箴言31章

31章 しっかりとした女性

おはようございます。箴言読み終わりましたね。女と酒を巡る議論。しかし落としどころは、神を恐れるという所へ戻ってくる箴言らしさがあります。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.女と酒の罠

レムエルの母は、女と酒について警告する。まず女に自分の力を費やすな(3節)。東方君主の力と威光を示すと見なされる後宮についての警告である(2サムエル16:20)。しかし箴言ならではの格言というわけではない。既に、申命記17:17に、王の戒めの一つとして教えられていることだ。そして酒への警告。大切なのは、酒杯を手にしながら口を開かないことだ。王は、弱者の保護、口を開くことのできない人の代弁者たる存在である。酒は精神を混乱させ、判断を誤らせる。指導者たる者、その責任の重さを自覚しなくてはならない。

2.しっかりとした妻

10節以降は、行頭がヘブル語の22のアルファベットで揃ったアルファベット詩となっている。だから、ここだけを作者不明の独立した作品で、後で挿入されたものと見る見方もある。その真偽はよくわからないが、箴言は、愚かな女、悪女に対する警告をもって始まり、良妻を得ることへの励ましとなって締めくくられている。確かに、女性にうつつを抜かす人生は、滅びである。そしてどんな人を側に置くかは、その人の人生の質を決めることになる。だから見つけるならば、宝石よりも素晴らしい価値ある良妻を見つけよ、と(10節)。しかし、どうしていろは歌なのか。それは、いわゆる言葉遊びであるし、遊びの精神で読まなくてはならないということなのだろう。つまり、こうした良妻に巡り合えればそれは感謝であるが、逆にこうした良妻に巡り合うことがいかに難しいか、ということでもある。だからこそ、歌にして繰り返し記憶し、しっかりとした考え方を持って伴侶を選ぶ基準として役立てなさい、ということではないか。

以前、ユダヤ人が多く利用するホテルに宿泊し、安息日を過ごしたことがあるが、彼らはその安息の祝いの晩餐で、必ずこの箇所を読むと言う。つまり、食卓が整うと、安息日曜のワインを配り、家長が立ち上がって、この箇所を読むのである。

良妻は、商売をし(14、18、24節)、畑を耕し(16節)、機織りをし(13、19、21、22節)家事をし、家族の者によく気を配る(15節)。また、愛と思いやりを持ち、悩んでいる人、貧しい人に対する心遣いも忘れない(20節)。さらに知恵と優しさを兼ね備えている(26節)。働き者で、愛情深く、知恵深い、三拍子揃った女性である。なかなか見出し難い存在でもある。ということは、妻にプレッシャーでも与えようとしているのであろうか?良い妻であれ、と。そうではないだろう。この箇所が言いたい主旨は、女性の真の魅力は、表面的な美しさにあるのではなく、その人柄、品格にある、ことだろう。そして最終的には、男も女も、主を恐れ、主に仕える心を持っているかどうかを問いかけているのである。

だから彼らは、この箇所を朗読した後に、妻に一週間の感謝を述べ、妻を誉めたたえ、子どもたちにも愛情を表現し、祈りをささげ、陽気に晩餐の時を夜遅くまで過ごす。そこには、神を恐れる者として、神の用意された食卓の恵みを家族で味わう姿があった。神を恐れることが知恵の初めである、そこに立つことが家庭円満の秘訣でもある。

箴言30章

 

30章 人生謙虚に歩むのが一番

おはようございます。いよいよ箴言も終わりになりました。30,31章は、ソロモンのものではなく、マサの国の格言集というべきもの。それはこれまでの格言集と少し趣が違います。国政から社会・家庭へ視点が移っているかのように感じるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.30,31章の位置づけ

30、31章は、マサの国の格言集というべきものだ。なぜ、このようなものが加えられたのか。箴言の流れを見ると、ソロモンの格言集は、大きく1-9、10-22:16、25-29章と3つある。その中で異色なのが、10:17-24章のアメンエムオペの格言集と、この30、31章のマサの国の格言集である。既に述べたかもしれないのだが、ソロモンの格言集は、やはりソロモンの生活経験、職業経験から出てきている格言集であり、国政の知恵というべきものである。だが、この箴言の編者は、バランスを考え、ここで家庭に生かされるべき知恵を、加えていると考えることができるのではないか。

アグルがどんな人生を歩んだのか、知る術もないが、彼は自分が無知であり、悟りがないことを認めている(2節)。ヨブ記38-41章のことばを思い起こすところだ。神を神として認める時に、人は自分の愚かさや、小ささを思わずにはいられない。神を認め、神のことばの絶対性を理解する時に、戒めと矯正を与えられ、訓戒と知恵をいただき、自分の歩みを真っ直ぐにされる、これが人間である。

2.アグルの格言集

そこでアグルは二つの願いをしている。一つは、決して欺瞞や嘘偽りに陥らないように、ということ(8節)。それらを引き起こしやすい、貧しさや豊かさの環境にも置かれないように、ということ。神に定められた分で日々を生活できるように、という。

10節以降は、日常性に観察される断片的な格言集である。まず、10節、神は弱い立場の者の味方である。11節以降は、四つの憎むべき人々(11-14節)。無慈悲な子どもたち(11節)、鼻につく生き方をしながら人を教えようとする人たち(12節)、何かにつけて上から目線の人々(13節)、人を食い物にする人々(14節)である。次に神に定められた分を超える四つの欲求。蛭(15節)。地獄、子を求める女性の欲求、水を溜められない乾ききった砂漠と消しがたい火(16節)。さらに人生における不可解な事柄(18-20節)。若い男女に恋心が芽生える過程。そして悪い事をしながら、それを罪と思わず本領を発揮している売春婦。それも神に定められた分を超えることだ。非常にショッキングなこと四つ(21-23節)。奴隷が王となり、謀反人が権力を握り、憎まれ女が結婚をし、女中が女将になる。神に定められた分を超えることが人間の世界には起こりうる。人生はわからない。だが感心させられるものもある(24-31節)。蟻の備え、岩だぬきの避難所、いなごの隊列、やもりの大胆さ。彼らは生きる術を知っている。人間は彼ら以上に知力がありながら、怠け者であり、自分の弱さを弁えず、指導者が無くては行動できず、住み着くべきところを悟らない。最後に当然の結末がある(32-33節)。悪い結末は避けることだ。人生謙虚に歩むのが一番である。

箴言29章

29章 主のことばがなければ

おはようございます。今日の箇所も、まとまりを見出しにくいところですが、王の倫理、王の在り方を考えているもの、という観点から見ていくと、一つの筋が見えてくる気がいたします。神のしもべとして立たされている者に必要な教えとしてよく理解したいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.指導者の倫理

1節「うなじを固くする者」は、頑固な者を意味する。責められても悔い改めることがないので、矯正が難しい。指導者には、正しくあって欲しい、誰もが願うことだ(2節)。しかし、実際に正しい人が指導者になるわけでもない。組織は矛盾に満ち、期待通りの人がトップに立つとは限らない。ただ正しいことをなさる神がいる。正しい人は残され、重税を取り立て、国民を大事にしない指導者は、いずれ失脚していく。レハブアムがそうであったように(4節)。どんな臣下を持つかに注意せよ。へつらう者を家臣にしないことだ(5節)。人生は罠と落とし穴に満ちている。そして、自分で罠を仕掛けるような悪人は自ら滅ぶ。ハマンがそうであったように(6節)。むしろ正しい指導者は、弱い者への配慮を怠らない(7節)。またエペソの書記官がそうであったように(使徒19:35)、大衆の怒りを鎮めようとする(8節)。しかし愚か者が相手の裁判は実際には容易ではない(9節)。無駄な努力となる。まさにイエスの十字架が示すとおり、罪の世は不正とあざけりの中に、正しい者を飲み込んでしまうこともある(10節)。愚かな者は、怒りをぶちまけるだけだ。知恵ある人は自分を制するのだが(11節)。類は友を呼ぶ、君主が君主なら、家臣も家臣である(12節)。正しい王は、神の目線で物事を見る。貧しい者、金持ち、と人を分け隔てせず、愛すべき人として見る(13,14節)。子どもの教育は、父ばかりではない、母の責任でもある(15節)。もちろん、暴君が興れば、神がこれを正される(16節)。しかし、暴君を育てない家庭教育が重要なのだ。子どもはしっかり躾けるべきで、心を砕いた努力は報われる(17節)。

2.神の言葉に生きる

18節「幻」は、「主のことば」(1サムエル記3:1)、「預言」(イザヤ1:1)とも訳せる。つまり2行目の「律法」と合わせて理解すれば、ここに律法と預言が登場し、「主のことば」そのものという意味で理解できる。要するに、「神のことば」がなければ、人は好き勝手に振る舞うということだ。士師記の時代がそうであり、現代もそれに近いように思われる。神のみおしえを守る者は、幸いである。それは、悪者が支配する時代にあっても、神のなさることに希望をつなぐことができるからだ。

大切なのは、神のことばに沿って、民を訓練する指導者が現れることだ。ただ、神のことばは語って聞かせるだけではだめである(19節)。自ら範を示し、神のことばを食むように語り聞かせ養育する努力を惜しまない指導者が必要なのだ(17、19、21節)。思慮深く語れ(20節)。若い者を甘やかさない(21節)。怒りやすさや(22節)高ぶり(23節)、不正を捨てて(24節)、ただ神を恐れ(25節)、神の裁きを尊重する(26節)、そこに神の守りがある。闇と光は混じることがない(27節)。神の側に立つ者は、神が支えてくださる。

箴言28章

28章 正しい歩みを心がける

おはようございます。どんなに世の中がおかしげな状況になったとしても、神の定めた法則が変わることも、狂うこともありません。神は正しい者、誠実な者に報い、悪しき者、貪欲な者を裁かれるのです。箴言により神の法則を理解し、賢い人生を歩みたいものです。

今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神を恐れる指導者、人民

1節、悪い事をする人は、いつも警戒し、自分の身を隠そうとする。しかし、正しい人は、誰も恐れるものはない。百獣の王、獅子のごとしである。正しい人であるべきだ。2節、国の安定は、指導者次第である「良識と分別」のある指導者がいるかどうかにかかっている。3節「貧しい者」は、ヘブル語でラーシュ、ギリシャ語の七十人訳では、これをラーシャーと読み替えて「邪悪な」と訳す。つまり邪悪な者が権力を握った結果は、最悪だ、というわけだ。ただここは、その富と地位に似つかわしくない者が、権力を握った場合の惨状を語っているのだろう。「良識と分別」のない指導者が起こった結末である。だから、主の御教えを尊重し(4節)、それを守ることを理解させ(5節)、誠実に歩むことを教えていく(6節)、賢い若者を育てることは大切なことである(7節)。

8節、利息や、高利によって財産を増やす者、一種貪欲なイメージがある。しかしその者は、「よるべのない者たちに恵む者のためにそれをたくわえる」。つまり、貪欲に蓄えても自分の手元には残らない。お金は巡り巡って、元に戻っていく。やはり主のみ教えを大事にし(9節)、神を恐れることだ(10節)。貧しさを経験した者は、本当の貧しさが何であるかを理解している。それはお金のあるなしのことではない(11節)。成功は神を恐れる人にふさわしい。もちろん、失敗も成功のもと。失敗したら素直に認め、正し、別のチャンスが与えられると考えることだ(13節)。すべて神がご覧になっているのだから、神を恐れ、神の前に正しく生きることを願う者は幸せを掴む(14節)。だから、将来の指導者たる者、貧しい者の権利を理解し(15節)、自分の力に任せた政治はしないことである(16節)。

2.神を認めた真面目な人生を生きる

人を殺すような者は、その報いを受ける。彼を守るとしたら、カインがそうであったように神のみである(17節)。だが神は正しい者の味方であり、悪人を忌み嫌われる(18節)。地味であっても真面目に働くのがよい(19節)。神は、早く金持ちになりたいと思う者が汚い手を使うことをよく見ておられる。神はそのような者に成功を与えはしない。私たちの手の業を祝される神を認め、すっきりした人生を生きる者は、確かな祝福を得る。だから金持ちに近付かず(21節)、焦らず(22節)、偉い人に媚びることもせず、親の財産を当てにせず(24節)、欲を捨てて、主に信頼していくことだ(25節)。ただ主のみが私たちの祝福の源である、と主に頼って生きていく、それが本当に、豊かになる秘訣である(26節)。また、隣人と分かち合うこと厭わないことだ。「情けは人の為ならず」、必ず巡り巡って、自分に返ってくる。正しい人は、悪人が幅を利かせると消え去るが、また戻ってくるものである。神の定めた法則は、決して狂うことはない。

箴言27章

27章 身近なものを大事にする

おはようございます。ソロモンの箴言である以上、そこには、自分の家族や、王としての働きから来る洞察があったことでしょう。今日はそんな観点から箴言を読み解くことを教えられました。聖書は、人間の生活に密着したものであり、神に生きることを洞察させるのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.我を捨てよ

物事が計画通りに進むかどうかは、誰にもわからない。一体誰が、2020年代に新型コロナの問題でこんな事態になると予測しえていたであろうか。2020年代に自分の計画が、全く思わぬ修正を余儀なくされるなど、考えもしなかっただろう(1節)。謙虚になることだ。自分で自分を認めさせるのではなく、時代が自分を押し上げてくれることを待つことだろう(2節)。思い通りにならないことに、強情にならないことだ(3節)。他人がうまくいっているように見えてもねたまないことだ(4節)。ダビデを妬み虐待したサウルのようであってはいけない(1サムエル18:6)。ただ、愛するあまり、人をダメにすることもある(5節)。言うべきことはしっかり言うことだ。愛しているなら、誠実であるべきだ。本当は憎んでいるのに、上辺は愛しているふりをするなんて、敵のすることである(6節)。食事もそうだが、謙虚で、向上心のある、賢い人であれば、どんなことでも吸収して自分のものにする(7節)。

2.知恵深く生きよ

父ダビデが、サウルに追放され、荒野を彷徨ったように(1サムエル26:9)、人には、自分の居場所から引き抜かれて、根無し草となる、脅威の日々を送ることもある(8節)。そんな時に持つべきものは身近な友である(9節)。友を大事にすることだ(10節)。人間の心のつながりは血のつながりを超えるものがある。そして知恵を持って生きることだ(11節)。つまり、やはり良く見通しを立てて生きることだ(12節)。明日のことはわからないものだが、想定しうる危険はあらかじめ避けておくものだ(ルカ14:28)。心にもないことは言わないことだ(14節)。争い好きな女は「がみがみ言う妻」とも解釈される。そのような女は、「長雨の日に滴り続ける雨漏り」つまり憂鬱さに、さらに憂鬱を加える存在である。しかも、その女を制する者は「風を制し、油をつかむことができる」。つまり、制御不可能、そんなものなのだ、と諦めてしまえばよい。本当に、どんな人とつき合っていくかが問題だ(17節)。ちやほやしてくれる人間関係にも進歩はない。互いに論じ合って、切磋琢磨できる関係こそ貴重である。勤勉であることだ(18節)。人柄というのは、その人の言動や生活に現れるものだ(19節)。隠しようがない。人間の目の欲、肉の欲は尽きない(20節)。名誉欲も尽きないものだろう。だが、他人の称賛には批判も含まれている(21節)。サウルは、ダビデのことで試されたではないか(1サムエル18:7)。

一攫千金、成功して富を得ようと、王冠を得ようとそんなものは長く続くものではない(23節)。どこであれ長く土地に住み着き、しっかり働けば、宮廷での華々しい報いや商売の儲けに優る安定がある(25-27節)。地味な生活であっても、それを大事にすることだ。