エズラ記10章

10章 雑婚問題への対応

<要約>

おはようございます。雑婚の禁止、そして異教的な人々の追い出し、と何か厳格な信仰の道が説かれているようでもあるのですが、聖書の信仰はそれほど単純ではありません。人間の複雑な状況の中で、以下に神に生きるか、もっと複雑で愛に満ちたものというべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.価値観の一致

エズラ記最後の書は、雑婚問題への対応の記録で終わっている。1-6章までが帰還から神殿建設完成までの内容とすれば、7-10章は、帰還者の中の律法学者エズラの活動について語られている。しかしそれは雑婚問題への対応が中心となっている(9-10章)。

エズラは律法を教え、イスラエルの民の生活を回復しようとしたのだが、まさに、雑婚は、その中心的な問題になるほど大きな問題であった。もちろん、外国人の伴侶を持つことが悪いというのではない。問題は、信仰の共同体の基本である家族が、どんな価値観でまとまっているか、ということである。考え方はバラバラの単なる同居人という家族の在り方もあろうが、イスラエルは、神の祝福の器となるように選ばれた民である。神の祝福を認めることにおいて一致した思いがなければ、その選びの使命には立ちようがない。同床異夢では、教会は建て上がらない。エズラが行ったことの意味は、単なる考え方の一致をはかることではなく、同じ価値観に基づくビジョンの一致をはかったことである。

2.実際の処置

そこで、エズラは、代表者たちを集めてそのような勇気ある決断と痛みを伴う行動を起こすために、神の前に誓うことを求めた。そしていよいよ行動を開始した。同調しない者はユダヤ人社会から追放される厳しさがあった。第9の月は11-12月にあたり、先の雨の時期で、非常に寒い時期である。この時期にイスラエルの民は、集められ、実際に誰が雑婚をし、追い出されるべき対象となるかを明確にしたのである。祭司が17名(18-22)、レビ人6名(23)、歌うたい1名、門衛3名、他に84名(25-43)、合計111名がその対象となった。

しかしながら実際に追いだしたのだろうか?実際に、教理に従うべきことが正しいとわかっていても、人情的には許さないという問題はある。44節、口語訳は「これらの者は皆異邦の女をめとった者である。彼らはその女たちをその子供と共に離縁した。」と「離縁」という言葉を使って、3節の「追い出しましょう」に呼応する形で意訳している。しかし、ヘブル語の原文は曖昧で、新改訳2017もそうであるが、大方の訳はヘブル語原文どおり意味不明な曖昧な直訳となっている。

「追い出す」ことは、離縁そのものを迫る意味ではないのだろう。実際、神は赦しの神であり、救いの神である。新約聖書においても、パウロが提示する原則は「信者の男子に信者でない妻があり、妻がいっしょにいることを承知している場合は、離婚してはいけません。また、信者でない夫を持つ女は、夫がいっしょにいることを承知している場合は、離婚してはいけません。」(1コリント7:12,13)である。それは、伴侶の救いを第一と考えるところから来ている発想である。つまり追い出すというのは、神を第一とする生活を侵害されないことが大切なのであり、伴侶に対しても、信仰を促し、証し、神に立ち返る生活を期待すべきことを求めていくことに他ならない。

切り捨てることではなく、真の信仰と生活に目覚めさせ、決断を促し、神に立ち返らせることが神のみこころである。万人救済はありえないとしても、万人が救われることを願い、異教の伴侶ルツの告白が導かれる事を願う、それがまず実際になされたことなのだろう。物事には段階がある。まずは、価値の一致とビジョンの一致へと熱心に導く愛の行為こそが求められるのである。

エズラ記8章

<要約>

おはようございます。エズラの神への信頼とその信頼を形にした姿を、教えられるところです。信仰は、告白されると同時に、行動に表されなくてはなりません。そうでなければどうして信仰がある、とわかるでしょう。信仰者には、その信仰を喧伝する必要はないとしても、その生き方の中に、確かに信仰があるとにじみ出てくる歩みがあるはずなのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エズラの祈り

エズラと共に帰還した者たちの名前が記される(1-14節)。しかし彼らの中に祭司はいたが、レビ人を一人も見つけることができなかった(15節)という。つまり、神殿が再建されても、その祭儀を行う人々がいなかった。そこで、エズラは、ふさわしい人を捜しあてようと人を遣わした。急を要することであった。エズラは、「神の恵みの御手が私たちの上にあったので」「レビの子マフリの子孫のうちから思慮深い人」が連れて来られたとする。実に、私たちの必要がある時に、私たちの望みをかなえるのは、神の恵みの御手である。遜り、神を見上げる時に、神がそれにふさわしい人を送ってくださる。教会において人材が不足することはあるだろう。そこでまず、すべてが神にかかっているかのように、神に祈ることが大切であるし、神の恵みなくして、私たちは一歩も進めないという謙虚な心で神の業を求めていくことが大切である。

2.エズラの信頼

またエズラは、すべての守りが神にあるかのように行動した。エズラは道中の無事を神に願い求めている。彼は、「道中の敵から私たちを助ける部隊と騎兵たちを王に求めるのを恥じた」という。なぜ恥じたのか。それは、エズラがアルタクセルクセスも認めた天の神は、人間の手で守られるようなお方ではないことを明らかにしたかったからなのだろう。

エズラが集めたささげ物の総額は約10億円の価値があったという。実際に、イスラエルが戦争で負け、すべてが没収された時には、400億円もの財産が奪われたというのだから、あながちあり得ない話ではない。つまり、彼らは10億円の財産を携えながら、エルサレムへと約1450キロの長旅をしたというわけだ。男性だけで1500名、女子どもも入れると約3000名の集団であったが、それは出エジプトに比べれば、あまりにも少人数であった。彼らは砂漠を避けて、普通の道を通ってパレスチナに北から入ったとされるが、こうした莫大な財産を抱えながらの、少人数による長旅は、決して安全ではなかった。だからネヘミヤの場合は、エルサレム帰還のために護衛隊を求めている(ネヘミヤ2:9)。

しかし、エズラは求めなかった。それは、常々彼が口にしている神への信頼のためであり、まことに生きておられる神を、この機会を通じてだれの目にも証するためであった。エズラは、自分たちが信じる天の神は、生ける神であり、寄り頼む限り、私たちを確かに守り、祝されるお方であることを常々語っていたのである(22節)。エズラは、自分が確信している通りに行動した。信仰は、理解ではなく信頼の問題である。そして神への内的信頼は、日常生活における外的行動において明らかにされる。だから、エズラは、すべてが神にかかっているかのように、断食し、神に願い求めて行動した。

すべてが神にかかっているかのように神に頼り切ったエズラを、神は、一切の危険より救い出してくださった。もし神がまことに生きておられるお方ならば、私たちは神が生きておられることを味わい知らなくてはならない。確かに、私たちが信じる天の神は、目があっても見えず、口があってもきけない、偶像の類ではない。神の力を味わい、自らの苦境が打ち破られることを知らなくてはならない。神に祈り求めよう。 “エズラ記8章” の続きを読む

エズラ記4章

4章 再建の妨害者たち

<要約>

おはようございます。キリスト者の人生には、神の御心と思われることがなぜに、すっきり進んでいかないのか。なぜ躓いてばかりなのか、と思われることがあるものでしょう。今の罪の世にあっては、悪の力も働くというべきでしょう。ですから信仰を失わず、しっかりと主の使命に立って歩むことが大切です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. 妨害活動と、その理由

神が与えてくださる未来の祝福に喜びを覚えたのも束の間、神殿再建工事は、種々の妨害活動によって、中止に追い込まれていく。4章は、キュロス王からダレイオス王時代に渡る、約16年間の嫌がらせと妨害により、結局、神殿再建工事がとん挫してしまった記録である。神のみこころの再建であり、神の導きによるものであるはずなのに、どうしてこのようなことが起こるのか?結局神のみこころではなかったのではないか?そのように思われてしまうことではないか。このような問題をどのように考えたらよいのか。

まずキュロス王時代の話(1-5節)。反対者たちは、北イスラエルがアッシリヤに滅ぼされた際に、他の地域から移住させられた人々の子孫であった。彼らは、初め協力を申し出て来ている(2節)。しかも、彼らはイスラエルの神を受け入れ、いけにえをもささげ、イスラエル人たちに同調しようとしている。しかし、イスラエルの指導者たちはそっけない断り方をした。それは、反対者たちが基本的に多神教的な信仰を持っていたからである。神殿の再建は、単に建物を建てあげる話ではなく、天地創造の唯一まことの神を信じる者の信仰共同体の再建であった。だから、どれほどイスラエルの信仰を理解し、宗教的な寛容さに生きる人々とはいえ、その信仰に立つのでなければ、一緒にはできない、という相談なのである。信仰は価値の共有である。

2.妨害による工事の中断

そこで断られた彼らは、脅しに出た(4節)。暴力を働き、高官を買収し、計画を中断させようとした(5節)。そしてついに、キュロスからダレイオスの時代まで約16年間工事は中断することになる。実に長い月日である。帰還民を志願して、帰って来たものの、不毛な16年が過ぎていく。さぞ無念な思いもあったことだろう。しかし、神が目的とすることが妨げられ続けることはない。神の計画は必ず時至れば、実現する。妨害や困難に弱り果ててはいけないことを私たちは学ばなくてはならない。

3.執拗な、さらなる妨害

6節以降は、クセルクセス王(6節)とアルタクセルクセス王(7-23節)、それぞれ別の時代の妨害が記録されている。しかもこの後の5、6章にはダレイオス王が登場し、7章で再びアルタクセルクセス王の出来事が描かれる。つまり順序を整理すると、

1)キュロスからダレイオス王の時代の出来事(4:1-6、24節、5-6章)

2)クセルクセス王の時代の出来事(4:6)

3)アルタクセルクセスの時代の出来事(4:7-23、7章以降)

となる。アルタクセルクセスはエステルを王妃とした人物であるから、4章の6節と7節の間にエステル記に書かれている内容が起こったことになる。そして、エズラやネヘミヤはアルタクセルクセスの時代の人であるから、7~23節の妨害は、神殿再建ではなく、ネヘミヤ1:3に記録された神殿再建後の城壁や町の再建での妨害について語っている。そのような意味で、4章は記述が前後し入り組んだ形になっていて、かなり年代的に幅のある時代のことを書いていると考えてよい。

4.神は誠実である

ともあれ、敵対者たちは、様々な形でエルサレムの町の再建を妨害した。つまり神のみこころとするエルサレム再建はそんなに容易く進まなかった、ということである。敵対者たちは、アルタクセルクセスに書状を書き送り、武力をもって働きを中止させることにも成功している。何とも口惜しいことであるが、神のみこころとされることが、寄ってたかって潰されることはありうることなのだ。人生には不可解なことは起こりうる。しかし、だからといってそのような試練に弱り果ててはならない。サウルに苦しめられたダビデ王然り、サタンに弄ばれたヨブ然り、アタルヤの陰謀に踏みにじられた、南ユダの時代然りである。ただ、神は私たちに忠実である。罪の世にあって、私たち自身が踏みにじられそうになることはあるものだろう。だが、ペテロのことばを確信とすべきである「身を慎み、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、吼えたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。堅く信仰に立って、この悪魔に対抗しなさい。ご存じのように、世界中で、あなたがたの兄弟たちが同じ苦難を通ってきているのです。(1ペテロ5:8、9)」そして、不可能と思われることがあっても、神がみこころとされることに勇気と信仰をもって取り組み続けたいところだ。

 

<参考年表>

538年 第1回帰還

537年 祭壇を築く.全焼のいけにえ(エズラ3:1-2)

536年 神殿工事着工(エズラ3:8)、16年間中断

520年 神殿工事再開(エズラ4:24,ハガ1:15,2:18)

516/5年  神殿完成(エズラ6:15)

483年  ワシュティ廃位.クセルクセスの3年(エス1:3)

479/8年 エステル、王妃になる

458年  エズラの帰還(エズラ7:1,8-9)

445年  ネヘミヤの帰還(ネヘ2:1,6,11)

エズラ記2章

2章 勇気ある帰還者たち

<要約>

おはようございます。どんな事柄であっても、大変な部分はあるものでしょう。しかし、物事をゼロから立ち上げる、創設の苦労はこれに取り組んでみた者でなければ分からないものがあります。それは、誰も関心を持たず、誰も共有しない孤軍奮闘の部分があるからです。けれども、その苦労を担う人がいなければ、新しい物事も起こらないのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エズラ記の特色

エズラ記は、後の二つの書ネヘミヤ記、エステル記と合わせて、旧約聖書の歴史書を完結させる。これらは捕囚後、神がユダヤ人をどのように取り扱ったのかを明らかにしている。エズラ記、ネヘミヤ記は、捕囚の地からエルサレムとユダヤに帰還した「残りの者」を扱っているが、エステル記は捕囚の地に留まっている者の出来事を描いている。しかもヘブル的資料のみならず、ペルシヤの公式文書等を用いて、イスラエルの民が生き抜いた厳しい時代を描いているのだ。

というのも、エルサレムへの帰還と神殿再建は、主の導きによって始まったはずなのに、速やかに物事は進まず、まるで主の導きはなかったかのように、敵の不当な抗議や妨害によって工事の中断を余儀なくされていく状況があった。神のみこころならば、何でも物事がトントン拍子に進む、と考えやすいところだが、そうではないこともあることのよい例証だろう。神の御心にかなうことだって、うまくいかず、妨げられ、中断させられ、臍を噛むようなこともある。けれども、神のみこころならば、必ずそれは成り立っていく。預言者を通して語られたとおりに、神は、捕囚からの解放と神殿再建を実現されるお方であることを、私たちは、この書を読みながら認めざるを得ない。同時代のハガイ、ゼカリヤ、マラキ等、預言者によって書かれたものも併せ読むならば、実に、神は御心を成し遂げられるお方である、とこれらの書から神に対する信仰を深められることだろう。

2.帰還者名簿の謎

2章は、帰還した者たちの名簿である。公式記録の写しなのだろうが、聖書学者の受け止め方は様々である。全くの虚構であるとする者、ゼルバベルからエズラの時代にかけて実際に帰った者の記録とする者、と様々である。しかしここでは実際の記録として見、少し内容を整理してみよう。

1)ゼルバベルとその仲間(2:1,2)11名。ネヘミヤの記録と比べるとナハマニの名が抜けている(ネヘミヤ7:7)。

2)氏族別の帰還者人数(2:3-20)15,604名。ネヘミヤの記録と比べると、人名の違いはほんのわずかであるが(ネヘミヤ7:7以下)人数は半数以上一致しない)

3)所属別の帰還者人数(2:21-35)8,540名

4)祭司数(2:36-39)4,289名。ダビデ王は祭司を24の組に分けているが(1歴代24:7-18)、帰還した者おリストに出て来るのは、そのうち4組のみである。

5)レビ人の数(2:40-42)341名

6)宮に仕えるしもべたちとソロモンのしもべたちの子孫(2:43-58)392名

8)血統不明の人々(2:59-63)652名

ということで、全集団の合計は、42,360名とされる。しかし、実際に、表記された数値を合計してみると29,829名。興味深いことに、全集団の合計値は、ネヘミヤ7:66、そして外典とされる1エスドラス5:41にも同じ値として出て来るのであるが、それぞれ、ネヘミヤでも31,089人、第一エスドラス書で30,143名と異なっている。名簿にあげられた数は、成人男子だけであるとか、ユダとベニヤミンの部族の者たちだけであるとか、最初に帰還した者の数だけであるなどと説明されるが、どういう数え方をしているのか、実際にはよくわからない。ともあれ、所属別を見ると、だいたいがユダとベニヤミンに属する地名であることがわかる。とすれば、この記録は、1:5にあるユダとベニヤミンの一族のかしらたち、祭司たち、レビ人たち、という順に沿って書かれたものと言えるだろう。しかし、それ以上のことはわからない、わからないものはわからないままに、とりあえず受け止めておく他はない。

3.一歩先を行く者たちの名簿

むしろここで注目すべき、大切な点は、彼らはみな、エルサレムにある主の宮を建てるために上って行こうと立ち上がった者たちである点だ。普通に考えれば、今の安泰な生活を捨てて、新しい人生に飛び込んでいくなど、なかなか考えられないことだろう。だから、当然、ある者たちは残ったのであり、エルサレムへ上っていこうとする者たちを励ますわけである。しかしその飛び込んでいく人々、一歩先を行く人々がいなければ、物事は始まらない。2章の名簿は、その大胆な一歩を踏み出した者たちの記録なのである。

出来上がったものを、新たに運用するのも、それなりに大変な部分はある。しかし、ゼロから一つ一つ積み重ねて建てあげていく働きは、並大抵の努力ではできない。普通に考えれば、理性が邪魔をして、そのように試みる人を励ましはしても、自分から飛び込んでいく気にはならないものだ。だが、エルサレムの再建はそこから始まった。そのような意味では、誰かが道を開かねばならない、一歩先を行かねばならないことがある。「一族のかしらのある者たちは、…進んでささげ物をした」(68節)とあるように、資金にしても手弁当で工面し、自分たちにできることをまず始めることがある。ただ神はその一歩を後押しされるのである(ヘブル11:1)。信仰の第一歩を踏み出し新しい時代を切り開く者でありたい。玉川教会について言えば、30人ほどの人数が集まり、これからが本当の創立時代というべき所に到達した。牧師のビジョンにフォロアーがついてきたゼロ開拓時代も確かにあった。しかし教会は、核ができるまでが大変で、核が出来たところから本格的な出発になる。そのような意味では、玉川教会の歴史は、株分け方式の開拓伝道の出発点に立ったようなものに過ぎない。様々な苦労を前向きに受け止め、神を信頼し、仲間を信頼し、しっかり物事を建て上げるための当たり前の衝突もしのび、乗り越えながら、共に玉川の地に光をもたらす教会を建て上げてまいりたいところだろう。