エズラ記9章

9章 雑婚の禁止

<要約>

おはようございます。雑婚の問題が取り上げられますが、その問題の本質は、民族の純粋性ではなく、信仰の純粋性を保つことにありました。信仰を同じくしえるかどうか、それは、生活上の衝突へとつながることであったからです。宗教的寛容性を重んじることと、宗教的確信を守ることは、別物です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.雑婚の問題

雑婚の問題が語られる。いわゆる異教の習慣に導く雑婚を罪とし、その罪を犯した者は、113人(10:18-43)とされるが、それは、誰のことなのか。いくつかの議論がある。ゼルバベルと共に帰還した者の子孫たちだったと考える説がある。そうすれば、雑婚をした者たちはまだ少ない人数であったことになる。しかし、普通に読めば、この箇所は、エズラと共に来た人々であろう。となれば、それはかなり多い人数であり、エズラは帰還の旅の途上四ヶ月も、毎日律法を教え、彼らと関わりながら、なぜそのようなことに気づかなかったのかという疑問も起こる。しかも、神殿再建の喜びの後で、思いがけない問題が沸き上がって来たことにもなる。

いずれにせよ、彼らはカナン人やヘテ人、つまりモーセの律法において、宗教的な純潔さを守るために結婚が禁じられている者たちと結婚をしていた。エズラはこの報告に対して、当時の慣習に従って嘆き、驚きを表現している。普通は髪をそるところをエズラは毛を引き抜いている。それはエズラの動揺の激しさを表している、と言うべきなのだろう。イスラエルの歴史は純粋な神信仰、つまり異教の偶像崇拝との戦いであった。彼らは異教の民と交わり、堕落し、神に滅ぼされ、バビロンに捕虜とされ国を失う苦渋を味わっている。そのような歴史に学んでいないイスラエルの民に対するエズラの失望、落胆、怒りが、その行為に表されているのだ。

2.問題の本質

ただ問題とされているのは、異教の民との雑婚そのものよりも、雑婚によってまことの信仰が失われる事態が生じていたところにある。雑婚については、ルツのような例外もある。実際上の問題は、その雑婚によって個人の信仰が破綻し、さらにイスラエルの民全体に悪影響を及ぼすことであった。エズラは歴史を振り返る。そもそも、イスラエルの国が滅びたのは、どういうわけか。それは、異教的信仰に毒されて、イスラエルが神を捨ててしまったからではないか(6節)。けれども、そのような私たちに神は、大いなる哀れみを施し、再び、国を再生させてくださったのである(9節)。その恵みを無駄にしてはいけない、というのが趣旨であった。

しばしば教会においては、未信者との結婚は、つりあわぬくびきであると反対されることが多い。その根拠は、1コリント7:39を挙げることが多いが、この箇所がそのようなことを語っているかどうかは、また様々な議論のあるところだが、むしろそれは常識的に考えて、信仰者と未信者とではもともと生き方のベクトルが違うところを考慮する、人間の知恵による判断に負うところがある。一方は、天国を目指し永遠のいのちの希望を持って歩み、他方は神に背を向けて滅びに向かって歩んでいる、生き方のベクトルが違うのだ、そこに反対があるのも無理はない。初めは些細な違いと考えてしまう信仰の違いも、実際に結婚生活をスタートさせてみれば、毎週日曜日の過ごし方の違いから始まり、お金の使い方、子育ての考え方、将来設計の考え方、余暇の過ごし方とありとあらゆる日常性の中でその価値観の違いや行動の違いを思い知らされるようになるからだ。予めそういう事態になると、よくよくわかっていれば、そんな人生に足を突っ込むこともなかったのに、と思うのだろうが、人間は愚かで悟りがないので、気づいた時には、どうして、ということになることが多いのだ。

そのような意味では、後の祭りにならないように、いつでも自分の信仰が無為にならない生き方を考えて歩みたいものである。5節からエズラの祈りが記録される。過去の罪の告白、神のあわれみと神の命令の確認がなされている。信仰の純潔さを求める祈りである。信仰の純潔さを保つことに、もっと意を注がなくてはならない。神の愛と恵みの中に生きること、そして信仰の歩みを成熟させることに、私たちは信仰的な伴侶と友を必要とする。救いの完成を互いに進め合う交わりをこそ求めたいものである。

エズラ記3章

3章 新しい出発

<要約>

おはようございます。人間は記憶の中に生きているものでしょう。大切なのは、どんな記憶の中に生きるかです。神の誠実さを覚える記憶の中に生きるか、自分のみじめな過去の記憶の中に生きるかでしょう。いつでも、神の誠実さに期待してまいりたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.開始された再建

イスラエルの民はエルサレムの再建に取り組み始めた。祭壇を築き(3:1-6)、神殿の礎を据えた(3:7-13)。

イスラエルで言う第七の月は、太陽暦では9-10月に相当し、贖罪の日、仮庵の祭りが行われる。その日が持つ意味からすれば、それは再出発にふさわしい時であった。彼らは「周りの国々の民を恐れていたので、祭壇を所定の場所に設けた」とある(3節)。恐れていたにもかかわらずか、あるいは恐れていたからこそなのか、わからないが、周囲の国々の脅威を感じていたのは確かである。実際、彼らはペルシヤから帰還を許された民で、軍隊も官僚機構も持たない、国の体をなさないわずか4万人の群れであった。

しかし彼らは反対されること、妨害されることもなく、モーセの書に書かれているとおりにまずは、仮庵の祭りを祝い、日々の全焼のいけにえを献げることができるようになった。回復の道筋は開かれたのである。神の約束への忠実さを深く味わい知る礼拝となったことだろう。

2.過去に縛られずに生きる

続いて民は、第2神殿(ゾロバベルの神殿)の建設に着手する。ソロモンによる第1神殿建設の際と同様、彼らはまず木材を手に入れ、工事に着手した。彼らはまず神殿の礎を据えていく。「以前の宮を見たことのある多くの老人たちは、目の前でこの宮の基が据えられたとき、大声をあげて泣いた」(12節)とされる。第1神殿と第2神殿とでは、その基礎の大きさには違いがあったのである。老人たちは過去を回想し、自分たちの顛末を悲しんだ。礎は、建物のサイズ、形、構造を決める。老人たちは、その礎を見ながら、建て上がる神殿の貧弱さを思い(ハガイ2:3)、自分たちが回復しがたい失敗を犯したことを思わずにはいられなかったのだろう。

私たちに過去を変えることはできない。そして「過去」に縛られることが多い。しかし実際には、「過去の記憶」に縛られているのである。大切なのは、その記憶をどう心の内で処理するかである。過去は、私たちの歩みを導く舵となることもあれば、私たちの歩みを妨げる足かせにもなりうるからだ。

過去がもたらした現状に立ちつつも、信仰を持って未来を展望する歩みがある。信仰がなければ、過去は望みを奪う鎖となって私たちを縛り付けるだけだろう。しかし、たとえどんな過去を生きようと信仰を持って未来を展望するならば、そこに私たちは神の業を期待することができる。たとえ貧弱な未来を予測することがあっても、神の祝福は、私たちの思いを超えたものであり、その可能性は計り知れない。

老人の嘆きは、やがて、ほかの多くの人々の喜びの声にかき消されて行った。嘆きの叫びと喜びの声は交り合い、区別できなくなり、やがて喜びの叫びが勝利し、それは遠い所まで響き渡って行った(13節)。たとえ過去がどうであれ、主の約束に対する忠実さを思う人生には新しい未来がある。過去をいたずらに悲しみ、感情の赴くままに無為な時間を費やすのは止めることだ。新しい未来を築きあげる時を今日も積み重ねることにしよう。まずは、新しい出発を決意し、踏み出すことである。

エズラ記1章

エズラ記 1章 奮い立たせる主

<要約>

おはようございます。

本日からエズラ記に入ります。ちょうど歴代誌が書かれた読者のいた時代のエピソードがつづられていきます。この時代、彼らは、私たちが読む旧約聖書のメッセージをどのように受け止めながら、行動したかに注意しつつ読むことが大切なのでしょう。そのカギとなることばは、神の契約に対する誠実さであろうと私は思います。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.歴史的背景

BC538年キュロス王はバビロニヤを征服した。彼の最初の事業は、バビロニヤに捕虜となっていたイスラエルの民を自分たちの国に帰国させることであった。エズラ記を読むと、まるでクロス王が、イスラエルの神を信じているかのような印象を得る。しかし、歴史的碑文は、クロスがバビロニヤのマルドウゥク神を信じていたことを裏付けている。つまり彼は多宗教的な信仰を持ち、あらゆる種類の宗教を受け入れる者であったのだろう。

ともあれクロス王は、帰国を願うイスラエル人を励まし、また彼らに必要な金銀を援助するように命じた。そしてユダの君主シェシュバツァルにそれらを渡したという。シェシュバツァルの正体については定説がない。一つは、帰還と定住を監督する任務を担い、帰還後まもなくして死んだと思われるゼルバベルと考える(5:14)。また、エホヤキムの子の一人、シェヌアツァル(1歴代3:13)とする説もある。さらには特別に任命されたペルシヤの役人であるという説もある。「ユダの君主」は「統治者」と訳したほうがよく、このヘブル語は必ずしも王家の出であることを意味しないので、第三のペルシヤの役人説が有力だとされる。

2.契約に忠実な神

さて、1章を読んでまず思わされることは、ダビデ契約に忠実な神の存在であろう。歴史を動かすのは、神である。神がペルシヤの王クロスの心を動かしている(1節)。これまで神が、異邦人を動かす時は、イスラエルを裁く道具とされることが多かった。イスラエルが神に対して罪を犯し、偶像崇拝に走る時には、必ず、周辺諸国の民を用いて、イスラエルを悔改めに導く道具とする。しかし、ここで神は、異邦人の王クロスを、イスラエルを再興し、建て上げる道具として用いられている。神は、滅ぼしもし、建て上げもする。ご自身のあらゆる資源を用いて、イスラエルに約束されたことを忘れず実行しようとされる(エレミヤ25:12、29:10)。今の時代においても同様である。神は誠実な方である。神が私たちに約束されることは、決して放棄されることはない(ローマ11:26)。

また、神は、クロス王に働かれただけではない。ユダヤ人たちの心をも動かされた(5節)。実に興味深い点である。捕囚の中にあって、誰がその滅びの穴から抜け出すことを考えたであろうか。ユダヤ人が置かれた現実から、国を再興することへの希望は起こりえなかったことであろう。だが神が働かれるからこそ、運命が決定されたかのようにすら思われる環境の中で、新しい出エジプトへの思いが与えられるのである。また、事実彼らに必要なものは、全て備えられた。ペルシヤの王クロスは、宝庫を開けて、ユダヤ人に必要な資材を提供するまさに神の奇跡、神の大いなるあわれみがそこにある。

3.誠実な神に応答する

大切なのは、後で読むように、約束に忠実で、解放の恵みをもたらされる神を信じ祈り続けるダニエルのような者がいるかどうかであろう。ダニエルは祈った。自分たちの努力ではなく、「大いなる神のあわれみ」により、自分たちが回復される可能性のあることを信じ祈り続けた(ダニエル書9:18)。神は全世界を支配し、ご自身の目的を遂げられるために、地上のあらゆる資源を用いられるお方である。神はご自身の約束の実現のために、世をも味方につけて、世の富を注ぎ込んでくださる。そして、ご自身の約束に立つものの心を奮い立たせてくださる。すべての根源であられる主に期待したいところであろう。