2歴代誌5章

5章 二人の預言者

<要約>

おはようございます。16年中断した工事を再開する、そのエネルギーたるや、大変なものがあったことと思います。それを成し遂げたのは、神のことば、実に、聖書であったことに注意したいところです。朝毎に聖書を開き、聖書を読む、それが何になろうか、というものではなく、それは、私たちの人生を大きく変えていく力になることを覚えたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.二人の預言者ハガイとゼカリヤ

BC520年、主の預言者ハガイとゼカリヤがエルサレムに来ていた。彼は、過去16年間の工事の妨げにより、人々がどれだけ落胆し、励ましを必要としているかを良く知っていた。エルサレム帰還後、人々は神殿再建の工事を邪魔され、阻止されるばかりで少しも進めることができなかったのである(16節)。そこに神の預言者が現れ、イスラエルの人々を励まし、新たに工事再開の定礎式を行ったわけである。

しかし再びこれを止めさせようと、川向うの総督タテナイとシェタル・ボズナイ、そしてその同僚の知事たちがやってきた。彼らは、そもそも、本当にキュロス王の命令が出たかどうかを問題にし、ダレイオス王に書状を送っている。その書状の写しが8-17節である。

実に、16年の空白の時が流れた後、神の宮を再建するには、相当のエネルギーを必要としたことであろう。神はそのようなイスラエルの民の心を動かすために二人の預言者を起こし遣わされた。ハガイ書はその記録であり、エズラ記と併せ読む時に、そのメッセージも良く理解される。神が私たちに何かをさせようと考えられる時に、いつも神は私たちに神のみ言葉を語る使者を遣わされる。そして異教の環境の中にあれ、神の言葉に耳を傾け、それに従うならば、異国の王すら神は用いて神の業を進められるのである(エズラ1:1)。しかし、たとえ神を信じていても、大いなる結果を期待せず、神の声に聞き従おうとしないならば、それは、神のみこころを受けそこなう結果となる。

2.神の言葉に力づけられる

そういう意味では、私たちの人生には、つぶやきと不信仰により、神の業を取りこぼす無為な時間を過ごしやすいものではないか。神にビジョンを語られても、そんなことはできないと心がつぶやき、協力者もいない、助け手もいないと後ろ向きになるばかりで、何もせずにやっぱりできないと心を頑なにさせてしまうことが多い。それはまさに、エジプトを脱出したイスラエルの民が、本来ならば11日間で行くはずのところを、40年間さ迷い続けたのと似ている。私たちが信じている神は、天地創造の神であることをよく理解しなくてはいけない。信仰によってこそ進められることがある。この世的に物事を計算ずくめで考えていても、信仰がなければ起こり得ないことがある。現状がどうであれ、神のことばが私たちと共にあり、神の目でもって状況を見、神と共に働く時に、物事が大きく進む、私たちの思いを超えた働きがなされることがある。もちろん、それは、一朝一夕にして起こりうることばかりではない。神の業は、人間の時間を無視して事がなっていく、例外ばかりを意味するのではない。

あなたの前には瓦礫の山が多くあるかもしれない。あるいは、なすべきことがたくさんあり、どこから手をつけたらよいのかわからないほどに、混乱することもあるかもしれない。あるいは、自分には全くもって力がなく、働きはわかっていても、働きに向かう気力すらないことがあるかもしれない。あるいは、反対が強すぎて、競争がありすぎて、それだけでも、もうやる気が失われていることがあるかもしれない。大切なことは、神の言葉に耳を傾けることである。神のことばに力づけられることである。私たちを助ける、神の預言者の声に耳を傾けることである。私たちを動かすのは神の言葉である。

 

2歴代誌36章

36章 悔い改め無き王たち

<要約>

おはようございます。人は弱く、迷いやすく、また頑迷な者でしょう。神は人間がそのような小さな者であることをよくご存じです。大切なのは、常に過ちを認め、悔い改め、主に従う心を持つことででしょう。柔らかき心、遜った心をもって、主にお従いする道を進ませていただきたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ユダ王国末期の四人の王

2歴代誌は、どのように主の宮が建てられたかという物語から始まっている。その終わりは、どのようにその主の宮が破壊されるに至ったかを記す(18,19節)。ソロモンによって建てられた主の宮は、カルデヤ人によって焼かれ、破壊され、中の器具、財宝はすべてバビロンへと持ち去られた。そして剣を逃れたイスラエル人は、皆、バビロンへと連れ去られ奴隷とされた。

こんな不幸がどのようにして起こったのか、イスラエルの祝福は、反逆によらず、ただダビデの故の祝福であったはずである。つまり、イスラエルが祝福されるのは、ダビデと神の契約に基づくものであって、それは決して変わることのないものであったはずだ。私たち自身も、イエスの十字架の契約によって取り消されることのない祝福に与っているはずであるが、それが取り消される事態になることがあるのだろうか。

これまで2歴代誌が記してきたことは、ダビデの契約のゆえに、罪を犯し、反逆を重ねた王であれ、神の前に遜ると、赦され回復されることであった。しかし、最後の章において、2歴代誌が記すことは、ユダ王国末期の四人の王、エホアハズ、エホヤキム、エホヤキン、そしてゼデキヤが、主の目の前に悪を行い、主の道からそれ、彼らはついに回復されることがなかったということである。そしてこれら四人の王は、一つのパターンによって一緒に扱われている。彼らのした悪、捕囚にあったこと、そして財宝が取られたことで、これらは、神に対する不信の結果として描かれている。

2.悔い改めを拒む罪

ゼデキヤは、主のことばを告げた預言者エレミヤの前にへりくだることがなかった。王もまた祭司長も民も、神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにした(16節)。災いは悔い改め無き信仰の故であった。確かに主イエスも語られている。「だから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒涜も赦していただけます。しかし、御霊に逆らう冒涜は赦されません。」(マタイ12:31)赦されない罪があるとすれば、それは、悔改めを促す聖霊の働きを拒む罪である。人はどんな罪も冒涜も赦される。しかし、そこで悔改め、神の道に立ち返ることを拒む時に、それは赦されない罪となる。罪に重い罪、軽い罪があるわけではない。問題は、悔改めを促す聖霊の働きを拒むか否かである。ゼデキヤも祭司長全員も民も、神から遣わされた使者たちの悔改めの促しを受け入れなかった。つまり自らダビデの契約が守られることを拒んだのである。

私たちは、神の期待を裏切り、主の目の前に悪を行うことがある。いわゆる刑務所入りの犯罪人になることはなくても、信仰者として神の前に不誠実であるが故に、罪を重ねていることがある。そして、自ら悔い改めることがなく、滅びを刈り取ることがあるかもしれない。けれども、神は、常に、あわれみ深いことを忘れてはならない。神は、異邦人の王クロスを通して、ユダの回復を導かれた。実に、神の大いなるあわれみのゆえに、私たちは倒されても倒され続けることはない。神は怒ったままではおられることはなく、そこに人の希望がある。だから悔改めを促されている時には、迷わず悔い改めることである。神を恐れ、いつでも、謙虚な思いで歩ませていただきたいものである。

 

2歴代誌35章

35章 ヨシヤの祝う過ぎ越しの祭

<要約>

おはようございます。今日の箇所を読みますと、信仰がいかに余裕のあるべきものであるかを教えられるところでしょう。堅くではない、柔軟さのある信仰の歩みが、私たちには必要なのであって、頑迷な信仰者であってはならないのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.過ぎ越しの祭りの再開

ヨシヤは、過越のいけにえをささげた、とある。何気ない書き方であるが、当時のユダヤ人にしてみれば、それは実に大きな変化であった。というのも、当時のユダヤは世俗化しており、ユダヤ人が主に祝っていたのは仮庵の祭りであったからだ。その祭りは、収穫祭(出エジプト23:16,34:22)とも呼ばれ、刈入れが終わったその年にもたれた。この祭りの七日間は、木々の大枝となつめやしの小枝からできた仮小屋に住むように命じられたために、「仮庵」と呼ばれるようになったものだ。つまり元々はイスラエルの民がエジプトから脱出した歴史的出来事を思い起こし、荒野での放浪と仮住まいを記念する意味合いを持つ(レビ23:43)ものであったが、その歴史的意味はいつしか形骸化し、周囲の国々と同じように、ただの収穫を祝う祭りとなっていたのである。

そのような状況で、過越のいけにえがささげられたことは、祭りの歴史的原点に立ち返ることが意識された、ということだ。過越の祭りでは、家族の人数に応じて、傷のない一歳の雄の子羊が選ばれ、ほふられた(出エジプト12:6)。その血は、家の門柱とかもいに塗られ、子羊の肉はその頭も足も内蔵も火で焼かれ、その肉は、種を入れないパン、苦菜と共に食された。この出来事を通じて、イスラエルの民は、神がエジプトの奴隷状態から自分たちを救い出してくださったこと、そして、約束の地に定住させてくださったこと、さらには、神がアブラハムの契約に忠実であったことを思い起こさせられるのである(ミカ6:4-5)。

新約聖書において、この過越の祭りは、イエスの十字架の恵み、つまり罪の束縛と永遠の滅びからの救い、神の怒りからの解放を覚えさせるものである(1コリント5:7)。ともあれヨシヤは、イスラエルに真の礼拝を回復し、聖書は、「預言者サムエルの時代からこのかた、イスラエルでこのような過越のいけにえがささげられたことはなかった」(18節)と証言している。

2.過ぎたヨシヤ

ところが、その後に書き加えられたエジプトとの戦争のエピソードはいささか不可解である。この時代、アッシリヤは、バビロンに勢いに飲み込まれようとしており、アッシリヤに従属していたエジプトは、これを助けようと北上していた。ヨシヤはそれを阻止しようと、メギドで待ち構え、その地形的な利点を活かして挟み撃ちでこれを迎撃する計画であったのだろう。そして彼には、神が自分の味方をしてくれる、という算段もあった、と思われる。だが、彼の軍隊は、メギドという戦略的に優位な位置で戦いながらも、エジプトの軍隊を追い返す、あるいは滅ぼすには、あまりにも小さすぎたのである。いや、神に大軍も小軍もないとすれば、これほど徹底的な神のみこころに沿った改革を行いながらも、神がこのヨシヤの迎撃をみこころとしなかった、ということに尽きていく。事実、歴代誌の著者は、ネコのことばが神から出たことばであった、とする。ヨシヤは神の警告を押し切って、自分の思いで突き進んだわけである。エジプトの王も、ヨシヤとは戦うつもりもなく、返ってヨシヤにしつこく絡まれたために、やむなくこれを迎え撃ち、変装しいたたヨシヤを殺めてしまう。

理解しがたいエピソードであるが、伝道者の書には「あなたは正しすぎてはならない。知恵がありすぎてはならない。なぜあなたは自分を滅ぼそうとするのか」(7:16)とあるように、ヨシヤは、「すぎて」しまったのかもしれない。つまりわき目を振らない余裕のない従い方のために自滅したと言うべきか。自分の正しさ以外には何も見えなくなってしまい、信仰的な自分、正しい自分を押し通すような従い方であっては、真に潤いと命ある生き方はできない。ほどほどの生き方という言い方は、生ぬるいようにも思われるが、「すぎる」ことのない、神の警告を聞き過ごすことのない、柔らかな心を持って日々の信仰の歩みを進めさせていただきたいものである。

 

2歴代誌34章

34章 ヨシヤの宗教改革

<要約>

おはようございます。キリスト者の基本は、聖書主義であることでしょう。誤りなき神のことばである聖書がなんと語っているか、そこに聞いていく姿勢であろうと思います。そこに、キリスト教会の力強い証も生まれるのです。今日もも、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. ヨシヤ王の宗教改革

ユダ王国末期の王ヨシヤは、8歳で王となり、16歳で主を求め始め、20歳で宗教改革を始めた。彼の父アモンは、全く神を求めない者であったが、ヨシヤは違っていた。ヨシヤは徹底した宗教改革者となっていく。何が彼をそのようにさせたのか。敬虔な母親エディダの影響があったとも言われるが、確かなことはわからない(2列王22:1)。あるいは、ユダの国を取り巻く国際情勢において、しばし、アッシリヤ帝国の勢力が弱まり、ナショナリズムが台頭しやすい時期となり、ヨシヤは復興に動いたのかもしれない。また、預言者エレミヤの活動が、まさにヨシヤ王の改革開始の年に始まっていることから、そのような大預言者の影響があったのだとも考えられている。

ともあれ、神がヨシヤ王の心を捕らえ、改革の志を支えられたことは確かである。ヨシヤは、次々と、ユダとエルサレムを聖め、高き所、アシェラ像、刻んだ像、および、鋳物の像を除いた。彼は人々の面前でバアルの祭壇を取り壊し、それらを粉々にした。そして、主の宮を修理させている。さらにその過程で、主の律法の書を発見し、それを読み、彼は「自分の衣を裂いて」(19節)一層徹底した改革へと乗り出した。実に、彼は、改革が必要なことを覚え、自分の思うままに始めたが、主の律法の書に出会った時に、それでは足りない、認識不足であると彼が悟ったところが重要である。やはり、母でも、国際情勢でも、預言者でもなく、神のことばに動機づけられない限り、真の改革は進められないのである。まさに、心を尽くして主を尋ね求め、主のさとしを守ることが、私たちの原動力となる。

2.発見された律法の書

祭司ヒルキヤが見つけた書は、申命記的資料であろうとされる。というのも、ヨシヤ王の宗教改革の内容が、申命記4:44以下、ことに12-26章に相当すると考えられるからである。その内容がどうであれ、彼の改革はすでに始められていて、彼の改革にまことの火を注いだのは神のことばである。そのような意味では、今こそ聖書のみことばの味わい深さを掘り起こすことが求められている時代なのだろう。

ヨシヤは、女預言者フルダを呼び寄せている。ヨシヤが、自分の時代に必要とするのは、神のことばの代言者、預言者であると理解した。イベント屋でも、政治/経済の専門家でも、武器商人でもなく、彼はまさに神のことばを真に解き明かす人を求めたのであった。

実に、聖書を手に取って読む。聖書を真に解き明かす者こそが、今の日本においても求められている(31節)。真の改革に必要なのは、神のみことばである。そして自己流ではなく、聖書に深く聴き、これを徹底して行う心だろう。またこれを互いに分かち合い、共に神の前に遜り、共に神に仕える輪を広げることだ(32節)。神は生きておられる。聞き従う時に、神は応じられるのである(27節)。

 

2歴代誌33章

33章 マナセとアモン

<要約>

おはようございます。50年の長きにわたり統治した王が、悔い改めに基づいて神の憐みを受ける。実に、神の憐みの深さを覚えさせられるところでしょう。他方、そのような政権のもとで、キリスト者は以下に生きるべきか。放蕩息子の悔い改めを拒んだ兄息子ではなく、彼の帰郷を待ち望んだ父の心に近付く霊的な成長を必要としている、と言えます。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.マナセの統治

マナセの生涯は実に興味深い。マナセは、55年という長期に渡って統治したが、神のみこころにかなった王ではなかった。彼は、「主の目の前に悪を行い、父ヒゼキヤが取り壊した高き所を築き治し、バアルのために祭壇を立て、アシェラ像を造り、天の万象を拝み、これに仕えた」(2,3節)と言い、さらに、アシェラ像を主の宮に築き、ベン・ヒノムの谷での儀式を復活させた(6節)。先のアハズ王に並んで、南の最悪の王というべき存在であった。彼は父ヒゼキヤの信仰から何一つ3学ぶことなく、預言者のことばにも耳を貸さなかった。そんな彼を神が裁かれる。彼はまさに、痛い思いをせずに学べない者であった。彼は、鉤で捕らえられ、青銅の足かせにつながれて、バビロンへと引かれていった。

一国の王として、さぞ絶望的な状況であったことだろう。もはや二度と自分の王宮に戻ることも、王権を復活することもあり得ない、全く将来に希望を失う状況であったはずだ。しかし、その悩みの中で彼は悔い改めて、主に嘆願し、その父祖の神の前に大いにへりくだって神に祈ったと言う。アハズとは違う点である。神はマナセを王国に戻された。そしてマナセは、この出来事を通じて、主こそ神であることを知るのである。

実に、全く希望を失わせられる状況の中で、遜り、心から神を呼び求め、嘆願する時に、神は祈りを見過ごされない。たとえ、神に逆らい、その逆鱗に触れる者であっても、神はあわれみ深く私たちを取り扱われる。この神の恵みに甘える他はない、という時がある。実際「我に返った」時には、ただひたすら、神のあわれみに寄りすがる他、道はないものだろう。たとえそうであっても、神は、悔い改めるなら、いつでも私たちを受け入れてくださるお方なのだ。

2.マナセを思う神の心

しかしそれにしても、マナセが愛されて回復されることは、マナセにとっては幸いであったが、イスラエルの真面目な人々や神を真に求める人々にとっては、心穏やかならぬことであったのではあるまいか。神は、マナセの一人のために、主を熱心に呼び求める人々を、しばらく犠牲にされたのではないか。主を熱心に呼び求める人々を傍らに、また神を恐れないマナセによってどれほどの犠牲と痛みがあったかを考えると、マナセが悔い改めることを待ち望むことの意味が理解できないことがあるだろう。しかしそれは、放蕩息子を受け入れられない、兄息子と同じで、放蕩息子の帰りを待ちわび、ついにその千載一遇の機会を得た父親の気持ちを、理解しえない子どもの立場にあるが故なのだろう。人生には、神に愛されることを願う人生と神に従うことを願う人生の二つがある。私たちは神に愛されることを願う人生を求めやすい。神に願い事を並べ立て、神が自分の思うとおりに動いてくれる人生を願いやすい。しかし、神の側に立ち、神に従う人生を学んでいく必要がある。つまり、父なる神と同じ心を持って、罪人の回復を願うことを喜びとする人生である。そうすればどんな罪人にも期待し、祈り続け、願う者となっていくものなのだ。

アモンについては、極めて短く述べられている。その生涯は、父マナセの悪を引き継ぐものであり、彼は悔い改めない王であった。結果その報いを受けることになる。悔い改めるべき時に悔い改めない王として彼は描かれている。しかし、悔い改める者を、神が見過ごされることはない。