箴言21章

21章 主の知恵に生きる

おはようございます。箴言改めて読んでみると、これは、単なる人間関係の知恵、実利的な知恵を語っているものではなく、主を恐れるように語り掛けてくるところがあるものですね。一節一節味わいながら、その根底に流れている思想を捉えるようにしたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神が中心である

20章で学んだことは、この世では神が中心である現実をよく理解せよ、ということだった。ならば、一国の権力者と雖も、その運命は主の心の内である(1節)。それを知らずに、人は、自分の人生を計画する。大事なことは、その時に、どんな動機づけを持って自分の人生を組み立てようとしているかである(2節)。最終的に人間らしく生きるということは、正しい生き方をする、ということに他ならない(3節)。人間にとって品格が全てなのである。高ぶりと罪、これが人間の現実であっても、人間は、神にあって良き者として造られた存在である(4節)。人間としての誇りを持って行きたいところだろう。だから勤勉さは、人間らしさの証である(5節)。悪いことをしてお金を儲けようとしないことだ(6節)。そんなことをしていれば、終いには自分で自分の首を絞めることになる(7節)。人徳は、その人の生き方にはっきりしてくるものだ(8節)。争い好きな女とは距離を置け(9節)。悪人も同じだ。傷つけられないようにせよ(10節)。罰せられる前に、悪いことは悪いと見抜く賢さを持て(11節)。神様はちゃんと悪い者を見抜いておられる(12節)。たとえば貧しい人を助けない者。こういう人は自分が困った時にも助けてもらえない(13節、マタイ18:23-24)。14節、「ひそかな贈り物」は、人の仲介を経て差し出されるもの、「懐の賄賂」は、直接的に渡されるもの、を意味する。いずれにせよ、贈り物は人を買収する。だが、正しさを追求されるなら、正しい人には朗報であるが、悪人にとっては訃報である(15節)。賢明さを失わないことだ(16節)。悪人の道は死に至る道だから。刹那的で、一時の享楽を求めた生き方は、神の期待するところではない(17節)。最後に勝つのは、悪人ではなく正しい人である(18節)。賢い結婚の選択をせよ。いつも機嫌が悪く、不平たらたらの妻、そんな妻と一緒に人生を歩む羽目になるよりは、世捨て人になった方がましだから(19節)。将来をよく考えて人生を歩むことだ。アリとキリギリスに学べ。浪費癖はつけないことだ(20節)。むしろ、正しさと愛の浪費家になれ。そのような人は、幸せな長寿と、正しい評価と尊敬を得るようになるだろう(21節)。神がこの世を支配しているならば当然の結末である。大切なのは、神を恐れる知恵である。主の軍の将に下ったヨシュアが、エリコを征服したように、優れた知恵ではなく主に与えられる知恵によって人は窮状を打開する(22節)。軽率な言葉、短気、無思慮(23節)、ほら吹き(24節)、怠け(25節)、すべて人間の品格を下げるものである。わざとらしい見かけの宗教的敬虔さ(27節)、偽りの証言それは、神が忌み嫌うものである。神が中心であることを弁えて歩むことだ(29節)。主によってアヒトフェルの優れた知恵が退けられたように(2サムエル17:14)、キャスティングボードを握るのは、主であり、主が与えられた知恵に生きることが決定的である(30、31節)。

箴言20章

20章 物事をよく理解する

おはようございます。新型コロナで色々な不安が重なる、このような時にこそ、聖書を読み、物事をよく理解する力を与えられ、余計な心配をせず、神に信頼する盤石な心を持ちたいものです。聖書の神は誠実なお方で、間違いはありません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.物事をよく理解する

箴言はなかなかまとまりをつけて読むことが難しい。一説一節を読み味わう他はない、と思うところがある。ただ、15節、「知識の唇こそ宝の器」つまり、物事をよく理解し、賢く語る力が、一つの視点を与えてくれる。1節、酒に飲まれて失敗する人は、やはり物事をよく理解する力のない人だろう。権力者を怒らせる者(2節)、争い好きな人(3節)、先を見越して収穫時に慌てる者(4節)も同じである

よく物事を理解する人というのは、人の心の中にあることを上手に表現するものである。「そうそう、それを言いたかった」と語らせるものだ(5節)。人を簡単に信用することもない。人は誰でも冷たい人とは言われたくないものだ。だから、親切な人、心ある人のふりをする。真実な親切、信頼など滅多にないものが普通だろう(6節)。だがやはり誠実さが一番だ。誠実に生きることに優るものはない(7節)。というのも、裁判官が、徹底的に物事を調べて真実と嘘を見分けるように(8節)、神様はあらゆるごまかしや嘘を見抜いておられる(10節)。この世の中は、実際のところ、神の正義を原理として動いているのであることを理解することだ。善と悪が戦えば悪が勝つというものではない。目や耳をつけてくれた、神がいる。神を覚えることだ(12節)。

2.理解したなりの行動を執る

神の正義を原理とする社会であるならば、目を覚まして勤労を徳とする生き方が大事である(13節)。色々とケチをつけて値切っていながら、手にすれば掘り出し物と自慢する人間の性質をよく理解することだ(14節)。よそ者はよそ者である。お金を貸したら戻ってこないものだろう(16節)。人を騙してうまく言ったなどと思うのは、最初だけだ(17節)。物事を進める時は、熟慮することだ。つまり人の意見をよく聞き、皆の賛同を得、実行可能な計画を立てることだ(18節)。口の軽い連中とは付き合わない、わかりきった原理原則だ(19節)。親を親と思わず、粗末にする者とも距離を置くことだ(20節)。神の正義を原理とする社会であれば、復讐は神に委ねることである(22節)。神が片を付けてくださる。手を打つのに遅すぎるということはない。チャンと神が働いてくださっている。神はごまかしや嘘を忌み嫌われる(23節)。15節と23節は繰り返しである。ここがこの章の勘所と理解すべきだろう。ともあれ、神の正義がこの世を支配しているとすれば、余計な心配はしないで、神様に信頼して、誠実な歩みをすべきである(24節)。そして神を神として仰ぎ、余計な誓いを神の前でしたりしないことである(25節)。神は生きておられる。人間の息、つまり神に与えられた霊は、心の中の灯、暗がりに隠れた思いを照らし出す、と言う(26節)。神としっかり結びついて、自分を弁え、物事をよく理解して歩ませていただこう。

箴言19章

19章 貧しくても誠実に歩む者の幸い

おはようございます。人間にとって決定的に重要なのは、人柄、品格、人格というべきものであって、モノがあるなしではないと言えます。新型コロナの問題があるこのような時代であるからこそ、人間を尊重する生き方、そのものが問われるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.金持ちと貧乏人

19章の鍵は、「貧しい者」である。どうやら二つのタイプの貧しい者が想定されている。貧しくも、堅実に人生を築き上げようとしているタイプ、そして是が非でも金持ちになりたいと欲望むき出しの貧乏人である。すでに見て来たように、著者が注目するのは人格的な高潔さであり、お金のあるなしではない。だから「貧しくても誠実に歩む者」(1節)は高く評価するし、お金のあるなしは決定的なことのように思われるが、貧しいがゆえに疎まれる事態になることは(4、7節)期待されていない。何よりもお金様々の現実はあっても、それに飲み込まれてはいけないのだ。

だから金持ちについても、二つのタイプの金持ちを想定している。10節「愚かな者にぜいたくな暮らしはふさわしくない」と言うように、よい収入を神の恵みとして受け止め、正しく用いる心のない金持ちと、17節「貧しい者に施しをするのは、主に貸すこと」と、自分を神の富の忠実な管理者と心得ている金持ちである。

人間社会には、勝ち組と負け組があるわけではない。人はそのような見方をするが、神はそうではない。実際人の値打ちはお金では測れない。人は裸で生まれて裸であの世に帰っていく。人はモノを持った自分を評価するが、親と子が別物であるように、人とモノも別物である。親が子によって評価されたいと思うのは、子が自慢に値する時だけである。神は与えられたモノを正しく用いることを期待しておられる。つまりモノをどれほど持っているかではなく、モノに対してどのような姿勢、態度を持っているかが人間にとって決定的なのである。つまりモノを持つ人間に、信頼され尊重される人格の高潔さがあるかどうかが重要なのである。今回の新型コロナの問題に関連してモノの欠乏が生じている。貧乏人も金持ちも、人間としての品格が問われている。経営業績の悪化においても、お金の配分を考え、馘首する賢さではなく、窮状を打開し、共に危機を乗り越える情のある知恵と品格が問われている。

2.人間の品格を大事にする

結局は、人間のドラマは、平面ではなく三次元である。人間は人生に失敗すると、自分の愚かさを棚に上げて、そんな時だけ神を引き出して毒づくことがある(3節)。神がこんな災いを下したのだ、と。しかし、正しくは、神が許容したと思われる災いの状況の中にあって、恵み深い神を覚え、神の解決を待ち望む品格があるかどうかである。神は、誠実な者、勤勉な者の友である(23節)。主を恐れる心がなければ、人間は、自分を法として生きてしまう。器の小さな人間の法ほど災いなものはない。人間ではなく、天地万物をお造りになった大きな器である主こそ認めていくことである。そして「主の計画こそが実現する」という宇宙観に生きることである。その確信から、人間としての品格を重んじて生きることだ。

箴言18章

18章 人を破滅させるもの

おはようございます。16章のキーワードが王であるとすれば、17章は、父と母である。18章は、隣人かもしれません。どんな人を隣人としていくか。どんな人に心を許し、共に生きていくか。やはり、その人がどんな価値観を持っているか、ということでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神をこそ恐れる

1節「自らを閉ざす者」というのは、自らの欲望を満たそうと、理想を追求し、孤立していく者のことを言う。このような者は、すぐれた知性、つまり健全な知性も受け入れようとしない。ユダヤ人の聖書解釈ミドラッシュによれば、ここでアブラハムと甥のロトが思い出されると言う(創世13:9、12)。確かにロトは、主の園のように潤った土地に魅了され、アブラハムから離れていった。昨日の「パンと岩塩(1節)」の話ではないが、大局的な生き方がある。貧しさの中に、不可能性の中に、ただ神のめぐみと隣人に対する愛を大事にしながら生きる在り方と、表面的な豊かさを追求し、神も人も退けて生きる生き方である。

大切なのは自制心である。愚かさに酔うような人間とは付き合わないことだ(2節)。陰のある人や腐敗した人との付き合いは、必ず恥辱と屈辱をもたらす(3節)。というのも、愚かな者は、自分とは関係のない争いごとに手を出し(6節)、自分の言葉の罠に引っかかる(7節)。知恵ある者は、そのようなことには巻き込まれない。そして「知恵ある」人のことばは、湧き出る地下水のようだ。イエスが語ったように、そこには癒しがあり祝福がある(ヨハネ7:38)。ついでに、突然足を救われる結果をもたらす怠け者にも注意せよ(9節)。

10節と11節は、対比されている。神に信頼することは堅固な城門の中にいるようなものだ。だが、人は目に見えない神よりも目に見える確かな物を当てにする。実際お金があれば絶対安全だ、と思うものだろう。だが、そうとは限らない。神を恐れることだ(12節)。

2.人間についての真理

早合点は要注意である。物事はよく理解すべきものだ(13節)。心が元気であれば、人は病苦をも耐え忍ぶことができる。大切なのは、健康な心を維持することである(14節)。そして、物事をよく理解しようとする心、開かれた心を持てば(15節)、彼は自分の道を開くことができるだろう(16節)。ここで言う「贈り物」は、「賄賂」を意味しない。もちろん、社交的な贈り物と意図ある賄賂の区別はしばしば難しい。

家庭においても、教会においても、あるいは社会においても、争い事は、慎重に取り扱うべきものだ。初めは、声のでかい人が正しく見える。しかし、「双方」の言い分をよく聞いて全貌を理解すべきだ(17節)。偏った性急な判断は下さないことである。争い事を終結させるに最も効果的なものは「くじ」である(18節)。だがそんな不合理な決着をつける前に、争わないことである。争いを仲裁するのは、堅固な城を攻め落とすよりも難しい(19節)。ことばに気を付けることだる(20節)。

最後に「妻」と「友人」。苦しい時に、団結して物事に処するのが妻であり、友人である。苦難は人間関係の試金石である。

箴言17章

17章 家庭の恵みと祝福

おはようございます。自由気ままに、思いつくままに語られるような格言集です。17章は、家族を持つ人間が何を大事にすべきか、という観点から少しまとまりがつくように思いました。何よりも、愛を求め、神を求める、その祝福に生きることを大事にしたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.求めるべきもの

イエスの使徒たちと同時代のユダヤ教のラビ、ヨハナン・ベン・ザッカイは、「パンと岩塩しかないこの国に住めば、未来は保障される」と語ったという。荒涼とした貧しさを象徴するような土地に何の祝福があるだろう。しかし、物が溢れ、食に豊かであっても、争いの絶えない所に平和はない。家庭に限らず、教会も同じであるが、持つべきは愛である(1節)。

2節、賢い奴隷は、エリエゼル(創世記15:2)やツィバ(2サムエル16:4)がそうであったように、その能力によって家を治め、財産を受け継ぐことがあった。持つべきは知恵である。3節、金銀は、火で精錬され光を放つが、人の心は神によって聖められ、輝きを放つ。逆境や試練は歓迎すべきもの、そして求めるべきは神である。だから4節、自分の生き方を正したければ、求めるべき相手を変えることだ。類は友を呼ぶというではないか。5節、貧しさも、富みもすべては神の御心の内である。神の前に遜ることを忘れるなら、その富も長続きはしない。6節、家族の幸福感は、家族そのものにある。家でも、車でも、宝石でもない。だから不釣り合いなこととは距離を置くことだ。偽りの唇(7節)、賄賂(8節)拘りや頑迷さという悪癖(9節)、愚かさ(10-12節)、裏切り(13節)、そのようなものには警戒せよ。あっという間に幸せ感を失わせてしまうものである。

2.知恵ある生活を生きる

そこで知者のアドバイスに耳を傾けたい。どのようにして、静かで平安な一生を確保するか。まずは、初めから喧嘩を避けることである(14節)。喧嘩はエスカレートするものだから、火種がつく前に、これを退けることだ。そして是々非々で物事進めることだ(15節)。また真理を学ぶように努めよ(16節)。お金は、自らを向上させるように使え。困っている人があれば助けを惜しまないことだ(17節)。裏切りとは縁を切れ。言葉にし難い気持ちを分かち合い、どんな苦労も一緒に乗り越えてきた古い関係を大事にすることだ。そして、よく物事を考えよ(18節)。どんなに気が合う関係と思っても、見知らぬよその男には警戒せよ(6:1-5)。簡単に足かせとなるような契約に手は出さないことだ(19節)。気を付けるべきは、天邪鬼な人、己惚れ屋(19節)、何事につけて疑い深い人(20節)である。

子どもはしっかり躾けることである。ろくでなしの息子は、祭司エリの家庭がそうであったように(1サムエル2:12)、父を辱め(21節)、母を悲しませる(25節)。親が心を傾けるところに、幸せの実りも豊かに結ぶ。心は明るく保つことだ(22節)。そのためには知恵に顔を向けることだろう(24節)。時を惜しまず、聖書に向かえ。そうすれば、馬鹿な判断を下すこともない(26節)。そして語るべきことを学べ。本当に必要なことばはわずかであったりする。大切にすべきものを間違えないようにすることだ。