箴言24章

24章 生き方において袂を分かて

おはようございます。箴言を読み進み、ただ聖書に教えられる、という知的満足に終わらず、その教えに生きる決意をすべきところでしょう。聖書に教えられていながら、世の中の人と考え方も行動も同じ、であってはなりません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.生き方において袂を分かて

詩篇がすべてダビデの手によるものではなくてもダビデ的であるように、箴言もまた、すべてソロモンの手によるものではないとしても、十分ソロモン的な知恵の書と言うべきだろう。箴言は、指導者としての発言、印象深い人生訓、そして進むべき人生の指針がまとめられている。22:17~24章の最後までは、どうやら、著者が、エジプトの知恵の書を利用した部分と考えられているが、それでも単なる引用ではなく、ソロモン的な精神による神の民に必要な格言を言い換えて組み込んだ、と理解すべきところである。

だから1節、悪い者たち、つまり神を信じないような者たちとは、その生き方において一線を画せ、と勧める。神を信じ、知恵に寄り頼む者は、賢い計画、慎重さ、勤勉さを大事にするのである(3-4節)。また与えられている人間関係を大事にする(5-6節)。だが、愚か者、神を信ぜず、神に寄り頼まない者はそうではない。町の門は、古代において教育の場であった。そこで声を上げる知者に人々は耳を傾けた(8:1-3)。しかし愚か者に聞くべき言葉はない。彼らにあるのは、不快な計画、聞くに堪えない大言壮語である(8-9節)。

10節、苦難はいつまでも続くものではない。ダビデが苦境にあって主によって奮い立ったように(1サムエル30:6)、気落ちしない、それが正しい者の生き方である。また、社会においては、不条理に闇に葬り去られそうになる人々がいるものだ。正しい者は、そこで、見て見ぬふりをしたりはしない。神もそうだから(11-12節)。蜜は、知恵、つまり、神の言葉の象徴である。神のことばに寄り頼む者には常に望みがあると心得よ(13-14節)。正しい者は、決して倒されて終わりということはない(15-16節)。また正し人は、他人の不幸を喜ぶことはない。というのもたとえ敵のような者であれ、神の裁きは、彼の悪に対する十分な報いだからだ。あなたの恨みは既に果たされている(17-18節)。主を恐れることだ。そうしない者とは、生き方において袂を分かて

2.付加的な知恵

24節以降もまた、知恵ある人々の格言集をまとめたものである。統一した文脈を掴むのが難しいところである。23-26節は、正しい裁判の重要さ、27節は、家庭を持つ前にまず経済的な自立を教える。当時は農地で生計を立てられるようになることがその基準であった。28-29節は、人に悪を企てない、悪をもって悪に報いない、善を行え(ローマ12:17)というパウロの思想に通じる。最後に、怠け者の安逸な生活に学ぶこと(30-34節)。怠けた人生の収穫は少ない。自らの明日が築かれるような生き方をすることだ。現代は、物質的には豊かな時代である。しかしその精神性は実に貧しい。何事につけ、見通しも深さもない。だからこそ悪いことと正しいことの区別もつかないし、神を認める力もない。

詩篇128篇

128篇 主の民の上に平和があるように

おはようございます。主を恐れる縦の関係がしっかりしていく時に、私たちの横の関係も豊かなものとなっていきます。それは、私たちの祝福を超えて、私たちの近隣の祝福となっていくものだからです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈

この都上りの歌は、イスラエルの民の日常性を扱っている。捕囚の民として、帰還が許され、彼らが直面した苦難について、それを乗り越えた思いを歌ったのが、126篇であるとしたら、128篇は、その安住の喜びを歌ったものだ。町の再建が終わり、日常生活が落ち着き、主の祝福を感じながら歩む日々に、進んでいる、というわけだ。

2節、「あなたがその手で労した実りを食べること、それはあなたの幸いあなたへの恵み」帰還した捕囚の民は、凶作(ハガイ1:9-11)や搾取そして異邦の民による妨害(ネヘミヤ5章)のために、なかなかまともな労働の実を得ることのできない状態にあった。しかし、神のめぐみと守りによって、再建は達成され、労働の実を楽しみ味わう安住を得たのである。それはまさに幸いであり、恵みであった。

3節、「あなたの妻は家の奥でたわわに実るぶどうの木のようだ。あなたの子どもたちは、食卓を囲むときまるでオリーブの若木のようだ。」妻が家の奥にいるというのは、家事にいそしんでいる状態を言う。当時のユダヤでは、不妊は妻の恥であった(1サムエル1:6)。だから、豊かに実を結び、子に恵まれることは、神の祝福があることを端的に伝えている。確かに、家族が、食卓を囲んで潤った時を過ごすことほど幸せなことはない。

4節はまとめになる。このように、主を恐れて歩む人は、祝福を受ける、と。1節の「幸い」と4節の「祝福」と訳された言葉は、それぞれ異なっている。1節はアシュレー、4節はバラフである。アシュレーは、新約では山上の説教に出てくる「幸いなるかな」に相当し、単に祝福の状態にあることを言う。バラフは、主からの祝福の受け手として恵みを受け、その結果祝福の状態にあることを言う。「幸いなるかな、主を恐れる人は」という宣言に対して「主を恐れるなら、このように祝福される」と結ばれている。

2.主を恐れる幸い

しかしなぜ主を恐れることがこのような幸せになるのだろうか。詩人が語っているわけではないが、それは、やはり目に見えない主を恐れること自体に、俗に言う風通しのよさがあるからではないか。そこにはごまかしもないし、偽りもない。ただお互いを尊敬し合い、愛し合い、支え合う関係がある。神との縦の関係がしっかりしている時に、横の関係もすっきりしている。5節「主がシオンからあなたを祝福されるように。」ヘブル語ではバラフであるが、文法的に言えば受動態ではない。能動的な強調であり「あなたを大いに祝福する」である。しかも、継続・反復の意味がある。だから「主はシオンからあなたを繰り返し、力強く祝福する」の意味となる。「主は大いに祝福する。だから、見ていなさい。エルサレムの繁栄を、あなたの子らの子たちの繁栄を」となる。大切なのは、個人の繁栄が、エルサレムの繁栄につながっていくこと、つまり、キリスト者個人の繁栄は、教会全体の繁栄でもある。あなた、家族、そして教会という広がりを持ちたいものであろう。

「見よ」と訳された言葉はラアー、一般的には肉眼の目で見ることを意味するが、ここでは、あるべきものに注意を向けるように促している。クリスチャンの人生は、神のなさることに目を向けていくことに特徴がある。すべては天から、上から与えられるのであり、神がなさる業に与っていくことである。そういう意味ではこの詩篇は127篇の続きであり、神が備えてくださるものに注目し、素直に喜び受けて歩む大切さを語っている。

詩篇117篇

117篇 神の御国の実現

おはようございます。わずか2節の短い詩篇でありながら、聖書全体のメッセージを要約するような詩篇です。私たちが向かうべき目標(すべての人類が一つとなり主の栄光を称える)を示し、それがどのように(主のめぐみと誠実さを信頼する)達成されるかを語ります。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈

わずか2節の詩篇であるが、その中身は、壮大である。「すべての国々よ、主をほめたたえよ。すべての国民よ、主をほめ歌え」宣教の究極的な目標が述べられている。ヨハネは、黙示録7:9-12において、終末の人類の姿を描いている。終末においては、「すべての国民、部族、民族、言語から、だれも数えきれないほどの大勢の群衆」が集まり、神の前にひれ伏し、礼拝をささげる。キリストのもとに全人類が一つとされるのである。この詩篇は、わずか2節で、その壮大な光景の中心を描いている。

2.旧約聖書のビジョン

しかしそれは、どのようにして可能となりうるのか。そもそもの出発点は、創世記12:1-3のアブラハム契約にある。そして神がアブラハムと契約を交わされたのは、創世記1-11章に描かれた人類の堕落と罪によって、人類が神の呪いを受けて散らされた事実に基づいている。神はバベルの塔を築き連帯しようとする人類を散らされたが、それで終わりにすることはなかった。むしろアブラハムとアブラハムの子孫によって、人類を再び一つにする計画を明らかにされた。神はアブラハムに「地のすべての部族は、あなたによって祝福される」(創世記12:3)と語られたが、そこで言う祝福の意味は、物質的な繁栄ではなく、散らされた者が一つにされる祝福である。回復されたヨセフの物語は、その美しい具体的なイメージである。そして旧約聖書の歴史書は、その神に選ばれたイスラエルの民が、そのミッションにどう生きたかを記録する。だがそれは、まさに失敗の連続の記録である。彼らは、自分たちが神に選ばれた民であることを誇りとしたが、その祝福を分かち合うことに、失敗した。

3.新約聖書に引き継がれたビジョン

新約聖書の使徒パウロは、その問題を理解し、ユダヤ人に与えられた使命が、新しいイスラエル、いわゆるキリストを信じる者たちに与えられたことを明確にしている(ローマ9:6)。こうして新約聖書は、キリスト者を通して、散らされた者が罪から救い出され、一つにされるミッションがどのようになされうるかを記録している。

イエスが与えられた大宣教命令(マタイ28:18-20)、つまり全人類への宣教命令は、ただ単にキリスト信者の頭数を増やすものではない。それは、罪人を救い、それによってすべての部族をキリストの下に集めるものである。いみじくも大祭司カヤパが預言したように、キリストの十字架は、キリストにあって個々の魂が救われること、そのようにして散らされた者たちが一つとされる目的を持つものであった(ヨハネ11:15、52)。そこを押さえないと、キリスト者もまた旧約時代のユダヤ人と同じ過ちを繰り返すことになる。救われていない人を見下し、頭数を揃えることに熱心な教会となっていく。教会にとって大切なことは、ヨセフと兄弟たちの和解にあるように、愛に満ちた関係が建て上げられていくことである。

この詩篇をローマ15:11に引用したパウロは、人類の将来についてヨハネと同じイメージを持っている。やがて人類が一つとなり、キリストを神として褒め称える日が来ることを望み描いている。散らされたあらゆる民族が神の前にひれ伏し神を称え、永遠の平和を享受する壮大なビジョンがある。実に、この働きへと神の民は招かれている。もちろんこれを完成させるのは、人間の努力や熱心さではない。2節「主の恵みは私たちに大きい。主のまことはとこしえまで」とあるごとく、主のめぐみと、誠実さによる。私たちに期待されるのは、祈り、自らの救いとその恵みを証することである。

詩篇21篇

21篇 喜びの日に王のために祈る
<要約>
おはようございます。教会は祈りの家、それはとりなしの場であるということです。そのような意味で、教会は祈祷会が盛んにならなければならないところだと思います。教会が祈りに満たされる時に、神の業が起こるというべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.背景
先にダビデは、苦難の日に、「主の名」を呼び求めた。「あなたの心の望みを主がかなえてくださいますように。あなたのすべての計画を遂げさせてくださいますように」(20:4)、と。そして、主は、その祈りに応え確かに威力を現され、素晴らしい祝福をもたらされた。その「喜びの日」に、ダビデは再び祈っている「あなたは彼の心の望みをかなえ、唇の願いを、退けられません」(21:2)。つまり詩篇20篇とこの21篇は、願いと答えという対になっている。前者が戦いの前に、王のためにとりなす祈りであるとすれば、これは戦いの後に王の祝福に対する感謝をささげる祈りである。とりなしの祈りととりなしの感謝の祈り、これは、神が私たちに応えてくださった時に倣うべき祈りである。
歴史的な背景として、アンモン人の地を攻め取った時の出来事が背景にあると考えられている(1歴代誌20:2)。ダビデの頭には、金一タラントの重さがあり、宝石がはめ込まれたアンモン人の王の冠が置かれた。それは王の権威の再確認を意味した(3節)。しかし、大切なのは、勝利をもたらした王ではなく、王に勝利を導いた神が心から讃えられていることである。そしてアンモン人の王への勝利は、バテシェバの事件の後のことであったとすれば、それは、実に神の恵み深さ、神の約束に対する忠実さを物語っている。実に、偉大なのは、人ではなく神である。
2.メシヤ詩篇として読む
そしてさらに、この詩篇は、ダビデの経験にとどまらない、先の詩篇同様にメシヤの経験を語っている、とされる。つまり、十字架において勝利し、尊厳と威光を得られたキリストについて語っている。実際、パウロは語っている。「キリストは、…自分を空しくして、しもべの姿をとり、…それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。」(ピリピ2:6-11)またヨハネもこう語る。「彼らは大声で言った。「屠られた子羊は、力と富と知恵と勢いと誉と栄光と賛美を受けるにふさわしい方です。」(黙示録5:12)苦難において呼び求めたキリストに、主が応え、主は永遠の栄光をキリストに与えられたのである。
確かに9節「あなたの現れのとき、あなたは彼らを燃える炉のようにされます。主は御怒りによって彼らをのみ尽くし、火は彼らを食い尽くします」、10節、神が「地の上から彼らの裔を人の子らの中からの子孫をあなたは滅ぼしてしまわれます」というのは、「主イエスが、燃える炎の中に、力ある御使いたちとともに天から現れるときに起こります」(2テサロニケ1:9)という終末の出来事を彷彿とさせる。キリストの出現、それに伴う火と裁きがテーマとなっている。
3.勝利の祈り
ともあれ、この詩篇は、すべてキリストの道を進む者の、勝利の祈りでもある。イエスは、復活の後、エマオの途上の弟子に現れて二人に新しい啓示を与えられた。二人はイエスの十字架は失敗であり挫折であると思っていた。これですべてが終わったと考えていた。しかし、そうではなかった。十字架の苦しみはあらかじめ聖書に語られていたからである。イエスには、十字架によって全人類の罪の赦しを達成する大きな使命があった。そしてその苦難を忍んで使命を果たし、復活し、神の栄光の御座に再び戻られたのである。それは型である。私たちも同様に、十字架の苦難の道を通ってのみ、イエスと同じ栄光に与ることができる。
だからこそ、まことに、王は主に信頼し、いと高き方の恵みによってゆるがない(7節)。たとえ人が、悪を企て、たくらみを設けたとしても、心配するに及ばない。その人は自ら滅びるであろう。神が私たちの味方であるならば、誰が私たちに敵対しえようか。たとえ苦難に落とされようとも、私たちは勝利を得る。私たちは歌い、主の威力をほめ歌うようになる(13節)。そうであればこそ、いくさ車でも、馬でもなく、主をこそ誇り、主に信頼して歩ませていただこう。13節は、20:9に対応している。

ルカの福音書8章

ルカの福音書8章 種まきのたとえと四つの奇跡

1節、「イエスは町や村を巡って、神の国を説き」とある。おそらく、イエスに対する敵対意識が高まり、イエスはもはや会堂では教えることができず、どうやら、戸外でそこかしこに集まる人々に宣教をするようになったのだろう。イエスは聴衆に不自由することはなかった。しかし、イエスの関心は聴衆を集めることではなく、奥義を伝授する、神の民を養い育てることであった。だから、教えと業を通して、側に仕える弟子たちに神の民のマインドを教えようとしている。

8章の前半は教え、後半は奇跡の物語である。教えは、よく知られた種まきのたとえ。イエスに従う者を四種類の土地に蒔かれた種の成長にたとえている。確かに、神のみことばに対する聞き方も様々である。聞いても注意を払わない人(道ばたの者たち)、みことばを喜んで受け入れても、それを深めようとしない人(岩の上の者たち)、世的な関心が強すぎて結局霊的な実を結べないでいる人((いばらの中に落ちた者たち)、そして、神のみことばに正しい反応を重ねて実を結ぶ人(良い地に落ちた者たち)がいる。聖書を読むだけ、あるいは、礼拝説教を聞くだけの生活ではだめで、聞いた神のことばと共に生きる、つまり、神のことばに信頼し、忍耐をもって実を結ぶ努力をし続けていくことが大切なのである。聖書を同じように読んでいながら、信仰生活に差が生じるのは、そういう問題であろう。聖書を律法主義的に読むように努力することと、喜びを持って、神との関係を深めようと努力することは、ある意味で紙一重である。それは全く異なるものであるが、その違いが分からない人は多い。また教会は、そのように、神のみことばに真摯に取り組む霊的な絆を持った者の集まりである。神のことばによって一瞬一瞬支えられている者たちが、共に生きている、それが神の家族と呼ぶにふさわしい。まさに「わたしの母、わたしの兄弟たちとは、神のことばを聞いて行う人たちです」(21節)というように。ルカが、他の福音書記者と異なり、このイエスの家族のエピソードを、種まきのたとえの後に置いたのは、そんな意図を持ってだったのかもしれない。

さて、神の力を味わい知る、四つの奇跡が続けて語られている。嵐を沈め、悪霊を追い出し、長血を患っていた女を癒やし、ヤイロの娘を生き返らせている。死人をよみがえらせ、病気を癒す奇跡。すでにルカは4、5章、7章にも奇跡を書き記してきている。しかしその書き方には多少の変化がある。4、5章、7章、そして8章へと進むにつれ、イエスは大勢の前から、少数の弟子たちの前へと奇跡を起こす場所を絞っている。イエスは、身近な者を訓練することに集中した。先にも書いたが、イエスの関心は聴衆を集めることではなく、弟子を育てることにあったのである。

最初の奇跡は、イエスが自然を支配する神の子であることを示している(25節)。そしてイエスの奇跡は、嵐を静めたが、実際には弟子の心を静めている。私たちもイエスが、私たちの波立つ心を静められる方であることを知らなくてはならない。神と共に歩む時に、私たちは、私たちに関わる神を味わい知るようになる。試練は、信仰を成長させる時である。宗教改革者のマルチン・ルターは、祈りと試練が神学者を作ると語った。

次に、悪霊つきの男の癒やし。この男は、悪霊に取り付かれ、自分と悪霊の区別もつかぬほどに自分を失い、狂わされた人生を生きていた。彼は「墓場に住んでいた」と言うが、興味深いのは、この奇跡を見た町の人々の対応である。彼らは、この狂った男が正気に返ったことを喜ぶのではなく、恐れを抱いている。彼らは、正しいことがなされても、喜ぶことがなかった。現状維持がよかったと言わんばかりである。しかしそのような心こそ、神の奇跡を遠ざけている。神は偉大なことをなさるお方である。変化を恐れてはいけない。

12年の長血をわずらった女は、そんな変化を自ら求めた人の話である。イエスはこの女の信仰を見逃されなかった。大切な点である。どんなに小さな者であれ、信仰によって近づく者を神は見逃すことはない。大切なのは、神に近づく者に、神は報いられるお方であることを信じることだ。しかもその信仰は可能性に基づくものではない。望み得ない時にこそ望みを抱くものである。ヤイロの娘の物語がそれを伝えている。もう、必要がない、もう来ていただいても無駄であるという状況の中でイエスは奇跡をおこなわれた。神に遅すぎることはない。人には、墓場に縛り付けられるような、生きる望みを失う状況に置かれることはあるだろう。しかしどんな時も嵐と悪霊と死と病に力を及ぼされ、回復される神を覚えたいものである。いつでも神に望みを抱いて歩ませていただきたいものである。