雅歌8章

雅歌8章 神の愛は死のように強く
おはようございます。ミュージカル「美女と野獣」に魅せられるかのように、雅歌もまた心を捉えて離さないものですが、最後のフィナーレは、世俗のそれとは違って、いささかリアル。この後に、力強い預言者の証言が続く聖書ならではの幕引きなのかもしれません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.雅歌のまとめ
8章前半は、7章後半の女の告白の続きとなる。つまり、お互いの仲たがいで始まった第四部は(5:2-8:4)、二人の抱擁で終わる形となっている。興味深いことに、全体の構造は、「揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目覚めたいと思うときまでは」という繰り返しで終わる部分(第一部2:7,第二部3:5、第四部8:4)と愛の成就を確認することばで終わる部分(第三部5:1、第五部8:14)があることだ。また第四部の終わり方は、ヘブル語本文では、同じ構文を取りながら、イムという副詞がマーという疑問代名詞に代わっている部分がある。「どうして揺り起こしたり、かき立てたりするのですか、愛はすでに成就しているのに」というわけだ。となれば、第三部を起点に、二人の愛は成就し、その確かさを確認するようにストーリーは進んでいることになるのだろう。
2.女の願い
そして女は男に「封印のように、私をあなたの胸に、封印のようにあなたの腕に押印してください」と願っている。もう二度と私を手放さないで、ということだろう。体ではない心が結び付いた女を捨て去ることは、もはや女のいのちを奪うことに等しい。
「愛は、死のように強く、ねたみはよみのように激しい」(6節)。人は死の門をくぐったら、もう二度と戻ることはないが、愛も同じである。不可逆的な死に匹敵する愛の力で、愛して欲しいということだろう。6節後半、原文は、リシュフェイ・エシュ、いわゆる「レセフの炎」である。レセフは、古代地中海周辺地域において、伝染病(ペスト)の神として恐れられた神である。この神がその炎を放ったら、誰もその滅びに抵抗することはできない。この台詞を語る女に、あるいはそのレセフが思い浮かべられていたかもしれない。そして愛はお金で買うことはできない。手にした愛を捨て去ってはならない、ということだろう。
3.私を放さないで
7節で雅歌の本体は終わる。8-10節は、種々の解釈があるが、合唱隊(8-9節)と女(10節)が、成人していく若い娘の心構えを語ったもの、と読むことができる。簡単に言えば、ここにも鍵概念「愛が目覚めたいと思う時までは」があるのであって、二人が結ばれるまでの慎重さが促されている。近づきがたい城壁であろうが、開きがたい扉であろうが、それによってしっかりとした貞淑さと信用さを保ちうるなら、女は男にとって平安をもたらす存在になるのである。
11-13節は、お互いの特別な結びつきを確認している。ソロモンのブドウ畑を任された者は、その収穫において、銀千枚を納めることになっていた。これは莫大な富が、ソロモンに流れることを意味していた。そのブドウ畑に畑になぞらえた女が比較される。つまりどんなに素晴らしい権勢、富、名声があろうとも、それらに優って女との愛は素晴らしいという。14節はフィナーレである。女が舞台を飛び出して語る。「急いでください。かもしかのように」放さないでと語った女が男から離れて呼びかける。男を信じる女に、神を信じる信仰が重ねられるところであろう。この後に、預言書が続くことの意味は大きい。

雅歌7章

雅歌7章 回復、成長する愛
おはようございます。歌あり、踊りあり、雅歌が歌、台詞、ダンスを統合したミュージカルとして再現されたら、どんなに素晴らしいかと思うところです。信仰は、特異な世界ではなく、日常性の中にあるもの、常識的な日々の生活に結合すべきもの、と思うところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.回復
関係を回復した夫が妻に語り掛ける。1-5節は、愛する妻に対する賛辞というべきもので、これまでの賛辞4:1-7、6:4-9とは、視線が逆で、下から上へ向かっている。それは、6:13の最後の2行に出てくる「二つの陣の舞」と関係しているものだ。それは、昔、戦において捕虜となった女たちによって演じられた踊りをイメージしているようだが、ここでは、ソロモンとエルサレムの女たちが、このシェラムの女の舞に注目しているのだ。歌劇であるとすれば、ここは、女が舞台の中央で、優美な舞を見せている場面である。だから、サンダルをはいた足や、もも、へそにまず魅せられるのである。当時サンダルは、間違いなく裕福さのしるしであった。バテ・ラビムの門、ヘシュボンの池、レバノンのやぐら、カルメル山、今の私たちには、それらがどんなイメージ、印象であったのかはわかりにくい。当時の人々には、ピンときた最高の賛辞だったのだろう。5節「紫の羊毛」この染料は、安価ではなく、ほとんど王侯たちだけが使用し、祭式に用いられたものである。ともあれ、妻とソロモンは、自分たちの日常に戻りその愛を回復した、と言えるだろう。
2.女が主導する
「ああ、人を喜ばせる愛よ」(6節)。愛に使われているヘブル語は、アハバー。旧約学者スネイスは、この単語によって表現される愛を「選びの愛」と呼び、ヘセドの愛(契約の愛)と区別した。アハバーは、非合理的、感情的な愛、ヘセドは理性的、意思的な愛で、結婚の契約に対する「誠実」さや「忠誠」さを特徴とする愛である。確かに感情的に大好きというだけでは、その関係は長くは続かない。ことに結婚においては、その契約を、誠実を守り続けるヘセドの愛が維持されない限り、その絆は破綻しやすい。結婚は約束事なのだ。だから離婚は愚か、家庭内別居すら乗り越えなくてはならないところである。だが、ヘセドに義務付けられた愛だけもありえない。6節の「愛」は、アハバーである。それは、喜びの愛、甘美な時の共有を意味する。関係の回復された夫婦には、甘い時がある(8、9節)。なつめ椰子は生命力、若々しさの象徴、ぶどう酒も、朦朧とした愛の象徴である。二人の強い絆を詠うものだろう。
注目すべきは11節。2:10-13においても、夜を野原で過ごそうという誘いがあった。しかし今度の誘いは、女からである。妻が自ら積極的に夫の愛を受け入れ、夫に愛をささげよう、と語っている。ただ愛されていた者が愛する者に変わっていく。先に愛されることに慎重であった女が、その抑制を外すのみならず、主動者となっていく。確かに、愛は互いに確認し、互いをささげあう。一方通行ではない。人は感情的に結びついて終わりではない。そこからさらに愛は、成長し、成熟するのである。

雅歌6章

6章 一線を越える愛
 おはようございます。愛する者を神のように慕う、これこそ愛の病というべきです。しかし、既に結論を知っているキリスト者からすれば、この歌劇が詠いあげる愛の病は、実に、神の人を慕う愛の病と言うべきであり、感動的です。神に愛さる人のいのちは重いのです。
今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.再び燃え上がる
シュラムの女は、夜の町に出かけ、愛する者を捜した。そんな女の一途さに、エルサレムの女たちが「一緒に捜しましょう」(1節)と申し出ている。一体どこへ行ったのか。女が答えた「私の愛する方は、自分の庭へ、香料の花壇へ下って行かれました(2節)」なんだ知っているのか、肩透かしを食うような答えである。ならばそんなに騒ぐことでもなかったのに、となるのだが、愛というものはそういうものなのだ。目と鼻の先にいても、心が通じ合えぬことが、ロスト感を強める。「私は、あなたのものなのに」(2節)、というわけだ。
いささかへこんだ思いになっている女に夫が応える(4節)。それは、4:1-3の繰り返しのようで、女の美しさを讃えている。ティルツァは、ヤラベアム1世からオムリまで約50年北王国イスラエルの首都とされた。水量が豊富で果樹園や庭園の多い、美しい町であった。エルサレムも力と美しさの象徴である。ティルツアやエルサレムが並べて取り上げられているのは、この雅歌が、分裂王国時代前に執筆されたことを示唆している。4節後半は、わかりにくい。恐らく、女の美しさは、男を引き付けると同時に、侵し難い聖域のように思われる様を言っているのだろう。5節からは、まさに4章の繰り返しであるが、言わんとすることは、8,9節に集約される。「王妃は60人、そばめは80人」つまり、後宮は王の地位を象徴する、最高に美しい女性の集まりであったが、もはや、何人もこの女の右に出るものはない。私の妻は、すべての美女を凌ぐただ一人の女だ、というわけである。
2.合唱隊の合意
歌劇として読むならば、男は、この叙述歌をエルサレムの女たち(合唱隊)に向かって歌っている。そして、エルサレムの女たちがソロモンの言葉をなぞりながら(4節)、応答する(10節)。すると今度はスポットライトが、女に向けられる。女が歌い始める。「私は民の高貴な人の車に乗せられていました」原語は、アミ・ナディブの車である。これは、おそらく、当時の古い言い回しで、もはやこの世のものではない車を意味するものだろう。つまりかつてエリヤがエリシャの眼前で、火の馬をつないだ火の車で天にあげられたように、手の届かないところに引き上げられた様を言う。男の元に下った女は、もはや神同様に扱われているのだ。あなたは世界で最も美しいを通り越して、もはや女神だ、というわけだろう。神と人は、区別されるべきものであり、人が神になることはない。だが、愛の病にいる者たちは、しばしその一線を踏み越えてしまう。歌劇なればの筋書きだ。男の愛に陶酔する女に合唱隊が叫ぶ。「帰りなさい×4、シュラムの女よ」初めてシュラムの女と呼ばれる。この女の正体は何者か。原語はシュラミット、ソロモンの女性形を思わせる固有名詞で「申し分のない人」という意味なのだろう。まさに「いいね」をクリックしたいとこである(つづく)。

雅歌5章

5章 愛は失われない
おはようございます。一種舞台監督になったつもりで、雅歌を読んでいくと、面白さがさらに増し加わります。微妙な女心と、それを表現する舞台装置、場面転換、照明の切り替え、そんなことを考えながら読むと、これが「歌の中の歌」と称されたのもわかる気がします。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.転落
2節から、第四部に入る。ここで、いささか文脈が複雑になる。登場人物は、2人なのか、それとも3人なのか。ソロモンと羊飼いは同一人物なのか。それとも別人なのか。2人説を取るならば、雅歌はソロモンと女の恋愛詩となり、そこに合唱隊としての「エルサレムの娘」が加わっている、と考える。他方3人説と取るなら、女と彼女を愛する者つまり羊飼いの恋愛劇にソロモンと合唱隊が加わっている、と考える。
 しかし、3人説は、女と羊飼いの愛を、ソロモンが富と快楽によって誘惑し引き裂いて奪おうとしている筋書きになり、ソロモンを悪役にしてしまう難しさがある。だから2人説で考えるのがよいのだろう。そしてこの5章は、頂点に達した二人の愛が一挙に谷間へ下る大きな場面転換となっている。世俗的なドラマであれば、結婚前に、二人はくっつくのか離れるのか、ハラハラドキドキのローラーコースター的なストーリーが重ねられるところであろうが、雅歌では結婚後にその山谷が描かれるのである。3章同様に、女は夢心地の中にいる。いや妻は待たされていた(2節)。仕事が遅かったのか、婚約時代は、遠くからでも足繁く通ってきた男が、今や妻を放っておいている。だから妻は戸を叩く音がしても冷たい態度を取るのである(3節)。だが危険な夜道を戻って来たのだ、女は、気を取り直して夫を入れようと立ち上がる(4節)。しかし時遅し、夫はどこかへ立ち去っていた。気も狂わんばかりに、女は夫を追って夜の町へと飛び出すと、夜警に捕まえられて、売春婦のように扱われてしまう。
2.やはり愛している
 9節、エルサレムの娘たちが応答する。女心もわからない鈍感な男の何がよいのか、と。10節からは、男が女の美しさを歌った叙述歌(4章)に平行し、女が男の魅力を語るものとなっている。先の叙述歌と同じように、男への賛辞は、頭から始まっている。「輝いて赤く」は、「紅顔の美少年」に匹敵するイメージがある(1サムエル16:12)。「なつめ椰子」に例えられる髪は黒、「乳で洗われる目」は白である。白い鳩は、古代において神々に献げられるものであった(12節)。頬を「花壇」と表現するのは、おそらく、次行の「唇」と合わせて抱擁で感じる、香のよさを物語っているのだろう。男の腕、からだ、足は種々の貴金属や鉱石で表現されている(14、15節)。それは、パレスチナのすべての山々で、ひときわ巨大な杉の木で威容を誇るレバノン山のごとし、とされる。もはや女にとって男の「すべてがいとしい」のである。愛は理屈ではない。「その口は甘美そのもの」と語る女の心には、もはや男を連れ戻し、奥まった部屋ですることだけがある(16節)。女の答えに動かされ、二人が再び一つになることを願うエルサレムの女たち(合唱隊)が、登場する(6章)。(つづく)

雅歌4章

4章 いよいよクライマックス
おはようございます。歌劇として、雅歌のクライマックスが訪れるところです。これを舞台で見ることができたら、どんなに感動的か、と思うところでしょう。これはすべて神の愛の象徴と、キリスト教的に理解することを押さえて、雅歌そのものを味わいたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ああ、美しい!
4章は、婚礼に際して、花婿が花嫁に捧げた歌、叙述歌というべきもので、この後、5:10-16、6:4-7、7:2-6、にも同じ形式が見られる。1節、男は言う。「わが愛する者。あなたはなんと美しいことよ」(1節)目を鳩になぞらえるのは、女性の清さの表現である(1節)。ギルアデの山を下る山羊の群れは、黒くつやつやした髪をイメージさせる(1節)。雌羊の群れになぞらえられる白い歯の輝き(2節)、そして赤い唇(3節)。男の文化において、思いつく限り、女性の外見の美しさを賛嘆している。頬をざくろの片割れとたとえる(3節)。ざくろは、命の木の象徴であるが、熟して割れた皮からは赤い果肉が見える。これも女の美しさを表すたとえなのだろう。首を兵器倉、やぐら、とたとえるのは日本人の文化では、ピンとこないのだが(4節)、女を飾る宝石類が女性をさらに美しく感じさせる表現法としてイスラエルではよく使われたもののようだ(エゼキエル27:11)。「そよ風が吹き始め、影が逃げ去るまでに」は、2:17と重なる。つまり、陽が昇り、闇が退くまで、あるいは、午後の風が起こり、影が伸び切ってしまうまで、つまり時を忘れてということだろう。香は愛の行為において重要な役割を果たす。互いに心と体の結びつきを求め合う激しい表現である。とにかく、文句なしに美しい(7節)。8節では、男の元へ女が高い山々から降りてくるように促されている。古代東洋の神話世界においては、愛する乙女たちは、非常に高い山々の頂から、降りてくると信じられ、そのイメージを借用したものである。つまり男は、女に神的魅力すら感じているというわけだ。確かに、あなたは私のハートを射抜いた、という(9節)。
2.愛の楽園
10節からの後半は、二人の愛の結びつきを謳歌するものである。「あなたの愛」は、単純な気持ちを語っているのではない。文脈からすれば、性の交わりをイメージさせるが、それをさらに超えた二人の内的な結合を語っている。それは、お酒に酔うことに優り、高価な香油の芳香にも優る体験である、と。11節は、いわゆるディープ・キスのことだろう。こうして男と女は、二人だけの楽園の中に陶酔していく(12-15節)。
古代東洋においては、庭園は、ことに庭園の泉は、珍しく、尊い財産であった。それは、人に奪われてはならない、覆い隠されて守られるべきものであった。その隠れた園での二人の愛が、かき立てられる。もはや、「揺り起こしたり、かき立てたりしないで(2:7,3:5)」という抑制は不要である。「北風」は元気づける冷涼感を、南風は、香草や香料の芳香を強めるものとされる。だから「北風よ、起きなさい。南風よ、吹きなさい」は、庭園に生気をさらに加えよということだろう。大いに二人の愛を煽ってくれ!ということである。雅歌が歌劇であるとすれば、ついにクライマックスの感動的な場面となったのである(つづく)。