しむ自由を与えられることが約束されている。果たしてそれが起こりうるのか。状況は極めて絶望的である。しかし神は言う「彼らは多くの財産をもって、そこから出てくるようになる」(創世記15:14)。神に不可能なことはない。神は永遠にいて、且つ全能の神である。神は私たちの常識を打ち破る。どんなに不可能と思われても、神が是とされることは是となり、どんなに可能と思われても神が否とされることは否となる。なのに、神の是を否とし、神の否を是としていくのが、罪人の性であろう。

モーセは、明らかにチャレンジを与えられた。自らの不信仰と向かい合うようにされた。無を有とされる神と共に立ち上がるかどうかが、問題である。主が聖霊によって、私たちの霊の目を開いてくださるように。神は無に等しき者を富ませる恵み深いお方である。

「出エジプト記3章」への2件のフィードバック

  1. 2-18で「娘たちの父レウエル」とあり、3-1では「しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の~」とありますが、モ-セの妻ツィポラの父の名はどちらですか?

    1. レウエルとエトロ、二つの名前、あるいは呼び方があったと考えてよいのではないでしょうか。ヤコブとイスラエルといったように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です