1列王記22章

22章 アハブの死

<要約>

おはようございます。山形は今日も快晴、気持ちのいい日です。じっくり聖書を読みながら、これが一般史とどのように結びつくのか、多々不明点がある中で、限られた情報の中で、主のみ言葉の意図を掴んでいく他ありません。であればこそ神の物語として大筋から読んでいくということは、大事な読み方なのでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.アラムとの戦争

アラムとイスラエルは、3年の間戦いのない時を過ごした。今後の研究によるのだろうが、考古学的にも碑文として残され、古代オリエント史に記録されるシャヌマネセル3世の西進を阻んだ、パレスチナ同盟軍によるBC583年のカルカルの戦いとどのような時間的な関係にあるのかは色々な議論のあるところだが、よくわからない。

ともあれ3年目、イスラエルの王アハブがアラムに戦争をけしかけた、という。というのも、アフェクでベン・ハダデに同意させたこと(20:34)が守られなかったからである。ラモテ・ギルアデは、アラムとイスラエルとの国境の町であるが、それは約束どおりには返還されていなかった。

そこでアハブは国家の神に伺いを立て、吉兆を求めようとした。四百人の預言者というのは、おそらくべテル(12:28-29)を拠点とした預言者であり、アハブに盲目的に忠誠な者たちだったのだろう。彼らは 勝利を予告した。しかし、共に戦うように要請されたユダの王ヨシャパテは、その答えに満足できなかったようである。他に御心を求めることのできる主の預言者がいないかどうか尋ねている。預言者ミカヤが連れて来られた。アハブは、ミカヤを疎ましく思っていた。というのも、自分の意に反することを語るからである。この時も、ミカヤは四百人の預言者を偽預言者とし、アハブの死と軍隊の壊滅を予告、警告を発した。

アハブに遣わされた使者たちは、王の耳によい預言を語るように説得しようとしたが、あえてミカヤは、主の真実を語っていく。それは自らの命を賭けることでもあったが、ミカヤは忠実に神の言葉を語る。どうしても私たちは自分の耳に良いことを語る人のことばに耳を傾けやすい。それは私たちの心の弱さである。愛をもって真実を語ってくれる人を見極め、心を開いて聞いていく者でありたいところではないか。

2.アハブの誤算

アハブは、「変装」して戦いに出た。幾つかのギリシャ語写本では、目立たないように兜を被ることを意味している、という。恐らく、注意を自分からそらそうとした、つまり、ミカヤの預言を気にしていたのである。しかし、アハブに対するミカヤの預言は思わぬ形で実現した。一人の兵士が何げなく弓を放つと、イスラエルの王の胸当てと草摺りの間を射抜いた、という(34節)。その傷は深かく、致命傷となった。かつて、気まぐれに一人のいのちを危めたアハブは、気まぐれな兵士の矢でいのちを落としていく。それはある意味で、彼にふさわしい報復であった。

しかしながら、それは同時に、私たちの勝利も、失敗も、あるいはいのちも死も、自らの計によるものではないことを思わせるものである。人間は誰でも、健康に気遣い、危険を避け、少しでも長生きすることを願う。しかし、人はどんなに知恵を使い、自分のいのちを気遣っても、それは無駄な努力になりうることに気づかなければならない。神が私たちのいのちを長くも、短くもされるからだ。私たちの生活も働きも、皆神の御手の中にある。私たちが何を望もうとも、神が私たちの味方にならない限り、私たちに本当の勝利はない。アハブは自分を楽しませるために象牙の家を建てたが、結局、彼はそれを不本意に手放さなくてはならなかった。結局、神を畏れ、神の命令を守ることが人間にとってすべてである。

2.人生において悟る

その後、ヨシャパテは主の目にかなう歩みをしたと列王記の著者は語る。また、アハブの子アハズヤが、協同の貿易を申し出たがそれには乗らなかった。アハブとの出来事を機に不釣り合いな交友を避けたのであろう。

本来ヨシャパテは、戦う必要のない戦争に巻き込まれた。それはイスラエルの王アハブの娘と結婚したためでもある。釣り合わぬくびきを負うこと自体が、私たちに災いをもたらすことがある。しかし多くの場合、私たちは短絡的に物事を考え、一つの決断がその後の人生にどれほどの影響を及ぼすかも、わからずにいるものである。しかしヨシャパテが、王服を着せられ、身代わりの戦いを戦わせられ、さらに、自分の魂を死の危険にさらすことになったように、人は自分の運命を見定める力に乏しいことが多い。神を畏れ、神の命令を守る者たちとの交わりをこそ、大事にし、いよいよ神に喜ばれる歩みをする者でありたい。

1列王記21章

21章 取り上げられた畑(ナボテ)

<要約>

おはようございます。世の中には、人間の力では止めることができないと思われるような不正と悪事があるものです。力にねじ伏せられて、泣き寝入りしてしまうような出来事が。しかし、神は、それらどのような小さな事柄も決して見過ごされることはありません。神は盲目でもないし、不誠実でもない。神は正義を持って、全てを正しく裁かれるお方です。そのようなお方がいるからこそ、私たちはこの神を恐れ、人生を正しく歩べきことをよしとするのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.アハブとイゼベルの罪

力が正義となり、弱い者の権利が踏みにじられることがある。そしてすべてが闇に葬られることがある。ナボデの事件もその一例であろう。しかし、目に見えぬ神は生きておられる。どんな悪も裁かれずに終わることはない。

アハブは、ナボデというイズレエル人が所有するぶどう畑を気に入り、野菜畑にするため、相当の代価で譲ってくれるように頼んだ。一般に、ぶどう畑は野菜畑には適していないと言われるが、気まぐれなアハブにはかまわぬことであった。ナボデは、王の申し出を断った。ナボデは、その土地は神からいただいたものと考えたのであり、国王といえども譲るものではなかったのである(3節)。

アハブは、寝台に横になり、顔をそむけて食事もしようとはしなかった、という。まるで子どものような王に、邪悪な妻イゼベルが世話を焼いている。イゼベルは、異邦人である。神を畏れず、イスラエル人とは全く異なる土地観を持っていた。それは王の物であった。イゼベルは、イスラエルの掟を逆手に取って、合法的にナボデの土地を手にした。つまりイスラエルの律法に則って最小限の証人を立て(レビ24:10-16)、ナボデが神と王を冒涜した罪で処刑した。しかも「買い戻しの権利」が適用できないように、ナボデの子らも葬り去ったのである。こうして全く相続者が途絶えた土地は国王のものとなった。

2.神は盲目ではない

表面上は、合法的に見えても、神はこの悪を見過ごされなかった。神はエリヤを遣わされる。かつてイゼベルを恐れ、弱腰になったエリヤが再びサマリヤからイズレエルにある王宮へと下っていた。海抜の高低差を考えると、その様子はよく想像しうる。エリヤは、王宮の門をくぐった。生ける神がともにおられればこそできることであった。悪事の首謀者はイゼベルであったが、神はアハブにその罪を問われた。たとえアハブが殺人を犯してまで土地所有を望まなかったとしても、その土地を自分のものとしたアハブは同罪なのである。神は盲目ではない。誰も阻止し得ない人間の不正と圧政を神は見過ごしになるようなお方ではない。神は正しい裁き人である。ただ神は、冷徹に裁かれる方ではない。罪を指摘されたアハブが後悔しへりくだると、神は災いを思いなおされている。神は、こんな悪人をも見捨てず、悔い改めの機会を提供されることに注意しよう。

もちろん、最終的には、神を認めぬアハブとイゼベルは結果的には滅ぼされてしまうのであるが、神は、幾度も悔い改めるチャンスをお与えになっている。アハブがへりくだるとそれを受け止め、悔い改めへの機会とされた。神は悪いことをすれば裁き、良いことをすれば報われると単純に行動されるお方ではない。一人ひとりをご自身から生み出された子として、養い導こうとされている。悔い改めは、神の子としての成長のために、促されるものである。その神の1人の魂に対する配慮と愛は、ご自身のひとり子イエスをお与えになり、十字架にかけてくださったことに、最もよく表されている。

現在世界の人口は約70億と言われる。私たちには、群なす鳥の一つ一つを見分けるのは難しいことである。しかし神は、無数の人間を、天から十把一絡げに見ているのではない。神の目は無数の一人ひとりの心と行為を識別し、その一人ひとりを、愛情をもって養い導かれようとしている。だから私たちはこの神を畏れ敬わなければならない。

 

1列王記20章

20章 アハブとアラムの王

<要約>

おはようございます。アハブとアラムの王の戦いが記録されています。それは、小国同士の守りを固めるためには起こりうる戦いでしたが、この戦いによって、神はアハブにご自身の存在を明らかにしようとされるのです。カルメル山頂の特別な出来事ではなく、それこそ日常性の中で、神の助けを得る機会を与えて、神を信じるように仕向けるのです。私たちの生活の中に働かれる神に心を向けたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.イスラエルとアラムの戦い

神は、旱魃による飢饉を通して、ご自身の存在を知らせようとした(19章)。本章においては、戦争の危機によって、ご自身の存在を明らかにされようとする。この時代、イスラエルは、アラムの軍事力に脅かされていた。というのもアッシリヤの南下により、北イスラエルを制圧し、南側の守りを固めたい意図があったのだろう。ベン・ハダデ1世は、ユダの王アサと同盟を結び、イスラエルの王バシャを威嚇したが、ベン・ハダデ2世は、全軍を率いてサマリヤを包囲し、イスラエルの王アハブに従属を要求した。しかしアハブは、戦争を準備することと、戦争に勝つこととは別ものである(11節)と強気に応じた。しかしそれは明らかにはったりであり、彼は勝ち目のない戦争を強いられる結果となったのである。そこで神は、この機会を用いてご自身の存在を明らかに示されようとした。神は預言者を遣わす。アハブは、状況からして、素直に従わざるをえなかった。預言者が勧めによって招集された兵士は232人。正規軍の数は1万人とされたから、これもまた、ギデオンの戦いのような(士師7:2)少数の選びの者による奇跡的な勝利となった。神はご自身のことばが真実であることを示されたのである。

2.二回目の戦い、明らかな神への挑戦

そして翌年、再び戦争の危機が生じた。しかもそれは、明らかに、イスラエルの神に対する挑戦としてなされる戦争であった。「彼らの神々は山の神です。だから彼らは私たちより強いのです。しかしながら、私たちが平地で彼らと戦うなら、私たちのほうがきっと彼らより強いでしょう」と、ハダデは平地での戦いを要求した。戦場は、ダマスコからイスラエルへの途上で、ヤルムク川とヨルダン川の合流点に近いガリラヤ湖東方のアフェクと考えられており、アラムはイスラエルの心臓部にかなり食い込んだ、戦いを要求したことになり、イスラエルは危機的状況に追い込まれていたことになる。しかし聖書の神は、ハダデが考えるような神ではなかった。イスラエルは一日のうちにアラムの歩兵を10万人打ち殺した、という(29節)。古代の戦争では、1日に100人の戦死者が出ただけで大事であったと言われるから、10万人というのは、神の介入以外には考えられない大変な出来事である。また、27,000人の残りの者に城壁が崩れ落ちたこともそう考えてよいだろう。まさに神による聖絶だったのである。しかし、それでもアハブは神を認め、神に従おうとはせず、ハダデと取引をし、父オムリの時代に奪取された町々の返還を実現し、さらにダマスコに市場を設けることを選び、ハダデを逃がした。これは後に、致命的なミスとなって、跳ね返ってくる。

預言者エリヤを通して、アハブを描く1列王記の記事は、特異である。歴代誌にはない。しかも、アハブが異邦人の血筋の王であるとしたら、神がアハブをそれまでのイスラエルの王と同じように扱われたことは、神が万人の神であることを如実に語るものである。神は、アハブが神を信じない者であることを承知の上で、さらにその出身、家柄、育ちとは全く関係なく、アハブに助けを与えられた。神はいかなる人に対する差別もなく、私たち一人ひとりとも向かいあってくださる。無名の私たちにもご自身の力を現してくださる。今日もこの神にこそ祈りをささげ、信頼させていただこう。

1列王記19章

19章 逃げ出すエリヤ

<要約>

おはようございます。令和元年になりましたね。年号は変われども、人間変わらず、というべきでしょうか。人間は実に軟弱、不完全な者です。しかし神は、強い人間に恵みを、弱い人間を退けられるような方ではありません。私たちの強さも弱さも分かった上で私たちを導かれるお方です。大切なのはそのお方にどこまでも食らいついていくことです。しがみついていくこと、寄りすがっていくことです。人生の重大局面では、主の次の指示を仰ぎましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エリヤの弱さ

エリヤは、王妃イゼベルに仕える異教の預言者を捕らえ、キション川に連れ下り、そこで彼らを殺した。ところが、これを知ったアハブ王の妻イゼベルは、悔い改めるどころか、激しく怒り、エリヤへの殺意を燃やし、エリヤを殺そうとする。イゼベルは神の絶対的な力を見せつけられても、全く神を恐れることはなかった。エリヤはイゼベルに差し向けられた使者のことばにすっかり怯えてしまう。どういうわけだろう、それまでは、ただ一人、神以外の何物をも恐れず、力強く神の裁き司として立っていたエリヤが、すたこら逃げ出してしまうのである。それはイゼベルの強さに、地上の現実、つまり、神の御名を振りかざす以外、実際は何も持ちえない、丸裸の自分を思い知らされたのではあるまいか。

ただ、3節「彼は恐れて立ち(新改訳第三版)」は、「彼はそれを知って立ち」(新改訳2017)と訳が変更されている。第三版は、口語訳を踏襲しているが、それは、ギリシャ語の七十人訳、シリヤ語訳に沿ったものであり、今回は、ヘブル語のマソラ本文に沿った訳になっている。ヘブル語は、同じ子音でも、母音の付け方では、読みが異なってくる。そしてヘブル語聖書本文は子音のみで書かれていたから、いずれの読み方でも可能なわけだ。しかし、文脈の流れからすれば、エリヤが恐怖心を抱かなかったかのような意味をくみ取る必要はない。彼は、現実の空気を読み、自分の命を救うために立ち去ったことは明らかであるからだ。情けない、金もなければ力もない、自分をかばう友もない、たった一人きりで、ただ威勢よく神の裁きを語っている現実。エリヤは自分の死を願った。そして、こんな脅威にさらされ続ける人生はまっぴらごめんだ、早く死んでしまいたい、とすら思ったのだろう。エリヤは風を見たペテロのように、沈みかける自分を感じた。エリヤもまた「私たちと同じような人」(ヤコブ5:21)と呼ばれるゆえんである。

ただ、エリヤは、やはり神の人である。彼は、神を見失っているわけではない。「主よ助けてください」と声を上げたペテロと同じである。彼は現実の空気を読みつつも、目に見えない神を確かに感じていた。そして、弱腰になっている自分、何も持ちえない自分が、この現実の中で、さらにどうすべきかを、ただ神と二人きりで語られる必要を感じていたのだろう。彼は、荒野に一日の道のりを入って行った。そしてエニシダの木の陰に座り、神と語り合った。

2.死を願うエリヤ

彼は、神に向かってつぶやいた。しかし、神は直ぐには答えられなかった。彼は、眠った。そして、み使いが彼に触れ、彼に食料を与えている。そしてまた彼は再び眠った。そこにもう一度主の御使いが彼に触れて、指示を与えている。彼はその指示に従い、モーセと同じように、神を目の当たりにし、神と語り合う恵みに与っている。

この一連の出来事は、実に、私たちの神との語り合いの時を象徴する。私たちは、問題を抱えながら、この現実社会の中で生きていかなくてはならない。ノンストップのストレス下で、心は泣きながらも神の御心を求めて、それが分からぬ思いで、歩み続けなければならないことがある。神の答えはそんなに簡単には見つからない。その日一日を生き延びることが精一杯で、家に帰れば布団に倒れ伏して寝るだけの生活、幾日も無為に時が過ぎていくだけの人生を余儀なくされる。だが、不思議にも、そのような危機的な状況でパンは与えられ続け、生き延びている現実がある。つまり、神は、全く何もしてくださっていないわけではない。

かつて神は、アハブを恐れなかったエリヤに、ケリテ川でパンと水を与えて養われたが、イゼベルを恐れ逃げ出し落ち込んでいるエリヤにも、同じようにパンと水を用意された。神は、エリヤが大胆で勇敢で従順な勝利者であった時と変わらぬ心遣いを示されている。この世の社会では、うまく仕事をすれば評価されるが、失敗すれば仕事を取り上げられ、外されることもある。だから人は、始終上司の顔色を伺う緊張関係の中で、仕事をしている。しかし、神はそのようなことはなさらない。たとえ、部下が弱さや失態を見せることがあっても、変わらない配慮を示し続けられるお方である。ただそれが表面的には浮かばれないような人生を強いられているように思われることもあるかもしれないし、この程度のことなら、神は何もしてくださらないと同じだ、と思われるような日々であるかもしれない。しかし、命ある限り可能性はあるものだ。神の愛と真実さはとこしえに変わることがないし、神は私たちを捨て置かれることはない。

大切なのは神の次の指示を掴み取ることなのだ。神に次のステップについて何をすべきか、ヤコブのペヌエルの経験のように、神にしがみついて教えていただくことである。エリヤは天来のパンで力づけられ、次の導きを求めて出て行った。

エリヤは神の山ホレブへと着いた。ホレブは、イスラエル人には霊感を得る場所として知られていた。風、地震、火これは、いずれも神の顕現の象徴的現象である。しかし、そのたびに記者は「その中に主はおられなかった」と言う。主がおられたのは声としてである。神は、私たちに態度を変えられないばかりか、声を聞かせてくださるお方である。つまり、神が私たちに必要な助言を与え、導かれることは確かである。そして一人では立てないと語るエリヤに強力な助け手エリシャを起こされた。神は、私たちに無理強いはされない。必ず、神の知恵があると思うべきところである。まことに生きておられる神に信頼して、次の指示を仰がせていただこう。

1列王記18章

18章 バアルとエリヤの対決

<要約>

おはようございます。バアルとエリヤの対決は、前後の文脈の中で、神のことばを軽んじ、神に背を向けていくイスラエルの歴史において、明確に神の存在を認めさせ、神の元に立ち返らせようとした出来事として理解されるべきものでしょう。神は確かに生きておられるのであり、私たちは、どこにあってもこのまことの神を畏れて歩むべきなのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.イスラエルの飢饉、神の言葉の実現

イスラエルの王も民も、雨を降らせる神バアルを拝んでいた。実際、バアルを拝むことが、雨を降らせ、作物を実らせるように思われる時が続いていたのであろう。しかし、バアルではない天地を支配するまことの神がおられる、その神が雨を降らせない、と語るエリヤのことばは現実のものとなった。二年、三年と雨が降らない事態が生じた。大地は干からびて、人々の生活に支障が出始めた。生活だけではない、当時は、馬やロバが軍事力の中心であったが、そのような馬やロバに食べさせる草がない、飲ませる水がない。つまり戦乱の時代にあって、軍事力が弱体化していく国家存亡の危機が生じていく。実際、この時、北ではシャルマネセル三世がアッシリアを拡大膨張させ、シリア地方に侵略を繰り返し、イスラエルは、ダマスコやハマテ、他12か国との同盟軍に参加するため、2000輌の戦車を常備しなくてはならない事態にあった。こうして王は、自ら危機感を感じ、牧草地を見つけに出かけていくのである。

アハブは、イスラエルの地を巡り歩いた。そして旱魃の深刻な状況を目の当たりにすることになったが、それでもアハブは神のことばを認められずにいた。先の未亡人は神のことばの成就に、神が生きておられることを認めた(24節)。しかしアハブは違う。不思議なことであるが、これもまた人間の現実なのだろう。どこまでも悟ることができず、神を認められない、頑なな罪人の現実がある。

他方アハブの家臣にオバデヤという人がいた。オバデヤは主を恐れ、主の預言者たちを残虐なイゼベルの手から救いだし、匿っていた。エリヤは、このオバデヤを通じて、アハブとの会見を申し出る。アハブはエリヤを見るやいなや、誤解と憎しみのことばを発する。神を認められないアハブは、エリヤを攻撃している。神を認められない人は、いつでも同じことをしている。目の前の人を攻撃すること以外に考えが及ばないのである。

2.カルメル山の対決

そこで、エリヤはアハブの目を覚まさせるため大がかりなイベントを提案した。カルメル山頂でバアルの預言者と対決することである。またエリヤは、同じように神の存在を認められないでいる民にも、態度をはっきりするように警告した(21節)。こうして、信頼すべき神がどなたであるかを明らかにする対決が始まった。

この戦いでエリヤはことごとく不利な状況を設定する。エリヤは、カルメル山、つまり、イスラエルの神ではなく、カナンの異教の神々の聖地を対決の場とした。また850人の異教の預言者にたった一人で立ち向かった。さらに先取権を譲っている。最後にエリヤは祭壇に水をかけ、簡単には火がつきようもない状況を設定した。それらは、生ける全能の神の存在を見間違うことなく明らかに示す工夫で、全く勝ち目のない勝負に出たのである。そして「主こそ神です」という結論を引き出した。エリヤは勝利した。

今日カルメル山頂には、剣を振りかざしたエリヤの像が設置されている。観光の名所で、全世界からキリスト教徒のみならずユダヤ教徒も訪れる場所であり、一種出会いの場ともなっている。いつかは、米国からの牧師に声をかけられ、名刺を交換したこともある。しかし、カルメル山は、アハブにとって、天地創造の、万物を支配されるまことの神に出会ったはずの場であった。しかし、アハブは激しく打ち付ける主による大雨にも関わらず、神を認めようとしなかった。不信仰の頑なさの根は深い。

一方信仰が堅くされることもある。エリヤの祈りは、七度確認されている(43節)。一度や二度の祈りでは雨が降る気配すら起こらなかったということである。しかしエリヤは信じ、七度祈りを重ねた。信仰の堅さもまた神の賜物である。主が私たちの祈りを堅くされるように。