2サムエル記13章

13章 ダビデの罪の結果
<要約>
おはようございます。聖書を読む場合には、どうしても私たちは自分の感情や、自分の経験に引っ張られて読んでいることがあるものです。そういう意味で、多くの説教は、個々のスキャンダラスな物語に集中しがちです。けれども、全体の流れの中で、本章は、ダビデの王位継承の問題が、急遽起こってきたと読むべき箇所なのでしょう。その流れをつかんだ上で神のメッセージを読み解くことが大切なのでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.王位継承の問題
「思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります」とパウロは語っている(ガラテヤ6:7)。実に、ダビデの罪は赦された。しかし、ダビデは、家族崩壊の危機に直面した。ダビデの過ちが、子どもたちに影響を与えていく。
神は、人の罪を赦される時に、全くその罪を忘れ去ってくださるのではないのだろうか。それなのに、どうして人は自ら蒔いた種を刈り取らされ、どこまでも償いを迫られ、そのために苦しまなければならない羽目になってしまうのか。神は、本当に人を赦しておられるのか、と思われるところであろう。しかし、人は、往々にして償うべきものは償わなければならないし、それが償いきれない事態に直面させられるのであり、悲しいかなそれが人間社会の現実である。神が罪赦してくださっていることは確かではあるが、人間社会の冷たさの中を凌がねばならない時もまたあるのだ。「剣が彼の家から離れない」というナタンの預言は、ダビデにとって現実のものとなり、彼はどこまでも神の裁きと責めの止むことのない、苦渋の日々に放置されることになる。
またしばしばこの箇所は、「蛙の子は蛙」と言われるように、世代循環する罪人の現実を説明する例であるとされてきた。しかし、親の罪と子の罪は、本来無関係である。どれほど似たような罪を犯すことがあっても、人間はそれぞれ独立した固有の存在である。姦淫の罪を犯した父親の子どもが必ずしも姦淫の罪を犯すわけではない。大酒飲みの親に生まれたからといって、必ずしもその子供も大酒飲みになるわけではない。先例の影響は確かに大きいとしても、それぞれが神の前に罪を犯すのであり、父の故に子が罪を犯すことはない。
だからこの箇所は、色目をもって世代循環を物語っている、と読むべきものではなく、単純にイスラエルの国に起こった後継者問題がどのように進行したのかを理解すべきものなのだろう。つまりダビデの後継はいずれ考えられなければならなかったが、それは突如、誰の目にも不本意な形で生じてしまったのである。自然な流れとなってではなく、急遽、荒っぽい形で、それは考えられなければならない問題として起こってきた。しかも、神の導きを求める形ではなく、神の共同体の中に、忌まわしいダビデとヨアブの組織的犯罪が起こった続きとして、誰もかれもが、世俗的に、人間的にこの後継者問題に対処しようとしたのである。
2.アムノンの死とアブサロム
アムノンは一族の長であり、形の上では王位後継者であった。そのアムノンが殺される。ただその経緯が、ゴシップ風に語られているので、私たちの興味関心は、彼が犯した罪に目が向きやすいことになる。ただ聖書の意図がそこにあるとしたら、既に述べたように、それは、ダビデのみならず、ダビデの家族も皆、神から心が離れている霊的状況を指し示すためであったと思われる。かつて一瞬一瞬神の導きを求めた、ダビデの姿は、もはや描かれていない。そしてダビデは、アムノンに、父としてその罪を指摘し関わることもできずにいた。彼は激しく怒っても、正しいことをなせずにいた。
タマルに起こったことは、あまりにも痛ましいが、実のところ、それは社会の片隅の出来事に過ぎない。それは一個人にとっては、忘れがたい、苦渋に満ちた事件ではあったが、世間からすれば、その後の彼女は一人で侘しく暮らしていた、と書き留められるに過ぎないものであった。実際彼女のことは、世間には忘れられて二年の月日が経ったとされる。ただ、タマルの兄アブサロムは、妹の痛みを決して忘れてはいなかった。そして復讐の機会を虎視眈々と狙っていたのである。そしてその時が来て、一挙に物事が動いていく。本章に描かれているのは、まさに神と共に歩むことのできない下界の人間の悲劇である。そこに、神の存在は、微塵にも意識されていない。
私たちの日常もそのようになることはあるだろう。しかしどこかで、そのような日常性、世俗性の中から私たちは救い出されなくてはならない。世間が赦さないとしても、また受け入れがたい自分がいようとも、神が赦してくださった事実に立ち続けるのである。そして私はこういう罪を犯したから何も言えないではなく、こういう罪を犯したけれども今の私はこうしたいと思う、と語ることである。自分の罪を棚にあげてとか、あるいは、自分の愚かさをわきまえずにというのではなく、神にあって新しく生きることは、きちんと自分の罪を認めることであり、悔い改めた以上は、神が忘れてくださったものを忘れて、神の言葉に生きることである。いつまでもサタンは、私たちの罪を思い起こさせようとする。そのサタンの策略に捕えられてしまったら、いつまでも新しい人生を歩むことができない。そして真に必要とされる、助言も、叱責も何一つできない者になってしまうだろう。だから、私たちは、罪を悔い改めたならば良い意味での健忘症にならなくてはならない。
いつまでも自分の罪を覚え、自分を弄繰り回すことは止めることである。新しい人生へと促される神を私たちの生活の中から締め出してはならない。今日、心を整理しよう。忘れるべきものを忘れさろう。そして、神が赦してくださったところに完全に立って、新しい歩みをさせていただくこととしよう。

2サムエル記14章

14章 ヨアブとアブサロムの画策
<要約>
おはようございます。ダビデ王朝に起こった、王位後継の問題の中で、そこになんとか風穴を開けようと人間的に動いたヨアブ、また良い方向にこれを向けようとしたアブサロム、それぞれの動きの中で、本当に大事にすべきものは、聖霊の導き、神の介入であることを教えられるところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ヨアブとナタン 
ダビデは、神に悔い改めたが、その霊性はまだ回復されてはいなかった。というのも、ダビデは、アブシャロムに対して敵意を抱いていた(1節)。敵意を抱く心が霊的であるはずがない。見かけは信仰深く見えようとも、内側に敵意を抱いている人に神が臨在されるだろうか。神は霊であり、心を見られる。神は、敵意ある心と共に住まうことはできない。単純なことだが、人はその矛盾に気づかぬことがある。
 ともあれ、物語は、神不在のままに進んで行く。そしてヨアブが事の成り行きを変えようとした。彼の入れ知恵は成功し、アブサロムはエルサレムに引き戻された。しかし、事態は、それ以上には進まなかった。そこで引き戻されながら二年間謹慎処分とされたアブサロムが今度は動き始めた。度々使者を遣わしても、動こうとしなかったヨアブに、アブサロムは、業を煮やしたのである。
ヨアブは、なぜ父子の和解に手をつけながら、それ以上関わろうとしなかったのか。父ダビデの心の頑なさと敵意の激しさを感じ、エルサレムにアブサロムを戻したはよいが、これ以上関わらない方が身のためだ、と思ったのだろうか。あるいはアブサロムを引き戻してみたが、引き戻すほどの人物でもなかったと悟り、それ以上動くことも躊躇われたというのだろうか。いずれにせよ、ヨアブは、人間的に画策したのであって、聖霊の導きの中で行動したわけではない。ダビデに対してナタンがしたことと(2サムエル12:1-6)本章でヨアブがしたこととの差はそこにある。
2.根本的な解決の原則
ナタンがダビデに求めたことは罪の悔い改めであった。しかし、ヨアブがダビデに求めたことは、悔い改め抜きの和解である。人間的なムードの回復である。ヨアブの志はよかったし、誰もがぎくしゃくした人間関係が続くのは耐えられない。いやそれ以上に組織の存続に対する心配はあったことだろう。しかしヨアブは、罪人の問題に楽観的であった。深まった敵意の問題は、それぞれが神の前に立たない限り、決して根本的に解決することはない。表面的には和解ムードを作りあげることができても、水面下では、ドロドロしたマグマが熱しているものだろう。ナタンのように、神の前に人を導き出すのでなければ、決して深い変化にはならない。
 そういう意味で、表面的には平和的なムードでありながら、お互いに恨みや憎しみ、敵意を抱いたままでいる問題が、人間にはある。私は傷つけられた、痛めつけられた、あるいは、私はあの人が嫌いである、あの人の行動が鼻についてならない、そんな恨み、憎しみ、にがにがしさを抱きながら、表面的には仲良くとりつくろっていることがある。しかしそうした罪の現実が、人の魂のエネルギーを吸い尽くしてしまうのである。
 もちろん人間は、完全ではありえないし、一生涯罪人の愚かさを背負って生きている。だから、変わり切れない問題を抱えることも仕方がない。しかし、信仰者が信仰者でありうる理由は、そのような問題がはっきりと認識された時には、神の導きによる解決を求めることであろう。人間的に画策するのではなく、まず神に祈り、霊的に物事を処理しようとする態度を持つことである。ヨアブ的にではなく、ナタン的に処理されることを求めることだ。人間の罪の深さを認識して、聖霊の助けなくして、人間の深い問題は解決し得ないことを覚えて、ただ主に寄りすがることだろう。そのように神の力の働く共同体、つまり、教会を建てあげていきたいものである。