歴代誌3章

3章 ダビデ王の家族

<要約>

おはようございます。本日の箇所は、ダビデ王の家族の系図、ことに17節以降は、捕囚帰還後の系図です。ということは、この書が捕囚帰還後に書かれたことは明らかで、そこから列王記との書かれた意図の違いということも考えられる必要があるでしょう。ですから系図もそれなりに取捨選択されて編集されて仕上げられている部分があり、そのような点に注目して意図を掴み取りたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.ダビデの家族

著者は、ダビデの子孫について記録するが、それは、大きく三つのグループに分けられている(1-9節)。第一にヘブロン時代に生まれた6人の息子たち(1-4節)。次に、バテ・シュア(バテ・シェバ)によって生まれた4人の息子たち(5節)、最後に、エルサレム時代に、バテ・シュア以外の妻たちが生んだ9人の息子たちである(6-8節)。2サムエル記のリストと比較すると、ダビデの子らには、いくつかの追加があり、さらに、ダビデの王位を継承したソロモンは意外にもバテ・シュアの四番目の息子とされている(2サムエル12:24-25)。

次に、ソロモン時代から捕囚期までの歴代の王の名が列記される(10-16節)。名前を読んでいくと、列王記とは表記上の違いがある。アビヤはアビヤム、アタルヤは省略され(2列王11章)、ウジヤはアザルヤ(12節、2列王15:1-7)、16節のゼデキヤは、不注意な繰り返し、つまり写本上の間違いであるとされる。

2.捕囚帰還後のダビデの系譜

17節以降は、捕囚帰還後のダビデ家の系譜、エコヌヤからエルヨエナイの子らについて。シェアルティエル(恐らくサラテル:マタイ1:12)とゼルバベル以外、新約聖書にあるイエスの系図で見るような名は、出て来ない。ゼルバベルの父は、ペダヤと呼ばれているが(19節)、他の箇所ではシェアルティエルとなっている(エズラ3:2、ハガイ1:1、マタイ1:12等)。ペダヤは、シァルティエルと同一人物ではなく、シェアルティエルの息子であったのが、早く死んだので家長とされた、と考えるのがよい。21節以降についても議論のあるところだが、シェカヌヤの二人の息子シェマヤ(ネヘミヤ3:29)とハトシュ(エズラ8:2)の記述は、ゼルバベルよりおよそ65-75年後の人物となり、ここも何らかの形でゼルバベルの系譜を示すものなのだろう。つまり、歴代誌の著者は、2章はユダ族、3章はユダ族の中のダビデ王の系譜を書き連ね、捕囚帰還民の指導者ゼルバベルの体制をよしとしているようである。それは、ゼルバベルが、捕囚帰還民約4万2千人のリーダーであったが、彼はダビデ王家直系の子孫として名を連ねていたためにリーダーとされたに過ぎず、彼の行政能力に対しては、ゼカリヤやハガイ等の預言書から推察して、極めて弱かった、と考えられており、彼の体制を強化する目的があったからだとされる。

3.礼拝の民の再興

しかし、もちろん、そうした政治的理由を示すことが歴代誌の中心ではない。既に述べたように、この書の目的は礼拝の民の再興にある。そのような視点から、これらの系図を見ていくと、その名前の羅列の中に様々な出来事を思い浮かべさせられる。長子アムノンの近親姦、三男アブシャロムの反逆、四男アドニヤの自滅、そしてこれほどの多くの妻を持つダビデ自身の問題、この系図は、ゼルバベルをダビデ王家の継承者と位置付けても、実は不名誉な汚点だらけの系図である。またこれほど多くの子がありながら、ソロモンが王位を継承していく点にも注目させられる。アブシャロムの死後、アドニヤが王位継承争いを起こした際に、ソロモンの王位継承は期待されてはいなかった(1列王2:15)。しかし王位は主のみこころによってソロモンのものとされていく。

つまりこの系図は、主のみこころによって弱き者が立てられ、強き者が退けられてきたことを伝えている。神の選びは、人間が考えるようなものではなく、全く恵みによる。そういう意味で、私たちが神に数えられる働きをするとなれば、それは、私たちに評価される何かがあるからではなく、むしろゼルバベルのように、評価されるものを何一つ持たないにも関わらず、である。これらの系図は、イスラエルの歴史とダビデの家系に働いた神の恵みを伝えている。神の恵みによって歩ませていただこう。

1歴代誌6章

6章 レビ族の系図

<要約>

おはようございます。本日はレビ族がテーマになります。彼らは神の宮の礼拝奉仕を先導する重要な役割を果たしました。今日の教会においても、礼拝を先導する奉仕者として、訓練された人たちの層が厚くされていくことが大切でしょう。それが、教会の霊的な質を高めていくのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

 

1.レビ族の系図

レビ族の系図が記録される。歴代誌の主人公は人物ではダビデ、部族ではレビと言われる。確かにレビ族は、神の礼拝をテーマとする歴代誌においては、中心的な役割を果たしている。

まず、大祭司の系図は、レビからケハテ、アロンを経て、捕囚期のエホツァダク(1-15)へと流れていく。興味深いことに、この系図には、シロの大祭司、エリの家の人々の名前は出て来ない。意図的に省かれたのだろう。またモーセも、名前を簡単に留めるだけで、ヤベツのように、霊的なエピソードを付け加えることもない。そうしたエピソードは、もうすでに読者は知っていることを前提としている。つまり、いたずらに個人が礼賛されることのないように、むしろ、歴史は神の物語であり、主役は神であることを示そうとしている。人間は、どれほど偉大なことをしたとしても、その偉大なことを可能にさせる神がいる。礼賛されるべきは神のみであって、人間は、神の栄光を現わすしもべに過ぎないのである。

16節以降の系図はまとまりをつけにくい。16-19節は、レビの三人息子を祖とする三大氏族の紹介、その後で、各氏族の代表者の系図を示しているようである。つまり、ゲルショムの系図(20-21節)、ケハテの系図(22-28節)、メラリの系図(29-30節)となる。ケハテ族の中に、コラ、エルカナ、サムエルなど親しい名前も出てくるが、これもまた、モーセ同様に、何のエピソードを付記することもなく簡単に取り扱われている。

2.奉仕者リスト

レビ族の三大氏族の系図が終わった後、神殿礼拝の草創期における奉仕者リストが続く(31-48節)。そして49-53節は、アロン直系の系図、54節以降は、レビ族の相続地のリストである。

レビ人は、祭司ではない。彼らの役割は、音楽の監督や歌うことと幕屋のあらゆる奉仕を受けることである。奉仕者の中に、歌を歌う者を特別に設けた、というのが興味深い。彼らはいわゆる聖歌隊だった、と呼ぶべきものだろう。聖歌隊が教会に必要なのかどうか、これが長く議論された歴史があった。聖歌隊は不要であるという考え方もある。改革派教会の著名な牧師榊原康夫氏は、礼拝に関する小著の中で、賛美には「歌う」賛美もあれば「聞く」賛美もある、として、礼拝への聖歌隊の導入に踏み切った、と書いている。聖歌隊は、「聞く」賛美である、それは、彼なりの礼拝になくてはならない存在としての理論づけであった。しかし聖歌隊は、旧約のダビデ時代には、レビ人の奉仕として設けられ、位置付けられていたのであるし、それは、単に歌を聞かせる奉仕ではなく、他の礼拝に関する奉仕と共に、礼拝を導く尊い奉仕として位置付けられていた。だから後で述べることであるが、25章においては、彼らは、訓練を受け、達人と呼ばれるような奉仕をした。そういう意味では、歌が好きで歌いたいという人が、集まり合って歌うのと、礼拝の先導役として専門的に訓練された聖歌隊の存在は区別されなくてはならないだろう。彼らの働きはまさに「神の宮の奉仕」で、主の礼拝を導くことであった。そして、祭司は、犠牲をささげ、罪を贖うことにあった。

3.居住地リスト

54節以下はレビ人の居住地リストであるが、レビ人はイスラエル全土を割り当てられた。実際にこのように居住したか、と言えば、そうではなかったのではないか。それは理想的な配置を示したに過ぎないのではないか、と言われている。しかし、なぜ彼らは全地に散らされる必要があったのか。彼らの役割は、「神の宮の奉仕」であり、主の礼拝を導くことである、とすれば、それは、非常に重要な意義を持つ。

つまり彼らの分散は、イスラエルが徹底して礼拝の民とされるための仕掛けというべきものであった。大切なのは、今日においても、教会にはレビ的な使命を果たす、専門的な訓練を受けた人たちが必要とされることだ。神学校で学び、聖書なり、教会音楽なりの訓練を受けた人たちが、礼拝や教会の奉仕の導き手として立っていくことがやはり、大事なこととして見られなくてはならない。しかし教会ほど、物事を素人的に考え、行おうとしている場もなく、そのような専門的な訓練に敬意を払われないところもない。神が立ててくださった働き人を認め、その訓練を認め、その先導に従っていくところに教会も強められていくのである。神の民として、レビ的使命に立つ存在があることを理解し、レビ的役割を担う人々が幅広く育てられていくことが期待されるところである。