ダニエル書10章

ペルシヤの王クロスの第三年(BC538 年)、つまりユダヤ人のパレスチナ帰還2年後、ダニエルは、本章から終わりまでに記す一連の神の啓示を受けた(1節)。ダニエルはバビロンに残り、ゼルバベルに先導されエルサレムに帰る第一次帰還民の中には加わらなかったようである。しかしそこでダニエルは、栄光に輝く荘厳な姿をした「ひとりの人」の幻を見た(5~9節)。第一の月の24日、というのは、第一の月の14日に過ぎ越しの祭、それから、1週間種を入れないパンの祭が続いたので、それらの祭の直後ということだろう。一人の人については、受肉前のキリストと理解する説、神のメッセンジャーとしての天使と理解する説(11節)があるが、黙示録1:12-16を連想させる点からすれば、前者と理解するのがよいのだろう。伝えられたメッセージは単純である。その者は、ミカエルと共にペルシヤの君やギリシヤの君と戦い、到来が送れたと言う。ペルシヤの君やギリシヤの君は、それぞれの守護天使を意味しているのだろう。つまり、天上での霊的な戦いがあることを意味している。大切なのは、この地上の王国の滅亡が、天上のこと、つまり霊の戦いとして語られている点である。私たちは、聖書の言葉を読み、祈りもするが、結局は、人や組織など目先のことで一喜一憂し物事がうまく進まないと考えている。しかし天上で起こっていることがあるのだ。確かにヨブ記には、天上で起こっている原因を知らされずに、苦悩しているヨブの姿が描かれている。パウロも「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対する者です」(エペソ6:12)と語っている。まさにこの世の色々な障害以上に、霊的な天上での障害がある。地上で起こっている事柄の背後に、天で起こっていることがある。

そのように考えればこそ、逆に、「神に愛されている人ダニエルよ」(11節)という神の語りかけも意味がある。神様に祈ってもしょうがない、という思いになることはあるものだ。しかし、二元的に、神の霊的な世界が確かなものであれば、私たちは神に愛されているのであるから、神がなんとかしてくれるはずだと思えるようになる。そして祈りや礼拝を大切にできるようになる。「神に愛されている人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ」(19節)。イスラエルの民が、エルサレムを目指してこぞって帰還する時に、バビロンに留まるダニエルにとって、それは寂しい思いをさせられることであったかもしれない。これまで異教の国バビロンで、様々な試練に遭遇しながら、再びどのような試練に遭遇するかも知れず、そのような試練を乗り越えて最後まで信仰の生涯を全うするには、年を取りすぎていた、皆と共に帰還すべきであった、とあるいは思わされていた時だったのかもしれない。しかしどうであれ神が共におられるならば、心配には及ばない。神に愛されている者として、私たちは、恐れるに及ばないのである。神の守りを確信しよう。

 

 

 

ダニエル書9章

ダニエル書の前半4章までは、ダニエルについての紹介的な内容であった。後半5章からは、ダニエルを通しての神のことばの伝達になる。しかし、本書は短いにもかかわらず一気に書き下ろされたものではなく、かなり長い年月に語られた神の言葉集をまとめたものである。たとえば、1-4章は、バビロン帝国初期ネブカデネザル王の治世の出来事で、5章以降、7、8章は、ナボニドスーベルシャツァルの治世の出来事、同じバビロン時代でも末期の話である。9-12章は、バビロン滅亡後、ペルシャ時代の出来事を語っている。

この時ダニエルはエレミヤ書を読み、神に定められたバビロン捕囚の期間、70年が満ちた事を悟ったと言う(2節)。つまり、ダニエルは、イスラエルの民が、神の約束どおりに母国に帰る時が来たことを知り、その通りのことが起こるようにと祈りをささげている。約束に誠実な神に、イスラエルの罪を告白し、祈りをささげているのである(18節)。そんなダニエルに、神が語り掛けている。「あなたが願いの祈りを始めたとき、一つのみことばが述べられたので、私はそれを伝えに来た。あなたは、神に愛されている人だからだ。そのみことばを聞き分け、幻を悟れ」(23節)と。

神は、ご自身の愛する者に、ご自身の計画を伝えられる。アブラハムしかり、ヨセフしかり、ヨハネしかり、そしてイエスしかりだ。大切なのは、その御言葉を聞き分け、幻、つまり神の計画を悟ることである。

24節以降は、その計画、幻について語り、多くの議論のあるところだ。70週(24節)、7週、62週(25節)、油注がれたもの(25節)、荒らす忌むべき者(27節)と象徴的な用語を使いながら、イスラエルの民とエルサレムの都について「70週」が定められている、と言う。この間に、神に反逆してきた背きの罪は終わり、犠牲によってその罪は赦される。いや、実際には神は罪人を義としてくださる。そして至聖所が聖別され神にささげられる、と言う。

これをどう理解するか。大きく二つの解釈がある。一つは、BC167年アンティオコス・エピファネスが神殿を汚し、ゼウスの神の像を建てた時のこと、ユダ・マッカバイオスによって神殿が奪還され、清められて、再びささげられた過去の出来事を指す、と理解するものだ。ダニエルの預言的能力を認めない批評的な立場の学者は、ダニエル書がBC2世紀頃に、こうした歴史的事実に基づいて回想的に書かれた、と理解する。しかし、保守的な立場の学者は、この箇所を未来的に、終末的に理解してきた。というのも、新約聖書には、キリストがこの箇所を引用して、終末について語っているところがあるからだ(マタイ24:15)。つまり、ダニエルの預言的能力を認め、ダニエルの時代を超えてこれから起こること、今なお生きている私たちに通じることを語っている、と理解する。

そこから、さらに保守的な立場の学者の間では、大きく二つ、一つは、キリストにある罪の赦しに重点を置いて解釈する立ち場、もう一つは、キリストの終末的な出来事に重点を置いて解釈する立ち場の二つの解釈がなされるようになった。確かに、神に反逆してきた背きの罪は終わり、犠牲によってその罪が赦され、罪人が義とされるというのは、十字架の出来事そのものである。一方、至聖所が聖別されて神にささげられる、というのは、もっと未来のこと、新しいエルサレムにおける新しい至聖所のことを言っていると思われるものだ(黙示録21章)。

問題は、70週、7週、62週、1週が何を意味するかである。そして現状は、学者によって解釈は様々で、わからないということだろう。しかし、わからないからよいのだ。ダニエルは「聞き分け、幻を悟れ」と語られている。「事を隠すのは神の誉れ。事を探るのは王の誉れ。」(箴言25:2)と語られているように、隠されていることも大事なのである。(箴言25:2)。聖書がわかったつもりになるよりも、聖書を掘り下げて読むことを大事にしたい。謙虚に、今週もさらに聖書の深みを教えてください、と祈りつつ聖書を読み進めたいものである。

ダニエル書8章

ヘブル語聖書では、ここから再びアラム語ではなくヘブル語に戻っている。2章、7章、8章の幻はそれぞれ密接に関連した内容で、2章では、バビロン帝国からローマに至るまでの帝国の盛衰とその終わり、いわゆるイエス・キリストによる新しい神の国の到来が主題となっていた。7章はこれに終末直前における反キリストの時代の預言が加えられ、8章では、この流れの中で出て来る第二と第三の王国についての具体的な解き明かしである。つまり「あなたが見た雄羊の持つあの二本の角は、メディヤとペルシヤの王である。毛深い雄やぎはギリシヤの王」(20、21節)と示されている。

2章で「銀の胸当て両腕」、7章では「食い尽くす熊」とされたメド・ペルシャ帝国は、ここ8章では二本の角を持つ雄羊となる(3-4節)。二本の角は、メディヤとペルシヤであるが、長い角はペルシヤがメディヤを従えたことを意味している。また、「青銅の腹ともも」(2章)、「四つの頭を持つひょう」(7章)と例えられたギリシャ帝国は、ここでは「足の速い雄やぎ」とされる。この雄やぎは大きな一本の角を持っている。それはペルシヤ帝国を破ったギリシヤのアレクサンドロス大王を意味する。アレクサンドロス大王の亡き後、帝国は、マケドニヤ、トラキヤ、シリヤ、エジプトと四分されたので、「大きな角が折れ、その代わりに著しく目立つ四本の角が生え出た」(8節)となる。

問題は、小さな角(9節)。これは7章の聖徒たちに戦いをいどみ打ち勝つ小さな角(20、21節)と同じものなのだろうか。7章では、この角に迫害される聖徒たちは御国を受け継いでいる。しかし8章では、迫害される聖徒たちについても神の国についても何も語られていない。ただ、小さな角が砕かれるとされる。その正体は、種々の説明があるものの、ギリシヤ帝国から分かれてシリヤを治めたアンティオコス・エピファネス(BC175-164年)ととるのが通説である。彼はエルサレムを占領すると権力をもってユダヤをギリシヤ化しようとした。律法の巻物は引き裂いて焼き捨てるように命じられ、神殿はゼウス・オリンポスの宮と呼ばれ、祭壇には豚や不浄な動物がささげられ、娼婦が戯れる場とされた。王の命令に背いた者は死刑に処せられ、多くのイスラエル人は、聖なる契約を汚すよりは死を選んだという。9-14節は、こうした彼の治世の残虐さを現し、このあたりの背景は、旧約聖書続編として知られる第一マカベヤ書1-6章に詳しい。2,300の数字の解釈は、エピファネスが支配した一定の期間と解釈するにはあまりにも具体的で、よく2分の一の1150日、3年半以下を意味するとされるが、数字に拘っても納得のいく説明は今のところない。

ともあれ、この箇所は、7章の未来的な預言と異なり、当時の状況を中心に語るものと理解すれば、それは、あくまでも二つのおごり高ぶった独裁者に対する神の裁きを告げている。地の王が、いかに勢いを増し加え、その威力を誇ろうとも、そのような力を持つことを許された神を認めるのでなければ究極的に成功するはずがない。人を人と思わぬ傍若無人な振る舞いも長くは続かない。そうした者たちの滅亡は、確実なのである。

人は造られた者に過ぎず、これに地位と権力を許された神を畏れなくてはいけない。謙虚に、神の信任の元に今の働きを託されていることを覚えて取り組ませていただこう。

9章 第三の幻(ダニエルよりメシヤまでの時で

ダニエル書7章

今日からダニエル書後半、預言部分となる。ダニエルについてではなく、ダニエルが一人称で語る神のことばである。ダニエルはこれが、自分の人生を超えて公に伝えられるべき神のことばとして記録した。そこでまず、後半の歴史的な位置づけを確認しよう。
1)バビロン(ネブカデネザルの治世)の出来事(1-4章)
2)バビロン(ナボニドスーベルシャツァルの治世)の出来事(5:1-30)
7章:四つの獣の預言、8章:雄羊と雄やぎの預言
3)メド・ペルシャ時代の出来事(5:31-6:28)
9章:70週の預言、10-12章:ダニエル最後の啓示(エルサレム帰還2年後の啓示)
つまり、前半は後半の歴史的な背景となり、7、8章は、バビロン帝国末期の預言で5章の間に挿入されるべき内容である。9-12章は、メド・ペルシャ時代で、内9章は6章の出来事とほとんど同時期に起こり、10-12章は、エルサレム帰還の2年後に語られたものだ。
まず7章の預言であるが、これは、すでに2章で語られたネブカデネザルの夢の繰り返しとなる。2節「海」は人類を表し、そこから現れる四つの獣は、四人の王を表している(17節)。つまり海からあがってきた最初の獣(4節)は、巨像の金の頭、バビロンに対応する象徴である。第二の獣(5節)は、同じ巨像の銀の胸と両腕(メド・ペルシャ)に対応、第三の獣(6節)は、青銅の腹ともも(ギリシヤ)、第四の獣(7節)は、すねと足(ローマ帝国)に対応する。これらは人類を象徴する海から上がってきたのだから、人間的な起源を持ち、ダニエルの時代からキリストまでの期間に興亡した諸帝国を象徴している。
また2章ではこの後に、人手によらずに山から切り出された石が、像を打ち砕き、永遠に地を支配する、メシヤ到来の預言が語られていた。永遠ではない人間的な起源による獣たちの王国に対照的なメシヤによる神的な起源による永遠の王国が興る終末史観が示されている。7章も同様である(13-14節)。だが、7章に特異な記録もある。十本の角であるが、それをどう捉えるか。地上の王たちによる支配からメシヤによる永遠の神の御国の実現の間に起こる出来事という流れで読めば、それは、終末前の「反キリスト時代」のことになるだろう。実際、ダニエルは言う。「その角は、聖徒たちに戦いを挑んで、彼らに打ち勝った。しかしそれは、年を経た方が来られるまでのことであって」(21節)と。つまり、キリストが再臨される前、最後のこの世の支配者である反キリストによって聖徒たちが迫害される出来事であり、ヨハネの黙示録では、ちょうど13章の象徴表現に対応する。
大切なのは、これらの夢が、ダニエル自身が考え出したものではないこと、つまり神によって与えられたものである。ダニエルは、この夢を見ることにより、恐怖に包まれるが、「このことを心に留めていた」という。聖書を読むことは、神のことばを心に刻むことである。神のことばが心に根をおろすようにすることである。やがて地上の諸王による支配は終わり、永遠の神の御国の支配の時代に入る、反キリストは滅ぼされ、神の民は終りの時にキリストと共に支配する。そのような神のみこころが動いていることをしっかりと覚え、神に生きる歩みを進めさせていただこう。

ダニエル書6章

バビロンは、メディヤ・ペルシヤの軍隊に征服され、ベルシャツァル王も殺された(5:30-31)。その後は、「メディヤ人ダリヨスが国を受け継いだ」とされる(5:31)。メディヤ人ダリヨスは、ペルシヤのクロス大王の部下である(9:1,11:1)さっそくダリヨスは120人の太守を任命し、さらに「王が損害を受けないように」彼らの上に三人の大臣を置いた。それは政治的権力の濫用や歳入のごまかしを防ぐためであった。その一人がダニエルである(2節)。ダニエルは、既に80歳を優に過ぎていたと思われるが、大臣として起用されていく。彼の優秀さは、誰の目にも明らかであり(3節)、ダリヨスは、ダニエルに全国を治めさせようと思ったのである。だがこれによって、ダニエルは、他の大臣や太守の妬みをかった。彼らはダニエルを失脚させる口実を見つけようとした。公的職務のみならず、私生活にも厳しい目が向けられ、粗探しが始まった。最終的にはダニエルの宗教的な忠実さを問題にする他はなかったのだろう、彼らは、ダリヨスの前に現れると、今から30日間、王以外にいかなる神にも人にも祈願をしないこと、従わない者は、だれでも獅子の穴に投げ込まれるという法令を出すように提案した(6-7節)。しかも彼らは周到に、この禁令が変更されることのないように、メディヤとペルシヤの法律のような扱いにすることを求めた(8-9節)。ここでアラム語のダースは法律と訳されているが、それは、取り消しの出来ない決定的な命令を意味しており、神の「律法」(6:5)とネブカデネザルの「判決」(2:9)に用いられている。神の前に正しく生きるダニエルは窮地に立たされていく。

しかしダニエルはいつも通りに行動した。彼は、日に三度、ひざまずき、神の前に祈り、自らの重荷を打ち明け、神の御手に委ね、感謝した(10節)。ダニエルの屋上の部屋の窓は、エルサレムに向かって開いていたという。エルサレムはすでにバビロンに滅ぼされたが、ヘブル人にとって、そこは神の御目の注がれる所である(2歴代6:18-40、7:11-16)。ダニエルは異教の地にあって、なおも自分が神の民である自覚と誇りを捨てずにいた。そのように、主とともに歩む生活を維持し、成長させてきたからこそ、彼の信仰と生活が危機にさらされることがあっても慌てることはなかった。

ダリヨスは思いも寄らぬ展開に「非常に憂え、ダニエルを救おうと決心し、日暮れまで彼を助けようと努めた」(14節)という。しかし、ダリヨスもまた、バビロンの支配を任された者として、メディヤ・ペルシヤの法律に従わざるを得なかった。ダリヨスに選択の余地はなく、ダニエルは、連れ出され、獅子の穴に投げ込まれる(16節)。ダリヨスは、まんじりともしない夜を過ごした。夜明けと共に、ダニエルの元へ急ぎ、穴を覆っていた石を取り除いて呼びかけている。耳を傾けるダリヨスの耳に、確かなダニエルの声が返ってきた。神は正義である。神は、ダニエルの忠誠と、信仰に報いられたのである。

ダニエルの信仰は、ダリヨスとメディヤ・ペルシヤ政府、そしてバビロンの人々にのみならず、諸民、諸国まで証された。ダニエルの神が、すべてに勝る権威を持ち、すべての至高者でおられることを、誰もが認めることになった(25節)。神は、正しい者の神である。いつでも神の助けを覚えて歩ませていただこう。