人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第二6章 主の前で力の限り跳ね回った

6章 主の契約の箱

1.主の契約の箱を求める

ダビデは、王となって早速国づくりを始めました。注目すべきは、彼が最初の王サウルがしようとしなかったことを始めたことです。つまり彼は、首都エルサレムを礼拝の中心地にしようとしました。そこで、彼は、主の契約の箱を、エルサレムに取り戻そうとするのです。

契約の箱は、約70年も前に、ペリシテ人に戦利品として奪われてから、イスラエルの人々からは忘れられていました。それがペリシテに災いをもたらしたので、一旦イスラエルに返されてはいたものの、イスラエルの民もそれを迎え入れることに躊躇い、数十年の間、ユダの国境のアビナダブの家に放置されていたのです。しかし、今やエルサレムを礼拝の中心とするにあたり、神の臨在の象徴であった(出エジプト25:22)主の箱は、エルサレムに取り戻されなくてはならない、と言うわけです。

もちろん、今日、神の臨在を象徴するような、主の箱はありません。むしろイエスは「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいる」(マタイ18:20)と語り、象徴的な主の箱があるなしに関わらず、神は私たちと共におられるということは、神の約束だからです。

2.主の箱を運ぶ

さて、ダビデの正しい意図にもかかわらず、実際に主の箱を運ぶと問題が生じました。神の箱を新しい車に載せて移動させたところ、途中ひっくり返えりそうになった箱を、手で押さえた人、ウザが、神に打たれて死んでしまう事件が起こったのです。

ウザは、アフヨと共に、神の箱があったとされるアビナダブの家の子です。箱の前をアフヨが、そして箱の後にウザがついていったのでしょう。そして、ウザが、ひっくり返りそうになった主の箱を手で押さえたところ神の裁きを受けてしまったのです。これは、主の箱を移動させたということよりも、主の箱を正しく移動させなかった、という問題の故の裁きでした。ダビデも、ウザも、長いこと主の箱が失われていたことにより、主の箱をどのように運び、どのように扱うべきかの教えすら忘れていたというべきでしょう。ダビデは、3ヶ月、主の箱をエルサレムに運ぶことを躊躇いました。そして主の箱が置かれた場所に祝福がもたらされたことを聞くと、再びそれを運び入れるのですが、その際に、彼は運び方を変えているのです。それは、モーセの時代に教えられたとおりに、人に担がれて運ばれました。おそらく、ダビデは、その3か月間に、何が問題であったのかを考えたのでしょう。そして、彼が理解したのは、自分がよいと思う方法ではなく、主が定めた方法に従う、ということでした。

物事には主の定めた方法があります。今日、私たちが最も大事にしなくてはならないことは、神に定められた、神に近づく正しい方法です。つまり、キリストの十字架を仰ぎ、罪の悔い改めと信仰をもって、近づくことです。キリストを抜きに神に近づくことはできません。その正しき方法で神に近づくならば、神の祝福があることを確信してよいのです。

3.ミカルとダビデ

こうしてダビデは主の箱をエルサレムに運ぶことができました。その時、ダビデは主の前で力の限り踊ったとされます。おそらく古代の儀式の舞いを用いたのだと考えられているところです。また、ダビデは、王服を脱ぎ、亜麻布のエポデを着たと言います。彼は、祭司の役割を代行しました。サムエル亡き後、祭司職が定まらなかった特別措置であったと考えられます。すべては聖書に記されたとおりの手順と精神を持って行われた、ということです。

ところが、ダビデの妻ミカルは、この出来事を冷ややかに見ていました。ミカルは、ダビデがそのように神を敬うのを、心の中でさげすんだのです。ミカルにとって神は、サウル同様に、現実性のないものであったのです。彼女の心に神という存在はいませんでした。

この時ダビデは、詩篇132篇を書いたと言われます。ダビデは、設置された主の箱の前に、まず「主よ。ダビデのために、彼の全ての苦しみを思い出してください」と祈っています。神は、私たちの人生をつぶさに、御覧になり、私たちの心をくみ取られるお方です。神は神社仏閣のお飾りではありません。いると思えばいるし、いないと思えばいないという存在ではありません。私たちの祝福の基である神を認め、神に正しく近づく者でありたいところです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ダビデの町は、エルサレムのどちら側にあるでしょうか?①南西、②南東、③北、答えは、南東でした。では、今日の聖書クイズです。ダビデの時代に、祭司として任命されたグループで正しいのはどれでしょうか?①ツァドクとエブヤタル、②ツァドクとアヒメレク、③エブヤタルとアヒメレク、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 6 Ark of the Covenant of the Lord

  1. Ask for the ark of the covenant of the Lord

David became a king and immediately began to build a country. Notably, he began what the first king Saul did not try. So he tried to make the capital Jerusalem a center of worship. So he tries to get the ark of the covenant of his Lord back to Jerusalem.

The ark of the covenant has been forgotten by the Israelites since it was robbed by the Philistines as a loot about 70 years ago. It was once returned to Israel because it caused disaster to Philistines, but the Israelites also hesitated to welcome it and were left in the house of Abinadab on the border of Judah for decades. But now that Jerusalem is the center of worship, the ark of the Lord, which was a symbol of God’s presence (Exodus 25:22), must be restored to Jerusalem.

Of course, today there is no ark of the Lord that symbolizes the presence of God. Rather, Jesus said, “For Where two or three come together in my name, there am I with them.” (Matthew 18:20), and God said, with or without the symbolic ark of the Lord. Because being with us is God’s promise.

  1. Carry the Lord’s ark

Now, despite David’s right intentions, there was a problem when he actually carried the ark of God. He put the ark of God on a new car and moved it, and Uzzah, the person who held the ark of God that was about to turn over on the way, was struck by God and died.

Uzaah, along with Ahio, is a child of the house of Abinadab, where the ark of God was allegedly located. Ahio would have been in front of the ark of God, and Uzzah would have been behind the ark of God. And when Uzaah held down the ark of God, who was about to turn over, he was judged by God. This was a judgment because of the problem of not moving the ark of God correctly, rather than moving the ark of God. It can be said that both David and Uzaah had forgotten even the teaching of how to carry and handle the ark of God because of the long loss of the ark of God. David hesitated to carry the ark of God to Jerusalem for three months. And when he hears that the blessing has been brought to the place where the ark of God was placed, he brings it in again, but at that time he is changing the way he carries it. It was carried by man, as taught in the days of Moses. Perhaps David wondered what was wrong during those three months. And he understood that he would follow the way the Lord had set, not the way he thought it was good.

There is a way for things to be done by the Lord. Today, the most important thing we have to do is God’s right way to approach God. In other words, look up at the cross of Christ and approach with repentance and faith in sin. You cannot approach God without Christ. If you approach God in that right way, you can be confident that you have God’s blessing.

  1. Michal and David

Thus David was able to carry the ark of his Lord to Jerusalem. At that time, David is said to have danced as hard as he could before the Lord. It is believed that it probably used an ancient ritual dance. David also says he took off his royal robe and put on a linen ephod. He acted as a priest. It is probable that this was a special measure for which the priesthood was not decided after Samuel’s death. Everything was done with the procedure and spirit as described in the Bible.

However, David’s wife, Michal, was chilling at this event. She despised David’s respect for God in her heart. For Michal, like Saul, God was unrealistic. She had no God in her heart.

At this time, David is said to have written Psalm 132. In front of the ark of the Lord, David first prays, “O Lord, remember David and all the hardships he endured.” God is the one who sees our lives in detail and captures our hearts. God is not a decoration of shrines and temples. God is not the one who exists if we think God exists and does not exist if we think it does not exist. We want to recognize God, the basis of our blessings, and be the one who approaches God correctly. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. On which side of Jerusalem is the city of David? (1) Southwest, (2) Southeast, (3) North, the answer was southeast. So, today’s Bible quiz. Which group was appointed as a priest in David’s day? (1) Zadok and Abiathar, (2) Zadok and Ahimelech, (3) Abiathar and Ahimelech, the answer is tomorrow, and I pray for a good day today.