1列王記10章

 

1列王記10章 シェバの女王とソロモン

<要約>

おはようございます。イースターが明けて、主の復活の恵みを覚えた新しい日を感謝します。しかしながら、イスラエルではまだ過越の祭りの真っ最中。もし、興味のある方がおられたら、二子玉川聖書学院で行われる過越の祭りセミナーへぜひおいでください。(⇒過越の祭りセミナー案内:http://thousandtimesbless.com/wordpress/?page_id=1546)過越の祭りがベースになって、キリストの復活のメッセージもあるのですから、過越の祭りをよく理解しておくことも大切です。それでは、今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.シェバの女王とソロモン

ソロモンの知恵のすばらしさは、多くの国々の注目を集めた。ソロモンの噂を聞き、シェバの女王がソロモンを訪れた。交易を目的としたものだったのだろう。シェバの女王が語る。「なんと幸せなことでしょう。あなたにつく人たちは。なんと幸せなことでしょう。いつもあなたの前に立って、あなたの知恵を聞くことができる、このあなたの家来たちは。あなたの神、【主】がほめたたえられますように。主はあなたを喜び、イスラエルの王座にあなたを就かせられました。【主】はイスラエルをとこしえに愛しておられるので、あなたを王とし、公正と正義を行わせるのです。」(8,9節)ソロモンの知恵の素晴らしさは、ソロモン自身のためではない。既に述べたように、ソロモンの知恵は主に授けられたのみならず、それは、ソロモンを通してイスラエルに祝福が及ぶためであった、という。つまり、イスラエルのためにこそ、神はソロモンに知恵を与え、それを用いるように祝福されたのだという。アブラハムへの契約を思い出すところだろう。アブラハムは、言われた「地のすべての部族は、あなたによって祝福される」(創世記12:3)。実に、私たちが受ける祝福は、私たちを富ますものでありながら、それに留まらない。私たちを通して、皆が祝福されるのである。そのようなビジョンのあるところにこそ、神の祝福も豊かに注がれる。

2.積極的に善を行う人生

人に賜物が与えられ、特別な地位や特別な恩恵が与えられるのは、それはその人の富に留まらず、神の民にその祝福が分かち合われるためである。人は、何もかも自分のものとして吸収しやすいし、自分を中心に物事を考えやすいが、才能も、賜物も、所有もみな、自分のためではない。神がご自身の民を愛されているからこそ、私たちにそれらが与えられている。

クリスチャンになったら、古い肉の発想から卒業したいものである。パウロは言う。「ですから、私たちは機会があるうちに、すべての人に、特に信仰の家族に善を行いましょう。」(ガラテヤ6:10)信仰の家族の人たちに善を行うなどと、クリスチャンになる以前は考えたことなどないのではないか。良い人間関係は保っておこうとは考えるかもしれない。しかし積極的に善を行っていく、人間関係を築き、物事を建てあげていくように関わっていくなどとは考えなかったりする。

自分にとって教会とは何なのか、改めて考えてみる必要があるのではないか。自分に利益がある限り、教会につながっている、そういう在り方を多く見受ける。何か教会につながることが自分にとって不利益があり、不便さがあり、苦痛があれば去る、そんなことがあったりする。しかし、教会は家族である。自分に不利益があっても家族が立ちゆくことを考えるのが、本当である。

自分が今、神の民に加えられているのは、そして自分が祝福された位置にあるのは、教会が祝されるためであると考えることができれば、成長の証だろう。また逆もしかりで、自分が教会に所属することで不利益を被ることがあっても、自分の立場や財力が疲弊されるようなことがあっても、どんな苦労も一緒に乗り越えよう、と神の家族を愛することを大事にしたい。ヘブルの著者は言う。「信仰によって、モーセは成人したときに、ファラオの娘の息子と呼ばれることを拒み、はかない罪の楽しみにふけるよりも、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。彼は、キリストのゆえに受ける辱めを、エジプトの宝にまさる大きな富と考えました。それは、与えられる報いから目を離さなかったからでした。」(ヘブル11:23-25)モーセは、自分の持てる賜物と才能、また地位を、神の民と苦しみを分かち合うことのために用いた。しかしそうであればこそ、偉大な出エジプトも可能だったのである。自分のことばかりを考える人生に神による奇跡はない。

1列王記9章

1列王記9章 ソロモンのその他の事業

<要約>

おはようございます。ソロモンの事業の幅広い展開が語られているところです。ソロモンの事業は、今日、ハツォル、メギド、ゲゼル、いずれにおいても、考古学的に確認されるものがあります。それらは、後の時代の事業に比べれば、規模は小さいものであれ、確かにイスラエルの一時代を築くもので、そこに神の恵みなくしてこれは成り立ちえないものであったことが理解されます。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.聖別された神殿

ソロモンが、造りたいと望んでいた「すべてのものを完成したとき、主はかつてギブオンで彼に現れたときのように、再び現れた」(1節)という。そして主が語られたことは、「わたしの名」「わたしの目」「わたしの心」は、いつもそこにあるということだ(2節)。昨日の繰り返しになるが、教会は、神が特別に心を注いでおられる祝福の場である。そのために特別に聖別、つまり選び分かたれた場である。

その場に来るたびに、私たちの心は神に向かってリセットされる。神の名、神の目、神の心を意識し、私たちが神に創られた者であることを覚え、神の下にひれ伏し、神に栄誉を帰し、神の恵みの中で歩むべき決意を新たにされるのである。私たちの日々の歩みは、神の国と義を第一として生きる、その積み重ねである。「もしあなたが、あなたの父ダビデが歩んだように、全き心と正直さをもってわたしの前に歩み、わたしがあなたに命じたことすべてをそのまま実行し、わたしの掟と定めを守るなら」(4節)というように、いつも主の前に歩むことだろう。

ただダビデは、「全き心と正直さをもって」と言われているが、姦淫の罪も殺人の罪も犯している。彼は道徳的にも倫理的にも正しい人と言うには、汚点のある人間であった。それなのに、神の目から見れば、「全き心と正直さをもって」と評価されたのは、真に悔い改め、真に神の前に生きようとした、心の歩みがあるからだ。新改訳第三版では「全き心と正しさをもって」となっていたが新改訳2017「全き心と正直さをもって」と修正されているのは、確かに理解できることである。

人が神の前にどのように生きているかは、わかりにくいことである。表面的な言動を見ていけば世俗的に見えるような人であっても、その中身においては、真摯に神に向かい合っているのかもしれない。あるいは逆に、聖人のような歩みをしていると思われるような人であっても、その中身においては、神の目には退けられる歩みをしていることもあるだろう。大切なのは、心を見られる神の前にいかに生きているかにある。そして、神以外のものを神とせず、ただ神を神と認めていく歩みをすることである。

2.ソロモンの事業と失敗

後半は、ソロモンのエルサレム以外での事業が記録される。まず、ヒラムとの国境の調整(10-14節)がそうである。ソロモンは、協力者のヒラムにお礼としてガリラヤの町を与えている。これは、当時、国境を調整する行為として、行われた出来事を言っている。つまり、14節で、ヒラムはソロモンに金120タラントを贈っていたとあるが、ヒラムは、国境付近の町々を防御のために要塞化する費用としてソロモンに贈ったのだろう。しかし、ソロモンは、その仕事をせずに、ただ20の町を与えたのである。だから「この町々は、いったい何ですか」ということになったわけだ。世界の知恵者と言われるソロモンがこんな配慮なきことをしている、というべきか。しかし、それでもヒラムは、ソロモンに協力を惜しまず、船団をつくる手助けをしている。ソロモンもまた神の恵みに生かされた人、と言うべきだろう。

人間の社会というのはしばしば難しいものでちょっとしたことが一大事となり、うまくいかなくなることはあるものだ。しかし、全ては神の御手の中にあることだ。だから、そのようなことも、神の御手によって修復されていくし、悪い事柄も良き事柄に転じる、という信仰を持つことが大切だろう。

15節、ソロモンはハツォルとメギド、そしてゲゼルを築き直した、とされる。イスラエルには、大きな二つの大動脈とも言うべき幹線道路、地中海沿岸を通る海の道、とヨルダン川東側を通る王の道がある。ハツォルとメギド、そしてゲゼルは、どれも海の道につながる戦略的拠点であり、これを要塞化する必要があったのだろう。ゲゼルは、後の発掘調査で、城壁と町の門がソロモンの時代に修復されていることが確認されている。町の規模はそれほど大きくはなかったとは言え、ソロモンがこのように精力的にイスラエルの様々な地域のインフラを整備できたのは、一重に主が中東の平和を守られたことによる。

ソロモンは、さらに神殿における三大祭りを定め(25節)、海上交易にも進出した(26-28節)。教会も、主のあわれみと恵によって、働きを守られ、成長させられていくものである。聖別された教会を大事にし、そこで私たちを祝され、守られる神を礼拝し、その正しき関係の中に神の使命に歩こととしたい。

1列王記8章

1列王記8章 神殿奉献
<要約>
おはようございます。ソロモンの神殿奉献式が描かれます。大事な点は、ソロモンが神をどのように理解していたか、どのような関係の中で、祈りをささげていたか、という点でしょう。神は霊的な存在であり、超越した永遠のお方、しかし、人間と契約を結びそれを忠実に果たし、愛をもって、私たちを導かれるお方です。教会はそのような神が私たちと向かい合う、礼拝の行われる場です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.神殿の完成
ソロモンによって神殿の奉献式が行われる。時はエタニムの月、「水のあふれる月」という意味で、カナン暦の月の古い呼び名である。イスラエルの宗教暦に直すと第7の月となり、政治暦では第1月、つまり正月にあたり、新年祭、贖罪の日、仮庵の祭などが行われた。太陽暦では9~10月に当る。
北東の風が吹き、先の雨が降り始めて、堅い地に湿気を与え、軟らかくする、つまり、耕作および種蒔きが始まる季節である。ちょうど、日本の季節感覚からすれば、3月か4月、田植えが始まり、これから新米の収穫を目指して動き出す、雨乞いの祭りもなされるそんな時期に、神殿は完成し、奉献式が行われた。
2.神殿に臨在される神
10節、主の栄光が主の宮に満ちたとされる。ソロモンは、「私は、あなたの御住いである家を、確かに建てました。御座がとこしえに据えられる場所を。」(13節)と語るように、神殿は、後にイエスが語るように、「父の家」(ヨハネ2:16)であり、祈りの家であった。ソロモンも、そこで、神と向かい会うことへの意義を感じていた。
もちろん、「神ははたして地の上に住まわれるでしょうか。実に、天も、天の天も、あなたをお入れすることはできません。まして、私が建てたこの宮など、なおさらのことです。」(27節)とソロモンが語るように、神は地上の物質的な宮に押し込められるような存在ではない。もし、天地万物をお造りになった神が実在するならば、その神を、木や石の像に仕立てることはもちろんのこと、その神を住まわせる宮を造ることも愚かである。神は、有限な人間とは違う。ソロモンは、神を正しくとらえており、その神は、霊的な超越した存在であり、永遠かつ偏在の存在である。そして恵みをもって契約を忠実に守り、成就する、信頼に値するお方である(23、24節)。
2.ソロモンの祈り
だから、その神に向かってソロモンは祈っている。「けれども、あなたのしもべの祈りと願いに御顔を向けてください。私の神、主よ。あなたのしもべが、きょう、御前にささげる叫びと祈りを聞いてください。そして、この宮、すなわち、あなたが「わたしの名をそこに置く」とあなたが言われたこの場所に、夜も昼も御目を開き、あなたのしもべがこの場所に向かってささげる祈りを聞いてください」(29節)と。
ソロモンにとって、神の宮は、神が御目を開き、私たちの祈りに耳を傾け、私たちと向かい会ってくださるところである。また神はそこで「聞いて赦し」(30節)、「悪を下し、義を報い」(32節)、「帰らせ」(34節)、「雨を降らせ」(36節)、「かなえ」(39、42節)、「言い分を聞き入れ」(45節)、「願いを聞き入れ」(52節)てくださる。つまり、神の宮は、神が私たちの祈りに応じられる場なのである。
今の教会も同じである。教会では、神が私たちに罪の赦しを宣言し、私たちの魂に安らぎを与え、願いをかなえ、言い分を聞き入れてくださる。私たちはいつでもどこでも祈ることができる。神は遍在のお方なのだから、自分の部屋でも、台所でも、祈られる祈りにはすべて耳を傾けてくださるだろう。しかし、教会では確実に神が耳を傾けてくださっていることを確信してよい。教会は、そういう意味では、霊的な用のために特別に聖別された恵みの場なのである。
だから教会は、神の祝福について、期待を持って集える場である。あなたを祝福してくださるのは、牧師でもあの兄弟でもあの姉妹でもなく、まさに神ご自身なのだ、ということを私たちは、ここで体験的に知ることができる。礼拝に行かなければならないではなくて、礼拝に行けば、神の祝福がある。だから礼拝へ共に集おう、というわけなのだ。神殿に集まった民は、「すべての恵みを喜び、心楽しく彼らの天幕へ帰って行った」(66節)と言う。私たちの心の中に、礼拝の場である教会に対して、どのような期待が育っているのだろうか。まだまだ教会は単なる建物に過ぎないのか。あるいは、あの人がいて、この人がいて、と地上的なお付き合いの場なのか。否、教会は、神がおられる所で、私たちと向かい合い、祝される場所であるという理解でいるのか。礼拝を後にする心の在り様は、その理解にかかっている。

1列王記7章

7章 ソロモンの宮殿建設
<要約>
おはようございます。ソロモンの宮殿の位置については、考古学的に色々と議論のあるところです。その豪華な神殿を築いたソロモンの心の内は、また伝道者の書で学ぶことになりますが、本当に私たちにとって何が幸せであることなのかをまた考えさせられるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ソロモンの宮殿
ソロモンは神殿建設の後、自分の宮殿を建設した。それは、長さ46メートル、幅23メートル、高さ13.5メートルというのであるから、神殿よりもさらに大きい建物であった。「レバノンの森の宮殿」というのは、おそらく、「四列の杉材の柱」に因んだもので、森のような外観を呈していたのであろう。実際にこの宮殿は、王が裁きを行う場として用いられたのみならず(7節)、国の宝物庫としても用いられ、貢物として贈られた宝物が陳列されたようである(10:16-17)。彼の家は王座の広間の後ろの庭にあったという。
しかしながら、そもそもソロモンの宮殿はどこにあったのか。通説は、ダビデの町の北の端と神殿の間にあった、つまり、神殿の丘の南端にあったとされる。しかし、テルアビブ大学の考古学者ウシシキン教授によれば、ソロモンは、学者たちが長く支持していた通説の神殿の南側ではなく、北側に自分の宮殿を建てた可能性があるとする。つまり、ダビデの町から神殿を往来する人々の騒音から解放された場所、であるとする。ただ、この場合、北側からの敵勢力の侵入に弱い地形上の特徴から、ウシシキン教授は宮殿の北側に堀が掘られたと仮定している。
2.ソロモンの生活
ソロモンの宮殿のあった場所はまだ考古学的には明らかにされてはいないが、建て上がった神殿は実にみごとなものであった、と推測される。しかし、これだけの贅を尽くしたソロモンは決して、そのことに満足したわけではなかった。伝道者の書で彼はこう言う。「私は、私の目の欲するものは何でも拒まず、心のおもむくままに、あらゆる楽しみをした。実に私の心はどんな労苦をも喜んだ。これが、私のすべての労苦による私の受ける分であった。しかし、私が手がけたあらゆる事業と、そのために私が骨折った労苦とを振り返ってみると、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。日の下には何一つ益になるものはない。(2:10、11)」
どんなに豊かさに浸っても満たされることがない。様々な財、肩書、名誉、地位で自分を着飾ったとしても、それは決して真に人を満足させることはない。退職をして、海外旅行を思い切りしたいと思い、そのようにしてみたが、だんだん海外旅行も飽きてきた、というご老人がいた。確かに、人はモノでは満足できないことだろう。クリスチャンになって、信仰生活を重ねていくと気づかされるのはそういうことだ。私もこの年でようやく、静かで平安な時間を人と共有することが何よりもの幸せであることを思うようになった。無意識に世俗の流れに乗せられて、華やかで、派手な時を創出しようと熱心になっていた時代があったように思う。物質的な豊かさ以上に霊的な豊かさを持つことが大切なのだが、実は、そうした豊かさが見えてくる、わかってくる時というものがある。パウロは「神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか」(エペソ1:18)を知る祈りをしているが、まさにその祝福に気づき、その祝福を地上において味わい始めることが、人間にとって全てであり、それだけが望みの天に帰る準備なのでもある。
3.調度類
13節以降は、造作された神殿の調度類のリストになっている。ヤキンとボアズの柱、つまり二本の青銅の柱(15-22節)、青銅の海、つまり巨大な水盤(23-26節)、水盤を載せて移動させるための移動式台座(27-39節)など、神の宮の調度類が作られ、装飾が施されている。それはもともとイスラエルにあった技術ではなかったのかもしれない。この仕事を完成させたヒラムは、ナフタリ族のやもめの子で、彼の父はツロ人であると紹介されている。
古代の建築文献においては、建築家の名前が記載されることはよくあることだが、ある意味で不名誉な紹介のされ方であるような気もする。しかしながら、神の前に、やもめの子も異邦人の子もない、神はその一人一人の賜物と才能をふさわしく用いてくださる、ということではないだろうか。
教会というものは、一人一人が霊的な深さを持つと同時に、それぞれの賜物が豊かに生かされ結集されていくことが重要である。一人一人が自分の賜物をよく理解し、自分自身をますます主の働きのために献げ、主からの栄誉にこそ与りたいものである。

1列王記6章

1列王記6章 神殿建設
<要約>
おはようございます。ソロモンの神殿建設が進んで行きます。具体的に、作られた構造が描かれて行きますが、実際には概略の説明なので、詳細にそれをイメージすることはできません。しかし大切なのは、その神殿建設に、神の約束の成就があったこと、またソロモンの信仰の応答としての情熱が傾けられたことでしょう。神の約束に対する応答、これが私たちの信仰生活の基本です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.神の時
「イスラエルがエジプトの地を出てから480年目」とある。この数字については、概数的、象徴的な数字であるという説、つまり1世代を40年と考え、おおよそ12世代が過ぎたのだとも、また出エジプトから捕囚の歴史に至るまでの中間点を示す数字だとも考えられているし、実数で、BC1446 年に出エジプトがあって、それから480年経ったことを示しているとも考えられている。はっきりとしたことはわからないが、神がご計画されることが、短期的、一発的なものではないことを思わされる。アブラハムに祝福を約束し、その約束が実現するまでの時間経過がある。そのような意味では、イエスが語られる神の御国の建設も今なお進行中であると言わなくてはならない。
ただなぜ神がそのような非効率なことをわざわざされるのか、と思うところがある。自分の親を介護する年代となり、また大学で福祉関係の講義をしながら思うことは、今の日本の社会が動いているようなスピードで物事をこなしていたら、本当に目に見えない形で人の内に育っていくものがある、という感覚がわからない、ということだろう。やはり、物事が熟成する、あるいは発酵する速度のように、じんわりじんわりと物事が生み出されていく速度があって、人が本当に幸せを感じていくのも、そのようなとろい感じがあってこそである。たとえ仕事であってもやはり良い仕事というのは、それなりの時間が必要なのだ。神は言う。「あなたの父ダビデに約束したことを成就しよう。私の民イスラエルを捨てることはしない」(12、13節)480年経った後であればこそ、その言葉の重みもある。
2.ソロモンの神殿
さて、ソロモン王が建設した神殿はおおよそ、長さ30メートル、幅10メートル、高さ15メートル、つまり、横に長い長方形の、約5階建てのマンションを思い浮かべたらよいのだろう。その構造については、外観(2-14節)、内部(15-30節)、入口(31-35節)、中庭(36節)など色々と書かれているが、それらは概要であって、位置も方角も省略されており、詳細はよくわからない部分がある。ただ、彼は、神殿のために、金、銀、そして様々な種類の高価な石(1歴代28:14-29:9)、と最良の材料を惜しまず、さらに最前の技術を用いている。それだけの思いを注ぎ、献身的に神殿を建てあげたソロモンの姿が印象的である。
しかしながらこれは、教会を建てあげることにも通じることである。教会を建てあげる使命は、教会に集う全ての人が共有し、使命感をしっかり持て行うべきものだろう。やはり使命感を持って奉仕している人とそうでない人との差ははっきりとしている。使命感をしっかり持っている人は、喜んで事にあたるものであるし、何か困難や障害にぶち当たっても挫けない。むしろ落胆するようなことがあっても、どのようにその困難や障壁を乗り越えていくかを考え、工夫していくものである。ソロモンのように惜しみなく自分の力を注ぎこみ、自分の最善を尽くし、一流の仕上げを目指すものである。しかし、使命感が弱いままに困難に直面すると、自分が何のためにこの役割を引き受けているのか、がわからなくなる。結局義務感に強いられて嫌々ながら物事をやるだけであったり、損得勘定に囚われて自分の労が報いられることばかりを考えたりするようになる。そのような意識では物事を建てあげる働きなどできない。今自分は何に召されているのか、使命感をしっかり持つ者でありたい。