エレミヤ書10章

「異邦人の道を見習うな。天のしるしにおののくな。~国々の民のならわしはむなしい、~それは銀と金で飾られ、釘や槌で動かないように打ち付けられる。それは、きゅうり畑のかかしのようで、ものも言えず、歩けないので、いちいち運んでやらなければならない。そんな物を恐れるな。わざわいも幸いも下せないからだ。」(2-5節)10章は、イザヤの語り口と似ていて(40:18-20、41:7等)、偶像礼拝の愚かさを語っている。確かにこんなのは愚かな信心だとわかっていても、実際の生活では、宗教的な呪縛から逃れられないでいることがあるものだろう。当時の人々が天のしるしを悪鬼の働きと結びつけて、恐れたように、現代の私たちも霊的なものを恐れずにいることはない。

しかし悟らなくてはいけない。エレミヤは言う。「主よ。あなたに並ぶ者はありません。あなたは大いなる方。あなたの御名は力ある大いなるものです」(6節)。真の神は、「生ける神」である(10節)。木や石でできたいのちなき神ではなく、確かに生きておられ、いのちを与えられる神である。神は人の手によって造られるようなお方ではなく、むしろ、天地を創造し、人を有らしめた神である(12節)。さらに神は、私たちの時代とともに生まれてきたものではなく「とこしえの神」(10節)である。人類の歴史が始まる以前に存在し、人類の歴史を興されたお方である。聖書は徹底して天地を創造し、万物に主権を持っておられる真の神を私たちに伝えようとする。なお、12-16節は、51:15-19にも繰り返される。

大切なのは、「ヤコブの分け前はこんなものではない」の意味である。神は万人のために天地を創造し、分け与えられたが、ヤコブ、つまり神の選びの民の分け前はそれに留まらない。神はヤコブを契約の民とし、ご自身との特別な関係に入れられた。それは、単なる創造者・被造物の関係を超えた関係なのである。だから、17節以降に語られるイスラエルの運命に対する嘆きが語られる。

17節「包囲されている女」は18節では「この国の住民」と言い換えられている。彼らは力ずくで町から追い出され、捕虜とされる(18節)。北イスラエルが滅びた後も、南ユダは幾度も、侵略の危機にあった。しかし「今度こそ」彼らは決定的に滅ぼされる、という。

19節の「私は」包囲されている女のことばとして語られる。バビロンの徹底的な破壊、殺戮、荒廃を受けて、「このうち傷はいやしがたい」と嘆いている。21節の「牧者たち」は、指導者を指す。彼らの政治がいかに愚かであったかを語っている。

23節からは一般にエレミヤの祈りと解されるが、17-20節のつながりであるとすれば、ここはイスラエルの民の祈りと読むこともできる。大切なのは、祈りは、すべてをあるがままに見通す力なくして、起りえないことであろう。確かに主よ、あなたは正しい。確かに私たちは間違っていた。私たちは主の裁きのもとにある。しかし主は、公義を行う方、懲らしめを与えると同時に、回復の道筋をつけてくださるお方、そのような信仰と、現実を見抜く力なくして、真の心からの祈りは起こりえない。私たちの歩みを確かにするのは主である。その主の特別な関心と配慮の中にあることを覚えて歩ませていただこう。