2歴代誌23章

23章 アタルヤの顛末

<要約>

おはようございます。ユダの宗教的純粋性が失われ、神の民としてのアイデンティティが途絶えようとするまさにその時に、エホヤダが自らを奮い立たせた姿が、私たちの範として、語られていきます。萎えた心では戦えません。人間的に立たせてもらうのではない、主にあって自らを奮い立たせていく、そのような強さを持っていきたいところでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.祭司エホヤダの決断

エホヤダは、奮い立って、ダビデ王家に忠誠を持つ軍の指揮官たち、また、ユダの全ての町々からのレビ人を集め、彼らを核に、反アタルヤ勢力を結集した。エホヤダは言う。「主がダビデの子孫について約束されたように、王の子が王となる」(3節)と。

しかし、これは単なるダビデ王家再興のクーデターではなかった。それは、宗教的な意図を持った、王と民が主の民としての歩みを回復するための戦いであった。だからエホヤダは、「彼と、すべての民と王との間で、彼らが主の民となるという契約を結ばせた」(16節)。そして、異教礼拝が徹底して排除していく(17節)。また「モーセの律法にしるされているとおり、ダビデの指示に基づいて、喜びと歌とをもって主の全焼のいけにえをささげさせるように」とレビ人を主の宮に配属し(18節)、門衛を立て聖俗の区別をし、主の民としての秩序を整えた。即位式においては「さとしの書」が王に与えられているが(11節)、それは、王位の証書ではなく、シナイ契約にかかわる十戒、律法を記した書き物であった。新たに立てられた王は、神の戒めの書を与えられて、この神の戒めの書を民に守らせる、ユダ南王国の伝統を守る王の子なのである。全ては、主への従順の回復を目指す結束となった。

2.自らを強くする

ここで祭司エホヤダが、奮い立ったことに注目しよう。ヘブル語ではヒスハッザク、文字通りの意味は「自らを強くした」である。歴代誌に繰り返し出てくる、鍵ことばというべきだろう。このような祭司エホヤダの姿が、捕囚後、壊滅状態にあったイスラエルを再興し、礼拝を建て直す困難に直面していた当時の読者に、どのようなインパクトを与えたのかを考えたいところではないか。つまり、彼らもまた「自らを強くし」奮い立つことを促されたであろう。

萎えた心、後ろ向きな心、意気地のない心では戦えない。結局、全てを善きに導いてくださる神に信頼し、未知の将来を主にゆだねて自らを奮い立たせることができるかどうか、これが、困難を乗り越えるカギである。人の冷たさや意地悪、あるいは無関心に呑まれてはいけないのだ。誰かが奮い立って、神のみこころに身を投じることがなければ、改革も進まない。

しかも主のしもべが奮い立つのは、自己目的のためではない。主の契約を呼び覚ますためであり、主の秩序を回復させるためである。となれば、必要な助けも人材もすべては、そのように主の秩序を待ち望む人たちによって得られるのである。教会形成において大切なことは、主の従順を願う人々を呼び覚ますことだ。自分に人々を引き付けるのではなく、本当に主を呼び求める人々を呼び覚まし、主の側につくように指示していく時に、礼拝も教会の秩序も回復されていく。明瞭に主のことばを語り、主のことばへの結束を促すことこそ、教会のリーダーシップが果たすべきことなのである。主の御言葉に対する応答をこそ、求めていくものであろう。

2歴代誌22章

22章 ヨラムに続くアハズヤ

<要約>

おはようございます。神を信じるということ、それ自体が希望であるはずです。全く何も望みもない、消え去りそうな、いや消え去ったともしびが復活していくことを信じていく、主の栄光の業のゆえに、というのが信仰でしょう。神に望みを抱きたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.アハズヤの統治

「心を尽くして主を求めた王ヨシャパテ」の後継者はヨラムからアハズヤへ引き継がれた。二人は、父とは全く異なり、神を求めない王であった。アハズヤは、42歳で王となったとあるが、これは明らかに写本上の誤りで、実際は22歳であった、とされる。となれば彼が、母アタルヤやアハブの家の助言に従い、アハブ家の者のように振る舞ったのは、若さのためであったと理解できるであろう(3節)。アタルヤは神を畏れない北王国イスラエルの王オムリの孫娘、つまりアハブ王の娘である。つまり、彼女の母は主の預言者を皆殺しにしたイゼベルである。そんな母の元で育ったアタルヤが、神を畏れるはずもない。アハズヤが母の影響を受けたとしても不思議ではない。アハズヤは、戦争によって負傷したヨラムを見舞いにイズレエルに下った際に、イスラエル北王国に起こったクーデターに巻き込まれる形で、命を失ったが、著者はこれが神から出たことである、とする。そして母アタルヤは、王の一族を皆殺しにした。つまり、粛清によって自分の身を守ろうとした。

こうしてアハズヤとアタルヤがユダを支配した一時期、ユダは、完全にイスラエルのアハブの支配のもとにあった。また、この世代に、ダビデの家系は、四度にわたる集団殺戮の危機にさらされ(21:4、22:1、8、10)その存続を危ぶまれていく。しかし、神がダビデと交わした契約は破られることなく、恐らく異母兄弟であったのだろう、アハズヤの妹エホシェバが、アハズヤの子ヨアシュを盗み出し、隠したことによって、王の一族は全滅を免れることになる。

2.望みえないわずかな希望に生きる

しばしば、権力者によって混迷した時代を生き延びなくてはいけない時がある。神が存在するのなら、どうしてこんなことが起こるのか、時代が悪すぎて、神の祝福が一向に見えない暗黒が続く時代がある。しかし、神はいつまでも悪を見過ごされるわけではない。神は裁き主であり、救いは彼岸のことのみではない。最も深い闇の時も、正しい支配を建て直すために働いている、目に見えない神の手がある、それを見極めるようにと、このエピソードは促している。

確かに神の見えざる手の業によって、アタルヤの試みは挫かれた。しかし、列王記の記録と違って、歴代誌の著者が注目しているのは、神が興された祭司やレビ人たち、つまり神を畏れる人々の働きによって、神の側に立つ南ユダ王国の希望が守られていくことにある。無力な赤児をかくまいながら、この子どもが大きくなって宗教改革を行いユダ王国にまた神を畏れる正義を確立するなど、誰が確信を持ちえたであろうか。それは、いつ閉ざされる夢と化すかもしれないほんのわずかな希望であったはずだ。しかし、彼らは、そこに望みをつないだ。

信仰とはそういうものだろう。ほんのわずかな希望に賭けていく、いや望み得ないところにこそ望みを抱いていくことである。自分の打った手が、将来どのような望みになるのか、予測出来ない中で、信仰を働かせて、苦難の時代を生き延びていくことである。どのような状況下であっても、神を畏れ信仰をもって踏み始めたことは、神が完成させてくださることを、信じて歩む、闇を突き抜ける信仰に立たせていただきたいものである。

2歴代誌21章

21章 反逆の王ヨラム

<要約>

おはようございます。捕囚帰還後のイスラエルの民が、これを読んだとしたら、ヨラムの生涯を見つつ、そこに、神に心を定めて従うか、そうでないかを選ぶ、そのような決断を迫られたことでしょう。神の憐みは深く、契約に忠実であられる、その神の、のろいではなく祝福を進んで受ける者でありたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.永遠の契約

ヨラムが、ヨシャファテの後継者になると、ユダ王国は一挙に危機的な状況となっていく。というのもヨラムは、父から他の兄弟と同じように、多くの神の恵みを受け継ぐのだが(3節)、その恵みによって勢力を増し加えると、兄弟たちやつかさたちを剣にかけて殺してしまうのである。彼は自分の王位を危うくする者を皆粛清した。

ヨラムが王となった期間は、8年間。おおよそBC848-841年であったと言われるが、それは暗澹とした時代となった。なぜこんなことになったのか。結局は、父ヨシャファテのアハブ家との破滅的な同盟に原因を遡ることができる(18:1、19:1、20:35-37)。歴代誌の著者は、妻であるアハブの娘アタルヤの影響があったことを指摘している(6節)。彼は主の目の前に悪を行ったが、注目すべきは、そのようなヨラムに対する神の態度とその態度の根拠となったダビデ契約である(7節)。神は契約に忠実であられた。つまり、ヨラムの守りは、「ダビデと結ばれた契約のゆえ」であり、ヨラム自身の有り様によるものではない(2歴代21:7⇔2列王8:19比較参照)。神は「ダビデとその子孫に常にともしびを与えると約束された」約束を守られたのである。

同じように、私たちに神の祝福と守りがあるとしたら、それは、主なる神がイエス・キリストと結ばれた契約のゆえであり、私たちの在り様によるものではない。またその約束は決して取り消されることのない永遠の契約である(ローマ8:39、ヘブル12:24、13:20)。神は、私たちのともしびを消されることはなく、私たちを最後まで守り抜こうとされる。その愛のゆえにである。

2.永遠の契約の裏面

ところで神がダビデと結ばれた契約には、「わたしは彼にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。もし彼が罪を犯すときは、わたしは人の杖、人の子のむちをもって彼を懲らしめる」という内容も含まれていた(2サムエル7:14)。神はヨラムを滅ぼすことを望まれなかったが、ヨラムに「人の杖、人の子のむち」いわゆるエドムのそむき(8-10節)や国内におけるリブナの謀反(10節)を起こされた。さらに主は、ペリシテ人とアラビヤ人を奮い立たせて、敵対させられたとある(16節)。彼が、ユダにある防備の町々を守っていた弟たちを警戒し、虐殺したことは、意図せずして王国の弱体化を招くことになったが、それは、神の裁きとして語られている。

また、神は不意に罰せられるようなお方ではない。預言者エリヤの書状を送らせ、悔い改めの機会を与えられた。大切なのは、神は忍耐をもって悔い改めの機会を与え、誓いを守られようとしておられることだ。しかしヨラムは、むしろ積極的に神から離れ、高きところを築くなど(11節)神に反逆を重ねた。そのようなヨラムに対して残された道は、自ら滅びを刈り取る以外になかったのである(1歴代28:9、2歴代7:19-22)。

今日、神は聖書によって、私たちに警告を発せられる。その警告を拒み続けるなら、私たちはその裁きを覚悟しなくてはならない。ヨラムが悔い改めず、ついに神の杖、神のむちに打たれて内蔵の不治の病をわずらったように。破壊的な同盟が及ぼした影響は計り知れない。どのような人間関係を保っていくかは、極めて重要であり、互いに神を第一とする人間関係をこそ、守っていくように努めたいものである。

2歴代誌20章

20章 凡人ヨシャファテの勝利

<要約>

おはようございます。本日の箇所は、ヨシャファテの信仰の姿勢に最も教えられるエピソードです。しかも、愚かで、判断力が弱い、ヨシャファテの姿を思えば、それは、実に身近な、親しみのあるエピソードです。ヨシャファテがどのようにして主の勝利の人生を歩んだかに心を留めたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ヨシャファテの記事の意義

歴代誌は、ヨシャファテについてのエピソードを、約4章に渡って取り上げている。既に述べたように、歴代誌は捕囚帰還後の民に書かれたもので、彼のエピソードがこれほど長く取り上げられているのは、そこに当時のイスラエル人が学ぶべきことがあったからなのだろう。というのも、このヨシャファテの記事からは、主を求める姿勢を教えられる。つまり、礼拝を確立するにあたり、まず重要な姿勢は、神を畏れ、神を求めることであり、その姿勢は、ヨシャファテにこそ学ぶことができるのである。

実際、ヨシャファテは平凡な人物である。彼は、ダビデのようにカリスマ性があったわけでも、ソロモンのように知恵に秀でていたわけでもない。しかし彼もまた神に祝福され安息を与えられている。その秘密は、アモン人とモアブ人の大軍の侵略を受けた時に、彼は、それら異邦の王を支配する神を認め、ひたすら神に祈り求め(3節)、不器用にも「ただあなたに私たちの目を注ぐのみです」と主に助けを求める、信仰的に忠実な姿勢にある。

かつて箴言の著者は、「主を畏れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである」(箴言9:10)と語ったが、知恵が欲しいと願いながらそれほど知恵も与えられない状況に苦しむのが凡人である。しかしソロモンのように知恵ある者ではなく、むしろ無分別の判断力の悪い王であっても、主を畏れる時に、知恵ある者のように守られた歩みができることをヨシャファテのエピソードは示している。そのような意味で、歴代誌は非常に等身大のことを語っているのであって、いかなる人をも神に向かわせ、動機づける書と言えるだろう。

ヨシャファテの祈りには、四つのポイントがある。神の主権と力を認める賛美、(6節)神の契約に対する信頼(ソロモンの神殿の祈りが前提)(7⋯9節)、侵略者についての訴え(10-11節)、救いへの懇願(12節)である。そして懇願にこそ、私たちの模範とすべき、また私たちの口のことばとすべき祈りがある。

2.ヨシャファテの勝利

さて、ヨシャファテは、主の戦い、主の救いによって、モアブとアモン人の連合軍に勝利した。このエピソードに顕著なのは、「主がイスラエルの敵と戦われた」ことであり、「堅く立って、主の救いを見る」信仰を保ち続けた、つまりただ主にすがる他ない弱き者が傍観者のように戦争に加わり勝利した姿である。そして神は、まさにその弱き者を守り、祝された。先の恐れと今の喜びは対比されて語られており、また先の脅威と今ある平和も対比されている。

ただヨシャファテに対する神の評価は、全面的によしとするものではない。というのも、彼は確かに、主の目にかなう歩みをしたのだが、「高き所は取り除かなかった」とされる(33節)。しかも、彼はその後、イスラエルの王アハズヤと同盟を結んでいる。ヨルダン川東側の王たちの同盟に対抗する意味があったのだろう。困難にあって主を求めていながら、安息を与えられると主を忘れるのは、まさに凡人そのものだ。そして、彼の同盟による、貿易振興の計画は、主によって「打ちこわされ」ていくのである(37節)。

私たちが主を忘れる時に、どんなに物事がうまくいくと思いつつも、そうではないことがあるものだ。しかし、主を恐れる時に、どんなに不可能であろうとも、主が可能にしてくださることがある。神の業があり、神の救いがある、神が味方になることを私たちは覚えなくてはならない。私たちの力以上に、神が働いてくださることを、私たちは知らなくてはならない。神は確かに生きておられる、それは空想ではなく、また凡人にこそ、いや弱い者にこそその力は働くことを私たちは知り、神を畏れなくてはならないのである。

2歴代誌19章

19章 ヨシャファテの回心と改革

<要約>

おはようございます。ヨシャファテがアハブとの同盟戦争において九死に一生を得ることにより、神に立ち返っていきます。本来ならば終わった人であったのでしょうが、神は、ヨシャファテを守り導かれ続けます。ヨシャファテの悔い改めと、改革が描かれていきます。チャンスを与え続けてくださる主に信頼して歩みたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ヨシャファテの悔い改め

ユダの王ヨシャファテは、命を落とす危機に陥ったが、救い出された。それは全く神のあわれみによるものであった(18:31)。実に、ヨシャファテは、無分別で頭の弱い人間であり、その愚かさのゆえにほとんど滅びかけていたにも関わらず、神に助け出されたことの意味をよく考えたいところだろう。神はエリート好みでも、成果主義のお方でもない、ということだ。神と人間の関係の中心は契約関係にあり、単に、人間が神にとって好みであるか否かの問題ではないし、律法を守るか否かの問題でもない。だから人間にとって重要なのは、神に心を開き、いつでも率直に、神の愛を願うことである。

先見者ハナニの子エフーが、悔い改めを勧めている。そして、ヨシャファテが釣り合わぬ縁組という失敗を犯しながらも、「心を定めて常に神を求めて来た」事実があることも、神は認めておられる、と伝えている。ヨハネが、エペソの教会に語り伝えていることを思い出すところだ。「あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった」(2:4)と。しかし同時に「わたしは、あなたの行いとあなたの労苦と忍耐を知っている」(2:2,3)と。

神は、私たちの全生涯を受け止めて、私たちを正しく導かれるお方なのである。だから、神は、私たちが犯した失敗、過ちに対しては、悔い改めを求められるが、続いて神はさらに先へと私たちを導かれようとする。常に神は私たちの生涯全体を見ておられるのである。私たちはそのことを理解し、ヨシャファテのように恐れて、「自分のする事に注意しなくては」(6節)ならない。というのも、私たちは、自分のために生きるのではなく、主のために生きるのであり、働く者は、「人のためではなく、主のために」その働きをするからである(6節)。だからいつでも道を誤ったと思うようなことがあるならば、その事実を認めて、悔い改めて神に立ち返ることが大切なのだ。

2.主に心を定めるヨシャファテ

悔い改めたヨシャファテは、「ベエル・シェバからエフライムの山地に至る民の中へ出て行き、彼らをその父祖の神、主に立ち返らせた」(4節)と言う。ベエル・シェバからエフライムというのは、ヨシャファテの領地全体を指す。つまり、ヨシャファテは、自分の国の伝道者となったのである。そしてヨシャファテは、自らやり残している事業を再開した。すでに組織された軍隊(17章)に加えて、ここでは官僚制度、特に裁判専門職を整え、その中心に主を畏れることを置いている。「私たちの神、主には、不正も、公正も、えこひいきも、わいろを取ることもない」(7節)ヨシャファテが立ち返ったのは申命記律法であった(申命記16:18-20、17:8-13)。私たちも悔い改めには、常に基本に立ち返らなければならない。それは、イエスの十字架であり、かつ、イエスの二大律法、すなわち神と人を愛するということになるだろう。表面的な立ち返りではなく、心から、主の十字架に応答した歩みをすることである。

またエルサレムでは、高等裁判所的な法廷を設置した(8節)。祭司アマルヤは主として宗教関係を、ユダの家のつかさゼバデヤは主として民事関係を担当する最高責任者となり、レビ人は、新共同訳では「書記」と訳されているように、いわゆる高裁の裁判官たちの補佐役として採用された。内政の充実が図られたのだろう。しかしそれは、単に制度的に整えられたというのではない。神に与えられた職務の基本精神を確認している。「主を恐れ、忠実に、また全き心をもって、このようにおこなわなければならない」(9節)と勧めている。これは私たちも与えられた職務において心がけなくてはならないことだ。そしていつも、主に対してどうであるか、という視点を持って物事にあたることである。神と心一つの歩みを促されるところではないか。