詩篇27篇

27篇 勝利において信仰を表明する

<要約>

おはようございます。あまりにもこの世的な成功談に慣れていると、信仰の勝利もそのように考えてしまいやすいものです。つまり、信仰による勝利というのは、神のあわれみを信じるが故の勝利で、全ては神の誠実さによるものなのに、私たちは、自分たちの側に勝因があったと考えやすいのです。もしそうであれば、今日のような詩篇に感動を覚え、これを忘れまいとすることもないでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

ダビデは三度にわたって油注ぎを受けている。最初は、サウルの王としての失格が明らかとなり、新しい王の候補とされた時、ベツレヘムにおいてサムエルが注いだ(1サムエル16:13)二回目は、サウルの死後ダビデがヘブロンに移り住んだ時、ユダの人々がやってきてダビデをユダの家の王とするために注いだ(2サムエル2:4)。最後に、イスラエルの全長老がヘブロンにいるダビデの元に来て、ダビデをイスラエルの王とするために注いだ(2サムエル5:3)。この詩篇は、その中でも、最後の油注ぎの前に作られたと言われる。

ダビデは、段階を経てイスラエルの王として承認されていったのだが、その過程の中で、主に寄り頼む信仰を確立している。ダビデは言う。「たとい、私に向かって陣営が張られても、私の心は恐れない。たとい、戦いが私に向かって起こっても、それにも、私は動じない。」(3節)。それは、神が私の光であり、救いであり、いのちのとりでだからだ、という点が大切である。つまり、自分が強くなったから、恐れない、動じない、というわけではない。ある意味で、ダビデは、サウルの執拗な攻撃により、身も心もズタズタであったのだし、陥落寸前であったと言うべきだろう。しかし、そのような時に、神は勝利をもたらしてくださったのだ。それは、ダビデにとって決して忘れてはいけないことであった。最も弱められている時にこそ、神の大きな御業を経験する形で、彼は王とされたのである。

だから4節、ダビデは一つのことを願っている。単純に言えば、神を礼拝する、神と共に時を過ごす喜びを味わうことである。というのも、「それは、悩みの日に、「岩の上に私をあげてくださるからだ(5節)」「今、私のかしらは私を取り囲む敵の上に高く上げられる(6節)」からだ。勝利を得させてくださる神を、心に深く味わうダビデがいる。

2.戦いの中に賛美がある

人の人生には悩みがなくなることはない。敵が霧散することもない。人生は戦いに次ぐ戦いである。しかし、魂には安らぎがあり、喜びがあり、ほめ歌がある。これこそ信仰の祝福である。悩みにあって、浮き沈み、動揺するのではなく、ますます、固く信仰に立ち、その信仰をしっかり告白できることが大切なのだ。世では得られない、信仰の安らぎの境地に立たせていただく、そこを通り抜けない信仰は、まだまだというべきだろう。

玉川の教会では、この所聖書通読道場なるものを始めたが、それは、単に知識的に修練するというのではない。やはりそこで、自らを省み、信仰的に訓練すべき課題を見出し、稽古に励むようなヒントを掴んで欲しいという意味でやっている。本気でこの時間を過ごしたら、変わらないわけがない。自身の人生に真の賛美が生まれるための時間なのである。

3.神が全てである

7-10節の祈りは力強い。王になっえ油注ぎを受けている者が何もこのような悲痛な思いで祈らなくても、と思われるところだろう。しかし、心身ボロボロになりながら、ただ神の御手に乗っかる形で王にしていただいたダビデにしてみれば、これから先も、神よ本当に助けてください、という思いが正直なところだったのだろう。10節、「私の父、私の母が、私を見捨てるときは、主が私を取り上げてくださる」目に見える助けが助けとならないような時はいくらでもあるものだ。しかしそうであったとしても、信仰者は、主の助けに静かに期待を寄せていく。全ての梯子が外されるような思いにさせられたとしても、神への期待を失わないでいることだ。そして、すべてが神にかかっているかのように祈り、すべてが神にかかっているかのように生きていく。神にかける人生が、安らかな結果となることを、人はどこかで学ばなくてはならない。主の道の確かなることを人は、学び、これさえあればいいのだ、という確信に立たなくてはならない。

「待ち望め。【主】を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。【主】を。」(14節)。粘り強い忍耐をダビデは奨励する。神にかけていくことに粘り強くあることを、ダビデは苦難を乗り越える最良の策としている。強くなって王となった者ではない、弱いままに王とされたダビデの確信である。苦難にあって弱められている時こそ、主に信頼する歩みを導いていただこう。

詩篇26篇

26篇 深い遜りをもって礼拝に集う
<要約>
おはようございます。人生に苦難は多いものです。大切なのはそこで、どのような心で神に向かうかです。いたずらに自分の過去を責め、自分を痛めつけることを、神の恵みは許さないでしょう。神の恵みは、私たちを立たせ、私たちに新しい道を歩ませるのです。主と共に、深い遜りをもって、人生を先に進む者でありたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.背景
この詩編をダビデの作とするのは疑わしいとする研究者は多いが、これをダビデの作としてみても、一体どのような時期に詠まれたものであるのかは、よくわかっていない。一説に、国家的に困難な状況があった時なのではないか、と言われている。ダビデの詩編は、サウル迫害、あるいはアブシャロム謀反の背景に位置付けられるものが多いが、それ以外の、国王ダビデの試練を伺い知る数少ない詩篇の一つと言える。
1節、新改訳は、「弁護してください」と訳している。新共同訳は、「あなたの裁きを望みます」となっている。ヘブル語では、シャーファト、一般には「さばく」と訳されることばである。2節「主よ私を調べてみてください」という文脈のつながりで言えば、ダビデは単に自分の弁護を求めたというよりは、今起こっている困難にあって、何を正すべきか、その正当な裁きを望んだ、と理解できるところではないだろうか。どんな状況があったのか、と思うところである。国家的な苦難、疫病の流行、不道徳と堕落、何があったのかはよくわからない。ダビデはその機会に主が語り掛けてくださることを期待している。
2.神を礼拝する民の中で
そしてダビデは、正しい者の仲間であろうとする。4,5節は、詩篇1篇を思い起こさせるところであるが、確かに私たちがどのような者たちと組するかは、私たちの歩みを特徴づけるものである。この二つの節とも、決定を表す時制の後に、継続を表す時制が続いている。つまり毅然とした態度とそれを維持しようとする決意が語られている。そのような決意と行動があってこそ、神に近づき、神の御前に伏す礼拝の意義も出て来る。私たちは神を礼拝する民なのである。
6-8節は、礼拝をイメージしている。祭壇と天幕の間には、洗盤が置かれていて、祭司は、祭壇に近づく前にそこで手と足を洗い清めた。またいけにえとともに、「感謝の歌」が歌われることがあった(7節、詩篇40篇、116篇)。そして詩人は、神を「愛します」(8節)と心から神への忠誠を誓っているように、礼拝においては、神に対する信仰と献身が表明されるのである。
ところで、礼拝の中で、正しさを主張し、正しい裁きを願うダビデではあるが、彼は、姦淫の罪を犯し、権力にものを言わせて殺人の罪を犯している。この詩篇は、そのような大事件の前の作なのか、それとも後の作なのか。ダビデは言う「あなたの恵みは私の目の前にあり、あなたの真理のうちを私は歩み続けました」(3節)。ダビデは真理を歩み続けた自らの力を誇ってはいない。神の恵みの故に、真理のうちを歩み続けた、と語る。となれば、大事件を起こした後の作であると考えることもできるだろう。
3.誠実に歩むこと
11節、「誠実」は二心のないことを意味する。それは全き忠誠を意味する。しかし、神の前に誠実に歩むことは、何一つ落ち度のない完璧な人生を歩み抜くことではない。そんな人生を歩むことは誰にも不可能である。失敗のない人生はありえない。だから、私の人生はこんな詩篇とは無関係であると考えてはいけない。むしろ、礼拝の中で人生の過ちが思い起こされ、神の御前に立つには全くふさわしさがないと思われることがあっても、神の恵み深きことを覚え、その神の前に悔い改め、自分の立ち位置をただし、新たに従うことを決意することが大切である。価値がないと思う人生であっても、悔改め、正しく生きたいと願い、正しい群れの中にありたいと、神の哀れみを求める者を神は拒まれない。
しばしば人は、人の悪意、敵意に心折れてしまうものだ。しかし、人の意地悪に負けてはいけない。神の恵みは私たちの思いを超えるものだからだ。真に悔い改め、正しさを求めて生きる者に、神は決して冷たくはない。神は過去をほじくり返すこともなさらない。人ではない神がどう判断されるかが問題なのである。神は決して、悔い改め、深い謙遜を示す魂を、そうではない罪人と一緒にはなさらない。ただ神のあわれみ寄りすがり、同じように遜って神をたたえる者たちに加わる、つまり主の礼拝の集うことが、私たちに求められていることである(12節)。

詩篇25篇

25篇 神の計画と時を受け入れる

<要約>

おはようございます。一読、ダビデの心の思いが素直に語られていますね。しかし、このような素直さをもって、一つ一つ神に語っていきたいところでしょう。大切なのは、神はご自身を恐れる者を、決して拒まれず、むしろ、愛し、配慮してくださるお方だ、ということです。いつまでも、自分の不幸に、自分を自分で責める不幸を加えないことです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

祈りの詩篇である。ヘブル語では、各節の冒頭がアルファベットで揃えられたアクロスティックな詩となっている。技巧的な詩であるということは、それだけ、重要視、その中身が愛され、記憶にと留められるようにする意図があった、ということだろう。

ダビデは祈る。まず、自分は神を信頼している、と。ダビデが置かれた状況は、どうやら敵に囲まれ、敵に有利にことが運ぶものであったようだ(2節)。しかも敵は多く、敵に向けられる憎しみに心萎える状況であった(19節)。そのような中で、ダビデは自らの心の内を告白する。「まことに、あなたを待ち望む者がだれも恥を見ず、ゆえもなく裏切る者が恥を見ますように」(3節)。祈りは、その人自身の信仰を表明する。ダビデは、全くの無力感の中で、ただ神を見上げている。天地万物を支配しておられる神の恵みとあわれみ無くして、この先何がありえようか、恵みとあわれみを注いでくれ、と言わんばかりである。私たちの努力など、一度固められた世の「裏切り」や「憎悪」に通用しない、ただ、天地万物に主権を働かせる神のあわれみだけが頼りなのである。そこから4節、私たちに常に最善を導いてくださる主に期待して「主よ、進む道を私に教えてください」との祈りも出て来ることになる。

2.祈りにおいて待ち望む

いくつかダビデの祈りの特徴に目を留めよう。ダビデは、「一日中待ち望んでいる」という(5節)。祈りは一朝一夕の業ではない。それは、神のあわれみのしるしを粘り強く待ち望む業である。

そして、7節「私の若いころの罪や背きを思い起こさないでください」苦難にあっては、自らの様々な過去を思い浮かべることが多い。外からのみならず、内から心が崩されるような気持ちにさせられるものだろう。しかし、本当に恵み深い神に寄りすがろうとするならば、自らの過去を一々詮索しないことである。こんな者だから私は苦しんで当然だ。あんな人生を生きてきたから私はもうだめだ、私の咎は大きいのだ、そんな風に考えることはきっぱり止めることだ。神は恵み深いのだから、神はそんなことは忘れてくださる。神を正しく認識する時に、人は祈りにおいて粘ることができる。

24篇では、世界の創造主であり、万物の支配者である神が讃えられたが、本篇では、その偉大なる神が同時に、神を恐れる罪人にあわれみ深いお方であることが語られる(8節)。神は、単純にみじめな者、貧しい者に目を留められるというのではなく、「主を恐れる者」に目を留められる(12,14節)。つまり、謙虚に神以外に助けはない、と神に寄りすがる罪人にあわれみ深いということだろう。そのような者に神は、キリストにある契約に、自ら誠実であることを示し、正しい道を示してくださる、というわけだ。

3.祈りにおいて教えられる

しばしば人は、神に一発逆転の結果を求めやすい。祈りにおいて、即肩の荷がおりて、何もせずとも祝福が転がり込んでくることを求めやすい。しかし、神はまず道を示されるお方である。8節、「道」は単数形で冠詞が付してある。それは、つまりある特定の道を意味する。9節「ご自分の道」10節「主の道」12節「選ぶべき道」ということだろう。人はそれぞれ、主を恐れ、道を示される中で、自分自身の人生を積み重ねていくのである。出来るわけがないと思っていたことが、神の助けによって自分の手と足が障害を乗り越えていく祝福を味わうのである。神は確かに私の生活の中に幸せをもたらしてくださった、確かに、地を相続させてくださった(13節)と具体的な喜びを口で言い表していくのである。神は救いの神であり、祝福の神である、そのような時が来ることを信じ待ち望むのである。

主を恐れ、主の契約に立つことが全てである(14節)。たとえ詩人のように、「私はひとり、苦しんでいます。」(16節)と思う時であっても、すっかり打ちひしがれて、これ以上悩みを抱えきれない、と思う時であっても、神の時を待ち望むことである。神を信頼し、神の計画と知恵を受け入れ、なすべきことをなす、一歩一歩積み上げていく。これが神を待ち望むことである。そこにあきらめはない。忍耐強く、希望を持って、熱心に待ち続けたい。

詩篇24篇

24篇 祝福の主

<要約>

おはようございます。羊飼いの詩篇と呼ばれるものの、最後になります。主の山への勝利の入場、これは、「手がきよく、心の澄んだ、たましいをむなしいものに向けず、偽りの誓いをしない人こそ」相応しいものです。しかし私たちの現実はそうではありません。まさにキリストの王の入場に免じて、私たちもその恵みに与るものなのだ、と言うべきでしょう。深い霊的遜りをもって、日々の歩みを導かれたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

この詩篇は、行列歌と呼ばれる。ダビデが、主の箱をオベデ・エドムの家から、占領地エズス人の都シオンへと運んだ際に、歌われた賛歌の一つと考えられている(2サムエル5-6、1歴代誌15:16-23)。また、同時に、この詩篇は、既に述べたように、22,23篇に続いて、十字架と復活、そして昇天の栄光に輝いたキリストの凱旋を預言的に歌ったものであると理解されてきた。そのような意味で羊飼いの詩篇の一つとされ、伝統的に昇天日に歌われてきた。

さて一読し、改めて思わされることは、イスラエルの民が、自然ではなく、自然を造られた神を拝み、これに仕えたことである(1節)。日本人であれば山の神、海の神を拝むところであろうが、山を造り、海を造られた神がおられる、創造主への信仰が明確である。その神の力と威厳に対する崇敬、遜りを教えられる。

この時、ダビデには、3か月前に起こったウザの不敬事件の記憶がまだ新しかったことだろう(2サムエル6:6-11)。ダビデは、牛車を用いて主の箱を運び上ろうとした。彼にとってはそれが最善の方法と思われたのである。しかしそれは神の方法とは異なっていた。神は、既に主の箱の運び方を、自ら定めておられたのである。主の箱は、担ぎ棒を通して、祭司たちが肩に担いで運ぶものであった。神の前に遜ることはあらゆる自己流を捨て去ることから始まる。神に教えられやすい心を持ち、神の期待に添っていくことである。ただ、そのような遜りは、やはり、天地創造の神の実在を心から覚えることなくして、ありえないことだろう。「全地は主のものです。全地に満ちている全てのものは、主のものです。主がこれら全てをお造りになったのです」という遜りの中にあってこそ、自己流に歯止めがかけられるものだ、と言えるだろう。

2.主の前に立つ

さてダビデは言う。「だれが、主の山に登り得るのか。だれが、聖なる御前に立てるのか」 神を認める遜りにあっては、神の前に立つことは、実に恐れ多いことである。ある人に、信仰を持って何が一番変わったのか、と尋ねたところ、信仰を持つ以前は、いつも人の評価を気にして生きていたところがあったと思う。しかし、信仰を持ってからは自分の心を深く見つめるようになった。自分自身を、知るようになった、と語ってくれた。キリスト教信仰は、自分の心を吟味し、生き方を問うものだ。というのも、絶対他者である神の存在を知ると同時に、その神の聖さ、愛、正しさを認めるようになるならば、そのお方の前には、立ちえない、神に喜ばれるものを何も持たない罪人であることを思うばかりだからである。「手がきよく、心の澄んだ人。そのたましいをむなしいものに向けず、偽りの誓いをしない人」その人は主から祝福を受けるが、私はそうではない。その自覚のもとに、キリストにある罪の赦しと新しい義を求める心も起こるのである。

キリスト教信仰は、今の生活の延長ではない。今の生活を飾り立てることではない。それは、主のいのちを必要とする。いわゆる見かけ上立派な振る舞いをするだけの人間であれば、信仰などいらないのだ。そうではなく、心の内より変えられた「手がきよく、心の澄んだ、たましいをむなしいものに向けず、偽りの誓いをしない」人になることは、キリストの恵みと信仰を必要とする。いかに正装し、威儀を正し、起立し、姿勢を正そうが、私たちは神の前にふさわしい者にはなりえない。ただ神が定められた方法、十字架のキリストを受け入れることによってのみ、私たちは神の前に立つことができるのである。神の恵みを日々の生活に浸透させる人こそ、まことに神を礼拝することが許されるのである。

3.王の入場

後半は、行列歌のクライマックスである。行列は、しばしば都の閉ざされた門の前で立ち止まり、開城が、王の名によって要求された(7節)。それに応じるかのように、王の名が確認される。入ってくる王の名は何であるか。それは「強く。力ある主。戦いに力ある主」であると宣言される(8節)。ダビデではない。エブス人の本拠を占領し、万人を打ち取ったダビデではない。それは、「万軍の主」である(10節)。つまりダビデに勝利を導いてくださった万軍の主である、と。「戦いに力ある主」は、葦の海での勝利の歌に初めて出て来る「いくさびと」(出エジプト15:3)という神の称号の強調形とされる。まさにそのお方は、十字架と復活、昇天の主をおいて他にない(黙示録3:20)。天の都は栄光のキリストに開城し、私たちは栄光のキリストと共に、神の前に進みゆく。キリストが共にいてくださるからこそ、私たちの栄光もある。今日も主と共に、主の聖所、神の恵みの座に近づく勝利の行進を進め、神の祝福に与らせていただくこととしよう。

 

詩篇23篇

23篇 主は羊飼い

<要約>

おはようございます。23篇はよく愛唱される詩篇です。しかしそれは、22編からの続編というべき、メシヤ詩篇の一つと理解すべきでしょう。神がイエスと共にあり、イエスを最期まで導かれたことを覚えるべき大切な詩篇と言えます。そして同時に、イエスに起こったことは、私たちにも起こりうるのだと理解すべきものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

よく愛唱される詩篇である。この詩編は2サムエル17:27-29を背景としている。アブシャロムの謀反の際に、ショビ、マキル、バルジライ等に食事を提供された時のことである。この出来事を通してダビデは神の配慮を学んだ。神が死の陰の谷を通り過ぎる時も、自らの道を守り、この苦難を乗り越えさせてくださる、と。その確信を詩にしたわけである。

だが、この詩篇は同時に、昨日も触れたことであるが、私たちのために死んでくださったイエスが、私たちのために生き、そして配慮してくださることを語るメシヤ詩篇の続編と考えられている。

2.導かれる神

「主は私を緑の牧場に伏させ」(2節)とあるように、主は、羊の群れの側に立って考え、働かれるお方である。だから、私たちが「主は私の羊飼い」という信仰に立つことができているなら、もはや明日のことを思い煩うこともないだろう。しかし実際には、その信仰に立てないでいるからこそ、あれこれくよくよ悩む。羊飼いが羊の必要とする牧草や水を見つけ、そこに導くことは当然のことなのに、神と私たちの間には薄い壁があったりするものである。この問題を乗り越えるには、やはり神に語られる他はない。神に語られる、落ち着いた、静かな時を持つのである。神が語られるまで、待ちうる余裕のある時を持つのだ。ノートとペンを持って学ぶというのではなく、ただ、神とよき時を過ごすのである。

2.いのちを与える神

神は、私たちのあらゆる必要を心配し、私たちのためにそれらを見つけ、養ってくださる。私たちが考える先に、私たちのための必要を理解し、一切のものを提供してくださろうとする。神は人生の山や谷の全てにおいて導きを与え、守りを与えられるお方である。

そして神は、私たちの物質的な必要(2節)はもちろんのこと、私たちの心の必要(3節)をも満たしてくださる。「たましいを生き返らせ」は、単なる元気の回復ではない。それは、「私を義の道に導かれます」と私たちを進むべき新しい使命へと導くものである。かつてイエスは、ニコデモに語られたことがあった。ニコデモは、果たして歳を重ねて老年になった自分がどのようにして新しく生まれることができるだろうか、と尋ねたが、イエスは、それは十字架によると語っている。その後にヨハネは、人生の方向性が変わった一人の女の例をあげている。サマリヤの女の例であるが、彼女はイエスがメシヤであると受け入れてから、全く、隠れるようにして生きていた人生から、公にメシヤを語り伝える人生へと導かれている。隠れるようにしてイエスに会いに来たニコデモも、イエスの十字架に際しては、自らその亡骸の処置を公衆の面前で行おうとした(ヨハネ19:39)。打ちしおれ、閉じこもったたましいを解放し、新しい神のご計画へと進ませてくださる神がいる。信仰というのは、たましいの解放であり、自由への招きである。勘違いした人生を歩んではならない。

4.死の影の谷を導く

さらに神は私たちの全生涯を導かれる。つまり危険にある時も、それこそ死の陰の谷を歩く時も、共にいて、支えてくださるお方である(4節)。しかも神である同伴者は、武装している。「むち」は守りのため、「杖」は統制のためである。神の道を歩み続けることは、しばしば困難に満ちている。人は神を信じていると口で言うほどに、神を信じていなかったりする。神を愛します。賛美しますと言うほどに人は神を愛しても賛美してもいない。ぶつぶつ子どもや伴侶に対する不満が出る。その同じ口で賛美を愛します、と言うのである。嘆かわしいほどの不信仰と、神に対する愛と喜びに欠如した現実があったりする。だがそれが罪人の現実なのだ。大切なのは、口先でいいことを言わず、謙虚に、信仰において訓練されることを求めていくことなのだろう。

「敵の前で、食事を整え」は、最悪の事態にあっても、神の可能性は豊かであることを示す。私たちに勝利以外の結果はありえない。5,6節はその勝利の祝いを先取りした様子を描いている(ローマ8:31-39)。苦難の先にある勝利は、聖書に繰り返し語られることである。神の道に生きる人生には、いのちの続く限り、神の変わらぬ愛、その変わらぬ親切と配慮、支えが満ち溢れている。だからこの詩篇を詠みつつ共に告白しよう。いのち続く限り、いつまでも、主と共に神の道に生きることを自らの志にしよう、と。