士師記13章

<要約>
おはようございます。今日は、大力無双のサムソン誕生の秘話とされるところですが、サムソンよりもサムソンの父マノアの信仰に注目すべきエピソードです。マノアの信仰と従順がサムソンを生み出したというべきであり、偉大なエピソードの背後に、隠れた歩みがあるということです。今日も、主の恵みに支えられた豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.大力無双サムソンの誕生
聖書は、神がイスラエルの背信の故にペリシテの力を強くし、彼らの手に40年間渡されたと語る。ペリシテ人は、BC15-13世紀に、エーゲ海よりパレスチナ海岸やエジプトに侵入した民族である。以降、彼らの名によってこの地域はパレスチナと呼ばれるようになった。またガザ、アシュドデ、アシュケロン、ガテ、エクロンに五大都市を築き、士師時代の後期からサウルの時代に至るまで、イスラエルの最大の強敵となった。
しかし神は、イスラエルがいつまでも苦しむままに放っておかれることはなかった。神は、ペリシテ人の影響力から救い出すために、大力無双の士師サムソンを起こされるのである。
2.ナジル人サムソン
その誕生のエピソードが、詳しく描かれる。一人の不妊の女がみごもり、ナジル人として育てられていく、経緯である。
ナジル人は、「主のものとして聖別された者(民数6:2)」を意味するが、そのように育てられるために、三つの禁令がある。酒を飲まない、汚れた物を食べない、頭にかみそりを当てない、である。そのほか、死体に近づいてはならないという禁令もある。これらの節制は両親にも同様に求められる。なお、ナジル人としての請願は、一定期間のものと終身のものがあり、サムソンは明らかに終身のナジル人であった。
ただここで興味深いのは、マノアの妻と称された不妊の女に明かされた神の将来の計画が、マノアにも繰り返されたことだろう。ギデオンの時もそうであるが、神は、しるしを求める不信仰な小さき者に、丁寧に付き合ってくださっているのである。まさに自分の目で確かめたいと願う、出遅れ感満載の夫マノアは祈っている「ああ、主よ。どうぞ、あなたが遣わされたあの神の人をまた、私たちのところに来させてください。私たちが生まれてくる子に何をすればよいか、教えてください。」(8節)神はマノアのこの言葉に応答された。
3.不思議な神
 神は人の生涯を用いて、偉大なご自身の業をなされる。ただ、それは実に理解しえない形で、私たちの合理的な思考を超えて起こってくるものである。というのも、ペリシテの圧力に苦しむイスラエルを、なぜ神はギデオンのように即戦力となる人物を立てて戦争を始められなかったのか。なぜわざわざ、赤子のサムソンを誕生させ、サムソンが成人するまで悠長なことをされたのか。しかも、そのサムソンを登場させるために、なぜ敢えて不妊の女、マノアの妻を選ばれたのか。そしてなぜ、神が定めたナジル人の期待どおりには生きようとしなかった、罰印だらけの性質に満ちたサムソンを選ばれたのか。
主の使いは、マノアの問いに答えて自分の名前は「不思議」だと語った。まさに神のなさることは「不思議」である。しかしそうであればこそ、私たちには希望がある。人が見捨ててしまう状況を神は決して見捨てない不思議な方である。また動かしがたい、今の状況の中に、神の導きがあり、時至れば神のご計画が一気に実行されることをも期待することができる。ある日突然ではない。今じわじわと物事が進行している。神の業が不思議にも進んでいることを期待することができるのだ。だからこそ、神の不思議が私たちの人生に豊かに表されることを願い「主よ、何をすればよいか、教えてください」と率直に祈ることも大切なのだろう。主の使いの預言は成就し、不妊の女、マノアの妻は男の子を産んだ。男の子は、「太陽の人」を意味するサムソンと名付けられ、神の使命を果たすべく特別な祝福を受けて成長していく。
神は、マノアだけではない、私たちにも何事かをなさろうとしている、と信じることはおかしなことであろうか。神は私たちが、自分たちの我欲に突き動かされた目先の事柄に熱中する、自分を楽しませるためだけの小さな人生を生きてしまうことを願っておられるであろうか。そんなことはないだろう。主がなさろうとしていることに加わる気持ちを持つことは全く正しい。だから主に聞くことだ。主は問いかけるならば明らかにされるだろう。そして主に与えられた使命に心を向けた歩みをしていきたいものである。