2歴代誌3章

3章 悔い改めの土台と、神殿の構造

<要約>

おはようございます。神殿は、神が臨在し、神に近づける場であり、当時のイスラエル人は、その恵みを豊かに味ったことがわかります。ならば、今日の教会においてもそれは同じことが言えるでしょう。人ではなく、神に満たされる場として教会は開かれていることを覚えなくてはなりません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神殿が建てられた場所

ソロモンは神殿建設に着手した。列王記の並行箇所との比較で言えば、その記事は短く、神殿建設そのものにはあまり重きがないのだろう。むしろ、歴代誌の著者の関心は、ソロモンが幕屋を建設したモーセと同じように、神に解き明かされた計画に忠実な作業を行ったこと、そして、建て上げられた神殿が、モーセが作った簡易式聖所(幕屋)の完成版であったこと、つまり永遠の主の安息の場となったことを示すことにある。だから、1節、その場所は、「主がその父ダビデにご自身を現された所、すなわちエルサレムのモリヤの山上」(1節)であった、と書き始めている。そこは、かつて、アブラハムがイサクを献げた場所なのであり、神殿は、神がご自身をあらわされる場所、常しえまでも、イスラエルにその御臨在を示される場所なのである。

ただ注意すべきは、歴代誌の著者は、ただ神の御臨在を示すことにあるのではない、神が「アブラハム」ではなく「父ダビデ」にご自身を現されたと語り、神の臨在がどんな意味を持ったかを理解させようとしている。アブラハムは従順のゆえに、そこで神と出会い、神の祝福を受けたのであるが、ダビデはそうではない。ダビデはそこで、罪を犯し、悔い改めの祭壇を築いたのである。イスラエルの記念すべき壮大な神殿は、父ダビデの悔い改めの場所に建てられた、というのが重要である。

2.神の憐みの場としての神殿

神殿は、悔い改めに対して慰め深くあわれみ深い神がおられるところである。アブラハムの神は全能の神であり、従順な者に備えられる神であった。しかしダビデの神は、同じように恵み豊かな神であっても、砕かれた悔いた心を持った者にあわれみ深い神なのである。空っぽの手掌ではなく、空っぽの心を持って神の前に出る者を、深く満たしてくださるお方なのである。

重要なポイントである。教会で、神に対する信仰を表明しながら、実際には、神ではないもの、牧師や信徒、つまり人にこそ満たしを求める人は多い。そして思うような反応が得られなければ、優しくしてくれない、愛してくれない、と批判的な雰囲気も生じることがある。教会の中で、そのようなことが大事そうに語られ始めたら、それは、もはや教会ではない。教会には教会でなければ味わえないものがある。つまり神のあわれみとめぐみの力に触れることが、何よりも大事にされなくてはならないのだ。

かつてイスラエルの民が、神の御前にでて、「あなたの御前には喜びが満ち」(詩篇27:4-6)と語ったことを過小評価してはいけない。神に近付くことを許され、そのようにできることは、実に素晴らしい恵みだったのである。彼らはそこで人から何かを受けることはなかった。むしろ、彼らは神の現実を肌身で感じたことは重要である。

しかし一方で、神殿の構造は、神のその恵みに近付くのは容易なことではなかったことも暗に示している。実際、神殿に入ることができたのは祭司とレビ人のみであり、イスラエルの一般の民は、至聖所を決して見ることはできなかった。至聖所は、大祭司が年に一度の贖いの日にのみ、入ることが許されたのみである。

こうして神の臨在は誰の目にも明らかになり、神に近付くことも許されたのであるが、それは中途半端な形であった。ザアカイが木の上からイエスを覗き込んでいたようなものである。しかし、主イエスは、その垣根を一瞬にして取り去り、ご自身の血によって、神に近付くことを許し、「降りてきなさい。今日はあなたの家に行って共に食事をすることにしている」と神の交わりの深さへと導いてくださっているのである。そうであればこそ、教会では、神によって満たされることをこそ、ますます求めなくてはならない、ということだろう。

3.時間をかけて完成する

2節、ソロモンは、第四年、第二の月の第二日に、神殿建設を開始した。神殿建設の工期は7年、とすれば、ソロモンは約3年間を準備のために設けたことになる。神殿建設は非常に静かに、また計画通りになされたことが知られている。恐らく、人材や資材が準備され、入念な設計や施工プランがなされるのに、それだけ時間をかけた、ということなのだろう。

実に単純明快なことが言える。捕囚帰還の民は、全てに時間がかかることを改めて考えさせられたはずだ。良い仕事には、それなりに隠された下準備の期間も必要である、と。

信仰の成長も、教会の成長も同じである。教会は建物ではなく、人の集まりなのですから、ましてそうだろう。人は一夜にして育つものではない。気づきが与えられ、動機づけられ、備えられて、動き出し、試行錯誤し、そして育っていく。

4.天上の礼拝を意識した神殿の造り

4節以降は、神殿の各部分の寸法や構造を記録している。しかし、これはあくまでも概略だ。キュビトは、肘から中指の先までの長さ、約44.5センチとされるが、ソロモンの時代は、51.9センチともう少し長いものであった。石造りを基本構造とし、東向きの玄関、大きく至聖所と聖所の二つの部分からなり、神殿を飾ったケルビムの像、彫刻、刺繍は皆天上の礼拝を意識して作られたものであった。礼拝は、まことに神の前にあってなされるものだからだ。

大切なのは、礼拝は、まことに神の前にあってなされるものだ、ということだ。まことに優れて力ある、恵みとあわれみに富んでおられる主を覚えてなされるものだ。そしてその期待は決して裏切られることはない。あなたも神のみことばに掛けて、10年、神とよき時を過ごすことに共に打ち込んでみようではないか。10年心から礼拝をささげるために、教会に来て、神に近付くなら、あなたの10年後の歩みも、ただ今の歩みを続けるのとで雲泥の差となることだろう。

 

2歴代誌2章

2章 ソロモンの神殿建設準備

<要約>

おはようございます。庭にあるブドウの実が膨らんできました。つい数週前は、3ミリほどの小さな粒であったのが、今や、まぎれもないブドウの房になりつつあります。この夏を過ぎる頃には、立派に色づいた房になることでしょう。徐々に形作られるものがあることを改めて感じます。聖書通読の忍耐をもって先に進みながら、自身の変化を楽しんでまいりたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.献げる礼拝

ここに記されたソロモンの神殿建設事業に関する平行記事は、1列王記5章にある。1列王記のものと比べ、ソロモンからフラムへ、またフラムからソロモンへの通信文が随分と詳しく描かれている。その中で、ソロモンの決意は、「いけにえをささげる」動機に基づいていたことがわかる(4節)。ソロモンは、ギブオンではなく、エルサレムで、神にいけにえをささげようとしている。礼拝の本質は、ささげることにある。パウロは「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい(ローマ12:1)と語ったが、まさに私たちの礼拝には、そのような部分が必要なのであって、礼拝は、説教を聞きに行く、讃美歌を歌いに行く以上のものなのだ。

しかも、ソロモンは、朝ごと夕ごとに、安息日ごと、新月の祭りごとに、そうしようと考えた。日本人であれば、神々に改めて参拝しにいくのは、新年ごとであろうし、クリスチャンになれば、安息日ごと、つまり主日ごとと教えられるところであろうが、彼は、加えて朝ごと夕ごとに、自分自身をささげる時を持ったのである。ソロモンは言う「主よ、私はあなたのものであり、あなたのしもべであり、今日もあなたに従います。」あるいは、「今日も主よ、私はあなたにお仕えできることを感謝します」、と主に語り、神に栄光を帰す時を設けていく。こういう人生を日々積み重ねるならば、私たちの有り様は根本的に変わらざるを得ない。全き神のしもべとして、神に献げきった心をもって生きるところに、礼拝の民の歩みがある。

聖書通読を進めながら、私が大事にしたいと思っているのはこういうところである。やはり聖書を読むたびに、神に出会う、神と向かい合う。そして神に献げる心をしっかりと持つのである。それがなければ、どれほど聖書を読み重ねても、生活に変化は起こってこない。

2.神殿へのビジョン

さて、ソロモンは、そのような場である宮を、壮大なものにしようと考えた。というのも宮は、栄光の主が臨在される場である。事実主は、すべての神々にまさって偉大な神である(5節)。ソロモンは宮をそのような神にふさわしい場にしようと考えた。ソロモンはそれが自分の力を超える事業であることを素直に認めている。そして、ツロの王フラムに製造、彫り物、製材の技術者を送るように求めている。

教会を建て上げることも同じだ。「わたしの建てる宮は壮大であり、みごとなものだからです」というビジョンがあれば、それなりの準備と人材の協力を考えるだろう。大切なのは、ソロモンのそうしたビジョンに、神が理解を示す人材を起こしてくれたことである。フラムは、異国の王であり、異教の地の王でありながら、「天と地とをお造りになったイスラエルの神、主はほむべきかな」と、ソロモンの信仰とその必要への理解を示している。神は、捕囚の民イスラエルが、祖国に帰還しエルサレムの神殿を再建できるように、ペルシャの王クロスを用いられた。神は、異教の王の心を開き、まことの神の働きに対する協力を惜しみなくさせることがある。神はそのように敵と思える者すら私たちの味方につけてくださるお方である。今日も、その神を自分の味方とし、神にすべての道を開いてくださるように祈りつつ歩むことにしよう。

 

 

 

2歴代誌1章

2歴代誌1章 ソロモンの栄華

<要約>

おはようございます。本日から第二歴代誌に入ります。今日の箇所を読んで改めて教えられるのは、神の誠実さですね。人間の神に対する誠実さではなく、神の人間に対する誠実さです。実はこの点がよくわかれば、信仰生活は本当の意味で楽しくなります。しかし、多くの人は、自分がいかに神に誠実に生きるかに腐心して生きているのではないでしょうか。神に対する誠実さも与えられるものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ソロモンの礼拝

2歴代誌は、ソロモンの統治からイスラエルの捕囚と回復までを扱う。列王記と重なる部分が多く、1章もオリジナルは、1-6節のみであり、7-13節は、1列王記3:5-15の抄録となっている。また14-17節は、1列王記10:26-29の再録である。ただし本来のヘブル語聖書に、1歴代誌、2歴代誌の区別はない。すでに述べたとおり1歴代誌は、礼拝の民再建のために書かれた書であり、この書もまた同じ主題を引き継いでいると理解してよい。そこで1章なのだが、これは神殿再建の開始を語っている。

まず、その手始めに、ソロモンは、ギブオンにある高き所に行って(3節)、主に求め(5節)、ささげた(6節)。ソロモンが、ギブオンに行ったのは、会見の天幕があったからだ、と説明されている。しかし、神の臨在の象徴である神の箱は、エルサレムにあった。著者が注意を向けているのは、ギブオンには、ベツァルエルが造った青銅の祭壇があったことだ。つまり、この1-6節の強調は、行って、求め、ささげるという礼拝の本質的な行為である。ソロモンは礼拝者としてささげるためにギブオンに行ったのである。そこにすべての祝福の基礎があった。

2.ソロモンの祈り

次にソロモンが主に何を求めたのかがわかるエピソードが挿入される(7-13節)。ソロモンは、第一に神に約束の守りを(9節)、第二に知恵と知識を求めている(10節)。ソロモンが求めたのは、神が契約を誠実に守ってくださることだ。そして、自分が神に与えられた使命を忠実に果たすことができるための知恵と知識が与えられることである。大切なのは、知恵と知識が一番優れている願い事というのではなくて、神に与えられた使命を果たすために必要なものを求めた点である。これは、私たちの祈りとされねばならないことである。一般に事業を行おうとするなら、知恵と知識に欠けていると思わされることは多くあろうが、福音を宣教する神の働きはまさに世が願うものではないから、一層上からの知恵と知識を必要とする。「あなたに何を与えようか。願え」という神の問いかけに対して、自分自身の弱さをよく理解し、神との関係において求めるべきものを求めたところが評価されている。

3.約束を果たす神

14-17節は、神の約束が忠実に果たされたことを証する。考古学上の発掘によって、石造りの馬屋がメギドに発見されている。メギドそれ自体は、20層からなるテル(小高い遺丘)で、イスラエル時代のものは、4-6層に、約450頭の馬を収容し得る馬屋が発見されている。これらは当初ソロモン時代のものと考えられていたが、実際にはエジプトの王シシャクによって滅ぼされ、その後再建されたアハブ王、あるいはヤロブアム2世の時代のもの、と今では考えられている。ともあれ、同様のものが、イスラエルの国中に配備されたのが、戦車の町々、という意味である。サウル王とヨナタンだけが武器を持っていた時代とは、あまりにも大きな差である。イスラエルがそこまで繁栄したのは、「大いなる恵みを施された」神によるものだ(8節)。銀と金を石のように用いるようにさせた神。近隣諸国との関係を守り輸入と仲買を盛んにさせた神。神は、真に恵み豊かな神であり、約束を守られる神である、と信じることが求められている。

1歴代誌29章

29章 神殿建設のために献げる

<要約>

おはようございます。教会の建物はセメント捏ねれば建つが、教会そのものはそれでは建たない、と言われます。確かに、これまで、歴代誌の著者が教えてきたのは、神殿に関わる人についてです。祭司とレビ人を中心とする霊的な秩序と、それを支える体制について語ってきました。最後は、実際に必要を満たす、経済的な支援について語っています。献金は信仰のバロメーターというように、やはり献げ方にはその人の信仰の姿勢が表れるものでしょう。そして惜しみなく献げる人は、主の豊かな報いを受けることも確かなのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神殿のために献げる

ダビデは全集団を招集して言った。神殿のために献げるように、と。ダビデ自身、神殿建設のために多くのささげ物をし、同じように惜しみなくささげる者がないか、と尋ねている。王家のためにでも、プロジェクトのためにでもない、ただ神のためにささげるのである。ダビデは、金3000タラント(約100キログラム)精銀7000タラント(約240キログラム)、さらに、全焼のいけにえのために、雄牛1000頭、雄羊1000頭、子羊1000頭のいけにえをささげた。量や額の問題ではないが、ダビデの気前のよさは、ダビデの神に対する心を表している。

その思いに応じたのだろう。一族の長たち、イスラエル各部族の長たち、千人隊、百人隊の長たち、王の仕事の係長たちも、みずから進んでささげた、と言う。嫌々ながらでもない、惜しみながらでもない、全き心からささげた、のである。今日で言えば、牧師がささげ、執事がささげ、そして信徒がささげていく、ことだろう。

私は海外に行くとよく、この土地ではどのくらい献金をささげたらよいのかと同行者に聞かれたりする。その度に、その国のランチ一食の金額を目安にしたらよいのではないか、と答える。東京であれば、1000円というところだろう。そうすると私のランチは500円以下だという人もいたりする。その場合神は500円程度の違いに目くじらを立てるような方ではないのだから、心を見られる神に、喜んでささげられる程度にすればよい、と答える。そもそも、私たちは、1円、2円の違いには目くじらをたてることはない。だが、500円、1000円の違いはいささか微妙かもしれない。だが、考えてみれば、この天地万物を創造し、宇宙を支配し、豊かに富んでおられる神に、何百億、何千億の差など1円、2円の差のようなもので、まったく問題にならないことだろう。神が求めておられるのは献げる心なのだ。だから、何百億、何千億の差を少しも問題にされない豊かな神の子とされている事実に立って、気前よく、豊かに、献げていくのが本当ではないかと思う。そのような物質欲から解放された豊かさのある教会であればこそ、物質欲で疲れ切った人々の居場所となる教会にもなるはずなのだ。解放された、豊かにささげる心が大事なのである。

  • ダビデの祈り

さてダビデの祈りには四つの要素がある。

1)讃美:「主よ。王国もあなたのものです」(11-12節)ダビデは、神を偉大であると賛美する。神が王国の至高の頭であり、支配者であることを認めている。その至高者が、私たちに約束通りにすべてのものを与えてくださる。

2)感謝:「私たちの神、私たちはあなたに感謝し」(13節)

3)告白:「すべてはあなたから出たものであり、私たちは御手から出たものをあなたにささげたにすぎません。」(14-16節)全てのよいものは、上から来る。神の賜物である。私たちの肝に銘じるべきことである。ダビデが認めているのは、神の至高性だけではない。人間に対する神の誠実さである。寄留し、影のような存在である私たちに対する神のあわれみと熱心さである。つまり、ダビデやソロモンの成功は、彼らの能力や力によるものではなく、神のあわれみによる。神は優れた彼らを見出し、愛され、その力を祝されたわけではない。ただ神のあわれみによって彼らが選ばれ、愛され、約束の通りに、祝されたことによる。そこに、私たちの望みもある。

またそうであればこそ、神に対するささげものは、余力があるからするのではなく、そういう力があるからなされるものでもない。神がそのような力を与えてくださる、備え物を用意してくださるのだ、と言う。まさに、「主の山の上には備えがある」(創世記22:19)というアブラハムの告白を思い出すところだろう。

4)祈願・とりなし:「主よ。御民のその心に図る思いをとこしえにお守りください。彼らの心をしっかりとあなたに向けさせてください。」(17-19節)ダビデは自分の祝福を祈らず、民とその子ソロモンの忠実さを求め祈った。「彼らの心をしっかりとあなたに向けさせてください」(18節)誠実を保ち、あなたに身をささげていくことができますように、と。「また全き心を与えて、あなたの命令とさとしと定めを守らせ、すべてを行わせて」(19節)と。礼拝の民を導く者に必要なのは、このとりなしだろう。自らの神に対する信頼が伝わるほどにとりなしていくことが大切なのだ。

3.神殿の意義

なお、ここでダビデが、ソロモンに託した神殿建設について、神殿を神殿とは呼ばずに「宮城」と呼べることばで表現していることに注目させられる(1節)。ダビデは、言い間違えたわけではなく、敢えて、19節でも「宮城を建てさせてください」(19節)と繰り返している。ダビデにとって神殿、神の宮は城である。そこに自分の守りがあり、砦があり、本拠があるというわけだ。教会も同じである。教会は、今どのような場になっているのだろうか。魂の救いと言いつつ、実際には、インパクトを求めて興行的にただ人集めに熱心になっている場であろうか。それとも、そこに集う人の、安心や安息が徹底して守られる場になっているだろうか。私たちがその完成のために全力を尽くすのは、それが、そこに集う一人一人にとって「城」となるためである。イエスが蹴散らした、商売の巣、強盗の巣とするためではない。

最後の26-30節は、主の約束と忠実さによって、ダビデとソロモンの治世とその繁栄がもたらされたと(25節)、理解すべき要約になっている。バトンはダビデからソロモンに渡された。しかし、それは、ダビデが用意したものではなく、主が設けられた王座であった。ソロモンを偉大にしたのも主であると繰り返される。主のなさることに目を留める歩みをさせていただきたい。

1歴代誌28章

28章 神殿の完成を目指す

<要約>

おはようございます。人にはそれぞれ与えられた使命というものがあるものでしょう。人生は、それを見つけ出す長い道のりです。その間、私たちは自分たちの気持ちの赴くままに、行動することが多いものでしょうが、神の選びと任務に気づくことは重要なことです。主がそこにご自身の栄光をあらわされるからです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.つかさたちへの勧め

ダビデは、イスラエルのすべてのつかさを召集し、「私の兄弟たち。私の民よ」(2節)と呼びかけている。それは、あたかも23-27 章において中断された話題に戻っており、22:7-13を改めて繰り返しているようであるが、ソロモンよりもイスラエルの指導者に対する強調があり、神殿建設の工事がソロモンのみならず、国全体の事業として支えられるように勧めているのが特徴である。一般庶民も皆が祭司、レビ人たちのリーダーシップのもとに、一致し協力していくように23-27章の神殿の働き人の説明があったと見るのがよいのだろう。以下要点を整理すると次のようになるだろう。

①神の創造における「安息」の考え方が適用されている(2-3節)。神殿は「神の足台」であり「安息の家」である。それは、創造における神の安息が、神の働きの完成であったように、イスラエルに対する神の働きの完成を意味した。それは捕囚帰還の民にとって、彼らがエルサレムを再建し、安息を得るメッセージとなった。

②神殿を建てるための「選び」が強調され、任務への意識化が促されている(4-10節)。神は、人の内なる能力や功績とは全く無関係に、目的をもって、一人の人を選ばれた。またソロモンのみならずユダ族を選ばれ特別な任務を与えられた。それは、捕囚後のイスラエルにとっても、ダビデの子孫であるゼルバベルとその家族のリーダーシップを認め、与えられた神殿再建の任務を果たすことを促した。

③任務遂行のために、指導者たちとソロモンの神の律法に対する従順が促されている(8節、9-10節)。実際、神の選びは、任務を果たすためであり、そのためには従順な奉仕が期待されたのである。それは具体的に「神を求め」「神を知り」「神に仕える」ことを意味した。律法に対する従順は、イスラエルが約束の地を続けて支配する条件であるのみならず、神に与えられたエルサレム再建の任務を達成し、完成するために、カギとなる要素であった。実際律法を守ることは、エズラ(9:10-15、7:26)とネヘミヤ(1:7-9、9:33-37)の祈りにも強調されている。もちろん、こうした律法への従順は、ダビデ契約(1歴代誌17章)を土台としていることに注意すべきだろう。

④神殿建設は、神のプロジェクトであることが強調される。著者の時代、ダビデとソロモンの王国は、すでに消失してしまっていたが、永遠に生きておられる主の主権が置かれる神殿の再建は、目に見えない主の王国が継続していることを示唆している(17:15)。ソロモンは選ばれて、その神殿を建て上げる任務に導かれ、主の王座に就く恵みに与っただけであり(5節)、それはソロモンの力や建築家の技術によるものではない。これから新しく再建されるエルサレムもまた同じであり、それは教会についても言えることである。

2.ソロモンの勧め

さて、ダビデはソロモンに設計図を広げ、ビジョンを示している。それは、「神の家と神の庭」(6節)「聖所となる宮」(10節)であり、神が臨在される所である。まずそのイメージを明確にすることが、神殿建設の出発点となった。そしてダビデは、具体的に神の宮としての神殿にふさわしい仕様について説明する。

  • 神殿の構造(11-12節)
  • 神殿の働き人(13節):これは既に23-26章において詳しく述べられた。
  • 神殿の備品(14-18節)

であるが、「これらすべては主の手によって書かれたもので、私に、仕事の全貌を理解させてくれる」(19節)というわけだ。それは、ダビデの頭から出てきたものではない。主が啓示してくださったものである。既に述べたように、神殿建設は神のプロジェクトであった。教会も同じである。私たちは、一時代において仕えるに過ぎない。だから教会は神のものとして建て上げられなくてはならない。

3.ソロモンへの激励

著者は、ダビデの言葉を借りながら、神殿建設への取り組みを、繰り返し促している。「勇気を出して実行しなさい」(10節)。「強く、雄々しく、事を成し遂げなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。神である主、私の神が、あなたとともにいてくださるのだから。主は、あなたを見放さず、あなたを見捨てず、主の宮の奉仕に関わるすべての仕事を完成させてくださる」(20節)。神が助けてくださって神が完成させてくださる、と。また神の励ましに加えて、人的なサポートがあることに注目を与えている。歴代誌の著者が敢えて、ダビデの時代の出来事を取り上げ、捕囚帰還後の民にこれを語ることの意義がある。それは、互いの協力を呼びかけている。ソロモンには、色々な助け手がいていいなあというのではない。神がともにいる、そして、今ここに皆が一緒にいる、その皆で力を合わせて、建てあげて行こう、ということだ。礼拝の再建の第一歩は、神の恵みにより頼むことであり、また、今いる一人ひとりが、一致協力することだ。何か、物事の底辺に立たせられているように思える時には、ないものねだりをしてしまうものである。しかし、今共にいる一人ひとりを神が用いられるのだし、神が助け、完成させてくださるのだ、という信仰に立つことができれば、道が開けてくるだろう。

後は、勇気を出して実行するか否かである。勇気を出そうにも、出鼻を挫かれることがあるし、勇気の源が枯れていると思うこともあるだろうが、結局は信仰を働かせることだ。信仰のないところに祝福はない。「あなたを見放さず、あなたを見捨てず、すべての仕事を完成させてくださるからだ」(20節)と語る主に信頼して、神が託してくださった働きに大胆となりたいものである。