1列王記18章

18章 バアルとエリヤの対決

<要約>

おはようございます。バアルとエリヤの対決は、前後の文脈の中で、神のことばを軽んじ、神に背を向けていくイスラエルの歴史において、明確に神の存在を認めさせ、神の元に立ち返らせようとした出来事として理解されるべきものでしょう。神は確かに生きておられるのであり、私たちは、どこにあってもこのまことの神を畏れて歩むべきなのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.イスラエルの飢饉、神の言葉の実現

イスラエルの王も民も、雨を降らせる神バアルを拝んでいた。実際、バアルを拝むことが、雨を降らせ、作物を実らせるように思われる時が続いていたのであろう。しかし、バアルではない天地を支配するまことの神がおられる、その神が雨を降らせない、と語るエリヤのことばは現実のものとなった。二年、三年と雨が降らない事態が生じた。大地は干からびて、人々の生活に支障が出始めた。生活だけではない、当時は、馬やロバが軍事力の中心であったが、そのような馬やロバに食べさせる草がない、飲ませる水がない。つまり戦乱の時代にあって、軍事力が弱体化していく国家存亡の危機が生じていく。実際、この時、北ではシャルマネセル三世がアッシリアを拡大膨張させ、シリア地方に侵略を繰り返し、イスラエルは、ダマスコやハマテ、他12か国との同盟軍に参加するため、2000輌の戦車を常備しなくてはならない事態にあった。こうして王は、自ら危機感を感じ、牧草地を見つけに出かけていくのである。

アハブは、イスラエルの地を巡り歩いた。そして旱魃の深刻な状況を目の当たりにすることになったが、それでもアハブは神のことばを認められずにいた。先の未亡人は神のことばの成就に、神が生きておられることを認めた(24節)。しかしアハブは違う。不思議なことであるが、これもまた人間の現実なのだろう。どこまでも悟ることができず、神を認められない、頑なな罪人の現実がある。

他方アハブの家臣にオバデヤという人がいた。オバデヤは主を恐れ、主の預言者たちを残虐なイゼベルの手から救いだし、匿っていた。エリヤは、このオバデヤを通じて、アハブとの会見を申し出る。アハブはエリヤを見るやいなや、誤解と憎しみのことばを発する。神を認められないアハブは、エリヤを攻撃している。神を認められない人は、いつでも同じことをしている。目の前の人を攻撃すること以外に考えが及ばないのである。

2.カルメル山の対決

そこで、エリヤはアハブの目を覚まさせるため大がかりなイベントを提案した。カルメル山頂でバアルの預言者と対決することである。またエリヤは、同じように神の存在を認められないでいる民にも、態度をはっきりするように警告した(21節)。こうして、信頼すべき神がどなたであるかを明らかにする対決が始まった。

この戦いでエリヤはことごとく不利な状況を設定する。エリヤは、カルメル山、つまり、イスラエルの神ではなく、カナンの異教の神々の聖地を対決の場とした。また850人の異教の預言者にたった一人で立ち向かった。さらに先取権を譲っている。最後にエリヤは祭壇に水をかけ、簡単には火がつきようもない状況を設定した。それらは、生ける全能の神の存在を見間違うことなく明らかに示す工夫で、全く勝ち目のない勝負に出たのである。そして「主こそ神です」という結論を引き出した。エリヤは勝利した。

今日カルメル山頂には、剣を振りかざしたエリヤの像が設置されている。観光の名所で、全世界からキリスト教徒のみならずユダヤ教徒も訪れる場所であり、一種出会いの場ともなっている。いつかは、米国からの牧師に声をかけられ、名刺を交換したこともある。しかし、カルメル山は、アハブにとって、天地創造の、万物を支配されるまことの神に出会ったはずの場であった。しかし、アハブは激しく打ち付ける主による大雨にも関わらず、神を認めようとしなかった。不信仰の頑なさの根は深い。

一方信仰が堅くされることもある。エリヤの祈りは、七度確認されている(43節)。一度や二度の祈りでは雨が降る気配すら起こらなかったということである。しかしエリヤは信じ、七度祈りを重ねた。信仰の堅さもまた神の賜物である。主が私たちの祈りを堅くされるように。

1列王記17章

17章 アハブ

<要約>

おはようございます。12章から始まる分裂王国時代の、歴代誌には描かれない最も重要なエピソードが取り上げられて行きます。神のことばに聞いたダビデ、神のことばから離れていくソロモン、そして神のことばに背を向ける王たちに、神の存在と神のことばを示し続けるエリヤ・エリシャ、という流れがあるというべきでしょうか。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.アハブ

アハブ王はイスラエル人ではなかった。しかし神はこの王を退けず、むしろ、この王にまことの神の存在を知らせるために、預言者エリヤを遣わした。神は全人類の神であり、イスラエルを選ばれたのは、イスラエルを通して全人類を祝されるためなのである。

この時代イスラエルは、隣国のフェニキアと外交関係を結んでいた。イスラエルの農作物を輸出し、フェニキアの手工芸品を輸入する、いわば、パレスチナ地方で共存共栄の関係を結んでいた。だからフェニキアの王の娘イゼベルを妻として迎えたのは、外交関係を強固にする政略結婚という意味があったのだろう。しかし、このような政略結婚は、必然的に、フェニキアの宗教であったバアル礼拝をも取り入れることになった。そして、イスラエルの預言者を皆殺しにして、全てをバアルの預言者にすげ替える結果を生じさせたのである。

非イスラエル人が王となることによって生じたイスラエルの危機である。イスラエルの伝統が全て否定され、フェニキア化されようとしていた。かつてエジプトからイスラエルを連れだし、守り導いてくださったシナイの神、天地創造の神への信仰は失われ、その状況に警告を発する預言者も失われようとしていた。しかし、神は、このようにイスラエルを破滅させようとする非イスラエル人の王アハブを回心に導かれようとする。そしてご自身を力強く現された。聖書史の中で、奇跡が集中した時代がある。モーセ、エリヤ、そしてイエスの時代である。それは、天地創造の神に対する信仰が最も危機的状況に陥った時代である。呼吸停止・心停止の人間に電気ショックを加える救急処置のように、奇跡が用いられている。それは非イスラエル人もイスラエル人も皆、神を仰ぐようになるためであった。神は万人の神である。

2.神とはどんなお方か

最初に、自然を支配する神を明らかにする奇跡がとりあげられる(1節)。神のことばによらなければ「露も雨も降らない」という。パレスチナの降雨は一定のリズムがあり、日照りで固くなった土を軟らかくする10月末からの先の雨、1,2月の冬の雨、そして、収穫豊かにする3、4月頃の後の雨がある。エリヤの宣告は、そのリズムを止め、自然を支配するまことの神の存在を伝えるものである(アモス4:7)。バアルは、パレスチナの土着の宗教であり、自然を支配し、雨をもたらし、農耕の繁栄を約束する神として崇拝されていた。アシェラ、並びにアシュタロテは、バアルに対する女性神で、いずれも多産・豊穣の神である。このような宗教は、農耕を主体とするイスラエルには、馴染みやすく、一挙に受け入れられた。そこで「雨を降らせない」奇跡は、明らかに、バアル崇拝に対する挑戦となった。エリヤは、ケリテ川のほとりに身を隠した。そこは、ユダの領地である。

また第二の奇跡は、ツァレファテで行われた。そこは、アハブの義父の領地であり、エリヤは、バアル礼拝の最も盛んな地で、神の力を示した。「かめの粉は尽きず、つぼの油はなくならない」(16節)と、貧しいやもめの生活が守られる奇跡である。最初のものに比べれば小さなものである。しかし、最初の奇跡は有るものを無いものとすることであり、この奇跡は無いものを有るものとする奇跡である。主は自由自在に、みこころのままに取り、与えるお方である。

最後の奇跡は、貧しいやもめの息子を生き返らせる奇跡である(17-24節)。命を支配し、人間の不可能性を超えた神の存在が示されている。神は有るものを無いものとし、無いものを有るものとし、いのちをも支配される。その神のことばに信頼していく、それが信仰である。

1列王記16章

16章 バアシャからオムリまで

<要約>

おはようございます。北イスラエル王国の歴史が綴られます。オムリ王朝は、三代、約40年以上続いた王朝です。しかし、その著者は、その創設者オムリについては、書くべきものがないと考えたのでしょう。わずか7節しか触れられていません。著者の意図は、神との正しい関係を考えることにあると言えるでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.北イスラエル王国

北イスラエル王国の歴史が綴られる。北イスラエルは、エフライム族のヤロブアム王朝の後、イッサカル族のバアシャ王朝へと引き継がれていく。しかしバアシャ王朝も、神の前に罪を犯し、神のみこころを損ない、ジムリの謀反によって倒れ、オムリ王朝へと引き継がれていく。次々と王朝が変転する中、神は、みこころにそぐわぬその王朝の歩みに対して、預言者エフーを起こし、警告を発せられてきた。

神との関係においていかに生きるか、ということはとても大切なことである。人は自分たちをお造りになった神を認め、畏れ、神のことばに耳を傾け、神の前に正しい歩みを心がける者として造られた。神が何を期待し、語られているのかに心を留めて歩いていく者として存在させられた。神と良き時を過ごす、神と時間を共有することが全てである。しかし、実際には、神をあまり重要視もせず、ヤロブアムのように神をお飾りにし、あるいは背を向け、自分の目に見えてよき人生を歩もうとしていることが多いものだろう。バアシャもこのヤロブアムと同じ道を歩み、ヤロブアムの裁きを受けていく。神を信じて歩んでいる、というのであれば、いつでも神のことばを自分の前に置くべきであるし、朝毎に神のことばに耳を傾け、まずは神の御心を巡らす歩みを心がけたいところである。

2.ジムリ

ジムリはアラム系の名前で、恐らく、イスラエルの部族の出身ではなかった、と考えられている。彼は、戦車隊の半分を指揮する戦車隊長であったが、この時、将軍オムリが率いる主要部隊は、南ユダの国境近くの町ギベトンにいた。ジムリは、北イスラエルの中心部、ティルツアにおり、おそらくユダ攻撃に備えていたのであろう。そこで酒に酔っていた王を討ち取ったのであるから、明智光秀の三日天下とも言うべき束の間の栄光である。王として君臨したのはわずか7日、将軍オムリによって打ち倒されていく。

3.オムリ

オムリも非イスラエル人と考えられている。彼は単に将軍オムリと語られ、その家系は記されていない。恐らく、彼は王族の出身ではなく、卑賤あるいは領土を持たない成り上がり者であったのだろう。こうして北イスラエルでは、イスラエル民族ではない者が王となっていく。だからこそ、「彼以前のだれよりも主の目に悪であることを行った」という、悪の深まりもあったのかもしれない。彼はイスラエルにバアル礼拝をもたらした。イスラエルには、まことの神がおられるのに、それをあからさまに否定する行為である。イスラエルの歴史に神がいかに介入されたかを知らない者が、王となることで、ますます大胆にイスラエルの国民を神に反逆する歩みへと導いていくことは、よく理解されることである。列王記の著者は、三代、40年以上も続いたこの王朝に、全体の三分の一の頁を費やしているが(1列王16~2列王12章)、この王朝の創設者であるオムリについてはわずか七節しか当てていない。著者の関心は、この王朝に関わり、神の存在と力を明らかにしたエリヤとエリシャの活躍に向けられ、単なる王朝の興亡ではなかった。著者の趣旨は、読者に神との関係について考え、生きることを求めることにある。

3.アハブ

オムリの子アハブは、イスラエルにバアル崇拝を広めてしまった。バアルは、カナンの地における偶像であり、豊穣の神であった。荒野の放浪の旅を終えて、カナンの地に農耕民族として住み着いたイスラエル人にとって、それは非常に受け入れやすい神であり、その神殿におけるいかがわしい儀式も、民の欲望に訴えるものだったという。敬虔な伝統と習慣は真っ向から否定され、神の民は、それを失ってしまった。

しかし、私たちが神の民としての歩みをしようというのなら、その敬虔な伝統と生活習慣を思い起こさなくてはならない。彼らは素朴なアブラハム、イサク、ヤコブの精神を思い起こし、ダビデの罪やソロモンの逸脱から学ばなくてはならなかったが、それは、今日のキリスト者も同じである。私たちが良き、キリスト者の伝統に生きていることを自覚し、先輩の成功からも失敗からも学ばなくてはならないのである。

パウロは、テモテに「あなたは、学んで確信したところにとどまっていなさい。」と語った。神の前に忠実に歩むことは、歴史的なことである。伝達し受け継がれてきた部分を大事にする歩みでありたい。そのような意味では、積極的に聖書が私たちに何を語っているか、神と良き時を過ごすことを大事にしていきたい。

祈祷会は祈りの場であり、聖書のみ言葉を共有し、ただ心を合わせて祈ることがその本質である。礼拝は、神を覚え、神に共に栄光を帰し、神の御名を賛美し、神の御心に生きる決意をして後にするのがその本質である。交わりも大切であるが、何よりも神を中心とし、神を共有する時を、集まるたびに大事にしたい。

1列王記15章

15章 アビヤムとアサ、ナダブ

<要約>

おはようございます。ユダの王の歩みと、イスラエルの王の歩みがそれぞれ語られて行きます。ユダの王に関して注目すべきは、「ダビデに免じて」というキーワードでしょう。実に、「イエスに免じて」と読み替えるべき、重要なキーワードです。今日もイエスに免じて、守られてあること、主に善き者とされていることを覚えたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.悪王アビヤムとダビデによる守り

ヤロブアムの後を継いだアビヤムは、神のみこころに従わない悪い王であった。しかし聖書は、「しかし、ダビデに免じて、彼の神、【主】は、彼のためにエルサレムに一つのともしびを与えて、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。」(4節)という。

これは私たちにも言えることである。私たちもアビヤムと同様、神の前に日々不誠実な者である。しかし、イエスに免じて、私たちの神、主は、私たちに一つのともしびを与え、私たちの歩みを堅くされている(エペソ1:3)。イエスが、主の命じられたことに従い、十字架にご自身をささげ、全人類の贖いをなしとげられたことに免じてである。イエスの十字架に、私たちの人生の全てがかかっているのだ。私たちはイエスに免じて、神の前に恐れることなく立つことができるのであるし、イエスに免じて祈りをささげることができるのであるし、イエスに免じて礼拝し、奉仕し、日々の証しをすることができる。そしてイエスに免じて、主の祝福を受け継ぐ者となっている。実に、イエスがあるからこそ、今の私たちは神ののろいではなく祝福を期待することができる。

しかも、ダビデは神の前に汚点のある人間である。神がそのダビデに免じてというのであれば、全く聖い神の子であるイエスに免じる神の約束は、決して反故にすることのできないものである。

2.善王アサ

アビヤムの後継者であるアサは、神のみこころに従う善い王であった。彼は41年間王であり、神殿男娼を国から追放、偶像を取り除き、母を偶像崇拝の罪で皇太后の位から退けるなど、宗教改革を実施していく。「アサの心は生涯主とともにあり、全きものであった」と著者はアサにプラスの評価を与えている。そして、アサがアラムと同盟関係を結んだこと、また両足が病気になって死んだことを補足している。興味深いことは、歴代誌の著者とは、書き方が異なっていて、同盟も病気も、無色透明に描いていることである。

つまり、歴代誌の著者は、アサがアラムの王ベン・ハダドと盟約を結んだのは、国の安全のために神よりも人間的な手段に寄り頼んだためであること、そして、列王記の著者が割愛したこと、アサが自分の政策に反対する者を弾圧し、神の守りよりも人間的な同盟に、安心を得ようとしたことを明確にしている。そして彼がその晩年両足が病になった時に、主を求めなかったことを明確にしている(2歴代16:7-12)。列王記と歴代誌では、アサに対する著者の評価が異なっている。それは、アサの生涯のどの時点に評価を置くのかという問題であったのかもしれない。アサの生涯の最初に注目した列王記の著者と、その後半に注目した歴代誌の著者、それぞれの著者の意図の違いがあるというべきか。「ダビデに免じて」アビヤムの生涯があったとすれば、「ダビデに免じて」アサの生涯もあった、ということなのかもしれない。理解に苦しむところである。

3.ヨシャファテ、ナダブ、バアシャ

神はかつてヤロブアムの罪を裁かれることを宣告された(14:10-16)。ヤロブアムは、まことの神を捨て去ったが故に、その家は絶ち滅ぼされ、墓に葬られる者はないとされた。実に、ヤロブアムの子ナダブの時代に謀反が起こり、ヤロブアムの全家は一人残らず根絶やしにされた。神のことばは生きている。神のことばが無に帰すことはない。しかし、人間は神のことばを恐れない。バアシャはヤロブアムと同じ罪と愚かさを繰り返している。神の裁きは遅々として進まないように見えるものである。しかし、それは、臼がゆっくり動いても確実に穀粒を砕くようなもので、やがてその結果は明らかになる。神をあなどることはできない。

真に神を畏れる心を持つことができるように。真に神のことばが生きていることを覚える心を持つことができるように。今日も主のことばを心から味わうことができるように。神の前に目を覚まして歩ませていただくよう、祈っていこう。

 

1列王記14章

 

1列王記14章 イスラエルとユダの最初の王

<要約>

おはようございます。私が最近考えていることは、神が私たちの状況に何もしてくださらない、というのではなく、神の偉大なご計画に対する忍耐を失ってはならない、ということです。そのような意味で、神がおられることは確かであり、神が私たちのために善をなそうとしておられること、その機会を待っておられることを信じることはよいことです。それでは、今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ヤロブアムの子の病

北イスラエルの王ヤロブアムの子が病気になった。ヤロブアムは、主の預言者アヒヤに子どもの病気について助言を得ようとした。ヤロブアムはイスラエルに多くの異教の神々を持ち込んだが、結局、それらが助けとなることはなかった。窮地にあってそれらは、彼に何も語らなかったのである。最終的に彼は、万物の主、天地創造の神へと戻っていく。そこで彼は、妻に変装をさせて、預言者の助言を得ようとした。おそらく、その方が、本当のことを話してもらえる、と思ったのだろうし、また、万が一王の妻と知られ、後継者が病にあることがわかったのなら、謀反が起こりかねない可能性に注意したのだろう。

しかし、神の前に変装は通用しない。実際、アヒヤは年をとって視力も弱っていて、変装しようとしまいとヤロブアムの妻とはわからない状況にあった。また、彼女が持参した贈り物は、彼女の身分を匂わすものであったが、アヒヤは、彼女がその贈り物を出す前に、神によって、ヤロブアムの妻が訪れることを伝えられている。

2.アヒヤの宣告

アヒヤは、彼女の訪問を受け入れ、神の言葉を伝えた。語られたことは、厳しいことばであった。それは、息子に対する善いニュースと、ヤロブアムの家に対する悪いニュースの二つである。息子はヤロブアムの家でただ一人神のみこころにかなった者であるという(13節)。だから神はその息子がヤロブアムの悪の巣窟のような家庭で育つことを許さないばかりか、ヤロブアムの家庭の中でただ一人墓に葬られる人となることを告げる。そして、ヤロブアムの家族は誰一人墓に葬られることもなく、絶ち滅ぼされることが告げられる。それは、確かにやがて成就するものとなった(1列王15:25-30)

ヤロブアムの悪は、9節、異教を導入し、まことの神を捨て去ったことにある。そして彼が、選んだ神々は、彼の窮地を救うことができなかったのである。

3.ユダのレハブアム

またソロモンの後、ユダ王国では、レハブアムの時代となっていた。ユダ王国は、神に対する不信仰の故に力を失っていた。この時代にパレスチナに遠征し、パレスチナを征服した第22王朝エジプト王のシシャクの記録は、テーベのアモン神殿に彫刻されて、その史実性に間違いはない。彼は、ガザ、アラド、アヤロン、ベテ・ホロン、ギブオン、ティルザ、ベテ・シャン、タアナク、メギドなどパレスチナを縦横に占領し、まず南のユダ王国に圧勝し、エルサレムにまで迫っていた。ユダの王レハブアムは、エルサレム神殿の財宝のほとんどをシシャクに明け渡すことでエルサレムの破壊を免れている。シシャクは北のイスラエル王国にも勝利を収め、ギルアデにまで遠征、イスラエルの王ヤロブアムを追いつめている。ソロモン王国の繁栄は跡形もないほど蹂躙され、ほぼ壊滅状態になった、ということだ。ソロモン王は、知恵者と言われるが、彼が本当に知恵ある人間であったなら、自分の代で、王国を滅ぼすようなことはしなかっただろう。彼の知恵はやはり与えられたものに過ぎない、彼が知恵を与えられた方に敬意を示さなかったことが結局、このようになった、ということを理解させられるところである。

私たちは、全てを備え、全てを導かれる神の前に謙虚に歩まなければならない。神のみこころに生きる緊張感を保ち続けたいところである。いつでも神に心を向け、レハブアムのように形ばかりのクリスチャンではなく、またクリスチャンぶるのでもなく、あるいはヤロブアムのように困った時に神の元に駆け込むような者でもなく、いつでも真に神と共に歩み、豊かな実を結びつつ歩ませていただこう。