出エジプト記40章

<要約>
 皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。さて、40章ですが、幕屋が完成し、これを聖別し神の用とする奉献式がなされ、神がそれをお受けになり臨在の象徴としてくださったことが記されています。注意すべきは、繰り返しのことば「主がモーセに命じられたとおりである」です。神に従順であるためには、神の言葉によく耳を傾けることです。今日も、皆さんの上に主の平安があるように。

1.幕屋の奉献(40:1-15)
幕屋の完成は、神の民の創造を意味した。エジプトで奴隷であった彼らは、天地創造の唯一のまことの神を拝む宗団として、自分たちを認識するようになった。
2節「第一の月の一日」に、17節を見ると、これは第二年の第一の月の一日である。この日、幕屋の設営が命じられ、全ては「主がモーセに命じられたとおり」に完成した。エジプトを脱出したのは、第一年の第一の月の十五日、それから約五十日目の第三の月にシナイ山に到着(19:1)している。そしてモーセの第一回目のシナイ山滞在が四十日間(24:18)、さらに第二回目のシナイ山滞在が四十日間(34:28)であるとすると、それだけで130日、約4カ月弱が経過していることになる。その間に、金の子牛の事件民の背教があり、モーセのとりなしがあり、神の民との再契約があったのだから、第二年の第一の月の一日に幕屋を組み立てるとなると、幕屋を製作する時間はわずか7カ月弱しかなく、イスラエルの民は、驚くような熱意と勤労ぶりをもって、幕屋の布や皮を用意し、刺繍を施し、調度類を彫刻し、組み立てたことになる。実に荒涼とした荒野のど真ん中で、幕屋の材料を揃える工場も商店もなかったと思われる所で、彼らは、材料を用意し、突貫工事で作業を完成させた。そして幕屋を組み立て、至聖所を設置し、完成した調度類、付属品を定められた場に配置した。おそらく、幕屋は移動可能な組み立て方式であったから、設営は短時間で終了したと思われるが、それにしても、驚くような献身ぶりである。金の子牛の事件の後、悔い改めが具体な行為となり、信仰と一致による熱意が導きだした一大事業となった。教会の建設にもそのような御霊による新生と一致による前進がありたいものである。
2.聖別と神の証印(40:16-38)
さて、完成した幕屋の建具および、調度品類は、まず主のために聖なる油注ぎによって聖別された。これは、祭司の任職聖別式と同様、別の日に行われたのであろう。そこに主の栄光が満ちたとされる。主の臨在の象徴である雲がそこにとどまり、34節「主の栄光が幕屋に満ちた」という。主は幕屋を住まいとされた。これは重要な比喩である。というのは、イスラエルが王国となり、幕屋に代わる神殿を建設した際、主は、神殿をご自身の住まいとされ、そこにも主の栄光は満ちあふれたとされている(1列王8:10-11)。
新約の時代では、神は新しい幕屋、神殿を定められた。つまりイエス・キリストをご自身の神殿とされた(ヨハネ1:14)。イエスは、ご自分をさして、言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう」(ヨハネ2:19)これは、イエスの復活のことを言っているのであるが、神はイエスを住まいとし、イエスの上にご自身の栄光を表されたのである。
そして現代において神は、キリスト者一人一人を幕屋、神殿として見て、ご自身の住まいとしてくださる(1コリント6:19,20)。これは驚くべきことである。私たちが神の聖なる用具として聖別され、神ご自身の栄光を現す場とされるのだ。私たちを見る時に、人々は、そこに主の栄光が満ちている、この人と共に神がおられる、と知るのである。私たちは世の光であり、地の塩と言われるのは、そういうことだ。
38節は、「わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう」(29:45)と語られた主の約束の実現である。彼らは旅路の途上にあって、いつも、昼は主の雲が、夜は雲の中に火があるのを見たという。神が約束されたとおりである。そして、イスラエル人は、その主の雲が幕屋から上った時に旅立ったという。つまりどこまでも主の後をついて行く民として、自らを証したのである。
神は、イスラエル民族を神の民として導かれた。それは、ただ単にエジプトの滅びの穴から救い出してくださった、というわけではなく、その先において、神の民としての証を立てるためである。それは、私たちを通して、神の救いの中に人々を招き、神の同じ祝福に預からせるためである。神が全人類を愛しておられることは確かであるが、その愛の招きを自らの生活を通して指し示すのが、神の民としての私たちの役割なのである。

出エジプト記39章

<要約> 
 皆さんおはようございます。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。さて、39章は、祭司たちが着る装束の作成について記しています。モーセは神に命じられたとおりに事を進め、ついに幕屋建設に関する全ての作業を終了させました。こうして天地創造に匹敵する神の民の創造が完了しました。今日も、モーセのように主のみ言葉によく聞き、従い、完成させる歩みを目指しましょう。皆さんの上に主の平安があるように。

1.祭司の装束の作成(39:1-31)
祭司たちが着る装束が作られていく。「主がモーセに命じられたとおりである」と著者は繰り返すが、このフレーズは、この章にも、次の章にも7度繰り返される。それは、神の細かな命令に、モーセが的確に、丁寧に従ったことを強調しているのであろう。そのように一つ一つ判を押したように、確実に作業が進められていく様に、神のことばに従うあり方そのものを考えさせられる。
 神の宮を建てることについて、これほど神の御心に沿って建てあげていくことの慎重さがあるだろうか。いや、もっと比ゆ的に考えて自らの信仰の歩み、霊的な人生を築き上げることについて、これほど神の御心に沿った慎重さがあるだろうか、と思う。
 パウロは言う。「もし、だれかがこの土台の上に、金、銀、宝石、木、草、わらなどで建てるなら、各人の働きは明瞭になります。その日がそれを明らかにするのです。というのは、その日は火とともに現れ、この火がその力で各人の働きの真価をためすからです。・・・あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか」(1コリント3:12-16)イエス・キリストという土台の上に、どのような素材を選んで教会を建てあげていくのかに注意せよということである。素材を選びぬき、最良のもので、慎重に建てあげるのでなければ、結局は、災いの日に崩れることなく立ち続ける建築にはなりえない。三匹の小豚の話ではないが、藁と木とレンガで造った家の内、狼の攻撃に守られたのは、レンガの家だけであったようなもので、私たちの教会も、神に命じられたとおりに、選び抜かれた素材で、また神のことばに従って建てあげる慎重さをもって建てあげるのでなければ、決して、永遠の神の家として立つことはできない。ハデスの門も打ち勝てないという、霊的な神の家として建てあげることはできないだろう。
 そういう意味で、教会は、また私たちの新しい人生は、霊的なものである。教会はセメントをこねれば建つという。しかし、神が私たちに期待しているのは、箱モノを作ることではない。人の魂を癒し、心を励まし、力といのちを与える教会を建て上げることである。それは、まさに霊的な教会であって、ハデスの門も打ち勝てないものである。とすれば、霊的に金、銀、宝石にたとえられる良質の材質で、私たちの人生を築き上げ、教会を築き上げるのでなければ、それは決して神の評価に耐えうるものにはならない。霊的に木、草、わらというのは、いわゆる霊的には粗悪な素材、つまり世俗的な素材ということであろうから、建物は建てあがっても、霊的な試練には耐えられないのである。だからパウロは、「私たちの戦いの武器は、肉のものではなく、神の御前で要塞をも破るほどに力のあるものです」(2コリント10:4)と語り、神の霊的な武具によって戦い抜くことの大切さを語っている。霊的な生活、霊的な教会を築き上げようとするならば、霊的な材料をもって、霊的な手段に沿うことが大切である。神の方法に従う、というそのことが、神の目的にかなうありようを得ることになる。
2.幕屋作製作業の終了(39:32-43)
 「こうして会見の天幕である幕屋のすべての奉仕が終わった」という。私たちの奉仕にもいずれ終わりが来る。その際に、私たちはどのような報告をするのであろうか。私たちの奉仕がたとえ人に評価されることがなくても、神の前に、「主が命じられたとおりにした。そのようにした」と言えるものであるかどうかが、大切である。神が私たちに期待することは、大それたことではない。むしろ小さなことであろう。しかし、親、子ども、妻、あるいは同僚に対して、神が与えられた責務を忠実に行い、その奉仕を終える時が来る。モーセは、「すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した」という。仕事をし、その通りの物ができ、よしとし、これを祝福する(創世記1,2章)。まさに創造のパターンを思い出すところである。実際、幕屋の全ての奉仕が終わることは、天地創造に匹敵する神の民の創造を意味するところがある。神はモノとしての天地をお造りになっただけではなく、創世記の物語を通して、アブラハム契約に象徴される、散らされた者が一つとなる霊的な環境を提示された。そこに、出エジプト記を通して、神の民を産まれさせたことを伝えるのである。そういう意味では、善悪の知識の木の実は、アダムにとって主の戒めを教えるものであったが、神の民に対しては、続くレビ記を通して、主の戒めが教えられていく。つまり彼らは神の民としていかに生きるべきかを教えられていく。
創世記、出エジプト記、レビ記とさらに読み進めていくこととしよう。

出エジプト記38章

1.祭壇、洗盤、庭(38:1-23)
 続けて幕屋の調度類が造られたことの報告である。27章において神が命じられたことは、「作る」ということであった。それらの意義などについては、27章の解説を参照されたい。
さてそれが神の御命令どおりに「作った」と記録されている。読み比べると多少表現の違いはあるが、判を押したように、作るべきものが作られたことが忠実に報告されている。実に、信仰の歩みというのは、そういうものではないか。聖日を守りなさいと神に命じられる。それを忠実に守った。そして守ったことを神に報告する。朝ごとにいけにえをささげよと神に命じられる。そして朝ごとにこれを行い、報告する。信仰の歩みというのは、そのように神のことばに判を押したように従う地味な営みであるが、そのような部分に、意義を感じていたり、そのような部分が人の信仰を大きく成熟させると理解している人は少ないように思う。22節、「ベツァルエルは、主がモーセに命じられたことを、ことごとく行った。」という、まず朝ごとに神のみこころを探り、夕ごとに一日の働きを神に報告する、そんな歩みを重ねたいところである。
2.聖所設営のコスト(38:24-31)
24節からは奉献物に用いられた金の総量が記録される。用いられた金の総量は、29タラントと730シェケル。1タラントは約34キログラムであり、1シェケルは11.4グラムであるから、合計約950キログラム、ほとんど1トン近い量になる。銀は、合計100タラント1775シェケル。約3400キログラムである。大切なのは、これらが、ひとり当たり1ベカ、つまり聖所のシェケルの半シェケルであって、すべて20歳以上の登録された者たちから集められたという形で記録されている点ではないだろうか(26節)。実に、誰かが寄進したわけではない。まるで皆が平等に献げたものの総数であるかのように記されている。それによって幕屋が建ったと。教会を建て上げるということも実にそういうことなのであろう。誰か力のある人が献げればよい、という問題ではない。皆で力を合わせて建てあげていくものなのである。
銀の台座は100を必要とし、100の台座に用いた銀は100タラント、1個の台座に1タラント用いられた。1タラントで1個の台座、だから100の台座を揃えて、幕屋の働きを進めていくには、100タラント必要だということになる。そういう意味では、1タラントで何ができるのか、と傍観者を決め込んでしまったら、100個の台座を用意することはできない。1タラントでは生かされないことも、100タラント集まったら、ちゃんと用をなすことがあるだろう。だから逆に自分は10タラント与えられているからと言っても、100個の台座は作れない。やはり、他の者の協力を必要とするのである。多く与えられた者も少なく与えられた者も、共に力を合わせて、神の示しに応じて、そのタラントを生かせば、教会は建てあがっていく。日本宣教の1%の壁を破る力は、私たち一人一人が少ないタラントと多くのタラントをどのように生かすかにかかっているのではないだろうか。
 ただ繰り返しになるかもしれないが、材料と同時に大切なのは、神の命令である。自己流に自分が良いと思うことをめいめい勝手に行うのではなく、神の設計に従って、協力し合いながら自分を生かしていくことが大切なのだ。そういう意味ではもっともっと私たちは教会の働きに関心を持たなければならないだろう。聖書を読みながら、教会がどうあるべきか、教会をどのように成長させていくべきなのか、そして自分が全体の中でどのような役割を果たすべきなのか、何をどこまでささげたらよいのか、そうしたことを考えながら、誠実に関わって行くことである。そして判を押したように、神に命じられたとおりにしました、と神に報告する一日を持つことだろう。ただ出席する、自分の席を守るということ自体が賜物を生かすことがある。礼拝に集うということ自体が、教会の士気を高め、牧師や他の信徒を励ますものである。しかしそれ以上にできる賜物を与えられている人もあろう。皆が力を合わせて教会を建てていく。そんな意識をしっかり持たせていただこう。

出エジプト記37章

1.装具の製作
モーセが彷徨った荒野は、荒涼とした岩地である。そんな土地で、よくもこれだけの技術や細工をサポートする材料や道具が揃ったものだと思うところがある。まさに、神の助けなくしてはなしえない事柄であった。人生に不可能と思われることは多い。しかし、人に勇気と希望を与える物語には、人間の力以上の働き、神の助けによってなされる何かがあることを認めなくてはならない。
 幕屋建設の棟梁ベツァルエルは、神に命じられたまま、一つ一つの調度品を丹念に作り上げていく。すでに、25-30章において作業工程が明らかにされているが、ここでは、実際の作業手順が記録されている。だから、幕屋の後に、契約の箱(1-9節)、机(10-16節)、燭台(17-24節)、そして香壇(25-20節)もまとめて、それらが神に命じられたとおり、忠実に、過不足なく作り上げられていった確認となっている。単なる再述ではない。
(1)契約の箱(37:1-9)
契約の箱は、「主の箱」(ヨシュア3:13)、「神の箱」(1サムエル3:3)、「主の契約の箱」(申命10:8)、「神の契約の箱」(士師20:27)、「あかしの箱」(出エジプト30:6)とも呼ばれた。材料は、アカシヤ材で、長さ2キュビト半(約1.11m)、幅と高さ1キュビト半(約67cm)の寸法であった。箱は内側も外側も、また箱のまわりの飾り縁も、四隅の基部に取り付けられた運搬用の棒を差し込む二つの環も金で覆われた。さらに箱の蓋となる「宥めの蓋」も純金で作られ「贖いのふた」と呼ばれた。その両端に、互いに向き合って顔が「宥めの蓋」に向かうように2つの金のケルビムが作られた。これが「契約の箱」と呼ばれたのは、そこに主とイスラエルとの契約の基礎となる神の十のことば(十戒)を刻んだ、2枚の石の板が納められたからである。
しかしながら、契約の箱の意義は、「宥めの蓋」のケルビムと共に、幕屋の至聖所に置かれたことであろう。ケルビムは神の臨在の象徴であり、契約の箱の置かれた至聖所は、イスラエルの神である主が御自身のしもべにみこころを啓示される会見の場であった。この契約の箱は、BC586年、バビロン軍によってエルサレムが破壊された時に失われ、バビロン捕囚帰還後に再建された第2神殿にも存在しなかったので、今や永遠に失われたと思われるものであるが、キリスト者にとっては、神の国が完成する栄光の終末の時、再び見ることのできる希望のあるものである(黙11:19)。
(2)アカシヤ材の机(37:10-16)
アカシヤ材の机は、ささげ物、つまり供えのパンを置くためのものであり、パン種の入らない平たいパンを12個作り、6個ずつ2並びにして供える。それらはもっぱら陳列のためで、祭司だけが食べることができるものとして用意され、毎朝焼き立てものが置かれ、夕方には下げられた。おそらくその象徴的な意味は、パンの数はイスラエルの12部族を表し、彼らの日ごとの糧は、神から来るという感謝のしるしであった。週1回、安息日ごとに新しく供えられた。
(3)燭台(37:17-24)
 ベツァルエルが作った純金の燭台は、メノーラーとも呼ばれる。七枝の燭代は、現在のイスラエルの国家紋章やお金(10アゴロットコイン)にも使われている。台座と支柱があり、その支柱から六つの枝が三つずつ左右に突き出て、支柱と六枝の上にともしび皿が載せられ、アーモンドの花の形をした節と花弁のあるがくの模様がつけられていた。メノーラーは、ユダヤ人の信仰と希望の象徴である。実際金の燭台は、黙示録では、主なる神の臨在、教会、忠実な証人の象徴とされる。そう言えば、エルサレムを旅した際に、神殿の丘、岩のドームに近い場所で、ガラス張りの囲いの中に大きな金のメノーラーが輝いていたことを思い出す。イエスは、「あなたがたは世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上におきます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなた方の光を人々の前で輝かせ、人々があなた方の良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい」(マタイ5:14-16)と語っている。私たち自身がメノーラーであり、私たちの教会がメノーラーなのであり、世界の希望、光となる、という単純な事実に心を留めなくてはならない。
 ただ、自分が世界に希望を与えるメノーラーであると考えたとしても、それが鼻持ちにならない使命感を持つようではいけない。しばしば人間は愚かしくも自分の使命感を過剰に募り、勘違いもよい行動をとってしまうことがあるものだろう。メノーラーは、ただ存在することによって光輝く。神が用いられる人も、ありのままの自分を通して神の御業を現す人である。背伸びをするのでも、踏ん張るのでもなく、只その場にあることで用いられていく。
 そういう意味で、私たちは世界の希望ではあるが、静かな希望であり、穏やかな光である。気がつけばある希望であり、光である。神の臨在の象徴とも言われるように、派手なものでも、騒々しいものでもなく、いつも空気のように側に寄り添う希望である。
 燭台には、アーモンド花の形をした節と花弁のあるがくがつけられた。アーモンドはあめんどうとも呼ばれるが、その花は桜によく似ている。事実桜と同じバラ科サクラ族の落葉高木であり、薄いピンクがかった五枚の花弁を見て、サクラと見間違える人も多い。桜よりも一足先に、2月頃に満開となる。冬の荒涼と枯れ果てた風景に一足先に命を芽生えさせる、そんな花である。かつて、預言者エレミヤが神の召しを受けた時、エレミヤは、荒涼とした荒野に咲き乱れるアーモンドの花を見ていた。世俗化し、神を認めず、神に背を向けていくこの世は、荒涼した荒野そのものであろう。そこに満開に咲き誇るサクラに似た花。こんなことが起こるならば、死せるこの世にも、神の業が起こる希望を抱くことができるかもしれない。望み得ないところに望みを抱かせるのがアーモンドの花の意味である。荒涼としたこの世の社会に、満開の桜の花のごとく心に染みる歩みを、静かにさせていただきたいものだ。
(4)香の壇(37:25-29)
なお、香の壇は、イスラエルの民が礼拝において用いた香をたく壇である。毎日朝夕、祭司が香りの高い香をこの上で炊いた。また罪のきよめのささげ物を大祭司あるいは全会衆のためにささげる時は、その血を香の壇の角に塗った。つまりそれは、祈りととりなしの象徴である。実に、装具には、それぞれの意味があり、また、全体として一つとして調和した。メノーラのような証には、まさに、祈りととりなしが結び合わされなければならないように。

出エジプト記36章

1.有り余る調達(36:1-7)
 神の命じられた幕屋建設が開始された。選ばれた工匠たちが、幕屋建設のための材料の寄進を受けている。それは自発的なささげものとして集められ、「朝ごとに、進んでささげる」ささげものとなった、とされる。その量はあまりにも多く、工事をする者たちが、もはや聖所のためのささげ物は不要である、と言うほどであった。そこで工匠たちは言った。「主がせよと命じられた仕事のためには、あり余るほどのことです」(5節)と。工匠たちはこれ以上、ささげ物を持って来ないようにと、他の会衆を思いとどまらせなければならなかった。それほど民は気前よく反応したのである。彼らが何に反応したのかに注目すべきであろう。
それは、神の誠実さに対してである。というのも、神はご自分の民が逆らい、神を捨てたにもかかわらず、なおも、契約の故にその民の中に住もうとされた。金の子牛を造り偶像を崇拝した事件はもう忘れ去られていた。人を愛するとは、人のした悪を忘れることだ、と言われるが、まさに神はイスラエルのした悪を忘れ去ってくださっている。そのような神の愛に守られてこそ、イスラエルの民は、神の選びの民として歩むことができた。彼らは幕屋建設の祝福に与り、幕屋を建てることを許されている。彼らがいかに気前よく、神の言葉に反応したのか、それは、神の愛の故である。それは、ベタニヤにおけるマリヤの香油注ぎ(マタイ26:7)、ピリピ教会の気前のよいささげ物(ピリピ4:14-19)を思い起こさせる。
2.幕屋の建設(36:6-38)
ところで、溢れるほどのささげ物がなされる時に、人は、必ずしもこのようにいうわけではないだろう。そこで、もっと、という貪欲さを出してしまうものではないか。これだけあれば、もっと立派なものを造れる。もう少し大きいものを造れる。そんな発想になりやすい。しかし、彼らは、すべて主がせよと命じられた仕事に意を注いだ。彼らは神の誠実さに対して、誠実をもって応えたのである。主がせよと命じられたことから右にも左にもそれない。主がせよと命じられた以上のことができるとなっても、主がせよと命じられたことに敢えて踏みとどまったのである。後半の単調な記述、つまり、39章にいたる、時制と人称が変更されただけの25章から35章までの繰り返しのような記述は、彼らが主の命じられた以上でも、以下でもなく、まさに、命じられたとおりにすべてを忠実に造ったことを強調するものであろう。
日本人の宗教観について、よく指摘されていることは、日本人は基本的に多神教的、混合信仰的であることだろう。様々な神を味方につけて、日本教とも言うべき独特の宗教観の中で生きていく傾向がある。純粋な仏教徒も、純粋な神道教徒もなく、仏壇と神棚が一緒に置かれるように、仏教も神道も巧みに融合して生活の中に溶け込ませてしまう。これは、キリスト教についても同じである。つまり純粋な聖書信仰に意を注ぐ人は少ない。むしろ、聖書を離れて、その時々の教会の動き、勢いに乗っかっていくことをよしとしたりする。しかしキリスト教の歴史も、本流にあることが必ずしも正しいことではなかったことを教えている。大切なのは、いつも、聖書が何と語っているか、というところに立っていくことなのだろう。主が命じられたことを離れて物事をしていくのが、私たちの問題であるが、主が命じられたことを忠実に行う、それが信仰の基本である。
興味深いことに、聖書は、「心に知恵ある者は皆」と語っている。単に知恵ある者ではない。心に知恵ある者という言い方に注目させられる。別訳では「名人」「熟練者」となっている。神の働きに携わるにあたり、やはり十分訓練されていることが大事なのであり、それは、神の言葉に対する忠実さにおいて熟練している、ということである。そういう意味で、キリスト者としてまず何よりも、神のことばに耳を傾けることに熟練したいものである。朝毎に、個人的に神のことばに耳を傾け、週毎に、公に礼拝の中で神のことばに耳を傾けることは基本である。神のことばの標準に自分の心を合わせ、神と歩調を合わせた忠実な歩みを心がけたい。