1サムエル記12章

12章 サムエルの告別説教
<要約>
おはようございます。サムエルの告別説教となる箇所です。士師の時代は終わり、王がイスラエルをリードする時代となりました。しかし、大切なのは、士師でも、王でもなく、士師や王を立ててくださる神への信頼です。本質を見誤ることのない確かな信仰の歩みこそ私たちに求められていることです。今日も、その方に信頼し、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.サムエルの告別説教
 サムエルの告別説教である。イスラエルがサウルを王として受け入れた以上、サムエルは身を引かねばならなかった。これからはサウルがサムエルに代わってイスラエルの「先に立って歩ん」でいくのである。
1)指導者として真実である
それは、単に戦争をリードする以上に、公衆の前に生活し、指導者として正しい政治を行うことを意味した。だからサムエルは、自分がさばきつかさとして搾取したことも、わいろをとって富裕な者や権力ある者におもねることもなく、いかなる訴えに対しても負い目のないことを宣言する。指導者は、正しい生活と正しい政治を行うのである。
2)神は真実である 
次に、サムエルは主の真実さについて明言する(7節)。イスラエルの歴史、つまり出エジプト、シナイの荒野、カナンの侵入という歴史を通して、主は常に真実であったが、民はその主に不忠実であった。「彼らは彼らの神、主を忘れた」(9節)とその罪が指摘される。しかし、その不忠実にもかかわらず、彼らが神を呼び求めるならば、神はこれを赦し、救い出してくださった(11節)。イスラエルはいつでも主を忘れ、主に逆らう民であった。そのために苦しみに巻き込まれることがたびたびであった。しかし、そうであっても主を呼び求める時に、主は助けてくださる。主のあわれみはつきないことが強調される。読者に求められていることは、こうした過去の世代の出来事を自分と結びつけることである。かつての主の救いの業は、その当時のもので終わるのではなく、私たちのための導きなのである。
だからイスラエルが王を求めることは、「主を忘れた」行為であった。神よりもまず人を求めたことが誤りである。それは、神のみこころをそこねることであったが「あなたがたが主を恐れ、主に仕え、主の御声に聞き従い、主の命令に逆らわず、また、あなたがたも、あなたがたを治める王も、あなたがたの神、主のあとに従うなら、それで良い」(14節)という。神は恵み深いお方である。
3)神に真実である
最後に、主の大きなみわざを見なさいという。18節「小麦の刈り入れ時」というのは、5-6月ごろになる。イスラエルではすでに春の雨の季節は過ぎ去り、雨の降らない季節になっている。そこで雷雨を呼び求めて、雷と雨を下したので、イスラエルの民は、主とサムエルを非常に恐れたことになる。しかしこれはしるしであった。つまり民が見捨てた主のしもべサムエルを、主はお見捨てになっておられないこと、そしてサムエルが語ったように、呼び求めるならば、いつでも神はこれに応えてくださることを証しするしるしである。
大切なのは自分たちを導く王ではなく、王を立ててくださる神である。神そのものを認めていくことが私たちの繁栄を導くのである。サムエルが、退任にあたり、王に従えとは命じず、神に従うことを再三強調することに注意したい。そして悪を重ねるなら、イスラエルの民も、イスラエルの王もみな滅ぼしつくされると語ることに注目すべきである。「主に従い、わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい」(20節)「主がどれほど偉大なことをあなたがたになさったかを見分けなさい」(24節)。
実に、王は、主の軍の将の副将である。あくまでも王は、神の導きの下に、歩む者であり、サウルもその事実に心を留めていたならば王位から退かせられることはなかったことだろう。サウルの弱さは、民の弱さであり、また私たちの弱さでもある。私たちもまた、神よりも人、神よりもお金、神よりも物に心を留めてしまう。やはり具体的なものがないと、不安を耐えしのぐことができない性質がある。様々な恐怖に襲われると、八方塞な状況に置かれると、何か具体的な目に見えるものに頼ってしまうところがある。しかしそのような所で敢えて、目に見えない神の最善を信じ、「主を恐れ、心を尽くして、誠意をもって主に仕える」ことが信仰である。いつでも助けてくださるのは神である。いつでも助け手を送ってくださるのは神である。その事実を覚えて歩ませていただくこととしよう。そして、偉大なことをなさる主にこそ期待を持ち続けよう。

1サムエル記11章

11章 アモン人を打ち砕くサウル
<要約>
おはようございます。サウル王の最初の活躍が描かれます。これは、サウル王が、神に立てられた王である権威を明確にすると同時に、神ご自身が、そのご計画を遂行されることを教えています。神は何物にも左右されることなく、自らの計画を、確実に成し遂げられるお方なのです。今日も、その方に信頼し、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安 

1.サウルの王権をサポートする文脈
 10章から11章の間には、本文の欠落があると言われる。つまり、「さて」とはあるが、アモン人ナハシュの侵略の物語は、唐突である。欠落しているのは、約1ヶ月後のこと、アモン人の王ナハシュがやってきて、ガド人とルベン人を虐待し、右目をえぐり出した事件である。約7000人のイスラエル人がナハシュの手を逃れ、ヤベシュ・ギルアデに逃げ込んだのだが、10章は、ナハシュが追跡してきて、このイスラエル人に降伏を迫っている状況を描いている。
彼らは自分たちを救い出してくれる者を探したが、状況は絶望的であった。ヨルダン川の東側にあるこの土地に、西側の部族から助けが来る可能性は少なかった。以前エフタがこの地で戦った際にも、援軍は与えられなかった(士師11、12章)。ナハシュは、イスラエルに援軍を求めることを許し、余裕のほどを見せている。そして、この窮状はサウルにも知らされた。するとサウルに、神の霊が激しく下り、彼の怒りは激しく燃え上がったとされる(6節)。
いくつか士師の時代の指導者たちの活躍を思わせる記述が続く。サウルは、一くびきの牛を取り、切り分けて兵士を招集した。それは、かつてエフライムのあるレビ人が、そばめを殺されたことについて、イスラエル全体にその死体を切り分けて送り、さばきを求めたことに似ている(士師19章)。また召集された民を、三組に分けて戦う戦術は、ギデオンとアビメレクの戦いを思い出させる(7:16,9:36-37)
 つまりこの唐突とも思えるエピソードは、10章で、サウルの王権を疑問視する者に、それを証明する機会がついに与えられたことを伝えている。かつて、サウルが王となることについて、「この者がどうしてわれわれを救えよう」と言ってある者たちは軽蔑した(10:27)。しかしはからずも、サウルは、王としての指導力を発揮し、侵略者から実際に救う力があることを示す機会(10:27)が与えられていく。こうしてかつてミツパにおいて王としての宣言を受けたサウルは、すべての者によって支持されたわけではなかったが、今や、イスラエルのすべての者によって王権が認められていくのである。
それは、サウルが画策したことではなかった。神が計画されたことは、神自らが事を進めてくださる。実際サウルの招集は、主の招集としてイスラエルの民に認識された(7節)。事をなすのは主である。しばしば人は何の力があろうかと軽蔑してかかることがあるかもしれない。「サウルは黙っていた」(10:27)とあるように、私たちが自分たちを弁明することができない状況があったとしても、やがて、神がちょうどよい時に、引き上げてくださることを忘れてはならない。もし、不本意に足蹴にされることがあっても、「黙っている」ことが最善だ、という時がある。
2.主の権威の下にあるリーダー
サウルが王権を宣言されたギルガルはヨシュアの指揮下で、イスラエル人が始めてカナンの地に足を踏み入れた場所である。その地は、イスラエルを導かれた主を覚える場所であった。またヨシュアが主の軍の将の副将となった記念すべき場所であった。
そこで彼らは、サウルを「主の前に王とした」という。それは単に世俗的な王制国家を真似たものではなかった。サウルは主に立てられた王として、主の権威の下でイスラエルを統率する王として承認されたのである。この時点で、サウルやイスラエルの民には、形式は王制ではあっても、主の権威の下にある王としてその働きを進めるという姿勢が確認されているのであり、神はそのようなあり方を祝福してくださった、と言える。
 組織体として形は世の人々と同じであれ、教会のすることは、世のそれとは決して同じものではない。牧師は、リーダーとして立てられているかもしれないが、それはあくまでも主の権威の下で、一人一人の魂を導く牧会者として立てられているに過ぎない。そこに一寸の狂いもない牧会者であってこそ、神のみこころの働きを進めることができる。神の権威の下に、神と共に、働きを進める牧師であり、信徒でありたいものである。

1サムエル記10章

10章 主の霊に導かれるサウル
<要約>
おはようございます。サウル王の気持ちとは別に、サウルが王とされたことのしるしが一つ一つ確認されます。そして王を立ててくださる神を無視した民の現実が、明らかにされて行きます。私たちは物事の本質を見誤ってはならないのでしょう。私たちに王を備えてくださる神にこそ期待しなくてはならないのです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.サウルが王とされたしるし
突然降りかかった偉大な責任に、サウルの心はそれを受け止める十分な備えがなかったことは確かであろう。サムエルは、サウルが王とされたことの三つのしるしを告げていく。一つは、ラマのラケルの墓で、彼の父のろばが見つかったことを知らせてくれる二人の人物に出会うことであった。ラケルの墓は、現在ベツレヘムの北にあるが、それは十字軍によって建立されたもので、エレミヤがラマにあったとする聖書的な記述とは異なっている(エレミヤ31:15)。第二のしるしは、タボルの樫の木で、聖所に上る三人の人に出会うことである。4節、パンを受け取るというのは、サウルが主に油注がれた者として、聖なる者であり、聖なるパンを食べる資格があった、ということである。第三のしるしは、恐らく彼の町ギブアの高き所で、神の霊による力を受けることであった。6節「あなたは新しい人に変えられます」というのは、文字通りには「ひっくり返させられる、変身させられる」を意味する。果たしてこれらのしるしはみな成就した。「これらのしるしがあなたに起こったら、自分の力でできることをしなさい。」と言う言葉が印象的である。自分の力でできること、ギデオンもあなたのその力でいけと言われた。神は偉大な職務に召されるが、それは背伸びをしてするようなものではない。神があなたとともにおられる、という。
2.サウル王制のスタート
そこでサムエルは、ミツパに民を呼び集めた(17節)。そして語る。「ところで、あなたがたはきょう、すべてのわざわいと苦しみからあなたがたを救ってくださる、あなた方の神を退けて、『いや、私たちの上に王を立ててください』と言った」(19節)どうしてサムエルは神を退けて、と言ったのだろうか。すでにモーセの時代、「王を立てたいということが起こったならば、あなたの神、主の選ぶ者を、必ずあなたの上に王として立てなければならない」(申命17:14)と述べられている。つまり、イスラエルではサムエル以前に王制国家になる可能性が考えられていた。となれば神は、モーセの時代には肯定したが、サムエルの時代には心変わりしたのだろうか。いやそうではないだろう。現に、創世記17:6には、モーセ以前に神が、イスラエルを国家にし、王を立てると約束されている。つまりイスラエルが王制国家に移行するのは、歴史的必然性であるばかりか、神の元々のご計画でもあった。モーセは、国家設立の条件を語ったに過ぎない。
そこでサムエルがこの王の即位宣言をミツパで行ったことを心に留めるべきなのだろう。ミツパは、サムエルがイスラエルの民のためにとりなしをし、ペリシテ人に勝利し、イスラエルの領土を解放した記念碑、エベン・エゼルを立てた近くである。つまりサムエルは、ここまで彼らを導いた本当の指導者が神である、と明確にされた場にあって、その神よりも王に期待を抱いている民の現実に目を向けさせている。国家設立にあたり、イスラエルの民が神よりも、王を重んじ、王や国家に甘い期待を抱くことへの警告を与えているのである。
私たちはどこまでも、神ご自身に期待と信頼を寄せるべきなのだが、神よりも、目に見える何かに期待を寄せてしまいがちである。たとえば、色々と仕事がうまくいかないというので、転職をすれば、あるいは転勤すればうまくいくのではないか、と思う。それで仕事を変える。あるいは結婚して家庭を持ちさえすれば、もっと自分の人生は変わっていく、と考えてしまう。問題は、神よりも、神ではない何かに過剰に期待を抱き過ぎることにある。イスラエル人は国家を持ちさえすれば、今とは違うと考えたように。今はうまくいかないけれど、今の状態を変えれば、場所を変えれば、人を変えればうまくいく、というのは、単なる甘い期待であって、本当の解決ではない。神の導きに信頼することである。
イスラエルの民は、確かに他国並みに軍隊と官僚制度を組織し国家を持つ時にあった。しかし国家の命運を左右するのは、王の指導力でも、軍事力でもない。万物を支配し、導いておられる神である。そこを忘れて国家を建てようとしても、だめなのである。7節「このしるしがあなたに起こったら」とある。またサウルに勇者を付けてくださったのも神である(20節)。物事が動いていくように、働いてくださる神様ご自身にこそ私たちは期待しなくてはならない。神の祝福があってこそ、生活には豊かさが出てくる、喜びが出てくる、守られていく。よくしてくださるのは、主である。新しい仕事でも、伴侶でも、土地でもない、偉大なことをしてくださるのは、主である信仰に立たせていただこう。

1サムエル記9章

9章 最初の王サウル
<要約>
おはようございます。日々、日常性の中に神の導きやご計画や意志を感じつつ、歩むことが私たちに求められていることなのでしょう。神の存在を信じることから、さらに神の御心を知り、その御心に沿って生きる、これが信仰の本質というべきものです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.日常の出来事と神のみこころ
 イスラエル最初の王サウルが導かれ、選ばれる経緯が記録される。サウルの父キシュの雌ろばがいなくなった。サウルは、父に頼まれて、雌ろばを探しに出かける。しかし、それは、神が「あすの今頃、わたしはひとりの人をベニヤミンの地からあなたのところに遣わす」というサウルをサムエルに出会わせる神のご計画であった。
 しかしなぜ神は、このような面倒なことを仕組まれたのだろうか。単純に、サムエルに、最初の王サウルの正体を明らかにし、彼の元に遣わし、即位宣言をさせればよかったのではないか、とも思う。サムエルは最初の王が誰であるかを知らず、サウルも自分が初代の王と選ばれていることも知らずに、サムエルの所に導かれるのである。
ただ考えてみれば、信仰に生きるというのは、神の見えざる手に導かれた生活を送ることに他ならない。私たちのなんの変哲もない日常性の中に、明らかに神の導きがあるのであって、神と共に、その導きを生きることに他ならない。ただ、基本的に、私たちには日常的な事がらを霊的に見る感性に欠けているのが現実である。だから、信仰を持ったからには、神の支配が生活のあらゆる領域に及び、私たちの身の回りに起こることは、全て会社で起こることも、家庭で起こることも、一つ一つ偶然ではないことを理解し、全てに神の導きと支配があり、全ては神が私たちに持っておられる将来のご計画に繋がって動いていることを見抜いていく力を養わなくてはならないのである。雌ろばがいなくなったということが、サウルを初代の王とするための神のご計画であったように、日常性の中に、神の業はなされていく。
だから、神の事柄は教会で起こることだけ、と霊的なこと、俗的なことを分けていると、私たちの信仰は育たない。教会では、礼拝したり祈ったり、神のことばに耳を傾けたりと霊的に営むが、会社に行けば、そこは競争と戦略と、人間的、世俗的な営みである、と分離しているようでは、神の声を日常の中で聞いていく人生にはならない。信仰を持つということは、毎週日曜日の礼拝や聖書を読み祈る習慣を付け足す程度のことではない。それは、自分の人生を、神を中心に再構築することであって、生活の隅々にまで、神の支配を意識し、神の恵みを味わい生きていくことに他ならない。
2.神の不思議なる召し
 サウルは父の心を思いやり、初対面のサムエルに贈り物を心配するなど、常識感覚のある人のようではあったが、霊的な感性には乏しいところがあった。しかしそんなサウルが王とされるように助けられるために、神は一人の若い者を用いてくださっている。若い者は神の人サムエルを知っており、サムエルへとサウルを導くのである。私たちも同様に霊的な弱さがあるかもしれない。しかし、神は私たちをご自身の器として選び、私たちにご自身の働きをさせようとしておられる。私たちは、「つまらないもの」と自分を思うかもしれない。まして、突然人生に降りかかった新しい先行きの不透明な展開は、神の偉大なご計画とはいえ、恐れをなし、自分には全く不釣り合いな事態であると思うかもしれない。しかし、神のご計画は確実に始まっており、それは止めることはできなかった。もはや、サウルは従うのみであったのである。サウルと従者は、高貴な客人として迎えられた。
神のなさることは不思議である。神は、私たちの思うようなシナリオを描くことはない。この世の中ではあり得ないと思うようなことを、なさるのが神であるし、そこに、私たちの希望もある。そして、神は、私たちの不足を補って、ご自身の偉大なご計画を進められる方である。そして日常のあれやこれやに、神の意図がある。礼拝や祈りという宗教的な行為だけに神の意図があるわけではない。生活の一切に神の導きを感じる感性を持って歩みたいものである。

1サムエル記8章

8章 王制が求められる
<要約>
おはようございます。人間の先行きの見通しの悪さという問題があるものです。そうであればこそ、神に常に導きを求める心を持つ必要があるのでしょうが、なかなか人間は神の存在の現実感の中に生きることができないものでしょう。今日も、神をしっかり認める歩みをさせていただきたいものです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安 

1.サムエルの後継者問題
サムエルは年老いた時に、息子たちをイスラエルのさばきつかさとした。しかし息子たちは、父の道に歩まず、利得を追い求め、わいろを取り、さばきを曲げていたという。彼らは正義を守ることよりも、私腹を肥やすことに心を向けていた。エリの息子は肉欲に走ったが、サムエルの息子はお金を愛する者たちである。いずれにしても、主の任に不適格な者たちであった。そこでイスラエルの長老たちは、新たに王政の導入をサムエルに求めている。
サムエルにとってその要求は、極めて直截なもので、彼らの要求は自分を否定している、つまり自分が進めたリーダーシップの継承に異議を唱えるものだ、と感じられたのは間違いない。それは感情的にも受け入れがたいものであったことだろう。しかし、サムエルの立派なところは、彼が仲介者として誠実に主に伺いを立てていくところである。「サムエルは主に祈った」(6節)とある。
2.アイディア以前に主に向かう
すると、主はサムエルに答えて言われた。「民の声を聞き入れよ」と。神は、長老たちの要求を承認していく。ただ全面的に承認したわけではない。神は、彼らの考え方の足りない部分を指摘する前に、そもそもこのような問題をどのように処理すべきかを示している。「彼らはあなたを拒んだのではなく、わたしが王として彼らを治めることを拒んだ」と。つまり、サムエルの後継者である彼の息子たちが、サムエルの道を歩んでいないことについて、まず考えるべきことは、主の導きを求めることであった。他国並みに王制になればよいというアイディアの審議は、その後であった。彼らが求めるべきものは、王ではなく、主の裁可だったのである。不適格な人材がさばきつかさとして採用されたことに対する、主の正しい導きであった。彼らはサムエルの息子を問題にしたが、実際の問題は、イスラエルの民の主に向かう信仰の姿勢であった。
しかしいつでも、私たちの生活からは、主の存在感が薄くなり、主が脇に押しやられて物事の解決が図られていくことが起こりうる。何か壁にぶち当たると、そこでまず神の導きと助けを求めるのではなくて、目に見える助けについて、あれかこれかと考え始めて行動するのだ。まず主を呼び求める、この基本が私たちの姿勢にはなかなかならなかったりする。それがまさに罪人の姿、罪人の行動というべきものなのだろう。罪とは基本的に神を認めないこと、神のリアリティに生きることができないところにある。
2.王制の問題点
次に主は、長老たちが求めた王制について、彼らの考えの足りないところを指摘された。実に主は、イスラエルの民に対して丁寧である。王制の導入は良いことづくめの制度ではない。その導入において払うべき犠牲が起こりうる。王制は、結果的に、官僚と軍隊という政治機構を伴う。つまり税金、徴兵、徴用が必然的な結果となる。国家として物事が秩序づけられる利点はあっても、潜在的に誰がリーダーになるかで、リスクを伴う制度でもあるのだ。つまり、民は「王が私たちの先に立って出陣し、私たちの戦いを戦ってくれるでしょう」と王に対する過剰な期待を寄せているが、この段階では、まさか後に、家臣を自分の都合のために敵陣の前線に出して殺させる、ソロモンやダビデのような王が起こるとも、徴兵制が始まり、さらに耐えられない重税に課すようなレハブアムのような王が起こるとも全く予想もつかないでいた(1列王12:4)。人がリーダーシップを取るリスクを全く見通せないイスラエルの民に、人ではない、神の秩序の下にあることが大切なのだ、と神は、忍耐を持って教えておられる。だが罪人の見通しは暗い、と言うべきだろう。
サムエルに学ぶ点は、サムエルが神に聞き従ったことである。サムエルは、不忠実になりそうでありながら、最後的には神と語り合うことを選ぶ。罪人として道を踏み外しそうになりながらも、自分の思うところを主の耳に入れ、主の語られたことに従う、そのような正しい神との関係をサムエルは持っていた。神が求められることはまさにそれだろう。世の中がどうであれ、また他のキリスト者がどうであれ、常に神との正しい関係に生きることを最も大事なこととしていくことが私たちに求められていることである。今週も神のみことばによく耳を傾ける歩みをさせていただきたいものだ。