出エジプト記24章

1.契約の作成(24:1-11)
シナイ山において、イスラエルの民は神と契約を交わし、神との一層深い関係へと導かれた。これはイスラエルの歴史において最も重要な出来事であった。
 契約は、両当事者が、特定の関係に入る取り決めであるが、聖書の言う契約は普通の合意とは異なっている。普通は、契約の両当事者が平等の立場で合意する。しかし聖書における契約は神が主導権を握って、人間に近づいて、特定の関係を提案する。人間の側は、この契約を受諾するか否かだけが許されているのであるが、実際には、この契約を受ける資格は人間にはない、という前提がある。だからこの契約は一方的ではあっても、不本意な契約どころか、神の愛による、神の深いあわれみによる契約なのである。事実、契約は、「主が彼らの神となり(20:2)、彼らが神の戒めに従い、掟を守るならば、必ず祝福をもって臨む」というものであって、神が人に祝福を一方的に差し出し、約束しているものである。
モーセは契約を全て受け入れた後、なお山上に残った。それから民のもとへ帰り、神の律法を読み聞かせ、犠牲の血をもって契約を調印した。祭壇は主の臨在を現し、祭壇と民との上に半分ずつ注がれた血は、この契約によって主と民との間に成立した結びつきを象徴した。なぜ血が必要だったのだろうか。種々の説明がある。それは家族的な切れ難い結びつきの強さを示している、とも、あるいは、契約が破られるならば死んでも構わないという、いのちをかけた決意を表現しているともされる。ともあれこの血は全焼のいけにえと和解のいけにえの血である。それは、罪の赦しよりも献身や神と関係を喜ぶことを中心とする。つまり、主がこの契約を喜び、この契約を守ることに専心、献身することを意味している。いのちを注ぎだす決意をするのは、人よりも神である。だから、後にこの契約が破られた時に、神は、イエス・キリストの十字架の犠牲による、新しい契約を提案するのである。イエスの十字架の血によって結ばれた新しい契約は、永遠の罪の赦しと永遠の神の愛と祝福を約束する契約である。神の約束は真実であり、神の意志は死の門を打ち破るほどに堅いのである。
モーセは、アロンとその二人の子ナダブとアビブおよびイスラエルの長老70人とともに、再び山に登った。彼らはイスラエルの神を仰ぎ見たという。御足の下にはサファイヤを敷いたようなものがあり、透き通っていて青空のようであった(10節)、という。彼らは神を見ながら、しかも飲み食いをしたとする。これは、和解のいけにをささげた後には自然な流れであり、神との契約の出発点は、喜びに満たされていた、ということである。
2.石の板を受ける(24:12-18)  
さて、モーセが一人、神に招かれて、神の山へと昇っていく。モーセが山に登ると、雲が山をおおったとある。モーセは雲の中に入って行き、匿われ、そして山に登った。彼はこうして四十日四十夜、山にいて、神の御教えを記した石の板を授けられた。神は、モーセに、イスラエルが神の民としての独自の歩みを進めるための重要な御教えを与えられたのである。
神はご自身の夢を、わずかな人に告げられる。神の声を丁寧に聴き、神の民を神の民として育て導く働き人にそれを告げられるのである。神に一人近づき、匿われて、さらに自ら神に近づき、神と語り合う。それは、神秘的なことではなく、神が託された聖書を、一人真摯に読み解いていくことに他ならない。だがその一事を守る人は、山に登るごとく、わずかなのである。神のことばである聖書を日々丹念に読み解く中で、神の肉声を聞いていく。ヨハネがそうであったように、神の懐に抱かれる人こそが、神とその幻を解き明かすであろう。まさに神の民を導き教会を建てあげることは、神との二人三脚の働きである。

創世記33章

ヤコブは祝福の約束を胸に、今や先頭に立ってエサウと会う覚悟を決めた。しかし、エサウに会うことがいかにストレスであったかは、贈り物が先に進み、そして家族が続く演出によく現わされている。ヤコブは、エサウを恐れ、エサウの出方を気にせずにはいられなかったのである。ヤコブはエサウに会うまで七回も地に伏しておじぎをした。当時これは、従の礼を尽くす行為とされた。
しかしエサウの態度は、ヤコブの予想を超えて穏やかであり、愛情深い歓迎となった(4節)。そこに祝福を約束された確かなる神の働きがあったと見るべきなのだろう。神は、真実である。ヤコブはエサウに贈り物を与え、「私はあなたの顔を、神の御顔を見るように見ています」(10節)と語る。それは、一種へつらいのことばとも思えるが、予想だにしなかった兄エサウの変化、完全な和解に、ペヌエルで「顔と顔とを合わせて神を見たのに、私のいのちは救われた」という経験を想起させたためなのかもしれない。エサウの態度に、神の恵み深い姿が重ねられたのである。兄エサウは、ヤコブの贈り物を受けた(11節)。こうして和解は成立した。
神は、私たちの思いを超えた結果をもたらすお方である。主は、私たちが眠っている間にすべてを備え、導かれるお方である。神は怠惰な守り手ではない。私たちは究極的な問題の解決として、神の業に期待することを学ばなくてはならない。
エサウはさらにヤコブに対して親切であった。エサウは、善意のしるしとして、ヤコブの集団と同行する意志を示している。しかし、ヤコブは自分の群れがエサウと共に旅をするにはあまりにも弱いと、一緒に行動することを辞退している。それは、ラバンのもとで幾度も気まぐれに報酬を変えられ、悩み苦労してきたヤコブが、これからの関係に慎重を期そうとしたためなのかもしれない。あるいは、ヤコブの群れが長旅でかなり疲れており、エサウの群れのペースに合わせるのは無理である、と単純に言葉通りの判断が働いただけなのかもしれない。いずれであるのか、二人の和解は完全であったと見るならば、後者で理解すべきところであろう。ただ、その後、エサウは南のセイルへ帰っていったが(33:16)、ヤコブは、その後を追わなかった。むしろ、彼はスコテに移り、さらに、セイルとは、ヨルダン川を挟んで対岸に位置するシェケムへ移動し、そこで土地を買い取っている。二人はお互いに、祖父や、父の代に起こっていた衝突の火種をあらかじめ回避したのかもしれない(13:8、26:16)。あるいは、ヤコブが、かつて夢で現れた神のお告げに従って、よりベテルに近づこうとしたのかもしれない。ただそれにしても中途半端な行動であったことは、否めない。
ともあれ、ヤコブは神の約束どおり無事、カナンの地へ戻った。ヤコブは、ハモルの子らから土地を買う。それは、自分が約束の地へ戻って来たことの確認のためである。そして、ヤコブは祭壇を築き、「エル・エロへ・イスラエル」と名付けた。それは、「神はイスラエルの神」であるという意味である。ヤコブが自らの神観を明確にした瞬間である。
いつでも神は私たちの思いを超えた事をなさるお方である。神は私たちが考える可能性の範囲内で動くようなお方ではない。神は私たちの思考をはるかに超えて、恵みを豊かに施してくださるお方である。私たちには、神にゆだねなくてはならないことが多々あるが、ゆだねられない現実の厳しさに揺れるものだろう。しかし、そういう中で敢えて神にゆだね、完全に自分をささげきって歩むことを、私たちは学ばなくてはならない。
神の約束は、どこまでも徹底して信じるべきであるし、神に従う時は徹底して従うべきである。神は私たちを守る方、祝福される方である。神が私たちの視野を押し広げ、神の絶対的支配を確かに確信させてくださるように。今日も、あらゆる人間関係に神のご配慮があり最善があることを信じて歩ませていただこう。

創世記50章

ヨセフの父ヤコブが死んだ。ヨセフはヤコブをミイラにしている。この際に、ミイラ作りの専門家を呼ばずに医者を呼んだのは、ミイラ化にともなう宗教的・呪術的儀式を避けるためであったと考えられている。ヨセフの立場にあってはエジプトの慣例を無視することは難しかったのかもしれないが、死者崇拝に結びつくミイラ化の儀式の実用的な部分のみを受け入れている所が、ヨセフの信仰を案に物語っている所なのでもあろう。
10節、ヨルダンの向こうの地、とある。具体的に「ゴレン・ハ・アダデ」という場所がどこかはわからない。エジプトからカナンに至る通常のルートは、海沿いの道であるが、どうやら死海を迂回して北東からカナンに至ったようである。その理由はよくわからないが、葬儀それ自体が、やがて起こる出エジプトの予行演習のようでもあった。その地は「アベル・ミツライム」と呼ばれた。そこには言葉遊びがある。アベルには、嘆く、という意味と同時に、水流もしくは草原を意味する。そしてミツライムはエジプトを意味する。約束の地カナンは、エジプトの水流、確かに、ヤコブの子孫を通して全地は祝されることの象徴であろう。ともあれヤコブはこうして約束の地に葬られた。
さてヨセフの兄弟たちが、策を練っている。ヨセフの仕返しを恐れたのである。しかし、ヨセフは語った。「恐れることはありません。あなたがたは私に悪を図りましたが、神はそれをよいことのための計らいとなさいました」(20節)。ヨセフの心の傷が完全に癒されている。ヨセフにもはや復讐心はない。問題は悪を図った兄たちが、自分たちの過去に責められているのである。そして、自分たちを守ろうと立ち回っている。罪人の心理がよく現わされているところである。本来は、自分たちの問題なのに、相手に問題があるかのように理解する。しかし変えられた罪人はそうではない。人の悪意を見たとしても、その行いを正すのは神であると神に委ねることができる(19節、ローマ12:19)。またその悪意の中に神の摂理を見出すことができる(20節、45:5)。すべては神のみこころの中で生じていることであり、それらすべてを神はよいことのための計らいとされる、と信じていくことができる。だから、悪事を受け、不法にねじ伏せられるようなことがあっても、静かに物事の成り行きを見定めていくことができる。物事の動きに動じない、泰然自若とした歩みは、神のご配慮と悪を善に変える神の助けを覚えればこそである。そして、悪に対して赦しと愛情をもって報いることができるのである(21節、ルカ6:27)。実際「私は、あなたがたも、あなた方の子どもたちも養いましょう」と語るヨセフには、兄弟たちに対する個人的な愛が溢れていた。
創世記を完読した。創世記は旧約聖書の本質的なメッセージを包含している。それは、旧約の預言者たちをやがて突き動かしていくことばとなる。アブラハム、イサク、ヤコブの神のもとに、確かなる祝福と希望がある。
アブラハム以降、イサク、ヤコブ、そしてヨセフと読みとおしながら、それぞれ三様の人生を歩まされていることを思う。
 イサクにとって父アブラハムの存在は大きい。素晴らしい信仰の父にあやかって、素直にその祝福を受けながら生きた人物である。イエスの十字架にあやかって祝福を受ける私たちも同じだろう。
 ヤコブは、遅い自立を強いられた人物である。家族間のトラブルで、家を追い出されてしまい、大変な人生を歩まされてしまう。世間知らずの故に、おじのラバンにいいように利用される人生を生きていく。しかも狭量な人物である。だが神はヤコブをそのような人間では終わらせなかった。神ご自身のご計画の中に歩ませている。ヨセフは、転落に継ぐ転落の後、その心の傷を癒される人生へと導かれている。ヤコブもヨセフも全く想像もしない人生を走り抜けたと言えるのではないか。
ともあれ三人の人生は全く異なっていながら、それぞれ神の最善に導かれた人生である。人生の一部を切り取れば、しばしばそれは最善とは思われない出来事もあったのだが、総じて、最善と締めくくられるようなものであった。神に導かれるままに、また与えられたものを素直に喜んで生きていく、さらに神が与えられる人生の多様さを認め、自分の人生の計り知れぬ可能性と祝福を信じていくところに、私たちの幸せがある。しかし、私たちのなすことは逆で、自分の考えられる最善に自分たちの幸せがあると思うものだ。だから自分の考えから物事がずれて行くと、幸せを感じることができないし、神にも不信感を抱いてしまう。たとえ人に悪をはかられる人生であれ、神はそのはからいをよいことのための計らいと変え、私たちへの最善を完成させてくださる、そんな確信を持って歩ませていただこう。いつでも希望を抱き、人を恐れず、神を恐れて歩みたいものだ。

創世記49章

この章は、ヤコブの子どもたちに対する最期の祝福というよりは、「集まりなさい。私は終わりの日に、あなた方に起こることを告げよう」(1節)とあるように、預言として読んでいくべき個所なのだろう。「終わりの日」は、いわゆる終末的な意味であるというよりは、「後の日」とも訳されるように、カナン定住時代を念頭にしていると考えるとよい。
まず、ルベンは長子であるが、長子の威厳を保つことができない。というのも、彼は、力はあっても、水のように奔放で、つまり自制心を欠いていたからである。実際、彼は性的な抑制を欠いて、父の寝床を汚した。後の士師の時代、ルベン族は、優柔不断を責められ、リーダーシップを欠いたとされている(士師5:151,16)。シメオンとレビは、シェケムの残虐さの故であろう、ひとまとめにされている。そして彼らの集いには連なるな、という(6節)。神の裁きによる大虐殺と、恨みと復讐による大虐殺は区別されている。その後彼らはヤコブの預言のように散らされていく。シメオン族は、ユダ族の中に組み入れられ(ヨシュア19:1-9)レビ族も土地を相続することはなかった(ヨシュア18:7)。しかし、神は、つけ離して終わり、という方ではない。レビ族の相続地は、目に見える土地ではなく主の祭司として仕えることとなり、それは名誉ある分散であった。
ユダに対する預言は興味深い。ユダは獅子の子とたとえられる。それは、黙示録5:5にあるイエスの戦闘的なリーダーシップのイメージを思い起こさせる。事実、10節、「王権はユダを離れず」は、後のイスラエル部族での主導権を示唆する。「シロ」の意味は不明。このヘブル語を「シェロー」と読み替えて、「彼に属するものが来るまで(ユダが受け継ぐものがすべて明らかになるまで)」と、ここにメシヤ的な内容を見出すことを伝統的にはよしとしてきた。つまり、ダビデあるいはイエスの到来を預言していると理解するのである。アブラハム、イサク、ヤコブに継承された、霊的な祝福、つまりメシヤの系譜に与る祝福はユダに与えられるということだろう。11節の、ぶどう酒が水代わりに、またぶどうの木が家畜をつなぐ杭にされるというのは、ユダのリーダーシップのもと、豊かな時代が到来することを預言している。
13節、ゼブルンの割り当て地は、実際には海岸に接するところはなかった(士師5:17)。またシドンにも近くはなかった。しかし、海上貿易で豊かになれない地域ではなかった、と言える。
16節、ダンの名は、黙示録7:5-8にあるイスラエル構成のリストには消えている。ダンに期待されたことは、イスラエルの部族の一つとしてさばくこと、にあった。しかし、実際のダンは士師18章にあるように、その期待に応える歩みをせず、結果ダンの名を消し去ることになったのかもしれない。推測するまでである。
ヨセフは、メシヤの系譜には与らなかったものの、その生涯は、メシヤの生涯を象徴している。ヨセフは兄弟たちに憎まれたが、イエスも同じように同胞に憎まれた。ヨセフは身内に銀20枚で売られたが、イエスも銀30枚で売られている。ヨセフは、奴隷として様々な不運に見舞われたが、イエスも捕らわれの身となり苦しめられた。ヨセフは、20年死んだ者と思われていたが、イエスも私たちのために死んでくださった。
またヨセフは、大臣として高く挙げられたが、イエスも復活し、神の右の座についておられる。ヨセフは異邦人の妻を与えられたが、キリストも教会を花嫁として与えられている。預言の言葉の中にヨセフに対する批判はない。ヨセフの正しいことが証明されたからである。同じように、イエスも、正しい方であり神の祝福を受けるにふさわしい方である。
考えてみれば、ヨセフは、大臣になるべく教育を受けた人物ではない。しかし神がご自身のご計画に基づいてヨセフを大臣として抜擢し、これを用いられた。ここに、私たちは、主が徹底して祝福の主であることを思わされるのでもある。まさに「全能者による祝福」というものがある。人は、自身の努力と策略によって幸せになるのではない。神によって機会が与えられていく。だからどんな人も人生において希望を持つことができるし、どんな人間にも望みを抱くことができる。人生において大切なことは、神に味方となっていただくことであり、神による祝福があることを認めることである。アブラハム、イサク、ヤコブに続き、ヨセフもまた神の祝福に生きた。信仰によって、神に人生を委ねながら、神に祝福されることをよしとして生きていくことが、私たちにとって最善である。今日も神に期待していこう。

創世記48章

 ヤコブは、年老いていよいよ最期を迎えた。彼は力を振り絞ってとこの上に座った。そして語った。「全能の神はカナンの地ルズで私に現れ、私を祝福して仰せられた」(4節)と。ヤコブは「全能の神」との出会いを思い起こす。すべてはそこから始まった。そしてその神は「きょうのこの日まで、ずっと私の羊飼いであられた神」(15節)である。しばしばヤコブは難しい人生を通らされてきた。しかしその過程で、彼は、神の助けと守りを受けてきた。彼は羊飼いであられた神であると同時に、全能の神の御力と助けを経験してきたのである。そして、確かに神が約束してくださったように、ヤコブを祝福し、増やし、所有を与えてくださった、と認めている(4節)。
5節ヤコブはヨセフの子マナセとエフライムを自分の子としようとする。その心は複雑であり、痛ましい。最愛の妻ラケルの子を最も授かりたかった、というヤコブの本音が現れているのかもしれない。ヤコブにとっては目にみえる現実の家族の中で、心の家族と言うべきものがあったのではあるまいか
 人間にとって神に従う人生は決して単純ではない。神は確かにこの私を祝福してくださった、私に最善をなしてくださった、と思うと同時に、その途上には、思い出せば悲しくもあり、自分の思う通りにはならなかったと思うこともある。だがそうであっても、神は私に真実であったことに変わりはなく、自分の偏狭な人生もそうであればこそ豊かにさせられたのだ、と思わされることも確かなのである。
ヤコブは、自分の頭がしっかりしている内に、信仰によって子どもたちを祝福しようとした。長子の権利は、長子のルベンが父の寝床を汚したことで(創世記35:22)ヨセフへと与えられたと聖書は言う(1歴代5:2)。確かにヤコブは、ここでヨセフに、自らに祝福として与えられた長子の権利を継がせようとしたのであろう。しかし、ヤコブが考えている長子の権利と、神が考えておられた祝福の継承は、必ずしも同じではない。というのもイエス・キリストの系図を継承する祝福は、ルベンでもヨセフでもなく、ユダに与えられたからである。
またヤコブは、自らの経験を思うところがあったのか、ヨセフの子どもの祝福の順序を違えている。ヨセフの長子を祝福するのではなく、弟を祝福する。そしてヨセフにシェケムを与える約束をした。しかしながらシェケムの町は、実際には、イスラエル人がエジプトから脱出し帰国した際に、エフライムとマナセの境界となり(ヨシュア17:7)、逃れの町(ヨシュア20:7,21:21)、また、レビ人の町としてケハテの子たちのものとされている(1歴代6:67)。
 つまり、すべてはヤコブが思い描いたようには運ぶことはなかった。ヤコブは勝手に神のみこころを考え、神のみこころに生きているように思い込んでいたが、神のみこころはヤコブの思いを超えたものとして進められていた。それは、私たちとて同じことである。人間に神の御心を知り尽くすことはできない。いかに謙虚に、神のみこころを考え抜かねばならぬかを教えられるところだろう。そして同時に、信仰をもって子を祝福することも教えられるところである。子どもを見れば色々と、不完全であり、気を揉むことも多々ある。しかし親が子にしてあげられることは、愛情を注ぐことであり、祝福すること以外にない。いつも、現実ばかり見るのではなく、その子の将来に主の確かな祝福を覚えて祈り続ける、その子の祝福を描いて、励ましと支えとなるまなざしを注いでいく。自分もまた神にそのように祝福され導かれたことを思えばこそである。今日も、信仰によって家族を祝福する者でありたい。