詩篇21篇

21篇 喜びの日に王のために祈る
<要約>
おはようございます。教会は祈りの家、それはとりなしの場であるということです。そのような意味で、教会は祈祷会が盛んにならなければならないところだと思います。教会が祈りに満たされる時に、神の業が起こるというべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.背景
先にダビデは、苦難の日に、「主の名」を呼び求めた。「あなたの心の望みを主がかなえてくださいますように。あなたのすべての計画を遂げさせてくださいますように」(20:4)、と。そして、主は、その祈りに応え確かに威力を現され、素晴らしい祝福をもたらされた。その「喜びの日」に、ダビデは再び祈っている「あなたは彼の心の望みをかなえ、唇の願いを、退けられません」(21:2)。つまり詩篇20篇とこの21篇は、願いと答えという対になっている。前者が戦いの前に、王のためにとりなす祈りであるとすれば、これは戦いの後に王の祝福に対する感謝をささげる祈りである。とりなしの祈りととりなしの感謝の祈り、これは、神が私たちに応えてくださった時に倣うべき祈りである。
歴史的な背景として、アンモン人の地を攻め取った時の出来事が背景にあると考えられている(1歴代誌20:2)。ダビデの頭には、金一タラントの重さがあり、宝石がはめ込まれたアンモン人の王の冠が置かれた。それは王の権威の再確認を意味した(3節)。しかし、大切なのは、勝利をもたらした王ではなく、王に勝利を導いた神が心から讃えられていることである。そしてアンモン人の王への勝利は、バテシェバの事件の後のことであったとすれば、それは、実に神の恵み深さ、神の約束に対する忠実さを物語っている。実に、偉大なのは、人ではなく神である。
2.メシヤ詩篇として読む
そしてさらに、この詩篇は、ダビデの経験にとどまらない、先の詩篇同様にメシヤの経験を語っている、とされる。つまり、十字架において勝利し、尊厳と威光を得られたキリストについて語っている。実際、パウロは語っている。「キリストは、…自分を空しくして、しもべの姿をとり、…それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。」(ピリピ2:6-11)またヨハネもこう語る。「彼らは大声で言った。「屠られた子羊は、力と富と知恵と勢いと誉と栄光と賛美を受けるにふさわしい方です。」(黙示録5:12)苦難において呼び求めたキリストに、主が応え、主は永遠の栄光をキリストに与えられたのである。
確かに9節「あなたの現れのとき、あなたは彼らを燃える炉のようにされます。主は御怒りによって彼らをのみ尽くし、火は彼らを食い尽くします」、10節、神が「地の上から彼らの裔を人の子らの中からの子孫をあなたは滅ぼしてしまわれます」というのは、「主イエスが、燃える炎の中に、力ある御使いたちとともに天から現れるときに起こります」(2テサロニケ1:9)という終末の出来事を彷彿とさせる。キリストの出現、それに伴う火と裁きがテーマとなっている。
3.勝利の祈り
ともあれ、この詩篇は、すべてキリストの道を進む者の、勝利の祈りでもある。イエスは、復活の後、エマオの途上の弟子に現れて二人に新しい啓示を与えられた。二人はイエスの十字架は失敗であり挫折であると思っていた。これですべてが終わったと考えていた。しかし、そうではなかった。十字架の苦しみはあらかじめ聖書に語られていたからである。イエスには、十字架によって全人類の罪の赦しを達成する大きな使命があった。そしてその苦難を忍んで使命を果たし、復活し、神の栄光の御座に再び戻られたのである。それは型である。私たちも同様に、十字架の苦難の道を通ってのみ、イエスと同じ栄光に与ることができる。
だからこそ、まことに、王は主に信頼し、いと高き方の恵みによってゆるがない(7節)。たとえ人が、悪を企て、たくらみを設けたとしても、心配するに及ばない。その人は自ら滅びるであろう。神が私たちの味方であるならば、誰が私たちに敵対しえようか。たとえ苦難に落とされようとも、私たちは勝利を得る。私たちは歌い、主の威力をほめ歌うようになる(13節)。そうであればこそ、いくさ車でも、馬でもなく、主をこそ誇り、主に信頼して歩ませていただこう。13節は、20:9に対応している。

ルカの福音書8章

ルカの福音書8章 種まきのたとえと四つの奇跡

1節、「イエスは町や村を巡って、神の国を説き」とある。おそらく、イエスに対する敵対意識が高まり、イエスはもはや会堂では教えることができず、どうやら、戸外でそこかしこに集まる人々に宣教をするようになったのだろう。イエスは聴衆に不自由することはなかった。しかし、イエスの関心は聴衆を集めることではなく、奥義を伝授する、神の民を養い育てることであった。だから、教えと業を通して、側に仕える弟子たちに神の民のマインドを教えようとしている。

8章の前半は教え、後半は奇跡の物語である。教えは、よく知られた種まきのたとえ。イエスに従う者を四種類の土地に蒔かれた種の成長にたとえている。確かに、神のみことばに対する聞き方も様々である。聞いても注意を払わない人(道ばたの者たち)、みことばを喜んで受け入れても、それを深めようとしない人(岩の上の者たち)、世的な関心が強すぎて結局霊的な実を結べないでいる人((いばらの中に落ちた者たち)、そして、神のみことばに正しい反応を重ねて実を結ぶ人(良い地に落ちた者たち)がいる。聖書を読むだけ、あるいは、礼拝説教を聞くだけの生活ではだめで、聞いた神のことばと共に生きる、つまり、神のことばに信頼し、忍耐をもって実を結ぶ努力をし続けていくことが大切なのである。聖書を同じように読んでいながら、信仰生活に差が生じるのは、そういう問題であろう。聖書を律法主義的に読むように努力することと、喜びを持って、神との関係を深めようと努力することは、ある意味で紙一重である。それは全く異なるものであるが、その違いが分からない人は多い。また教会は、そのように、神のみことばに真摯に取り組む霊的な絆を持った者の集まりである。神のことばによって一瞬一瞬支えられている者たちが、共に生きている、それが神の家族と呼ぶにふさわしい。まさに「わたしの母、わたしの兄弟たちとは、神のことばを聞いて行う人たちです」(21節)というように。ルカが、他の福音書記者と異なり、このイエスの家族のエピソードを、種まきのたとえの後に置いたのは、そんな意図を持ってだったのかもしれない。

さて、神の力を味わい知る、四つの奇跡が続けて語られている。嵐を沈め、悪霊を追い出し、長血を患っていた女を癒やし、ヤイロの娘を生き返らせている。死人をよみがえらせ、病気を癒す奇跡。すでにルカは4、5章、7章にも奇跡を書き記してきている。しかしその書き方には多少の変化がある。4、5章、7章、そして8章へと進むにつれ、イエスは大勢の前から、少数の弟子たちの前へと奇跡を起こす場所を絞っている。イエスは、身近な者を訓練することに集中した。先にも書いたが、イエスの関心は聴衆を集めることではなく、弟子を育てることにあったのである。

最初の奇跡は、イエスが自然を支配する神の子であることを示している(25節)。そしてイエスの奇跡は、嵐を静めたが、実際には弟子の心を静めている。私たちもイエスが、私たちの波立つ心を静められる方であることを知らなくてはならない。神と共に歩む時に、私たちは、私たちに関わる神を味わい知るようになる。試練は、信仰を成長させる時である。宗教改革者のマルチン・ルターは、祈りと試練が神学者を作ると語った。

次に、悪霊つきの男の癒やし。この男は、悪霊に取り付かれ、自分と悪霊の区別もつかぬほどに自分を失い、狂わされた人生を生きていた。彼は「墓場に住んでいた」と言うが、興味深いのは、この奇跡を見た町の人々の対応である。彼らは、この狂った男が正気に返ったことを喜ぶのではなく、恐れを抱いている。彼らは、正しいことがなされても、喜ぶことがなかった。現状維持がよかったと言わんばかりである。しかしそのような心こそ、神の奇跡を遠ざけている。神は偉大なことをなさるお方である。変化を恐れてはいけない。

12年の長血をわずらった女は、そんな変化を自ら求めた人の話である。イエスはこの女の信仰を見逃されなかった。大切な点である。どんなに小さな者であれ、信仰によって近づく者を神は見逃すことはない。大切なのは、神に近づく者に、神は報いられるお方であることを信じることだ。しかもその信仰は可能性に基づくものではない。望み得ない時にこそ望みを抱くものである。ヤイロの娘の物語がそれを伝えている。もう、必要がない、もう来ていただいても無駄であるという状況の中でイエスは奇跡をおこなわれた。神に遅すぎることはない。人には、墓場に縛り付けられるような、生きる望みを失う状況に置かれることはあるだろう。しかしどんな時も嵐と悪霊と死と病に力を及ぼされ、回復される神を覚えたいものである。いつでも神に望みを抱いて歩ませていただきたいものである。

 

 

エステル記7章

7章 ハマンの失脚

<要約>

おはようございます。ハマンの処刑が確定します。器用に動き回ったハマンでしたが、最終的には、悪者は自ら蒔いた種を刈り取った、と言うべきでしょう。全ては、正しく物事を導かれる神の御手の中にあると考えることが大事です。世の不正に心を腐らせず、神の最終的な導きを待ち望みたいところでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.王の損失

順序からして二日目の食事の最後になるのだろう、三人が酒を交わしてくつろぎ始めたころ、王は再びエステルに願い事をするように語り掛けた。モルデカイが栄誉を与えられた後でもあり、すべてを話しやすい環境は整った。エステルは王の言葉に勇気づけられて語った。「私にいのちを与え…、私の民族にもいのちを与えてください」(3節)。王にとっては驚くべき告発であったことだろう。

4節の最後の文の意味は、難しい、新改訳と新共同訳では、異なる印象を得る。新改訳は、「事実、その迫害する者は、王のお受けになる損失を償うことはできないのですから」新共同訳では「王を煩わすほどのことではございませんから、私は黙っておりましょう」となっている。新改訳が「迫害する者」と訳したヘブル語は「迫害者、敵」だけではなく「難儀、困難」という意味も持つ。ただその場合は難儀を抱く主体が誰なのかがはっきりしない。また、損失と訳されたことばは旧約聖書ではここにだけ出てくる言葉であまりその意味は明確ではない。さらに「償う」と訳された言葉は「等しい、匹敵する」とも訳される。そこで種々の解釈が出て来ることになる。

一つは、新改訳のように、「迫害する者」ハマンは(王に銀一万タラントを納めると儲け話を持ち掛けたが)、ユダヤ人を皆殺しにするなら王の損失はそれ以上であると解釈した訳。次に、(RSV)Reverse Standard Version(英訳)のように、「迫害者」を「難儀、困難」の意味に、その主体をユダヤ人と取り、ユダヤ人の「難儀」は、王の損失には匹敵しないほど重いと解釈し、お金よりも人民の魂の重さを訴え、エステルが介入せざるを得なかった事情を説明する訳。そして最後に、新共同訳やNew International Versionのように、「迫害者」を「難儀」、「損失」を「王の悩み」と取り、その難儀、困難は、王の悩みには匹敵しない、つまり絶滅ではなく売買だけなら、王を煩わせるほどのものではない、と事の重大さを示す意訳。判断が難しいところであり、よくわからない。ただ、5,6節へのつながりと、3章からの流れ、つまりハマンが王に利益を持ちかけた(3:9)のに対して、エステルは王の損失に訴えた対比の構造があると考えれば、新改訳もしくはRSVのようにとるのがよいのかもしれない。

2.王の決断

「それは誰か」激情した王にエステルは、「その迫害する者、その敵は、この悪いハマンです」と答えた。王は酒宴の席を立った。王は一時の感情の高ぶりを納めようとしたのかもしれない。しかし、命乞いをしようとしたハマンの行動は逆に彼の命とりとなった。2列王記4:37には、シュネムの女がエリシャの足にすがりついて懇願している様子が描かれている。古代オリエントでは足にすがりつく懇願は多かったとされる。エステルのいた長椅子の上にハマンがひれ伏していたというのは、そのような状況だったのだろう。だがそれは余計王の誤解を招くものとなった。そしてさらに宦官のハルボナのことばによってハマンの罪は確定した。「正しい者は苦しみから救いだされ、彼に代わって悪者がそれに陥る」(箴言11:8)とされる。ハマンは自ら滅んでいった。正しく歩む者が揺るがされることはない、たとえ揺るがされるようなことがあっても、神が、その足を守ってくださる。神は真実である。

エズラ記10章

10章 雑婚問題への対応

<要約>

おはようございます。雑婚の禁止、そして異教的な人々の追い出し、と何か厳格な信仰の道が説かれているようでもあるのですが、聖書の信仰はそれほど単純ではありません。人間の複雑な状況の中で、以下に神に生きるか、もっと複雑で愛に満ちたものというべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.価値観の一致

エズラ記最後の書は、雑婚問題への対応の記録で終わっている。1-6章までが帰還から神殿建設完成までの内容とすれば、7-10章は、帰還者の中の律法学者エズラの活動について語られている。しかしそれは雑婚問題への対応が中心となっている(9-10章)。

エズラは律法を教え、イスラエルの民の生活を回復しようとしたのだが、まさに、雑婚は、その中心的な問題になるほど大きな問題であった。もちろん、外国人の伴侶を持つことが悪いというのではない。問題は、信仰の共同体の基本である家族が、どんな価値観でまとまっているか、ということである。考え方はバラバラの単なる同居人という家族の在り方もあろうが、イスラエルは、神の祝福の器となるように選ばれた民である。神の祝福を認めることにおいて一致した思いがなければ、その選びの使命には立ちようがない。同床異夢では、教会は建て上がらない。エズラが行ったことの意味は、単なる考え方の一致をはかることではなく、同じ価値観に基づくビジョンの一致をはかったことである。

2.実際の処置

そこで、エズラは、代表者たちを集めてそのような勇気ある決断と痛みを伴う行動を起こすために、神の前に誓うことを求めた。そしていよいよ行動を開始した。同調しない者はユダヤ人社会から追放される厳しさがあった。第9の月は11-12月にあたり、先の雨の時期で、非常に寒い時期である。この時期にイスラエルの民は、集められ、実際に誰が雑婚をし、追い出されるべき対象となるかを明確にしたのである。祭司が17名(18-22)、レビ人6名(23)、歌うたい1名、門衛3名、他に84名(25-43)、合計111名がその対象となった。

しかしながら実際に追いだしたのだろうか?実際に、教理に従うべきことが正しいとわかっていても、人情的には許さないという問題はある。44節、口語訳は「これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその子供と共に離縁した。」と「離縁」という言葉を使って、3節の「追い出しましょう」に呼応する形で意訳している。しかし、ヘブル語の原文は曖昧で、新改訳2017もそうであるが、大方の訳はヘブル語原文どおり意味不明な曖昧な直訳となっている。

「追い出す」ことは、離縁そのものを迫る意味ではないのだろう。実際、神は赦しの神であり、救いの神である。新約聖書においても、パウロが提示する原則は「信者の男子に信者でない妻があり、妻がいっしょにいることを承知している場合は、離婚してはいけません。また、信者でない夫を持つ女は、夫がいっしょにいることを承知している場合は、離婚してはいけません。」(1コリント7:12,13)である。それは、伴侶の救いを第一と考えるところから来ている発想である。つまり追い出すというのは、神を第一とする生活を侵害されないことが大切なのであり、伴侶に対しても、信仰を促し、証し、神に立ち返る生活を期待すべきことを求めていくことに他ならない。

切り捨てることではなく、真の信仰と生活に目覚めさせ、決断を促し、神に立ち返らせることが神のみこころである。万人救済はありえないとしても、万人が救われることを願い、異教の伴侶ルツの告白が導かれる事を願う、それがまず実際になされたことなのだろう。物事には段階がある。まずは、価値の一致とビジョンの一致へと熱心に導く愛の行為こそが求められるのである。

エズラ記8章

<要約>

おはようございます。エズラの神への信頼とその信頼を形にした姿を、教えられるところです。信仰は、告白されると同時に、行動に表されなくてはなりません。そうでなければどうして信仰がある、とわかるでしょう。信仰者には、その信仰を喧伝する必要はないとしても、その生き方の中に、確かに信仰があるとにじみ出てくる歩みがあるはずなのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エズラの祈り

エズラと共に帰還した者たちの名前が記される(1-14節)。しかし彼らの中に祭司はいたが、レビ人を一人も見つけることができなかった(15節)という。つまり、神殿が再建されても、その祭儀を行う人々がいなかった。そこで、エズラは、ふさわしい人を捜しあてようと人を遣わした。急を要することであった。エズラは、「神の恵みの御手が私たちの上にあったので」「レビの子マフリの子孫のうちから思慮深い人」が連れて来られたとする。実に、私たちの必要がある時に、私たちの望みをかなえるのは、神の恵みの御手である。遜り、神を見上げる時に、神がそれにふさわしい人を送ってくださる。教会において人材が不足することはあるだろう。そこでまず、すべてが神にかかっているかのように、神に祈ることが大切であるし、神の恵みなくして、私たちは一歩も進めないという謙虚な心で神の業を求めていくことが大切である。

2.エズラの信頼

またエズラは、すべての守りが神にあるかのように行動した。エズラは道中の無事を神に願い求めている。彼は、「道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じた」という。なぜ恥じたのか。それは、エズラがアルタクセルクセスも認めた天の神は、人間の手で守られるようなお方ではないことを明らかにしたかったからなのだろう。

エズラが集めたささげ物の総額は約10億円の価値があったという。実際に、イスラエルが戦争で負け、すべてが没収された時には、400億円もの財産が奪われたというのだから、あながちあり得ない話ではない。つまり、彼らは10億円の財産を携えながら、エルサレムへと約1450キロの長旅をしたというわけだ。男性だけで1500名、女子どもも入れると約3000名の集団であったが、それは出エジプトに比べれば、あまりにも少人数であった。彼らは砂漠を避けて、普通の道を通ってパレスチナに北から入ったとされるが、こうした莫大な財産を抱えながらの、少人数による長旅は、決して安全ではなかった。だからネヘミヤの場合は、エルサレム帰還のために護衛隊を求めている(ネヘミヤ2:9)。

しかし、エズラは求めなかった。それは、常々彼が口にしている神への信頼のためであり、まことに生きておられる神を、この機会を通じてだれの目にも証するためであった。エズラは、自分たちが信じる天の神は、生ける神であり、寄り頼む限り、私たちを確かに守り、祝されるお方であることを常々語っていたのである(22節)。エズラは、自分が確信している通りに行動した。信仰は、理解ではなく信頼の問題である。そして神への内的信頼は、日常生活における外的行動において明らかにされる。だから、エズラは、すべてが神にかかっているかのように、断食し、神に願い求めて行動した。

すべてが神にかかっているかのように神に頼り切ったエズラを、神は、一切の危険より救い出してくださった。もし神がまことに生きておられるお方ならば、私たちは神が生きておられることを味わい知らなくてはならない。確かに、私たちが信じる天の神は、目があっても見えず、口があってもきけない、偶像の類ではない。神の力を味わい、自らの苦境が打ち破られることを知らなくてはならない。神に祈り求めよう。 “エズラ記8章” の続きを読む