ヘブル人への手紙11章

神の祝福を覚え、新しい契約に積極的に生きていくために最も大事なのは、神を信頼することである。それは、「望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させる」。具体的に、どのようにして?ヘブルの著者は、旧約聖書の具体例を挙げながら説明する。

第一に、アベルは信仰によって礼拝した(4節)。礼拝は信仰をもってささげる行為である。今日も説教に間に合った、今日の説教はよかった、物足りなかったではない。礼拝は、信仰をもって神を認め、神に近づき、神と良き時を過ごすことである。レビ記に教えられる礼拝は、ささげ物をささげる礼拝であるが、その本質は今日においても変わらない。聖めと献身の時であり、同時に労働の実をささげ、神の守りと祝福を喜ぶ時であり、さらに罪の赦しと恵みを感謝する時である。礼拝の中心に神が覚えられ、神に心傾ける時がなくてはならない。

第二に、エノクは信仰によって神に喜ばれる生き方をした(5節)。神を認めずして、神が喜ぶ生き方をするなど出来ないことである。エノクは、神がおられること、求める者には報いてくださる方であることを覚えながら、人生を歩みとおしたのである。なんと多くの人が、神を認めず、神に期待もせずに生きていることであろうか。

第三に、ノアは信仰によって家族を導いた(7節)。当時、地上に箱舟を建造したノアの行為は、奇怪でバカげたことと思われた。しかし、ノアはそれが家族の救いのために必要なことと認識し、最後までやり遂げた。彼は家長として必要な責任を果たしたのである。家長としての信仰者の務めがある。

第四に、族長たちの歩みは、まさに神を認めるのみならず、神の意志に従う歩みであった(8節)。アブラハムは神のみこころに自分をささげて歩んだ。だから約束された地に、息子のイサク、孫のヤコブと共に三代に渡って寄留者としてとどまり続けた。彼らが生きている間にその土地が所有されたわけではない。しかし、アブラハムは地上の繁栄に勝って、神が与えてくださり、神が立ててくださる都に住まう祝福を求めていた。人間の可能性ではなく、神の可能性にかけて生きていた。だから、「死んだも同然の人」から、海辺の砂のように数多くの子孫が生まれ、やがて、約束された地は彼らのものであることの揺るぎない保証を得たのである。不可能性の可能性の中に生きた族長たちがいる。

第五に、モーセは、信仰によって戦った(23節)。モーセは、エジプトの王子として王宮の安楽な生活をむさぼることもできた。しかし、彼は、そのような生活を拒否することを敢えて選択した。そして、苦しめる神の民と共に生きる道を選んだ。それは信仰によるものである。その結果、彼は、イスラエルの民に解放をもたらした。

信仰は、信仰者に正しい道を選ばせ、正しい歩みを導く。しかし信仰がなければ、私たちは肉のままに振る舞う。だから、地位や、名声、力、富、そうしたはかない楽しみに惑わされて生きることになる。信仰は、私たちの目を開き、はかない楽しみの惑わしではない、はるかにまさる大きな富に目を注がせる。信仰は、私たちの道を切り開き、神によって与えられたビジョンを実現する。

最後に、ラハブは信仰によって神に応答した(30-31節)ラハブは、遊女であり、イスラエルの敵であった。しかし、信仰によって偵察隊を穏やかに受け入れたので、イスラエルの剣を逃れた女性である。彼女を救ったのは、彼女の信仰であったというが、当時の彼女は、霊的真理についてはほとんど無知同然であった。イスラエルの神について、イスラエル人同様の知識があったわけではない。彼女が知っていたのは、神がイスラエルをエジプトから解放し、紅海に道を開いたこと、イスラエルが荒野を彷徨っていた時に神が他の国を打ち破ったことである。しかしそれだけの知識で「あなた方の神、主は、上は天、下は地において神であられるからです」(ヨシュア2:11)と神に従順を示した。神はそのラハブの信仰による応答を評価された。たとえ今、知っていることはわずかであっても、神の召しに応えるならば、神はそれを祝福される。

ヤコブの手紙1章

イエスをメシヤとして受け入れたユダヤ人の信仰者は、試練の中にあった。彼らは、これまでとは違うキリスト教信仰を軸とした生き方の故に、試みを受けていたのである。しかし、試みは信仰の成熟に欠かせない。そして、試練に乗り越えて成熟したクリスチャンは、一味も二味も違う生き方をする。

つまり、成熟した信仰者は、まず忍耐を働かせて物事に取り組む。脅威を身に受けた時にこそ、腹をくくることができるのである。忍耐は、困難な状況で神の側に立ち続け、前向きに事態や物事を変えていく力となるからだ。十分忍耐を働かせることができれば、泰然自若の性質を身に着けることができるだろう。

また成熟した信仰者は上からの知恵を求める。自分の知恵・知識など、役に立たないことなどいくらでも知っている。だから、その時その状況に応じて、天より新しい知恵を求めるのだ。そして神が惜しみなく、与えてくれる豊かな天来の知恵を喜び、楽しむこともできる。ソロモンがそうであったように、神は、とがめもせず、無条件に、気前よく自由に与えてくださる。だから困難を取り除いてください、ではなくて、この困難を乗り越える天来の知恵をください、と祈り求めることが大事なのである。そして祈った以上は、神を信頼していくことだ(6節)。信仰の成熟は、神に対する信頼の強さに現れる。まさにヘブル書で学んだように、信仰は、望んでいることを保証し、目に見えないものを確信させるのである(11:1)。

ヤコブの手紙は、非常に実際的な書であり、恐らく教会に現実的に起こっている問題を取り上げて、そこに考え方を示しているのであろう。9節からは、新しい主題、教会内において、身分の低い兄弟と、富んでいる人の混在によって生じる、人間関係の問題について触れている。確かに、両者は一般社会では相いれないものであり、その隔ての壁を打ち壊すのは難しい。しかし教会においては同じ兄弟姉妹である。だから身分の低い兄弟は、自分が高められる、自分が神にあって重要な存在であるという新しい自己認識をもたらすことを素直に誇りとすべきであるし、富んでいる人は、自己卑下という新しい感覚について受け入れるように勧めている。確かに富は、人間に間違った保障感覚を植え付ける。ありのままの裸のままの自分を重要であると理解せず、富んでいる自分が重要であると考えるのである。しかし、何かに依存している人間に重要さはない。まさに太陽の炎熱に枯れてしまう草のようなもので、人間は、裸の自分にこそ価値を見出すことができなくてはならない。それは、神との関係が正されてこそ、持てる感覚である。

次に、身分の低い者にも、富める者にも等しくある誘惑の問題。ここで言われている誘惑は、制御しがたい、内側からの情熱と欲望のことである。私たちがそのような誘惑に屈しやすいのは、試練にさらされる時なのだが、神は、私たちに強すぎる試練を与えられることもない。しかし、当時のユダヤ人には、神が試練を与えるからこそ自分はダメになるのだと言い訳をする人たちがいたようだ。しかし、問題は、私たちの側にある。誘惑に屈するのは、根本的に私たちの内なる弱さのため、私たちの問題である。だから、自分の弱さを弁え、道を誤らないようにすることだ。神は、たとえ私たちが道を誤っても引き戻し、すべてを益としてくださる。耐え抜いてよしと認められるなら、いのちの冠をほうびにいただく。

ともあれ、自分の内にあるものに注意しつつ、みことばを実践することが誘惑に打ち勝つ最良の策である、と心得、みことばを実行することに意を注ぐことだろう。神はみ言葉を実行する力を与えてくださる。その力を得るためには、聞き方に注意しなければならない。ただ文字に目を通すのではない、みことばを心に植えつけるような聞き方が求められている。神の語りかけに慰めを受け、感動と、喜びを感じるような読み方をすることだ。心に響いたことは実行されるからだ(22節)。実行できない人は、不注意に聞いている(23節)。

「宗教」(26節)は、儀礼や典礼や儀式によって外見的に表現されるものを言う。つまり、どんなに礼拝式が敬虔で荘厳になされても、それが生活と結びついていないなら空しい、見せかけに過ぎないという。それはクリスチャン生活の代用にはならない。神を愛する、神のみことばの弟子であることが、一週に一度の礼拝のみならず、日々の生活に現わされる歩みが大切だ。