エステル記10章

10章 神に未来を託す

<要約>

おはようございます。今日で歴史書を読み終わることになります。明日からはジャンルとしては、知恵文学、いよいよヨブ、詩篇、箴言、伝道者の書、雅歌と読み進んでいきます。けれども、メッセージは、共通しています。神を認め、神を信頼するように、聖書は私たちを励まし続けます。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.クセルクセスの政策

クセルクセスは、苦役を課した。普通それは、強制労働に駆り出すことを意味したが、この時代には課税の意味が含まれている。彼の影響は、地中海沿岸諸島にまで及んだ。しかし、その力は、モルデカイの力に拠るのだというのが、暗に示されている。ユダヤ人を滅亡から救出したモルデカイの功績をたたえて、エステル記は閉じられている。

しかしながら、当時一体誰がこのような事態を予測しえたであろうか。ハマンの手によって、ユダヤ人根絶の法令が発布された際には、誰も、前途に望みを得ることができなかったはずである。事実、そのような状況にあって、神の公正を願い、神の真実を期待するのは、難しい。アウシュビッツの惨事を逃れたコーリー・テン・ブームという人は、「私たちが知っている神に、知らない未来を託することを恐れてはならない」と語ったというが、私たちに最善をなしてくださる神のみこころに信頼し、そのことばに立ち続けることはしばしば困難である。しかしそれが、やがて真の祝福になることを知らなければならない。

神は、闇から光へ、死から命へと私たちを導かれる。悲しみを喜びに変えてくださる。確かに、神のなさることは、いつでもエステル記に書かれるようなハッピーエンドで終わることはない。ヘブルの著者が語るように、この地上においては、祝福と思われるものを何も得ずに終わってしまうこともある(ヘブル11:39)。しかしそれでも神は、「さらにすぐれたものをあらかじめ用意しておられた」(ヘブル11:40)とされる。つまり、エステル記は、ハッピーエンドでまとめられたが、たとえそうではなくても、さらに主の物語は続くのである。失敗だ、終わりだと思う先に、神はさらにストーリーを展開してくださる。

2.主に信頼し続ける

イエスの十字架もそうであった。イエスの十字架を目の当たりに、この人は「まことに神の子であった」と思うところがあっても、すべては終わってしまった、と誰もが考えたことだろう。その三日後に、イエスが死の門を打ち破り、復活されるとは誰も考えなかった。しかし神が用意されるシナリオは、誰の心にも思い浮かばないことである。

イエスを復活させた神の力が、私たちの人生に働くのだ、そのような信仰を持つことが大切だ。そのように、神を認めるところがあればこそ、「自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語る」ことも起こりうる。幸福は、福利を意味する。また平和は、あらゆる種類の繁栄を意味する。健康、安全、物質的な満たし、よい人間関係である。こうしたことに関心を持ち、力を注ぐ指導者であればこそ、敬愛される結果にもなる。

本来人間は、自己中心な者であろう。権力につけば、自分の立場を有利にすることを考えてしまうものだ。サムエル記、列王記に描かれたイスラエルの王の記録は、それをよく例証している。そしてそのような王の統治による不本意な時代が続くことも、よくありがちなことである。しかし、必ず新しい出エジプトもある。私たちの思いを超える業をなしてくださる、主を認め、主に期待する歩みをさせていただこう。

エステル記9章

9章 神の御業

<要約>

おはようございます。エステル記の結論的な部分に入りました。神はアブラハムとの契約を守り、ユダヤ人を祝福されました。この契約は、キリストにおいて私たちのものともなっている、このことを私たちは信じなくてはなりません。わたしたちもまた祝福となりなさい、と言われているのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.契約に忠実である神

「第十二の月、すなわちアダルの月の十三日、この日に、ユダヤ人の敵がユダヤ人を征服しようと望んでいたまさにその日に、逆に、ユダヤ人のほうが自分たちを憎む者たちを征服することとなった。」(1節)。もし、ハマンの計画が実現していたら、ユダヤ民族はこの時絶滅していたことだろう。しかし、そうはならなかった。彼らは、捕囚の地にあって、生き延びていくのみならず、ますます勢力を伸ばすモルデカイとともに、虐殺する者に抵抗し、滅ぼす、逆転勝利をつかんでいく。それは、神がアブラハムと結んだ契約について、どこまでも忠実に守られてきたことを示すものなのだろう。

神がアブラハムと結ばれた契約は(創世記17:7)は、実際、アブラハムのみならず、アブラハムの後の子孫をも視野に入れ祝福する契約であった。後にイスラエルは神を捨て、自分たちの国を失い、奴隷とされる悲惨な運命を辿るのであるが、神ご自身はこの契約を反故にすることはなさらず、どこまでも忠実に守ろうとするのである。

パウロは、「キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖いだしてくださいました。・・・このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです」(ガラテヤ3:14)。と語っている。私たちの人生には、横暴なハマンが現れることがある。無思慮で自分の栄誉を一心に追求するだけの権力下に放置されたような、希望を持つことのできない状況に置かれたりすることがある。しかし、たとえそうであっても、希望を失ってはならない。神はアブラハムに約束されたからであり、その約束はキリストによって私たちのものだからである。そして神は言う。「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となりなさい。わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。地のすべての部族は、あなたによって祝福される」(創世記12:2,3)。

2.神の働きを認める

不思議なことに、神の御手が動くことにただ驚きをもって見守る時がある。神が御心としているのかもしれないと思われることが、形をなしていくことがある。ユダヤ人にとってそれは出エジプトに次ぐ、主の解放の時であった。過ぎ越しの祭りといい、プリムの祭りといい、まさに神の業としての歴史がある。戦利品に手がかけられなかったのは、これが神の御手によるものであったことが認められたからだろう。彼らは、これを機に、くじ(プル)の名にちなんでプリムという祭りを制定した。それは神のしてくださったことを想起し、忘れないようにするための工夫であり、ユダヤ人の歴史にはそのような工夫がたくさんある。彼らと同様に、カレンダーに神の奇跡を克明に記録し、神の御業を思いだす時を設けることが大切だろう。神の御手が動かされたことを祝う時を設けるのである。神は生きておられる。神は私たちを助けてくださる。今日も、生きて働かれる神を覚えて歩ませていただこう。

 

エステル記8章

8章 モルデカイの勝利

<要約>

おはようございます。法令が取り消されずに、新たな事態を生み出す、これは神の知恵でしょう。王の対応は、知恵ある対応でありながら、これもまた主に与えられた知恵であったと言えます。主は人を備えられ、そして知恵を授けられ、全てを導かれるというべきなのでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.法令を無効にした法令

王はエステルにハマンの家を与え、彼女はモルデカイにハマンの家の管理を任せた。ハマンは死に、モルデカイは総理大臣となった。決定的な時は「その夜、王は眠れなかった」(6:1)から始まった。その時を挟んで、エステル記は、非常に対照的な言い回しをもって、大どんでん返しの結末へと書き進められている。つまり、1章において事の起こりと背景、2、3章において王による第一の布告、そして4,5章とハマンとモルデカイの衝突を取り上げユダヤ人の危機を描き、6:1の決定的な時を折り返し地点とし、6,7章ではハマンに対するモルデカイの勝利、8、9章では王による第二の布告、そして10章での結びとなっている。

非常によく構成された流れである。だが、その転機は、6章の王の決断というよりは、4章のエステルの断食と祈りにあると見るべきなのだろう。私たちの手には負えない、人間社会の動きを転換させるのは、まさに神である。ここに注意しなくてはいけない。ユダヤ人が奇跡的に守られたこの物語を通して、私たちが学ぶべきことは、祈りにおいて神が働くことであり、まさにコントロール不能の状況の中で、私たちに対する最善が神によって導かれることである。

こうしてエステルは、神に用いられて自らの命を助け、ユダヤ人の命をも助けることになった。ただ、王の命令が取り消されることはなかった。王が承認した正式文書をそんなに簡単に取り消すことはできなかったのである。エステルに懇願された王は、そのジレンマに対して、新しい法令をもって対処した。ユダヤ人を攻撃する者に対して、ユダヤ人にも同等の権利「根絶やしにし、殺害し、滅ぼし、かすめ奪え」を与えたのである。となればもはやユダヤ人に対する攻撃の法令はあって無きも同然であった。なお、この命令は非人道的にも思えるが、既に述べたように、よく構成されたエステル記の表現法を踏まえて理解すべきものであり(3:13節に対する8:11節)、法令が取り消されずにして、ユダヤ人が回復された点が重要である。

そしてここは、神が罪人を救いに導かれた十字架の恵みを覚えさせられるところである。神は罪人を罰する律法を取り消すことはできなかった。神は義しいことを行う方であり、その決定は永遠である。しかし神は、イエスを十字架によって罰する、新たな対応をもってその律法の要求を無効にされた。法令は取り消されずにして、罪人は救われたのである。

2.急いで伝えられた法令

また、もう一つの点に注目させられる。救いに与った私たちは、王の急使に重ね合わせられる。私たちが主の救いに与ることは、「光と、喜びと、楽しみと、栄誉」(16節)に与ることに他ならない。それは、「悲しみと、断食と、泣き声と、嘆き」(4:3)の時に対比される。そして、神の命令によってせきたてられ、急いで出ていく、急使は、私たちそのものである。同じヘブル語は、戦車用の早馬(ミカ1:13)もしくは、ソロモンが特別に輸入した駿馬の「早馬」(1列王4:28)にも使われている。キリストの十字架の恵みによって、今、光と喜びと楽しみと栄誉にあるとしたら、その恵みは急いで語り伝えなくてはならない。主の救いは祝福なのだから。

 

エステル記6章

6章 神による大どんでん返し

<要約>

おはようございます。不思議なものです。物事は、人の能力や策略によらず、ただ神の目に見えざる手による、ということを教えられるところでしょう。どんなに策略を立てても、神がこれを阻止することがある、私たちの希望ではないでしょうか。目に見える現実の世界だけに目がへばりついていたら、きっとそこには希望はありません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.眠れなかった王

その夜王は眠れなかった。しかし、これもまた神の摂理によるものであった。ヘブル語の直訳は、「眠りが逃げた」であり、ギリシア語のエステル記(外典)では、「主は王から眠りを奪った」となっている。私たちの日常的な出来事一つ一つが、神の支配にあることを伝えている。その晩王は、もはや無理に寝ようとはせず、自分の治世の記録を確認することにした。「記録の書」は国家に貢献した者を記録するものである。王はその記録を読ませ、耳を傾けながら、自分のいのちを救ったモルデカイにふさわしい恩賞を与えていなかった重大な不手際に気付かせられる。即刻、王は何かすべきである、と考えていたところに、ハマンが現れた。

ハマンはおそらく、一日で高さ25メートルにもおよぶ柱を建てるために、それこそ大変な突貫工事を指示していたのであろう。彼もまた自ら眠ることをあきらめ、すべての段取りを整え、王との面会を誰よりも先に求めていた。ハマンは、王の前に通されるが、全く考えもつかなかった相談を受けるはめになった。王が栄誉を与えたい者にはどうしたらよいか、という。能天気のハマンは、それは自分のことであると考えた。そこで、自分が願うとおりのこと、つまり王と同じ地位に自分があることを印象づける提案をした。多くのものを所有していたハマンにとっては、名誉が必要なことであった。ただそれは大変な勘違いであった。彼はまさに手をかけて殺そうとしていた人物に、王の栄誉を与えるように命じられるのである。

2.神の逆転

王は二人の衝突を知らなかったようである。しかし町の広場にいた庶民には、これまでの経緯からも、面目丸つぶれのハマンの様子が見て取れたことだろう。モルデカイも、王も、ハマンの悪を正そうとしたわけではなかった。しかし、ハマンが何かに退けられたのは確かなのである。

ただ、ハマンが犯した間違いは、誰にでもありうる。多くの失敗は、高慢さの結果である。イエスは、「自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」(ルカ17:10)と教えられた。私たちは、神に造られた、神のしもべに過ぎない。全ての栄誉は神に帰せられるものである。私たちは自らの働きが事の大小を生み出したと思いやすいものであるが、その働きを祝されるのも神である。実際は、神のあわれみによってただ栄誉ある機会を与えられたに過ぎない。だから栄誉は神に帰さなくてはならない。

モルデカイは、王の栄誉を受けると、自分の持ち場へと戻って行った。実にクールである。一方、ハマンの方は完全に自尊心を傷つけられて敗北感に満たされている。しかも、彼の妻も、彼の助言者たちも、極めて冷たい。まるで自分の夫でも、仲間でもないかのような言い方である。ハマンは、多くの家族を誇ったが、それは単なる数の問題であった。彼を支え、共に苦しむ家族ではなかったのである。何が幸せで何が不幸であるのか、また物事を正しく導く神の摂理の確かさを覚えて歩ませていただきたいものである。

エステル記5章

5章 ハマンの奸計

<要約>

おはようございます。神の時を待つというのは、自然な営みであり、現代人が忘れた事の一つなのかもしれません。物事がうまく動く行かない時にこそ、あるいは物事がうまく行く時にこそ、私たちは神の時があることを覚えたいものでしょう。そして人間的にではなく、神的に物事が進んでいくことを願う必要があるのです。神のただしさこそが、私たちの業に表されますように。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.エステルの良識

エステルは、王妃の衣装を着て、王宮の内庭に立った。三日間断食と祈りに専念していた後のことである。エステルも灰をかぶり、荒布をまとっていたに違いないが、エステルはその悲しみの最中から立ち上がり、美しい王妃の衣装を身にまとった。それは金刺繍がふんだんに施され、白と紫の着物を上にまとったもので、これまた豪華な紫の衣装を身にまとった王の前に出るにはふさわしいものであった。ともあれ、断食と祈りにすがりつつも、そのやつれと悲しみを表に出さない、エステルの良識に、エステルが神に用いられた理由もあるのだろう。

実際エステルは王の許可なく、王の前に出るという法を犯していた。それは、王の怒りに触れるか、それとも王の好意にあずかるか二つに一つのきわどい行為であった。果たして結果はいかに?王は、エステルに好意を向けた。エステルが妻の立場にあるとすれば当然のことのようにも思われるが、先のワシュティの問題からすれば、これも神の恵みによって守り導かれたことと考えるべきなのだろう。

さらにエステルは、もう一つの良識を示している。「王国の半分でも、あなたにやれるのだが」というのは、ある意味で、社交辞令のようなものであったが、王がエステルに心を開いていることに間違いはなかった。ただ、エステルはそのような機会を与えられても、直ちに自分の願いを口に出そうとせず、むしろ、最良の時を見極めようとした。ハマンの身に起こった顛末を知る読者からすれば、この行為は図らずとも、物語をいよいよ盛り上げるものとなっているのであるが、エステルはただ神の時を待ったのである。そして神が働かれた。王はその夜眠れなかった。

2.ハマンの奸計

一方、ハマンは王と共にエステルが設けた宴会に招かれたので、上機嫌で家に帰って行った。しかしその途上、ハマンは、自分に対して頑なに敬意を示そうとしないモルデカイに出くわし、突如憤りに満たされる。彼はとりあえず我慢して家に帰り、家の者を集め、モルデカイのことで毒づいた。ハマンは、自分の輝かしい富、大家族であるという勢い、そして王が自分を最高位に昇進させてくれたという地位を誇った。さらに王妃が設けた宴会に招かれたことに、気分をいよいよ高揚させている。しかし、その気分も、ただ一人の人物のために、かき消されている(13節)。自分の力に自惚れ、自分の力を認めない者に苦々しい思いを抱く、ハマンはごく普通の人間である。ハマンは、自分の心が気に入る意見に耳を傾けた。これもまた神を認めない者の行動である。妻のゼレシュそして友人が、モルデカイをつるし首にするように進言した。柱の高さは、50キュビト、約25メートルである。それは、王宮の宴会の席からも眺められる突拍子もない高さであった。ハマンの気に入る進言であった。モルデカイを見せしめにし、いよいよ自分の力を誇示する機会である。だが、自分の思い通りに物事を動かせる時にこそ罠がある。特に神と神の時を認めない時には、と教えられるところだろう。