ネヘミヤ記9章

9章 神の誠実さにひれ伏す

<要約>

おはようございます。捕囚帰還の民の礼拝がいかに形作られたか、彼らは歴代誌を読みながら、自らの礼拝の再興を教えられていったと思いますが、実際に彼らの礼拝は、自らの歴史を振り返り、自分たちに誠実であり続けた神を覚えるところから始まったのです。神の存在とその誠実さを知ることが、真の礼拝の第一歩というべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神を礼拝する

イスラエル人は断食をし、荒布を着け、土をかぶって集まった。自分たちの罪と先祖の咎を告白した。立ったままで昼の四分の一は律法の書を朗読し、次の四分の一は、告白をして、彼らの神、主を礼拝した。

こうして大いなる悔改めが起こった。彼らはイスラエルの歴史を振り返り、そこにあらわされた神の恵みと忍耐と祝福について語っている。しかしなぜ、一日中、聖書を読み、告白し、礼拝をするようなことが起こったのか。それは、60年ぶりに、イスラエルが再興された事実、神が真実を尽くし、自分たちを回復させてくれた事実を認めざるを得なかったためなのだろう。彼らは自分たちに誠実な神の存在に目覚めたのである。

捕囚によって奴隷となった彼らに、祖国エルサレムの城壁や神殿を再建し、主への礼拝を復興する望みはありえなかった。しかしそれが起こった。神は、彼らを滅ぼし尽くさず、あわれみを示された。主は契約と恵みを守り、彼らを再生し、ご自身の真実を示されたのである。神を不真実と思うところに悔改めは起こらない。神を不誠実と思うところに真の礼拝はない。神の誠実さを認めていくところに、礼拝が生じる。

2.神への祈り

6節以降、彼らが具体的にどのように神を認めたのかを教えられる祈りである。彼らは自分たちの歴史の中に、神を認めた。神は創造の神である(6節)。また神は選びの神である(7節)。そして神は契約を結び、約束を果たされる神である(8節)。それは具体的にまず出エジプトという歴史的な出来事を通じて現された(9-23節)。カナンの地への入植は、まさに、神の約束の実現に他ならない。私たちの神は、「契約と恵みを守られる、大いなる、力強い、恐るべき神」(32節)なのである。

だが、しばしば私たちの現実はそうではない。イスラエルの歴史がそうであるように、苦難が襲い掛かれば、私たちは神の約束を信じ続けることができない。一息つく順調な時には、神に背を向けて、神の前に悪事を行ってしまう(28節)。私たちは、不真実であり、自分に都合よく神を利用する者である。

その現実をはっきり認めて、神の前にひれ伏し、自分を無にするのが礼拝である。今彼らは、礼拝を再興し、イスラエルの民としての歩みを再出発しようとしていた。しかしそれが始まりであり、これからが神のあわれみと力を必要とするところであった。だから彼らは祈る。私たちは今、非常な苦しみの中にいる、と。彼らはすでに解放されたわけではない。まだ解放の途上であった。苦しみから解放されるのは、まだ先のことである。だからこそ神のあわれみと力を祈り求めたのでる。

ただ興味深いことに、そこで彼らは、いよいよ具体的に解放されることを祈っているわけではない。むしろ、自らの不義と苦しみを認め、いよいよ神との堅い盟約に生きることを決意している。救いを願っている間は、まだ本当の悔い改めではないのだろう。真の悔い改めはまず、主への従順を決意し、自らの命を主に委ねるのである。

 

 

ネヘミヤ記13章

13章 ネヘミヤの宗教改革

<要約>

おはようございます。ネヘミヤの一連の宗教改革の要点が描かれていきます。城壁を再建し、新しいスタートを切った新しい神の民が心得るべきこと、中心に据えるべきことは、やはり礼拝であり、それをあらゆる観点から守っていくことでした。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.礼拝の民を育てる

城壁再建後、再び行われたネヘミヤの宗教改革が記録される。改革されたものは改革され続けなければならない。まず彼は、アンモン人やモアブ人の混血の者を「イスラエルから取り分けた」。それは、イスラエル人社会からの追放ではなく、神殿礼拝、宗教儀式に参加させなかった、という意味である。イスラエルは、まことの神に仕える民なので、異教の習慣を捨てようとしない者はその宗教儀式から締め出されたのである。

大切な点だろう。礼拝は、やはり神を覚え、神を崇め、ひれ伏すところに本質があるのだから、そのような場となる配慮が必要だ。実際そうであるからこそ、主を真剣に求める人々も、その雰囲気の中で、神を知るに至るのである。もちろん求道者への配慮は必要とは言え、日本の教会は、求道者へ気を使い過ぎて、また人間関係を重んじるために、どうしても、何を目的とした集会なのか、わからなくなることがある。ネヘミヤの人づくりの第一は、礼拝を礼拝として意識し、大事にする人々を育てることであった。

2.神殿を神殿として機能させる

次のトビヤとの絶縁は、大祭司職にある者の不正を正したものである(4-9節)。ネヘミヤは、エルサレムに12年在任した(BC445-433)。その後、ネヘミヤは報告のために一時的に王のもとに戻ったようである。その間、大祭司エルヤシブは、かつて城壁修復工事に反対したアモン人の役人トビヤに神殿の部屋を提供していた。

その部屋は、祭司のための奉納物を保管するためのものであったが、奉納物は集まらず機能せず、空き部屋になっていた。その代わり、金銭的に何かと役立ったトビヤにその空き部屋を自由にさせていたのである。ビジョンのないところには、こうしたいい加減な事柄が起こってしまう。ネヘミヤは怒った。トビヤを追い出してその部屋を聖別し、本来の用途に戻した。

教会にとって本質的なことは礼拝と祈りであり、教会におけるもっとも重要な奉仕は、礼拝と祈り会に参加すること、そして献げること、それが中心的なものであろう。教会を教会として考え、教会の建物をその用途に応じて正しく用いていく人を育てる、それが第二のポイントである。

3.奉仕者が尊重される

さらにネヘミヤは、レビ人の処遇を改善した(10-15節)。ネヘミヤ不在中に起こったエルヤシブなど指導者層の妥協、不熱心は、イスラエルの民にも蔓延し、イスラエルの民は、律法に定められた10分の1の献げものを献げなくなっていた。トビヤの事件は、こうした絡みで起こったものなのだろう。つまり安易にお金持ちに財政援助を求め、教えるべきことを教えなかった大祭司エルヤシブの姿勢は、他のレビ人にも影響したのだ。奉仕によって生計が維持できなくなったレビ人は、農耕によって自活しようとし、神殿奉仕を放棄していたのである。ネヘミヤは、ここでも修正を試みている。ネヘミヤの厳しい態度は、レビ人を復帰させ、ユダの人々に10分の1の献げものを献げさせる効果をもたらした。注目すべきは、こうしたネヘミヤの姿勢が、彼の神に対する愛から生じている点である。彼はただ律法的であったわけではない。神への愛という本質的な事柄を形にしようとしたのである。

確かに、礼拝によって信徒は恩恵を受けるわけなのだから、その恵みにしっかり応答する。愛は痛みをもって経験されるというように、ちゃんと献げるべき分を献げ、教会が機能するように支えていく信徒を養う、これがネヘミヤの人づくりの第三のポイントであった。

4.神の安息を喜ぶ

第4にネヘミヤは安息日の改革をはかっている(15-22)。農業従事者も、商人も運搬者も、外国人もユダヤ人も、安息日の規定を全く無視した生活を送っていた(15-16節)。10分の1の献金といい、安息日を守ることといい、今日の教会には示唆的である。

どんなに教会が教会らしい建物を持ち、人が集まる活況を呈していても、大切にすべきことがいい加減になっているとしたら、そこは正されなければならない。イスラエルの国が滅びたのはもともと安息日をないがしろにした結果である、とネヘミヤは思い起こさせている(18節)。富を求め、豊かさに生きることは、必ずしも悪というわけではない。大事なことは、休むべき時に休む、そして、自分を祝福してくださっている神を喜ぶ、そのための日を聖別する心がけをもった信徒として成長することである。大切にすべきことがいい加減になっているとしたら、そこは正されなければならない。イスラエルの国が滅びたのはもともと安息日をないがしろにした結果である、とネヘミヤは歴史的教訓を思い起こさせているのだ(18節)。礼拝は、まさにクリスチャン人生の要である。それは神を認め、神の御業を想起し、神への信頼と献身を新たにする時だからだ。神を心から愛することの証だからである。

5.慎重な選択を促す

最後にネヘミヤは雑婚を禁じた(23-29)。結婚の問題は、いつの時代にも、難しい問題を起こす。信仰は、一生涯の共同生活においては、根本的問題である。パウロが若い青年が身につける価値の第1として思慮深さをあげたのは理由なきことではない(テトス2:6)。よく考え抜いて結婚もし、就職もする、それはよくよく、教えられなければならない。浅はかな選択が結果、余計な苦労を一生しょい込む結果にもなる。真に霊的な識別力を持ち、神に祝福された人生を歩んでいきたいものである。

 

 

 

ネヘミヤ記12章

12章 奉献式

<要約>

おはようございます。カタカナ語が羅列され、時代が錯綜し、いささか、読みにくい部分ですが、まあ、忍耐を持って読み進みたいところですね。かつては、幕屋の荷物運びであったレビ人の役割が、歌い手と門衛となり、礼拝においていよいよ重要な役割を果たしていく、そんなところです。改めて、私たちの生活の中心である礼拝を考えたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.レビ人と祭司の記録

エルサレムの城壁再建後の奉献式を記録する前に、その式において重要な役割を演じた大祭司とレビ人たちのリストが記録されている。最初に、バビロンから帰還した祭司(1-7節)やレビ人の一族(8-9節)のリスト。これは、エズラ2:36-39に符合するというが、かなり内容は異なっている。流れとしては、ゼルバベル時代(1-9節)、エホヤキム時代(12-21節)、エルヤシブ時代(22-23節)、ネヘミヤ・エズラ時代(24、25節)とリストが続いている。

22節は、新改訳の2017では、第三版と訳が異なっている。以前の新改訳第三版では、「エルヤシブの時代に、レビ人エホヤダ、ヨハナン、ヤドアは、一族のかしらとして、またペルシヤ人ダリヨスの治世に祭司として登録された」となっていたが、2017では、「エルヤシブ、エホヤダ、ヨハナン、ヤドアの時代にレビ人は一族のかしらとして登録され、また、祭司はペルシア人ダレイオスの治世に登録された」となっている。「時代」がかかるのは、エルヤシブのみか、エルヤシブからヤドアにまでかかるのか。そして誰が、どのように登録されたのか、が問題だ。第三版では「エルヤシブの時代」、2017では、「エルヤシブからヤドアの時代」となり、また第三版で「エルヤシブの時代(BC445年)に一族のかしらとして登録された者が、祭司としても登録された」とあったものが2017では「レビ人と祭司、それぞれの時代に登録された」となる。直訳すれば、「レビ人は、エルヤシブ、エホヤダ、ヨハナン、ヤドアの時代に、一族のかしらとして記録され、祭司は、ペルシヤ人ダリヨスの時代までである」、となるのではないか。つまり、ここで言いたいことは、ネヘミヤ・エズラの時代の前の状態のことであり、あの時代のことは年代記にしるされており(23節)、今の時代は、24節以降に記されたとおり、つまりハシャブヤ、シェレベヤおよびカデミエルの子ヨシュアである、ということなのだろう。そして彼らの役割は、賛美と門衛だったのであり、賛美のための要員が探し求められた、ということになる。

2.奉献式

31節より、7章5節以降途絶えていた、ネヘミヤが自らを一人称で記録する書き方が復活している。ネヘミヤの目をとおしてみた城壁の奉献式の様子(27-43節)が記録される。奏楽者、合唱者が、エルサレム周辺の町々から集められた。おそらく、集められたレビ人は神殿の奉仕だけでは生計維持が困難となり、エルサレムの近郊に住んで農耕をするようになっていたのであろう。奉献式に先立って、きよめの儀式が行われている。身や衣服を洗い、罪のためのいけにえをささげ、断食をした。実際の奉献式は、二つの聖歌隊を編成し、城壁の上を、感謝の歌を歌いながら右回りと左回り、つまりそれぞれに反対方向に回ることで、初められた。糞の門(31節)に向かう学者エズラに率いられた聖歌隊は右回りに行進して水の門まで行き、もう一方はネヘミヤが参加した聖歌隊で、おそらく谷の門から左回りに進んだ。そして、それぞれが宮に到達すると、奉献式は最高潮に達し、その喜びの声ははるか遠くまで聞こえたとする。感極まったこの喜びは、神が与えてくださったものであると、ネヘミヤは強調する(43節)。それは、ちょうど、ゼルバベルの神殿の基礎が据えられたのと同じであった(エズラ3:13)。

こうして神に与えられた喜びに浸った時に、彼らは、自分たちにとって、神殿と礼拝がいかに重要であるかを再認識した。そればかりか彼らは祭司とレビ人の職務の重要性を認識して、その姿を喜んだ。そして彼らがその職務に専念できるように、必要に応じたという(44節)。今日、思い起こされるべきことがここにある。教会と礼拝の重要さは、教会と礼拝を失った者でなければわからない。牧師の職務の重要さは、牧会の恵みを失った者でなければわからない。神殿を破壊され、捕囚の長き時を過ごした彼らが、再度認識したことは、当たり前のなかにあった重要さなのである。

ネヘミヤ記11章

11章 神の約束とその誠実さ

<要約>

おはようございます。今日の箇所は、城壁再建後、起こった霊的な大いなる覚醒について挿入的な記録の後、再び、城壁再建後の町の動きを語っているものです。彼らは具体的にエルサレムに人を移住させ、エルサレムの町を活気づけようとしました。しかし、彼らのそうした動きを起こした神の約束の誠実さにこそ、教えられるものがあります。神は誠実なお方、主の恵みを心から仰ぎたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エルサレム移住

11章は、文脈から言って7章4節につながるものであるとされる。つまり城壁や城門を修復した後、捕囚から帰国した者の出所を明らかにし(7:6-72)、律法の学びによって人心を刷新し(8-10章)、いよいよ、エルサレムの居住者を定め、町の再興を目指すことになったというわけである。エルサレムに住む者が決定されていく。

当時の首都エルサレムは、神殿があって宗教的な意義が大きいとしても、敵対者の攻撃による危険や、生活の手段となる畑が遠いなど不便で、住みにくい町であった。だから上層階級は城壁建設時、あるいはそれ以前からエルサレムに住んでいたが、一般の民は経済的な理由から農耕地のある町々を選んで住んでいた。しかし城壁再建後は、首都防備の必要もあり、住民増加をはかって、くじによる移住政策がとられたのである。そういうわけで、民は、犠牲の多いこの移住に、自発的に応じる者たちを祝福した。

3節以降は、帰還してエルサレムに住んだ人々の名簿となっている。多少の相違はあるが、1歴代誌9:2-21の名簿とほとんど同じである。ユダ族の指導者たち(4-6節)、ベニヤミン族の指導者たち(7-9節)、祭司たち(10-14節)、レビ人(15-18節)、神殿に仕える者(19-24節)という順にその名が記されている。神殿に仕える者は、オフェルに住んだ。それがどこであったのかはよくわかっていない。しかし、エルサレム内の神殿と旧ダビデ市街との間に位置したと考えられている。それが正しければ、彼らは神殿での務めのために、予めそれにふさわしい場所を選んで居住したことになる。合計約三千名の者が移住した。25節以降は、エルサレム以外の町々の居住地のリストになる。ヨシュア記15:21-62の地名や、エズラ2章、ネヘミヤ3章のリストと比較すれば、帰還民の居住状況の変遷を知ることができる。

2.神の約束に対する誠実さ

しかしそれにしても一体誰が、このように町を再興するようになると予測していたであろうか。彼らが、捕囚から連れ戻され、町を再興することは、遠い昔からすでに預言されていたことであるが、実際にそのようなことが起こるなど考えられもしないことだったろう。事実、どれほど多くの文明が、歴史上戦争に敗れて滅び、二度と回復することもないままになっていることか。しかしユダヤ人の国は、戦争に敗れて、他国への強制移住、雑婚、捕囚の苦難を通りぬけながらも、新たに再興されるのである。

このような歴史を示しながら、聖書が語ろうとしているのは、神の約束に対する誠実さであり、熱心さである。すべて神が約束されて語られたことは必ず成就する。イエスの十字架による贖いもそうである。イエスの復活のいのちによる私たちの新生もそうである。となれば、まだ成就していないイエスの再臨にも注意せねばならない、ことになる。

ともあれ、歴史は動かぬ証拠を私たちに突き付けて来る。その証拠を前に、私たちは、神への信頼を新たにし、進んで困難な町エルサレムに住むことを祝福として受け止めていく必要がある。困難な町エルサレムを信仰と喜びをもって受け止めていきたいものである。信仰を持って将来を臨みつつ、移住すべき町エルサレムに出ていきたい。先を見通された神の約束と祝福の中にこそ、歩ませていただくこととしよう。

ネヘミヤ記10章

10章 正しい神との関係

<要約>

おはようございます。国家が再生され、そのスタートとして礼拝が行われ、続くのが、主と盟約を結ぶということであり、その際に、イスラエルの民が決断したことが重要です。彼らの決断は、神の民としての自由を確保するものでした。主の与えてくださった自由に生きる、そこに主の祝福もあるのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.宗教的純粋性を保つ

国家の再興にあたり、まずイスラエル人が始めたことは、主との正しい関係を持つ盟約を堅く結ぶことであった。彼らは具体的に署名をした。また、実際に律法に従って歩む生活を始めるにあたり三つのことを決断した。

  • 宗教的な純粋性を保つ(異宗教の人とは結婚をしない)(30節)。
  • 安息日を守る(安息日の売り買いをせず、安息年の規定を守る)(31節)
  • ささげ物を携えて礼拝を守る(シェケルの三分の一、初物、十分の一)(32-29節)

宗教的な純粋性を保つことは、彼らが、イスラエルの神を中心とするにあたり、まず最優先されるべきことであった。実際、結婚は生涯にわたる連帯であるから、異なる宗教を持ちながらその関係を維持するのは大変なことである。聖書は初めから正解を出してくるので、素直に従えない思いになることも多いだろうが、やはり、それは知恵ある神のことばであって、従うべきものである。ちなみに、若い時は、先を見通すことが難しく、後でこの結婚は失敗の何物でもないと思わされることもあるだろう。しかし、そこで、人生を諦めて、自ら落伍者になる必要はない。周囲の人がそのように求めても、聖書は悔い改めを要求している。神は哀れみ深く、見捨てられることはない。確かに、異宗教の伴侶を持ち、信仰の純粋性を保つことが難しい、と感じることがあっても、その現実を受け止めながら、神の権威の元に遜り、神が自分を新しく導いてくださることを期待すべきである。

2.安息日を守る

また安息日を守ること、信仰生活においては「しない」消極面だけではなく「する」積極面も大事なのだ。日本人がクリスチャンになって最も大きく変化を体験することは、毎週の礼拝に出席することである。信仰を持つ前は、日曜日と言えば、自分にとって有意義な時間を自分で決めて、自分の思うように過ごすことを考えたはずである。しかし、信仰を持つと、日曜日の在り方を決めるのは、信仰の主、神になる。神の期待に沿うライフスタイルを考えるようになる。こうして日曜日は、教会に集い神の過去の恵み深い御業を想起し、感謝し、信仰を強め、献身を新たにする日となっていく。こうした神を中心とした生活リズムは、人間の頑張りで作り出せるものではない。神との正しい関係が出来ていればこそ、生み出され形作られていくものである。

3.ささげていく

後半は、ほとんどがささげものについての記述である。そこにはもう一つの意味がある。つまり、彼らはペルシヤ帝国から帰還し、自分たちの国を再興していくにあたり、経済的な自立をまず願ったのである。彼らはペルシヤ帝国の支配を受けていたのだから、いつまでもその経済的な支援を期待することができた。しかし、そうはしなかった。むしろ、精神的のみならず、経済的にも自立した歩みをすることを願い、自らささげあった。

彼らの献げ物は、神殿の用、ことに祭司の生活のために用いられたようだが、興味深いことは、門衛、歌うたいを支えるために用いられたことである。彼らの神殿の運営は、ボランティアではなく、有償のスタッフによって行われた、ということだ。教会の経済力は、教会の働きを充実させる人を支えるものであることは理解しておく必要があるだろう。

そして教会財政に無関心であってはならない。教会を構成するメンバーの一人一人が教会の必要を理解し、教会を支えていくことを考えたい。日本の国家も、日本人一人一人が支えていくものだろう。税金の使われ方ばかりに神経を尖らせず、日本の将来を考えて、日本のミッションを支えていく国民意識が養われなくてはならないのと同じである。まず自分が、初物を捧げる。十分の一をささげる。信仰者としての習慣を実践していくことなのだ。