2列王記7章

7章 サマリヤの飢饉と奇跡
<要約>
おはようございます。神を信じても、聖書を読んでも何も人生は変わらない、と言われることは多いでしょう。しかし、信仰というのは、信じて踏み出さなければ、結果は出ないものです。最初から何もならないと思うのなら、それまでのこと。最初に、よし信じて踏み出してみよう、というのであれば、いずれちょうどよい時に、神の御言葉の真実を味わうことになるでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.サマリヤの飢饉
アラムに包囲されたサマリヤは、大変な食糧難に陥った。「ろばの頭」は、イスラエル人には禁じられた食物である(6:25、レビ11:3)。しかしそれですら、食料とされ、法外な値段で売り出され、「鳩の糞」(NIVでは、イナゴ豆)も1/3リットルが、銀55グラム、つまり、労働者一人の月収以上の値段で売り出される始末であった。一説に鳩の糞は、塩の代用とされたとも、また、ゆり科に属する一種のたまねぎ状の食物の根が鳩の糞と呼ばれたとも言われる。ともあれ、その食糧難はあまりにもひどく、実に悲惨な、自分の子どもを食べて飢えをしのぐ事態にまで及んだ(2列王6:26-31)。
2.エリシャの預言、神の御言葉の真実
そこで、エリシャが預言をする。「あすの今頃、サマリヤの門で、上等の小麦粉1セア(約7.6リットル)が1シェケル(銀約11グラム)が、大麦2セア(約15リットル)と同じ値段」つまり労働者一人の月収の1/5という格安の値段で売られるようになる、と。侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者というのは、種々の政策において王の絶大な信頼を受けた侍従なのであろうが、その侍従が「たとい、主が天から与えられるようなことがあっても、そのようなことは起こりえない」と反発したのも無理はない。こんな現実をどのように、好転させると言えるのか。それは全く不可能と思われることであった。
だが、神のみことばは真実である。「あすの今頃」と語られた以上、それは、実現するであろう。エリシャは言った。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない」(2節)。確かに侍従は、神の業によってサマリヤを包囲したアラムの大量の残し物に与ることはできなかった。人の目には、全く可能性のないことであれ、神の目には、可能である。もう一度エリシャを通して神が語られたことばを思い起こそう。「風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。これは主の目に小さなことだ」(2列王3:17,18)。「どうぞ、彼らの目を開いて、見えるようにしてください」(2列王6:17)。「神は天の窓を開き、あふれるばかりの祝福を注がれるお方である」(マラキ3:10)。
結局、神のみことばを疑ってかかるならば、それまでのことだ。信仰のないところに、神の祝福もない。
3.神の有り余る祝福
ところで、事態の異変に気づいたのは、四人のツァラアトに侵された人々であった。彼らは飢饉に際しては、ほとんど食料を手に入れることは不可能であった。どうせ死ぬなら思い切って、アラムに降伏しようと、彼らは出ていくのである。そんな彼らが真っ先に、神の恵みの業に与った。
だれもいないアラムの陣営に入った彼らは、はじめ、次々と、銀や金、衣服などを天幕から運び出しては、それを隠しに行った。しかしそのうちに、自分たちのしていることは正しくないと目覚めるのである。確かに、子どもを煮て食うという異常な飢餓状態の中で、同胞を裏切るような勝手な振る舞いが、裁かれないはずはない。こうした良心の目覚めが、民を救うものとなったことは注目すべきことである。
「私たちのしていることは正しくない。きょうは、良い知らせの日なのに、私たちはためらっている。」(9節)。パウロは、なすべき正しいことを知りながら、それを行わないのは罪である、と語った。なすべき正しいことを示される時に、それを実行することをためらってはならない。損に思えることも、神の大いなる祝福によれば、小さなことである。神の豊かな祝福を、多くの人々と分かち合う者とされたいものである。

2サムエル記24章

24章 ダビデの人口調査
<要約>
おはようございます。今日でサムエル記を読み終わりますね。これでまた一書完読です。読み切れなかった人も、どうぞ気落ちせずに、また列王記にチャレンジしましょう。絶えずみ言葉に触れ、前向きに取り組み、聖書の世界の面白さを知っていけば、聖書通読は続いていくものです。今日は、サムエル記を読み終わるにあたり、申命記的歴史としてのサムエル記、つまり申命記の精神に照らして、振り返ることを忘れないようにしましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.試みられたダビデ
 24章を読み不可解なのは、人口登録を促されたのは神であるのに、なぜ神が、それを実行したダビデに怒りを燃やされたのか、である。これは、1歴代誌21章を参照することによって、解決する。そこでは、「さて、再び【主】の怒りがイスラエルに対して燃え上がり、ダビデをそそのかして、彼らに向かわせた。」(21:1)とある。ちょうどサタンが神の許しの中で、ヨブを試みたように、サタンの行為は、神の計画のうちにあることが直接的に示されていると考えてよい。
 ダビデが良心の咎めを感じたのは、そのようにサタンに唆されて、国の繁栄を自らの業績であるかのように思うような人口登録をしたからである。それは、客観的に国家戦力を把握するというよりも、ダビデの優越感を満たそうとする行為だった。神は、悔い改めるダビデに三つの選択肢を与えられる。七年間飢饉があること、三か月逃亡者となること、そして3日間疫病が蔓延することである。ダビデは、人の手には陥りたくない、主の手に陥ることにしよう、と答えている。これは選択を神にゆだねたというよりも、明らかに逃亡者となることを拒否している。ダビデが選んだのは、飢饉か疫病である。そして飢饉は、蓄えのある富める者に有利であるということから、ダビデは疫病を選んだとされる。
 いずれにしても、神が打たれたのは、ダビデのプライドであった。ダビデがどんなに戦略を誇っても、それは、7年の飢饉、あるいはわずか三日の疫病と、自らの力の限界を思い知らされる思わぬ状況にさらされる。どんなに自らの権力を誇っても、アブシャロムに追われたように、一夜にして権力の座から降ろされるのである。そういう意味で、2サムエル記最後の章は、ダビデの栄光が、まったく神に依存していたことを教えている。申命記に示されるように、王たる者がどうあらねばならぬかを、11-23章のダビデの生涯を通して学ぶのであるし、その最後に、王たる者の王権は、神に依存しているエピソードをもって閉じられるのである。こうしてサムエル記を読み終えてみると、私たちは、ダビデに焦点を当ててはならず、イスラエルを導かれた神の物語としてこれを読まなくてはならないことに気づかされていく。主役はダビデではなく神である。神が、王を起こし、王を降ろされるのである。私たちの栄光は、まったく神の守りとあわれみによるものであり、いつでも神に返さなくてはならないものである。サウルにはそのように思う私たちも、ダビデにはそう思わずに、神以上にダビデに関心を持ってしまうのが、私たちのゆがみなのであろう。そういう意味で、申命記をよく理解しなければ、申命記の精神を良く叩き込まなければ、歴史書は、正しく読むことができない。 
2.神の裁き
ただ、ここで脱線して、ダビデの思い上がりに対する神のしうちを考えるなら、それは、なかなか厳しいようにも思われる。罪とそれに対応する刑罰を比較衡量するときに、それらはどうも釣り合わない。しかしそれは、罪の重さを人間的な目から見ようとするためなのだろう。神は心を見られるお方であり、私たちが本来目指すべき聖さは、しみやしわや傷のない心である。罪の深さを理解する力が乏しい。これもまた問題である。
ダビデは自らの罪の後始末の方法を教えられている。祭壇を築きなさいと命じられる。疫病は、祭壇を築き、いけにえをささげ、神の怒りを宥めたことによって終わったのではない。それは、神の一方的な思い直しと憐れみにより、ダビデの行為によらずに終わったのである。しかし、神は、そのあわれみと恵みを確かに認め受ける方法として、祭壇を築き、全焼のいけにえをささげるように命じた。
 だからダビデは、自らの自覚のために、お金をもってそれを購入したのだろう。ダビデは言う。「費用もかけずに、私の神、主に、全焼のいけにえをささげたくありません。」主の計り知れないあわれみを思えばこそ、そこに、自らも犠牲を払おうという気持ちが出て来る。ただ乗りで物事をなそうという気持ちにはならないものだろう。
 そういう意味では、神の恵みを豊かに表すキリストの十字架を正しく理解していく時に私たちの人生は本当に変わらざるを得ない。キリストが自分のために、苦しんでくださったために私たちの罪は赦されていることを考える時に、私たちはもはや放縦を続けることなどありえず、そこに何かしら、自己を律する歩みが出てくるものだろう。神が犠牲を払ってくださったのに、私自身が犠牲を払わずに、生きることはできないのである。
真に赦された歩みは、神の恵みを正しく受け止め、その聖さに歩む恵みをただで受け続けようという怠惰さからも解放される。神の恵みを大事にする心と歩みを導いていただくこととしよう。

2サムエル記23章

23章 成長する王
<要約>
おはようございます。サムエル記、列王記は、申命記的歴史と言われます。つまり申命記の精神がどのようにイスラエルの歴史に反映されているかを証するものである、と。そのような意味では、王についての戒めを再確認する内容となっています。また、ダビデの勇士たちについてもそうです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ヤコブの神、イスラエルの神
 ダビデの最後のことば、そこには、ダビデが神をどのように仰いだかがよく表わされている。ダビデは神を「ヤコブの神」と呼んだ。ヤコブには、ずるがしこいヤコブのイメージがある。やはり、神にすがる他、生きるすべのない、自分自身に対する謙虚な思いの故であろう。確かにダビデに必要だったのは、ヤコブに憐れみを示された神である。そしてダビデはまた神を「イスラエルの神」と呼んだ。ヤコブのような自分に多くの恵みを注いでくださった神に、彼は感謝の思いを抱かざるを得なかった。神は、信頼を裏切ることのない確かな拠り所なのである。
2.神に立てられた王
その神が語られる。王はどのような者であるかと。王は、「義を持って人を治める者」であるし「神を恐れて治める者」である。そのような王は、「太陽の上る朝の光のようである」という。この節はよくわかりにくい。これ以降の直訳は、「雲のない朝」「輝きから、雨から、若草、地から」である。つまり「雲一つない朝、上る太陽の光のようであり、その光と雨によって、若草を地から生えさせるごとくである」ということではないか。大切なのは、義しい統治者、神を恐れる統治者のイメージだろう。国を照らし、命を注ぎ、善政を導くイメージである。まことに、サムエル記の著者は、王たる者、「自分のために」ことを行ってはならないという申命記17章の戒めを、ダビデのことばをもって確認しているのである。サムエル記、列王記は、申命記的歴史であり、申命記の戒めを判を押したように確認しているのが、この箇所にも確認される。
3.成長させる神
大切なのは、戒めはすべて、パウロが言うように養育係として機能したことである。著者はダビデに言わせる「まことに神は、私の救いと願いとを、すべて育て上げてくださる」(5節)。信仰の成長、いわゆる救いについては、誰もが神の御業として受け止めることだろう。しかし、ダビデは、私の願いについても神は育て上げてくださると確信していた。願いというのは、ほぼ無意識レベルのものである。そこが成長しなければ、行動も変わらない。そして神は、願いをも育て上げてくださる。いやそれら以外のすべてをも神は育て上げてくださるという確信。大切なことではないだろうか。確かに願いも色々。多くは自己中心な願いであったりする。ただ願いというのは、そうしたものが、育ち、成熟する時に、私たちは、自分にとってもまた他人にとっても、本当に必要なことを願うようになる。神が、私たちを養い育ててくださる、日々霊的にも人間的にもあらゆる面で成長させてくださることを覚えるならば、私たちは謙遜になることができる。王として立てられた以上は、王としても神は育ててくださる。
4.ダビデの勇士たち
 さて、ダビデに仕えた勇士たちの名が書き連ねられていく。彼らに特徴的なのは、自分の働きにまったく身を献げた姿である。アホアハ人ドドの子エルアザルは、「自分の手が疲れて、手が剣について離れなくなるまでペリシテ人を打ち殺した」(10節)とされる。また、ハラル人アゲの子シャマの場合は、「民がペリシテ人の前から逃げたが、彼はその畑の真ん中に踏みとどまって、これを救い、ペリシテ人を打ち殺した」(12節)とされる。
 大敵を相手に、全力を尽くし、心身尽きるまで主に献げ尽くす者たちの姿が描かれる。しかし、私たちはどのように主に仕えているのだろうか。ペリシテ人を相手に、神の民があたふたと敵から逃げ去っていくなかで、堅く立ち続けるような者であろうか。具体的な言い方をすれば、教会の困難な闘いにあって、あたふたと去っていく信徒たちがいる中で、教会に留まり、その教会を支えて、これを完成させようとする者たちであろうか。
現実は、戦いを避けているばかりか、教会はおろか、神にすら無関心ということもあるだろう。ずいぶん久しく、聖書に向かい、聖書のことばに取り扱われ、自らの内面を見つめ、自らの成長を祈ることから遠ざかっていることがあるのではないか。自らの霊的成長のために祈りにおいて格闘することもなく、また他の人々の必要のために、祈りにおいて苦悶することもない、そんなことがあるのではないか。破れた祈祷会、敗れた礼拝出席、疎かにされた十一献金、教会の戦いというのは、そういうことではないか。愛をもって働きを守り、支え、前進させる者が必要なのである。
 一人一人に、信仰の戦いがある。神の側につく、教会を建てあげることについての信仰的な戦いがないクリスチャン生活はありえない。だが信仰的な戦いのないクリスチャン生活を送ることができるし、そうしてしまうことがある。礼拝すること、祈ること、十一献金をささげること、証しすること、賛美すること、教会を守ること、それらと何かがかち合う時にいつもはどうしているのだろうか。神の側に堅く留まろうとする歩みがあるのだろうか。私たちはいったい何に踏みとどまり、何と戦い、どんな勝利を得ようとしているか。私たちの霊性の方向性を見直したいものである。そして神の勇士の名簿に加えられるような者でありたい。

2サムエル記22章

22章 ダビデの歌
<要約>
おはようございます。ダビデの生涯をまとめるような、感謝の歌が収録されています。これは、詩篇18篇と同じものであり、ダビデの王としての人生の出発点に書かれたものですが、それが後半のがたがたの人生を踏まえた締めくくりとして書かれていることの意義を考えさせられるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.感謝の歌の意義
 この感謝の歌は、ほぼ詩篇18篇に収録されているものと同じと考えてよい。時期的には、ギルボア山における戦いの直後、つまりダビデが王となっていった時に作られたものなのだろう(1サムエル31)。宣言(2-4節)、証言(5-7節)、回想(8-31節)、報告(32-46節)、誓約(47-50節)、賛美(51節)という流れで構成されている。
ただ、どうしてここで、彼の出発点に戻る、感謝の歌が取り上げられるのか。大きな流れとしては、11章以降、21章まで、ある意味でダビデの組織的犯罪というべきもの、さらには、王位継承にまつわるごたごたが描かれていた。それらを踏まえて最終的な結論としてこれが加えられていることは、熟慮を要するものである。
というのもダビデほど、神にチャンスを与えられそれを生かし、さらにピンチをチャンスにした男もいない。人生には、チャンスを生かしきれない人間、ピンチにまさにピンチで終わってしまう人間も多いものだ。ただダビデの後半の人生は、ピンチをチャンスに生かしてはいるが、がたがたの人生であることは明らかで、かろうじて王としての体面を保ちながら生きていた、と言ってもよいものである。彼は人の羨むような人生を生きた部分もあるが、内実はそうではなかったとも言えるのだ。そして人間の人生というのはそのようなものだろう。幸せに見える人生であってもどこか不幸を背負っているものである。そのような中で、何が本当の幸せなのか、と言えば、結局世俗的な利得や業績を達成することではなく、また100%幸福感を達成することでもなく、ただ、神を知っていること、神に愛されていることを覚えながら生きること、つまり神との関係を持っていることにある、それが、ダビデの生涯を綴る著者の結論であった、ということなのだろう。この22章が、ダビデがサウルに代わってようやく王となった1サムエル31章の後でも、あるいはダビデがチャンスを生かし続けて上り調子の人生を歩んでいく2サムエル10章の後でもなく、11-21章の体面を保つだけのがたがたの人生の後に、納められていることの意義は大きい。
2.神の実在、神の助け
表題であるが、「すべての敵の手」とあり、サウルだけを念頭に置いているわけではない。ダビデは自分の生涯に、神の御手が力強く働き、神があらゆる敵から自分を解放し、助け出してくださったことを歌っている。そこで最初に、神はまったく信頼に足る、岩のような方であることが宣言される(2-4節)。事実、神は、自分の声を聞き、その叫びを聞いてくださったのである(5-7節)。そしてダビデの回想が続く(8-31節)。大切な点は、神が私たちの祈りに動いてくださる、ことだろう。
私たちを取り巻く困難は、しばしば自分の力では対処しえないことがある。困難の中にうずくまる以外にないときがある。ダビデは言う。「死の波は私を取り巻き、滅びの川は、私を恐れさせた」比喩的な表現ではあるが、ダビデは、もはや自分の力では抗うことのできない濁流に巻き込まれていた。しかし、そこに神の助けの手が差し伸べられる。「主は、天を押し曲げて降りて来られた」(10節)。私たちが濁流に飲み込まれそうな中で、「主は、いと高き所から御手を伸べて私を捕らえ、私を大水から引き上げられ」(17節)る、という。
神は私たちを驚くべき方法で救い出されることがある。私たちを圧倒し、私たちの力を遥かに超えた困難と危機から、私たちを救い出される。歴史に介入し、私たちの人生に介入される神を私たちは知らねばならない。
私たちの人生はしばしば困難を極めるように思われることがあるだろう。今日一日、生き延びることができた。しかしもうこれで限界である。これ以上進めそうもない。惰性で生きているだけだ、と思うこともあるかもしれない。そんな状況に置かれながら、ダビデと同じような感謝の歌を歌えるのだろうか、と思うこともある。しかし、押しつぶされるような苦難の中にあって、介入される神の素晴らしさを学んでいく必要がある。主は、私の義にしたがって私に報い、ということを教えられていく必要があるのだ。神は「悩む民を救われる」(28節)お方である。「主のみことばは純粋」(31節)このことばに使われた動詞は貴金属が「火の試練に耐える」様を意味する。神の約束は火で試されても、いよいよ真実である、ということなのだろう。
3.信仰告白
回想に基づいて、ダビデの信仰告白がまとめられる(32-36節)。神は、私たちの岩であり、私たちを強め、私たちを訓練されるお方である。神は私たちが恥じ入るようなことはされない。むしろ救いだし、助け出されるお方である。ほむべきかな主、主は生きておられる、と。この確信は、後のすべての神の民のものである。パウロも50節を引用して、「異邦人も、あわれみのゆえに、神をあがめるようになる」(ローマ15:9)と。
ダビデがこのような幸いに与ったのは、神の憐れみの故である。「主は、私の義にしたがって私に報い、私の手のきよさに従って私に償いをされた」(21-24節)とダビデは歌ったが、それは、罪なき完全を意味するのではない。ダビデはまぎれもない罪人である。実際パウロは、ローマ書4章において、神に義と認められる人の例を二人あげているが、アブラハムを善人の例として、ダビデを悪人の例として取り上げている。アブラハムと違ってダビデは、姦淫と殺人の罪を犯した人物であり、ダビデはまさに神の一方的なあわれみと恵みによって、赦されている。彼が義と認められたのは、正しい心の故というのではなくて、正しい心の態度の故である。正しい心の態度の故に、憐れみを注ぎ、助けを与えてくださる神がいる。この神の善に信頼して歩ませていただきたいものである。

2サムエル記21章

21章 成熟した王
<要約>
おはようございます。ダビデは、王として復帰し、またその職務も人間性も回復させられていきます。その上で、神がダビデの行為を喜び、また祝福されていく状況があります。人生は償い以上にすべきことがあるのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 

1.破られた契約
イスラエルが三年間引き続いて飢饉に苦しんだ時、ダビデは、そこに主からのメッセージがあると受け取った。ダビデは間違っていなかった。神のみこころを問うダビデに、契約違反のあったことが示される。ヨシュアの時代、イスラエル人たちは、ギブオン人に欺かれて和平の契約を結んでいる。彼らはエルサレムから数キロしか離れていないのに、遙か遠くからやってきたようなふりをして、イスラエル人の聖絶を逃れる契約を結ぶのである。それは詐欺的であっても、永久に効力を持つものであった(ヨシュア9:15)。しかし、サウルは、この契約を破ってしまった。ギブオンは、サウルのギブアの近くにあり、サウルは、外国人であるエモリ人が主の宮で仕えていることを不愉快に思い、「熱心のあまり」にギブオン人を殺していたのである。破られた契約の償いはなされていなかったのである。
 そこでダビデは、自分たちが何をすべきかを探った。彼は王として行動した。賠償には、お金ではなくいのちが要求され(民数記35:33)、ダビデはギブオンの人々の要求を受け入れ、死んだサウルに代わって、サウルの七人の息子を引き渡した。それは実に痛ましい行為ではあったが、主の前の永遠の契約を全うするのである。
2.エピソードの意義
このエピソードは何を伝えているのか。唐突であるようでありながら、これまでの流れからすれば、ダビデ王国の確立のために、ユダとイスラエルを分裂させる芽をことごとく摘んだものとも思われる。ビクリの子シェバに代わって、イスラエル側で蜂起が起こる可能性を徹底的に潰したという可能性である。だが聖書は、あくまでも、これが永遠の契約を破ったサウルの行為についての償いとして描いている。
ただここでいくつか、注目すべきことがある。王の執務が正常化していることである。王が国の利益損失を考えて、神にその解決を求めているところである。ようやくダビデは、荒んだ生活を抜け出て、王として通常業務に就いた、というべきか。さらに、荒布を脱いで、死んだ息子たちの死体を守り切った女リツパに心を動かされて、先王一族を丁重に葬り、敬意を表するダビデの行為が注目される。ダビデは、サウルの息子たちに責任を取らせて終わりではなかった。彼らは契約を破ったのかもしれないが、彼らの尊いいのちの犠牲により、イスラエルが旱魃より救われたのである。ダビデは、人の命の重さを感じている。だから、それまで放置されていたサウルとその子ヨナタンの骨を見つけ出し、サウルの父キシュの墓に葬ったのである。正義がなされ、礼が尽くされた。ダビデの良心も、情も、正常に戻った、ということではないか。
実際その後のダビデは、戦闘に当たって、エルサレムに残るのではなく、必ず大将として出陣した。そして、部下がもう出陣を制するまでそうしたところに、全て、王国として正常な機能が取り戻された、というべきだろう。
ダビデが、イスラエルの国に生じた全ての問題を、王として、適正にかつ人間愛をもって処理していった時に、神はこれを喜び、「この国の祈りに心を動かされた」とされている。
私たちの祈りが無力にならないために、なすべきことがあるのかもしれない。常識的な感覚や、情を持って事に当たることを大事にしながら、破られた契約がないか、確認したいところではないか。今日決断すべきことを思わされることがあったら、迷わずそのようにさせていただこう。