詩篇116篇

ギリシャ語の七十人訳聖書では、先の114篇と115篇が一つになり、本篇の116篇が二分され、それぞれ115篇(1-9節)、116篇(10-19節)に相当する(実際には、詩篇9篇と10篇が一つにされた以降のずれがあるので、114篇、115篇である)。新共同訳は、その区分を踏まえて(ヘブル語聖書でもそのように分割している写本もある)、1節「私は主を愛する(ハガペーサ)」10節「私は信じる(エピステーサ)」と冒頭の一節の書き出しが七十人訳に沿って明瞭である。音のごろもよい。

確かに、一読してみれば、前半と後半では、明らかに内容が異なるような気もする。主題が異なる。前半は、詩人は死に直面する病と苦しみに置かれ、そこから神に救われたことへの感謝を詠っている。後半は、救ってくださった神を覚えて、神にいよいよ忠誠を果たそうという覚悟を詠っている。内容的にそれぞれ主題のまとまりはあるが、ヘブル語聖書どおりに、一続きとして扱っても違和感はない。むしろ、前半の経験を踏まえて、後半の神に対する忠誠を詠う流れからすれば、一緒であってもよいだろう。

さて著者は、「主は、わたしに耳を傾けられるので、わたしは生きるかぎり主を呼び求めよう」と語る。耳を「傾けてくださる」と訳されたヘブル語は、ナター。リビングバイブル訳では、「身を乗り出して聞いてくださる」である。身を乗り出すは、さらに積極的であり、語っていることに注意を向ける、意識をしっかり向けるニュアンスが伝わってくる。箴言では、わが子よ。私のことばをよく聞け。私の言うことに耳を傾けよ」(4:20)にナターが使われている。親が子に対して「耳を傾けよ」と語る時の思いを考えると、それが「身を乗り出す」と訳したいところではないか。大切なことは、神は私たちのことばにしっかり心を向けられる、しっかり関わって聞いてくださる、だから主を呼び求めよう、となることだ。

著者は、死の恐怖の中で、悲しみのどん底に突き落とされた時に、神を呼び求めた。「主よどうかわたしの命を助け出してください」(4節)と。そして、神は、その信仰による祈りに耳を傾けられ、死の一歩手前で、詩人を救われている。著者は、その苦難の中で、「もうだめだ、死ぬに決まっている、皆は本当のことを言わずに、気休めを言っているだけだ」と人生を諦めかけもしたが(10,11節)、神は救い出してくださった。確かに助けてくださった神に、なんとお礼したらよいものか、と前半と後半は絶妙に繋がっていく。

10節の冒頭は、七十人訳では「私は信じた、それゆえに、私は語った」となる。パウロは、自分の書簡にヘブル語訳ではなくこの七十人訳を引用している。それは、七十人訳の方が、ヘブル語訳よりもさらに強い調子であるからなのかもしれない。つまり、ヘブル語訳では、たとえ大いに悩んでパニックに陥ろうとそれは信仰が死んだことを意味しない、私は信じている、という意味であるが、ギリシャ語訳では、信じている状態そのものが強調される。そしてパウロは、それが、霊によるものであること、主の支えによるものである、という116篇全体の語調を捉えて適用している(2コリント4:13)。

というわけで、この詩篇は最後に、私たちを全面的にバックアップしてくれる神への感謝へと移行していく(12-19)。13節、「救いの杯をかかげ」は「救いの杯を手に取ろう」と訳すべきものである。また「救いの杯」は、英訳(TEV)では、「注ぎのささげ物」と訳され、また、詩篇23:5を援用すれば人から神にではなく、神から人に対する賜物を意味し、それを「手にする」と理解できる。それを踏まえて、17-18節の同じフレーズの繰り返しがあり感謝をささげることが強調される。確かに人間が神にできることは感謝のみである

「詩篇116篇」への1件のフィードバック

  1. 「『わたしは信じた。それで、わたしは語った。』と書いてあるとおり、それと同じ信仰の霊を持っているので、わたしたちも信じ、それだからこそ語ってもいます 。」というⅡコリント4章の箇所が、旧約聖書や他の箇所でどこに書かれているか検索して、こちらのWebサイトにたどりつきました。詩篇116篇とのつながりが理解できました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です