イザヤ書28章

28章 神を覚えないなら
おはようございます。今日からまた新しい一つの区分に入ります。ユダ南王国に対する、地域的な警告、メッセージです。イザヤが繰り返すことは私たちの生活のあらゆる事象は、神によって支配され、覚えられていることです。神と同盟を組むことこそ人生の最善なのです。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ユダ南王国への警告
 24-27章は、終末的視点からの普遍的なメッセージが語られた。28⁻33章では、それを踏まえてユダに対する地域的、時代的なメッセージが語られる。
「エフライムの酔いどれが誇りとする冠」(1節)は、イスラエル北王国の首都サマリヤの町を指している。それは、谷の真ん中の小高い丘に立てられ、文字通り冠のように見えた町であった。その町が、酒に溺れ、酔いどれとなり、アッシリヤ侵略の脅威が迫っているのに気付かない、と言うわけだが、それは、イスラエル北王国のみならず、隣接するユダ南王国に対する警告でもあった。
しかし、ユダの政治的な指導者たちは、イザヤの声に耳を貸さず、イザヤの警告を嘲った(9,10節)。彼らはアッシリヤの脅威に対応してエジプトとの同盟を進めよう宇としていた。そんな彼らにイザヤは、嘲りのことばをそのまま返して(13節)言う。今サマリヤを襲っている嵐は終息することがない。むしろ、ユダにも襲い掛かり、ユダは捕虜とされ、頼りとするエジプトとの契約や同盟も、死との契約、よみとの同盟になるだろう(15節)。
2.神の支配を覚える
21節の「ペラツィム」には、ユダヤ人には特別な記憶がある。かつてダビデがペリシテ人を打ち破った時に、神はダビデに加担して「水が破れ出るように」敵を打ち破られた(2サムエル5:20)。この「破る」という動詞からペラツィムの地名がつけられ、敵を打ち破る神の勢いの激しさが記憶された。神はペラツィムの山でのように起き上がり、今度はユダを打ち滅ぼすためにその激しい勢いが向けられる(18⁻20節)。神の裁きは全世界に降り、全滅させる決定的なものであると(22節)。
 だが神は気まぐれに怒りを発せられる方ではない。24節、農夫のたとえは神の裁きに目的があることを伝えている。農夫が土地を耕し、種を蒔くのは、それ自体が目的なのではなく、収穫を目指すためである。同様に、神が全地をさばかれるのは、それ自体が目的なのではない。正義と公平を回復し、主に忠実な神の民を起こすためである。
16節の預言は、新約にも引用され、キリストにおいて成就したと理解されてきた(ローマ9:23、エペソ2:20、1ペテロ2:6-8)。しかし、直接的な意味は、目先の脅威に惑わされることなく、いかなる時も主の確実性を信じ、主と同盟を結び、主に寄りすがるべきことを語っている。神無き戦略は、無策と同様である。日常と思しき農作業一つとっても、神のみこころの中で起こっている(23-29節)。この世に起こることに皆、神の深いはかりごとがある。すべては万軍の主から出ることである。神の支配を覚えて、神の法則に従う時にのみ、人は真の安らぎを得る。神を恐れつつ、神の最善の御手に引かれつつ歩むことだ。

イザヤ書26章

26章 ほんのしばらく身を隠せ
おはようございます。聖書を読みながら、この時代をクリアに再現できたら、と思うことがあります。しかし、おぼろげながらでありながらも、望み無き状況の中で神を信頼することの重要さが、語られているのだ、とわかるところがあります。聖書の読みを深めたいところです。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.シャーローム・シャーローム
 26:1-19は、敵城陥落感謝の歌(25:1-5)、モアブ滅亡についての感謝の歌(25:9-12)に続く第三の讃美歌となっている。1節「その日」は、25章のつながりからすれば、ユダに敵対する者たち、モアブが裁かれる日のことである。しかしここもまた、終末の日と解釈する時に、そのメッセージがより深く理解される。その日、世界が裁かれ、正しい者たちは回復される。素晴らしきかな、と初めに救いへの感謝を歌って、神を崇めているわけだ(1節)。「強い都」は、終わりの日のことであるから、いわゆる天上の神の都を指していると考えてよいだろう。だから2節、天からの応答として「城門を開けて、忠誠を尽くす正しい民を入らせよ」となる。こうして神にしっかり心を寄せて歩む人々は、ヘブル語でシャーローム・シャーロム(全き平安)の内に守られていく原則的な幸いが語られる(3節)。
4-6節は、このような未来に対する見通しのもとに、現実の苦難にある者たちへの慰めと励ましを語るものである。25:8にあるように、侮辱や蔑みの中で、なすべき正しい選択は、神を信頼し、神に委ねること、そして神の守りを経験することにある。神に生きるということは、私たちに最善をなしてくださる神を信頼することに他ならない。神を誠実な方、正しい方として認めていくことである(4節)。
2.正しき者の道
 7節からは、上門から強い都に入りうる者への信仰告白がまとめられる。正しい者の道は、平らな道である。人生にでこぼこがあるのは、当たり前のことだが、神がそれを均してくださるからだ(7節)。だから、その神の善意を信頼し、一切の侮辱や蔑みを主におゆだねするのがよい(8節)。そして、主を一層切に求めよう。真剣に尋ねよう。そして主が正しいことをなしてくださるように祈ろう(9節)。となる。
10節以降は、彼らの歴史を反映する民族的な歌であり祈りである。神がやはりイスラエルを愛していることを、具体的に示して欲しい、とイザヤは告白する(11節)。イスラエル北王国が滅び、ユダ南王国が生き延びる状況にあり、実際、ここまで来るのに、神がどれほどの守りをイスラエルに与えてくださったのかを回顧している(12節)。偶像を拝む時代もあったが、今はただ唯一まことの神のみを礼拝している(13節)。いのちのない偶像ではない、まことの神だからこそ、イスラエルを大いなる国民にもしたからだ(15節)。
その確信に立って、とりなしの祈りが続く(16-21節)。神の民の苦難は、妊婦の出産の苦しみに例えられ、しかもそれは、風を産むような苦しみになると予感されている。しかしたとえそうであっても19節、希望をもって祈り続けることが大事なのだ。諦めてはいけない。正しいことをなさる神に信頼し「ほんのしばらく身を隠せ」(20節)と言う。

イザヤ書25章

25章 待ち望まれる日
おはようございます。完全な終末預言というべきところでしょう。イザヤは、自分の時代を超えた神の祝福のことばを語り伝えています。人生において泣き叫びたい悲しみ、踏みにじられた屈辱感を抱いているなら、まずこの神の言葉に耳を傾け、信頼すべきです。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.主の贖いの日
昨日も述べたことであるが、25章は、挿入的な賛美の部分となる。というのも、全世界に対して、主がご自身を表される終末の日は、神の誠実さが証される時であるからだ。神が「弱っている者の砦、貧しい者の、悩みのときの砦」となられ、「横暴な者たちの歌は鎮められる」神の正義が示される時だからである。
神が全世界にその存在を認められる終末の日は、何か恐ろしい時のように思われることがあるものだが、そうではない。恐れるのは、横暴な者たち、権力を振り回す者である。世に正義と真実を求める人々にとっては、救いの日であり、喜びの日である。それは神の救いのご計画が完成する時である。だからこそ、その日は待ち望まれるのであるし、その日が早く来るように、と願うことにもなる。
2.主の祝宴
6-9節は、その終末の日、神はシオンの山で豪勢な食事と最良のブドウ酒による宴会を開かれる。もちろんそれは神の祝福のイメージを象徴的に語っていると理解すべきだろう。だからその実質的な内容は、7節以降に語られる。つまり終末の日、それは第一に、「覆いが取り除かれる」時である。かつてモーセは、神の御前で顔の覆いを取った。それと同じように、残された新しい民も、神の御前で覆いを取る。その意味は使徒パウロが、新約聖書で明確に語っている「私たちはみな、覆いを取り除かれた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます」(2コリント3:18)。そして第二に「永久に死を呑み込まれる」(8節)。パウロはこのイザヤのことばを引用し、「このように記されたみことばが実現します「死は勝利に呑み込まれた」(1コリント15:54)と、復活の祝福について述べている。第三に、その日は、神ご自身が、泣き叫んでいた者の涙をぬぐい取ってくださる時だ(8節)。罪に汚れた人生を歩むことは、涙も多い人生である。しかしその日、神はその嘆きを、喜びに変えてくださる。使徒ヨハネも、新約聖書において、神が招いてくださる新天新地の喜びを、次のように語っている。「神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみ、叫び声も、苦しみもない。以前のものが過ぎ去ったからである」(黙示録21:4節)と。最後に、その日は、ねじ伏せられていた者の恥辱が取り除かれる時である(8節)。
10、11節は、当時神の民を苦しめたモアブ人のイメージを借りているが、要するに、主がご自身を現わされるその日は、ある人々にとっては、嫌悪すべき、恐怖の日であることに間間違いはない。しかし世に真実と正義を求めていた人々にとって、それは待ち望まれるべき日であり、心からその救いを楽しみ、喜ぶ日である(9節)。神の言葉を信頼しよう。

イザヤ書24章

24章 魂の値打ちを問う
おはようございます。スマホや新聞でニュースをチェックしながら、この混沌とし、彷徨い続けている社会に、まことに正しいことをなさる神がご自身を現わされるとしたら、その日はどのような日になるのか、イザヤの観察に教えられることとしましょう。今日も主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.全世界に向けたことば
イザヤのメッセージは、イスラエルを中心として、当時の中東周辺諸国全体に対して語るもので、悔改めを勧めるものであった。聖書の信仰は、イスラエル民族に発してはいても、民族的な書物であることを超えた普遍的な性質を持っている。そもそも、なぜイスラエルが中心なのか、それは、神のご意思であって、神がイスラエルを選んでこのイスラエルを通して全世界を救おうと決心されたからである。つまり神の愛は全世界に向けられているのであって、イスラエルに特定されるものではない。神はイスラエルだけを祝福するために選んだのではなく、イスラエルを祝福の器とするために選ばれた。それは新約時代の教会についても言えることである。今日神は、教会を選び、教会を通して、全世界を祝福しようとされている。だから教会には内向きではない外に向かう神の愛との一致が必要なのである。
 ともあれこれまでは、ユダを中心とする周辺諸国への預言であったが(13-23章)、さらにここからは、全世界に対する主のことばとなる。それは27章まで続き、その預言は、救われた者の賛美を織り交ぜながら、終末的な神のご計画を語るものとなっている。
2.裁きと祝福
主が全世界の裁き主として法廷に付かれる日が来る(23節)。その日にはもはや何の差別もない(2節)。神にアメリカ寄りも、中国寄りもない。民族の違いはもとより、一般人もそうでない人も、奴隷も主人もない。買い手と売り手もない(2節)。神はいかなる差別もなく、ただご自身の契約に対して人がどう生きたかを問われる。そのような神の存在が明らかになれば、「陽気なタンバリンの音はやみ、はしゃぐ者の騒ぎも消え、陽気な立琴の音もやむ」(8節)ことになる。しかしそれは他方で、喜びと賛美が起こる日でもある。
14-16節は、報われた者の賛美が挿入されている。このあたり、イザヤ書は、ヨハネの黙示録と構造がよく似ている。ヨハネの黙示録では、地に対する裁きのことばに、天上の贖われた者の賛美と礼拝の光景が、交互に綴られているが、24-27章にも同じ構造がある。ともあれその日は、一切の不公平が正され、帳尻が合わされる時であり、主の契約の前に正しく歩む者にとっては救いの日、贖いの日となる。
だが、神の側にたって、正しき者に入るはずの預言者イザヤは、手放しでその日を喜べない。16節「私はだめだ、だめだ。ああ、悲しい」と人の罪の性の深さを見つめ、神の裁きに耐えられない現実があることを感じている。確かにそうだ。神が正しい者に報い、悪い者を裁かれるとしても、自分に目を向けるなら事はそれほど単純ではない。誰が神の前に自分の正しさを主張しえるだろうか。誰が神の目を恐れることなく真っすぐに見ることができようか。だからこそ、キリストの十字架にある罪の赦しが、人には不可欠なのである。

イザヤ書23章

 おはようございます。人間の格差社会は堅固に構造化され、決してこれを崩せないように思われるものがあることでしょう。しかし神はそれを崩し、新しい秩序をお造りになるお方である。恐れるべきは、人ではなく神である。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ツロとシドンへの警告
地中海東沿岸の都市ツロに対するメッセージである。第二部の初めは、大陸の軍事大国バビロン、その締めは、海洋の大経済都市ツロとシドンとなる。イスラエルの周辺の国々すべてに神のメッセージが送られる。
ツロは「岩」を意味する。シドンの南36キロ、本土からは、550メートル離れた小島に建てられた港町である。古くから、シドンと並ぶ海洋都市として栄えていた。彼らの代表的な交易先が取り上げられる。一つはタルシシュ。地中海の西端、現在のスペインに位置する場所である。彼らの交易船が、タルシシュまで出かけ、重い積み荷を運んでキティム、いわばツロ近郊のキプロス島まで戻って来た時に、ツロ滅亡の驚く知らせを聞くだろう、という(1節)。またシホルは、エジプトの東にあったナイル川の一支流の名で、ツロはシホルの穀物を商っていた。だが、その穀物の届け先が失われる。地中海一体の経済が大混乱を招く事態が起こる。一体誰が、このような日常性の破壊を予測できただろうか。当時栄えていた都市が突如滅び、海上に行き交っていた貿易船が、その行き先を失い、路頭に迷うなど、誰が想像しえたであろう。だがそれが起こるのだ。神がそれを図ったからだ、と言う(9節)。
2.神のご計画
恐るべきは神のお考えである。常に人は、安心を得ようとする。お金を蓄え、仕事を確保し、人間関係を強固にし、利益構造を確実にしようとする。そのようにして弱肉強食の格差社会が構造化し、もはや誰もそれをひっくり返すことができないと思うものである。だが、人間は不完全であってその力は万能ではない。
ツロの破壊は、搾取されてもいたタルシシュにとっては解放の福音であった。もうあなたを踏みにじる者はいない、と(10節)。それをしたのは神だ、神がその逆転をもたらしたのだ、と言う(11節)。ツロの仲間であるシドンも(12節)、そして人間の権力の象徴カルデア人の地、つまりバビロンも潰される。そして70年後、ツロが再び商業都市として回復し、栄えると預言される(15節)。もちろん人間のやることは変わらず、相変わらず権力者がのさばる時代となる。だが、その利益は、神の民のために用いられるようになる、と言う。言いたいことは、人間の計算とは違う所で物事が動く、ということだろう。
当時の国際情勢の中で、弱小国のユダ南王国がアッシリヤと同盟を組まず、アッシリヤの庇護も受けずに、自立の道を歩むなど無謀以外の何物でもなかった。アッシリヤの傘下にいれば、国の存続は守られる、と誰もが考えたであろう。だが、そのアッシリヤの動きを許し、ツロやシドン、そしてバビロンを破壊されるのは他ならぬ神なのだ。だからアッシリヤではなく、神をこそ恐れることが重要なのだ、という。人を恐れてはいけない。