ヨシュア記24章

ヨシュア記24章 神との再契約
<要約>
おはようございます。ヨシュアたち、イスラエルの戦いが終わりました。ヨセフの遺骸がシェケムの地に戻ってきました。ヨセフが兄弟たちにまだ奴隷として売り飛ばされる前に住んだ場所です。神がイスラエルの父祖たちに、この地を与えると約束した約束は守られたのです。そしてヨセフの信仰も実りをえました(ヘブル11:22)。興味深いことは、ヨセフ族がヨセフの遺骸を携えながら決してヨセフを神格化して拝まなかったことでしょう。神と人は異なるものである。そして人間は神の時間軸に生きている。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.イスラエルになされた神のみ業
 ヨシュアは、イスラエルの全部族をシェケムに集めた。そこで再びヨシュアのメッセージが語られる。しかしそれは、神の前にあって語られるメッセージとなった。
最初にヨシュアは、イスラエルの歴史においてなされた神のみ業を振り返った。族長たちの召し(2節)、出エジプト(5-7節)、ヨルダン川東岸の勝利(8-10節)、ヨルダン川渡渉(11節)、そして約束の地での征服(11-13節)について触れている。メッセージの中で繰り返し強調されるのは、これらイスラエルの勝利と成功が、一つとしてイスラエルの力によるものではないことである。「わたしは、あなたがたの前にくまばちを送ったので、くまばちがエモリ人のふたりの王をあなた方の前から追い払った。あなたがたの剣にもよらず、またあなたがたの弓にもよらなかった。わたしは、あなたがたが得るのに労しなかった地と、あなたがたが建てなかった町々を、あなたがたに与えたので、あなたがたはそこに住み、自分で植えなかったぶどう畑とオリーブ畑で食べている」(13節)
 くまばちとはなんだろうか。文字通りくまばちととるべきか、一種の比ゆ的表現ととるべきか。後者が普通のようである。つまり、イスラエルが侵入する前に、神が敵に与えた恐怖のことを語っている。また、出エジプトの早期年代説をとる場合には、これを先んじてカナン攻略を試みたエジプトのパロのことと取る説もある。つまり、BC1411年のアメンホテプ3世による破壊的な侵略を指し、すでにカナンの地が弱められていたときに、ヨシュアとイスラエル人がエリコに侵入したという。イスラエルのカナンの地の所有は、自分たちの力ではなく、神の強い導きと後ろ盾があってこそ、成し遂げられた、というわけだ。
ともあれその必然的結果として、イスラエルは、まことの神のみを礼拝するように、「誠実と真実をもって主に仕えなさい」とチャレンジを与えられている(14節)。
2.神との再契約
15節からは、ヨシュアと民の対話の形式をとりながら、神と民との契約を明確にしている。つまり、ヨシュアは、民に神への絶対的献身を促し(14-15節)、民はこれまでの神の恵みと救いを告白し、主に仕える決意を明確にしている(16-18節)。それに対してヨシュアは重ねて、主の厳しさを語り、警告を加えている(19-21節)。民は、「いいえ。私たちは主に仕えます」と、警告に対して明確な忠誠の誓いを立て契約を結んでいる。
 主に仕えると口で語るのは易しい。しかし、人間の心には、罪がある。神を認めようとせず、神に背を向け、神抜きで物事を進めて行く内なる性質がある。もし、人が主に仕えると口で語るとおりの忠誠を持っていたら、こんなことは起こりえぬであろうに、という現実がある。私たちの礼拝にも、教会生活にも、それは、明確に現わされている。信仰はことばによらず、行為、振る舞いによって明らかなものだが、私たちの現実は、自分に都合よく、自己流に主に仕え、まことに神に仕えている者ではない、と知られることがしばしばである。確かにそうであってはならない。主に仕えるのなら、私たちの日々の生活は、神に栄光を帰すものとして献げられなくてはならない。主にあって信仰の生涯を貫きとおしたことが、誰の目にも明らかなような生き方をしていく必要がある。
イスラエルは、ヨシュアの生きている間、また長老たちの生きている間主に仕えたという(31節)。残念なことに信仰の継承がなされなかった、ということだろう。人間の指導者ではない、主ご自身に結び付き、主に忠実に従う歩みが、求められるところではないだろうか。

ヨシュア記23章

ヨシュア記23章 ヨシュアの告別説教
<要約>
おはようございます。ヨシュアのお別れ説教というべきものです。彼は、イスラエルの民が、主の約束の通りに、彼らよりも大きくて強い国々を追い払ったことを思い起こさせます。そして、さらにこの占領を完成させるようにと語るのです。確かに教会形成も同じでしょう。私たちの力で話し得ないことを主が導いてくださっている。さらにこれを完成させるのです。そのために必要なのは、これまでもそうであったように、ただ主にすがることです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.大きくて強い国々を追い払った
 ヨシュアは年を重ねて老人となっていた。ヨシュアの告別説教である。これまでの歩みを回想しながら、イスラエルの民が進むべき道を示している。ヨシュアは、まずイスラエルの民を安住の地に導かれたのは神であること、神がイスラエルの民のために戦い、カナンの地に入ることを許された、と語っている。大切なのは、今あるのは神の約束の実現である、ことだ。申命記にはすでに次のように約束されている。「もし、あなたがたが、私の命じるこのすべての命令を忠実に守り行い、あなたがたの神、【主】を愛して、主のすべての道に歩み、主にすがるなら、【主】はこれらの国々をことごとくあなたがたの前から追い払い、あなたがたは、自分たちよりも大きくて強い国々を占領することができる。(申命記11:22,23)」確かに神は、約束通りに、イスラエルの民よりも大きくて強い国々を追い払い、イスラエルの民に、その地を継がせたのである。神は真実である。
2.働きを完成させる 
この神の真実さを受け止めながら、ヨシュアは、さらにチャレンジを与える。「あなたがたは、あなたがたの神、主があなたがたに告げたように、彼らの地を占領しなければならない」(5節)残された戦いがまだある、というわけだ。それは神が与えられたものを、完全に自分たちのものとする努力である。
 それは、私たちの救いにおいても言えることであり、私たちは、バプテスマ式において「救われた」などと言うものの、実際には、救いの第一歩を踏み出したに過ぎず、その救いを完成しなくてはいけない。私たちが罪の深みの中から救い出されたことに間違いはないが、罪の根はまだまだ私たちを深く絡めとっており、私たちを取り囲む誘惑や試練も、変わらないままである。「あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい」(11節)とあるように、十分に気をつけて自分の救いを達成するのである。また働きも同様だろう。働きも一つ一つが始まったばかりであって、決して、完成されたものを私たちは与えられるわけではない。むしろ完成するべき働きが与えられるのである。
3.主にすがる
さて、自分の救いや働きの完成のためには、何を心がけたらよいのか。8節がその秘訣を語っている。「ただ、今日までしてきたように、あなた方の神、主にすがらなければならない」難しく考えることはない。これまでしてきたとおり、主にすがることである。主に信頼し、主の業がなされるように、意を注ぐことである。そのようにして「大きくて強い国々」(9節)を追い払うことができる。また「だれもたちはだかることのできる者はいない」「ひとりだけで千人を負うことができる」(10節)ということになる。
逆にそうではなく、神を忘れ、神から離れるならば、それが「わなとなり、落とし穴となり、わき腹にむちとなり、目にとげとなり、主が与えられたよい地で滅びることになる」(13節)と警告される。私たちにとって益と思われるものがそうでないものに変化することがある。それはまさにサタンの罠であると言わねばならないだろう。
詐欺師は詐欺師と見破られないからこそ詐欺師であると言われるように、サタンも、それとはわからない。エバに現れた蛇も、ヘブル語では光るもの。つまり魅力的なものとして現れたのであり、まんまと騙されてしまったわけである。だからこれはよいものだと思うところにこそ、十分に気をつける心を持たねばならない。
神の約束は真実である。ヨシュアも、イスラエルの民もそれは、身を持って知ったことであった。それをしっかり心に留めて歩む者とそうでない者がいる。しっかり主のことばを心に留めて、主にすがり、主の勝利に歩む者であろう。

ヨシュア記22章

ヨシュア記22章 東側の民の記念碑
<要約>
おはようございます。ルベン族、ガド族、マナセの半部族の三部族が、約束の地カナン占領の戦いに出ていく前に約束したことがありました。彼らは、その約束を最後まで守ったことがわかります。彼らに見る神の民の性質は、約束を守り抜くそれであり、また理性的に対処し物事を解決するそれであります。神の民がいかに人生を生き抜くか、教えられるところではないでしょうか。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安

 イスラエルの戦いが終わった。神は最後まで約束を守られた。そしてルベン族、ガド族、そしてマナセの半部族もまた、初めに他の民と交わした約束を守り続けた。彼らは、いよいよ、自分たちの土地、ヨルダン川の向こうに戻っていく。
1.自己中心性を乗り越える
 この世に、他人の苦労をしょってくれる人間などなかなかいるものではない。そういう意味で、彼らは、自分たちの安住の地を、ヨルダン川を渡る以前に手に入れながら、他の部族の戦いを共に戦う約束を守ったのだから、奇特な心がけを成し遂げたと言わなければならない。それは、私たちの罪の身代わりとなって十字架で死んでくださったイエス・キリストを思わせるような働きである。普通、人は余計な苦労は負いたくないと思う者であろうが、神の民の特色は、罪人の性質である自己中心性を乗り越えていくことだ。人間自分のことばかり考えるのは自然なことで、それが人間といし舞えばそれまでであるが、そのような罪の現実に聖霊の助けによって乗り越えていく、主の聖めの歩みを進むのがキリスト者というばきであろう。自分の損得を考えて物事を進めていく世間の中にあって、神の民のあり方は、助け合いであり、しばしば損をするような仕事にも協力していく。イエスの弟子になることは、クレネ人のシモンのように十字架を負える人間となることである。大切なのは、パウロが勧めるように、具体的な主の兄弟姉妹に対する愛を実践することだ(ガラテヤ6:10)。何か不特定多数の人類愛に燃えるのでも、世の人々に殊更愛想を振りまくのでもなく、今まさに共に生きている、共に教会を建てあげている兄弟姉妹に対する愛情を忘れないことだ。そうすれば、私たちの姿を見て、世の人々がそこにイエスの弟子であることの証を見るのである。
2.真実をクールに語る
 ところで、彼らは、ヨルダン川の向こうに戻っていくと、そこで、新しい祭壇を築いた。それは、他の部族には、異なったいけにえをささげるための、神に対する反逆とみなされた。そして彼らがまさに攻撃を受けようとした時に、それは、いけにえをささげるための祭壇ではなく、自分たちの歴史の確認としての、また証拠としての祭壇であることが説明され、理解されていく。つまりヨルダン川の東側は、果たしてイスラエルの一部なのか、わからない時代が来るようなことがあってはいけないということであった。その説明は、イスラエルの地にただ一つの祭壇のみを求める他の民族の理解を得るところとなった。
 大切なのは、衝突が回避されていく際の双方の態度である。レビ、ガド、マナセの半部族を誤解し、攻め滅ぼそう憤った他の部族には、感情的になりながらも、彼らの説明に耳を傾ける心があった。よくありがちなのは、相手の弁明に耳を貸そうともせず、ただ一方的に敵対感情をエスカレートさせ、相手を攻撃してしまうことである。一度感情的に反応してしまうと、もはや理性的な判断力を一切働かないことがある。せめて、また聞きで物事を判断せず、問題を感じる当事者から素直に事情を聞く心を持ちたいものだが、まずはそういうことはない。
しかし、神の民はそうではないし、クリスチャンになり神の子とされたのならば、この事例を範とする心は持ちたいものだ。ルベン、ガド、マナセの半部族が自分たちの弁明を始めた時に、今まさに攻め立てて滅ぼそうという憤りの内にあった神の民は、静かに耳を傾け、語られることを理解していくのである。一方的に聞かされた話を鵜呑みにせず、直接確認する心を持つかどうか真の神の民の証拠でもある。
神の民、いわゆるクリスチャンも色々である。イエスは今の世にあっては、神の民の中に独麦も混じっていると語ったが、あるいはと耳を傾ける力が真の神の民の性格としてあることが、神の民であることの証なのである。何かお互いの間に折り合わぬことが出てきたら、そこでお互いに耳を傾けあうことができるか、そして神にあって一致できるか、重要な点である。
そしてこうした彼らの態度の根本に、やはり「主にすがる」という価値観が深く養われているところがあることに注目すべきなのだろう(5節)。徹底して、私たちの働きは人間の力によるものではない。人間は、迷い易い者であり、弱い者であり、愚かな者である。ただ主にすがる者であることを自覚し、そのように生きるところに人間が物事を正しく進めていく力がある。神の民は、実にクールである。理性的な知恵者である。人間的弱さを弁えながらも、物事を建て上げる心を持った者として歩ませていただこう。

ヨシュア記21章

ヨシュア記21章 レビ族の相続
<要約>
おはようございます。土地の相続が終わり、「主がイスラエルの家に告げられた良いことは、一つもたがわず、すべて実現した」と結ばれます。神は約束を果たされるお方。主イエス・キリストにある恵みも、皆私たちに実現するものと理解すべきでしょう。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.レビ族の土地の分配
 土地の分配がほぼ終わりに近づくと、最後に、祭司の役を務めるレビ族がモーセに自分たちが約束された土地を求めてきた(民数紀35:1-8)。そして彼らは、全部族の土地の中に、48の町と、その周囲に放牧地を与えられた。いわゆる農地ではない。彼らは放牧を生活の糧とした。また彼らはイスラエル中に散らされ、神のことばを分かち合う者となった。
4-8節は、レビ族のケハテ、ゲルション、メラリ、そしてアロンの子ら四氏族への町の分配について語っている。レビ人の中でも特別な役割を持っていた「アロンの子孫」は、エルサレムの神殿近く(南部)に配置されることになった。またケハテ族は、レビの二番目の息子の子孫で、契約の箱と他の幕屋の備品を運んだ氏族である。彼らは、初期イスラエルの礼拝の最初の中心地となった中央丘陵地帯を与えられている。また、ゲルション、メラリの諸氏族は、それぞれ北部、東部の町々を与えられている。
以下9-43節は、四氏族それぞれに与えられた町のリストである。アロンの子孫(10-19節)、ケハテ族(20-26節)、ゲルション族(27-33節)、メラリ族(34-40節)それぞれに、町が与えられている。
2.約束は果たされた
 全ての町と領土の分配が終了した後、著者はこれまでのことを振り返り、要約的に次のように述べている。「主がイスラエルの家に告げられた良いことは、一つもたがわず、すべて実現した(45節)。」神は約束を果たされたのだ。その約束は最初アブラハムに与えられ(創世記13:14-17)、その子孫に与えられたものである(創世記17:8)。その約束に基づいて、モーセはイスラエルを引き連れてエジプトを脱出し、約束の地カナンへと向かい、ヨシュアがその働きを引き継いだ。そして約束を信じる戦いを戦い抜き、その土地を自分たちのものとしたのである。そういう意味で、まずこのリストは、神の約束の確かさを強調しているのである。
 また、神は約束を守って、その戦いを終わらせ、周囲の者から守って、安住を許された。
神は土地の所有のみならず、敵からの「平安」をも約束していた(申命12:9-10)。神の約束の実現は、三度強調されている。神の約束された「すべて」は、まさに皆実現したのである。
3.神の言葉に懸ける
こうしてこの個所を読む私たちも、神は約束されたすべての良いことを、何一つたがわず、すべて実現されようとしていることを信じてよい。しかし、私たちにはそのような約束への信仰もないし、期待もないことがある。深い不信仰というべきか、諦めというべきか、今の自分と自分にまつわる状況に何一つ期待せず、感情的にも冷めてしまっている、ことがあるのではないだろうか。
しかし信仰は一種の賭けである。神の約束を思いめぐらし、静かに、これを熟考することにより、これにすがる以外に自分の救いの道は無いと決断することである。他に頼るものがあるのならば、そうすればよいだけのことなのだが、そうではないのだから、やはり、神の約束に、自分を賭けていくしかない。それは弱い言い方かもしれないが、どん底に落ちたものにとってはあり得ない道を、神の言葉に懸けて切り開いていく積極的なものなのである。私たちは霊的な約束の地を前にさ迷うことなく、約束の地を受け継ぐために、聖霊による戦いを戦い抜かなくてはならない。今日も神の約束に懸けていくこととしよう。

ヨシュア記20章

ヨシュア記20章 逃れの町
 <要約>
おはようございます。聖書の裁きの原則は、二人以上の証人無くして訴えを取り上げてはいけない、また疑わしきは罰せずにあります。しかし、人間社会には、聖書が語る最低限の正義すら無視されている現実があります。人間社会に光が与えられるために、もっと深く聖書に聞き、聖書に従う必要があるのでしょう。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.逃れの町:疑わしきは罰せず
カナン占領後のイスラエルの土地分配は、19章で終わる。20-21章は、この約束の地の一部を特別な目的のために取り分ける、つまり逃れの町を定めるものである。これはすでに民数記35:9-15や、申命記4:41-43、19:1-10にも述べられており、実際に町は、ヨルダン川の東に3つ、西に3つもうけられた。
その目的は、誤って、知らずに人を殺した場合に、殺人者が盲目的に復讐する者の手から逃れることができるようにするためにある。ただそれは、殺人者が裁きから逃れられるためではない(5節)。罪を帳消しにするのではなく、公正な裁きへつなげるための一時的な保護区である。疑わしきは罰せず、というわけだ。
とは言っても、ここから過失に対しては神の守りがあるけれども、故意の罪に対してはないとか、旧約には「目には目を、歯に歯を」という厳しい原則があるが、新約では、イエスの十字架によって全て罪は赦される愛の教えがあるといった言い方もできない。
2.神は愛である
 たとえばカインの場合、カインは過失で弟を殺したわけではなかった。むしろ、以前から弟を憎み、殺す機会を伺い、計画的に殺した。しかし、そのカインに神は、「目には目を、歯には歯を」という同害報復法を適用されなかった。確かに、カインは、弟の血を吸った土地に呪われ、土地を耕しても、もはやカインのためにその力を生じない、という罪の結果を刈り取ることになったが、神は、カインが人の手によって殺されることのないように、カインに復讐する者は、その七倍の復讐を受ける、とだれも彼を殺すことがないように守りを約束された。また土地は、呪われたとは言うものの、実際にはカインは「町を建てた」とある(創世記4:17)。つまり、カインは、いのちも生活も保障されている。これをどう考えるか。彼は、ヨシュアの時代であったならば、いわゆる過失ではない、故意の殺人であったのだし、民数記35章の定めからすれば、極刑に定められる者であった。しかし、神の愛の精神は、旧約においても新約においても変わらないもので、神は故意の罪であれ、神の前に出て悔い改め、神を呼び求めるものには、救済措置をとられる例として見ることができる。
3.悔い改めを受け止める神
過失の罪はよいが故意の罪は決して赦されない、と聖書は言わない。もちろん、神に事の大小がわからないというわけでもないのだろう。しかし神にとって、過失にしろ故意にしろ、我に返った時に、その人がどのような態度を取るかが問題なのである。そのよい例話がマタイ20章にある気前の良いぶどう園の雇い主の物語であろう。雇い主は、早朝から汗水たらしてしっかり働いた者にも、昼から働きに来た者にも、夕方仕事が終わる一時間前に働きに来た者にも同じ1デナリを日当として支払っている。朝から来た者が不公平であると文句を言うと、私は「気前が良いのだ」と答える。これは、神の気前の良さを語っており、いつでも悔い改める者にはチャンスを惜しまないお方であることを示している。実際十字架につけられた強盗が、死ぬ間際に悔い改め、パラダイスにイエス共に行くことが約束されている。
重要なのは、その十字架の罪の赦しは、私たちにも有効だ、ということだろう。そして、6節「その人は会衆の前に立ってさばきを受けるまで、あるいはその時の大祭司が死ぬまで」とある。過失が認められ、公正な裁きが行われるまで、あるいは、私たちにとって、その時の大祭司というのは、キリストであるからキリストが死ぬまで、である。キリストが死ぬことはないから、それは実に確かな保障である。
人間は過去を問題にするが、神は未来を問題にする。そのような神の愛が本当にわかるなら、人は、自らを完全に神に献げることを惜しまないだろう。真の悔い改めは、計り知れない命ある人生を生み出す。大切なのは、神との語り合いの中で、自らの人生を振り返り、神の裁きを受けることをよしとし、神の愛に感じて、新しい人生へと進ませていただくことだ。