ヨブ記26章

26章 神の至高性

<要約>

おはようございます。今日は、神の志向性について、ヨブが実に明快に語っているところです。神は神であって、人とは全く異なる存在であることを、私たちはよく理解すべきなのでしょう。そこに信仰も、神を認める思いも生じるからです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.だれによって語っているのか(1-4節)

「あなたは無力な者をどのように助けたのか」ヨブの皮肉がある。友人たちが、親切に色々と教えてくれるのはよいが、あなたは、だれによって語っているのか、という。「だれに対して」は「だれによって」と訳出するのがよい。つまり、友人たちの教えの源泉は何か。それは、神からのものなのか、というわけだ。確かにツォファルは、「悟りの霊」(20:3)を持ち出した。しかし、ヨブはそれが神からのものであるとは認めることができない。

5節以降は、ビルダデの言葉に対するヨブの反論である。ビルダデは、神の至高性を強調し、人間の不完全さと卑しさを力説する結果となった。しかしヨブは、後で述べるように、神の至高性を、天上のことだけではなく、この地と地下にも及ぶと、より包括的に語り、別の結論に達している。つまり、そんなことはわかっている、問題はもっと深いのだ、そしてあなたがたの言うことについては、こういう考察が足らない、と言わんば

かりである。

ここで、脱線ではあるが、よく人に話を聞いてもらいたいと言う人はいるが、人に自分の問題をわかってもらえると思うのがそもそもの間違いである。誰かに悩みをわかってもらいたい、と口を開いても後悔するばかり、結局は、誰にもわかってもらえない現実というものがあるからだ。しかし人は諦めきれずに、あの人に語りこの人に語り、を繰り返す。人に人の悩みなどわかりはしない、個々の経験は千差万別であり、類似はしていても決して同じではない。だから悩みを話して返って傷つけられることもある。とすれば、悩みを自分の内に秘めて、解決を神の時に委ねて祈る方がより現実的、建設的ある。人に期待し過ぎる愚かさがある。これは逆もまた真であり、人の悩みがわかると思うことがあったらそれも間違いなのである。誰も人の人生の深みに連れそうことはできない。あなたの悩みは完全にはわからないし、出来ることは思い当たらないが、支えになれることがあったらなりたい、と距離を保ちながらも共にあり続けることの方が真実である。

2.あなただって神のことがわかるわけでもない(5-14節)

ヨブは語る。「よみも神の前では裸であり、滅びの淵もおおわれることはない」(6節)。神の御力はこの世ばかりではない、よみの世界にも及ぶ。「死者の霊」は、まさに死人のことを指し、霊の世界の広がりの中で力を発せられる神を思わせられるところである。確かに、天も地(10-11節)も海(12節)もすべて神の御力によって守られている。神は全能なのだ。「ラハブ」(12節)は当時一般に知られ、恐れられた海の怪物。「逃げる蛇」(13節)も当時の神話に関連した表現である。これは、神が他の神的な存在と戦って勝利したことを認めているのではなく、神が当時恐れられた全ての権威に勝っていることを語っている。

しかし「これらはただ神の道の外側に過ぎない」(14節)「外側」と訳された語は、口語訳では「端」新共同訳では、「一端」である。つまり、私たちは、神のみわざのほんの一部を目撃しているに過ぎず、神の全体を見渡すことはできないということだ。結局部分的に見て、わかったつもりになっていることを戒めている「私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです」(1コリント13:9)とパウロも語るが、私たちは神を知り尽くすことはできない、しかしそうであればこそ、人間は卑しめられるよりも、一層神の深きを思い、その至高性を賛美し、遜る思いへと導かれる。力ある創造主の何かを理解しているなど、実に厚かましい考えなのだ。ビルダデと全く違う結論に辿りつくヨブの姿がある。神の至高性を正しく受け止めたい。

ヨブ記25章

25章

<要約>

おはようございます。語りつくした感のある、ビルダデの最後の応酬です。しかし、そこには、人間にとっての真理があると同時に、さらにキリストにある新約的光に照らすならば、大きな恵みを覚えるべき基本的認識があると言えるでしょう。私たちは、小さき者でありながら、神の恵みに与っているのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.25章のテキスト上のこと

シュアハ人ビルダデが答えて言った。ヨブの友最後の反論である。実に短い。もう言っても無駄だと言わんばかりである。ビルダデは、神の卓越した主権について語り(2-3節)、その神の前に、人間が正しくありえないことを語る(4-6節)。特に新しさはなく、だめ押しのように、短く、悔い改めを迫っている。

しかしこの章を、ヨブのことばと取る説もある。それはヘブル語の写本に、「シュアハ人ビルダデ」を「ヨブ」としているものがあり、25章もヨブのことばと考えることができるからだ。そうなれば、友人たちの発言は、22章のエリファズまでということになる。実際、これまでエリファズ、ヨブ、ビルダデ、ヨブ、ツォファル、ヨブという順で第一ラウンド(4-14章)、第二ラウンド(15-21章)と続いてきて、第三ラウンドは、エリファズ(22章)やビルダデ(25章)で終わるのは、構成上いささか落ち着きがない。だから第三ラウンド内のヨブの最後の弁論の中にツォファルの反論(27:13-23)があると考える者もいる。写本上の揺れはあるとしても、形式を敢えて整えることなく、伝統的に、25章のビルダデのことばで終わりとした方が、友が語り尽くし、もう繰り返す他ない議論の行き詰まりを、緊迫感をもって伝えている。

ただ、どうやらヨブと三人の友の論点はずれている。ヨブは、ビルダデに対抗しているわけではない。今やヨブは、三人の友よりも、神に心を向けている。そして自らの問題意識、つまり神の民に対する「神の操作」の意味を問うている。実際ヨブは、自分が完全に潔白であると言うよりも、彼らが邪推するような罪はないと語るだけで、同時に神に対しては、その沈黙に意義を申し立てている。ヨブは、神に向かって抗議しているのである。

2.神の前に小さき人間を覚えよ

そこでビルダデは言う。あなたは、わかっているのだろうか。一体誰に向かって、あなたは語っているのか、と。「神はその高い所で平和をつくる」というのは、神々の闘争があるという神話的な内容を語っていると説明されることもあるがそうではない。神は何物にも影響されることはない、つまり神と人間の隔絶性、神の超越性を語っている。また3節「軍勢」と訳された語は、イザヤ書40:26で「万象」と訳された言葉と同じで、日、月、星といった天体のことと考えられている。私たちは、神がお作りになったそれらに照らされている。つまり人類が、至高なる神の支配と御業のもとにある、誰もそのまなざしを逃れる者はない、ということである。

これは、既にエリファズが第一回目の弁論でも語ったことである(4:17)。人は神の光に照らされて正しくありうるはずがない、実に罪の内に生まれた者が、どうして清くありうるか(4節)。私たち取るに足りない、人間、いや、神に比べたらウジ虫に過ぎないような生き物ではないか、という(5,6節)。

人間が神に造られた者であり、卑しい者である、そこをしっかり意識し、そのような神の存在を覚えて歩むことが私たちを遜らせていくのであるし、私たちの歩みを、慎ましいものにする。

だが、私たちはしばしば神を崇めながら、神の前に不遜であったりする。神を認めているようでありながら認めていない日々を過ごしている。もし、私たちが世界の主権者の神の前に立ったとしたら、今と同じ生活を続けられるであろうかどうか、そのような振り返りをしてみてもよいのではないか。

ともあれ、これがビルダデのことばであるとするなら、ヨブにとっては慰めにも、助言にもならないことばではあるが、言っていることに間違いはない。ただ、これを新約的光に照らすならば、パウロの「私たちは、この宝を土の器の中に入れています。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかになるためです」(2コリント4:7)。と言う言葉が思い出される。実に、私たちは土の器に過ぎないが、今やキリストによって、神が共にいてくださる恵みがある。私たちはウジ虫に過ぎないが、これを神の子としてくださる神の恵み豊かさがある。神の主権の故にではなく、神の愛の故にこそ、遜り、従い、愛する人生がある。神の栄光をあらわすためにある自分の歩みを覚えて歩ませていただこう。

ヨブ記24章

24章 悪者が栄えるのはわかるが

<要約>

おはようございます。ヨブの語りに耳を傾けていると、確かにその通りだな、と思わされるところでしょう。悪しき者が、神に守られているかのような現実。しかしたとえそうであっても、それはしばらくのことであり、彼らは同じ死の結末を迎える。ただ、神はどうして、即座にさばいて下さらないのか、なぜ神は何事かを操作するような世の動きを許されるのか。腐ってしまいそうな現実の中で、ただ神の善であることを信頼し、神に生きることの難しさと逆にそこに人間としての素晴らしさがあるようにも思います。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.裁き主である神のその兆候は見えず、まるで無関心である(1-12節)

「なぜ、全能者によって時が隠されていないのに、神を知る者たちがその日を見ないのか」(1節)わかりにくい訳である。「時」と「日」は、複数形であって、「神の審判の時」を意味している。「隠されていない(新改訳)」、「蓄えられていない(新共同訳)」と訳されているが、その意味するところは、神は裁きの時を明らかにしながら、裁きの時が実際にあるようには思われない世界の様相はどういうことなのか、世の中は、不当に扱われた人たち、ひどい目にあわされた人たちに溢れているのに、そのような人々に対する神の情が少しも感じられない状況があるではないか、ということだろう。「神を知る者たち」は、契約関係において神と親しい関係にある者たちの意味である。つまり、第三ラウンドにおいても再び「契約の民の苦しみ」がとりあげられ、2節以降は、神を知る者たちが、裁きを願っても与えられない実例があげられている。

世のブルジョアたちはますます富、しかも、その手段のいかにあさましいことか。無産者階級のプロレタリアートは搾取されるばかりだ。5節「荒野の野ろば」は比ゆ的な表現で、「哀れな人々」を意味している。自分の土地を追われ、慣れない土地でかろうじて食料を得なくてはならない人たちである。彼らは自分たちの畑を奪った悪者の目を盗んで、それを得るのである(6節)。2-8節には、まさに悪者によって生活を搾取されている者たちの悲惨さが語られる。10節は、7節の繰り返しのようでもあるが、ここは9節から続いていて、奴隷と哀れな人々が描かれている。つまり、「みなしごを乳房からもぎ取る」ことも「貧しい者の持ち物を質に取る」ことも、奴隷とされることを語っている。12節は、その結論であって、このような哀れな神の民に、神は無関心である、これが現実だ、というわけだ。

2.悪しき者は、闇に紛れて働く

13節以降は、人殺しや盗人、姦通を犯す者が世にのさばっている事実(13-17節)が取り上げられる。

こうして読んでみると、ヨブが語っていることは、搾取され、渇き、傷つき、嘆き、生活に追われ、うめいている多くの人々の声である。世の中の物事は、結局、一部の強欲な者たちの利得のために動いているのであって、世には何億という虐げられた者、あわれな者がいる、というわけだ。だが、ヨブの観察に、ヨブがいかに正しい人であったかということを考えさせられるところでもある。ヨブはこれだけ世の中のことをよく見ていた。彼は純朴で、知能が低く、神を素朴に愛して正しい人であったわけではない。彼は世の中のことをよく知りながら、その闇の側面についても、よく理解しながら、しかし、神にある正しい生き方を貫いていたということだ。そこにサタンの目が向けられた、ということだろう。

世の中のこうした矛盾と不公正に満ちた世界を見るならば、だんだんと心が腐っていくというか、真面目に生きるのがバカバカしく思えるものだろう。そして、このぐらいは、あいつらに比べたら、無きに等しいことだと考えてしまうものではないか。人間の堕落は、実にハードルの低いことなのである。

3.だが悪しき者は、ある日突然死を迎える

18-20節は、挿入的である。新改訳は、行を開けて、この部分だけを独立的に扱っている。新共同訳は、18節から24節を鍵括弧で括り、ヨブの友人のことばの引用であるかのように扱っている。わかりやすい訳を目指すなら、このように解釈を入れざるを得ない。

つまり、不正で富を手にしたような者は、神の審判を受けるのだ。まるで夏の日照りが、雪解け水を無きものとしてしまうように、悪しき者は死に飲み込まれて消えていく。たとえしばらく悪どいやり方で物事を進めることができようと、思いもかけない死を彼にもたらすのだ(22節)。彼らが高められているのは、しばらくの間のことで、やがて根こそぎにあれる。誰もこの観察にノーとは言えないだろう(25節)。

ともあれ、ヨブは単純に反論するわけではなく、事実を客観的に語る。そして、その現象の中に、神の手が動いていることを認めている。つまりヨブは一般的に語りうる悪しき者の結末を認めながらも、神が、不可解にその結末を「操作」しておられる事実を指摘している。つまりヨブは、厭世的に語っているようでありながら、神を認めていないわけではない。悪者が栄え続けるのも、神の御手によるのである。だから、ヨブは不信仰になっているのではなく、すべてを最善に導かれるであろうはずの神に、「操作」の意味を問うている。神に近く生きるヨブの姿を思わされるところであろう。ただ神は、アブラハムに心の秘密を解き明かし、アブラハムを友と呼んだ。ヨブにはそうしてくださらないのか。それがヨブの問題である。神を信頼するのみならず、神に語られる近さを求めて歩みたいところである。

 

ヨブ記23章

23章 神の時を待つ

<要約>

おはようございます。トンネルは長くてもいつか、抜けるものです。しかし長くなるとこの先どうなるのか、と思うところでしょう。主の善であることを信頼し続ける、それが全てです。信仰は目に見えないものを臨み見る力なのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.神に沈黙され、神に身を隠されてしまった(1-9節)

エリファズよ、ありがとう。「あなたの道の上には光が輝く」と言ってくれて。しかし、将来など考えられない。今が問題なのだ。この苦しみから今解き放って欲しいのだ。あなたにはこの嘆きの深さがわかるのか。あまりにも嘆きが激しく、もう神の憐みを求めて手を挙げて祈る力さえない。この垂れさがった重い両手を上げる力も気力もないのだよ(2節)。

さらに言えば、神に沈黙され、神に身を隠された私としては、どうやって神に近付いたらよいのかわからない(3節)。神に全てを話して、わかってもらいたいと思っているのだが(4節)。神がそれに対してなんと言ってくださるのか聞きたいのだ(5節)。神はきっと私と語り合ってくれるだろう。無下に私の訴えを退けて、背を向けたりなどしないだろう(6節)。そして私の正しさを認めてくださり、裁きを免れるだろう(7節)。だが問題は、その神がどこにおられるのか、四方に探し求めても、見出すことができない、神は全くご自分を隠されてしまった。これが問題だ。

ここには、人ではなく、神のことばを求めるヨブの姿がある。ヨブがいかに神と共に生きてきたのかを思わせる。ある意味でこれほどに、神の御前にあることを意識して生きることができたら、というところではないか。ただたとえそうであっても、神が見えなくなってしまうことはあるものだろう。どんなに呼び求めても答えがなく、自分の寄るべき支えが得られない、ことが信仰生活にはあるものだ。大切なのは、そのような時もあるものだ、と心得て、そのような時の過ごし方を心得ておくことなのだろう。

ある外国人と海外に出かけて一緒に日本に帰着した際に、入国審査で、手間取って私を見失った場合、荷物引き取り場所で会いましょう、と約束した。大変な人混みに押されて、離れ離れになってしまったら、という心配があったのだろうが、実際に離れ離れになってしまっても、彼は落ち着いて荷物引き取り場所にやってきた。見失って、そのままということはない。ただ見失う時間がないことはあるだろう。

2.神の前に困惑しつつも、神に語る

そこでだ、神が私を試されるなら、私は混ぜ物のない、純粋な者であることがわかるはずだ(10節)。実際、私は神に忠実な信仰者であったことは確かなことである(11節)。神が語られたことは、いつも私の生活原理であったし、私は自分の思いを通そうとしたことはない(12節)。

しかしだ、神はなぜか、私に対して心を定められた。それを覆すなどできない相談だ(13節)。というのも神には、妻も、友達もいないではないか。私の事案を仲介できるような人などいないのだ。神が心を定められたら、もうそれを覆すことはできない(14節)。私の子どもの死、妻の冷酷さ、失われた財産、そして今解放して欲しいこの病、全ては、神が心定めた結果だ。それはなぜなのか。降って湧いたこの不幸をお定めになった神に脅えざるをえない。本当に神は怖いお方だ(15節)。この不可解な神の態度をどう考えたらよいのか。ただ、不気味に思えもする神に対して、私は、黙る必要はないだろう。神は愛であるとすれば、とことん語ることがあってよいはずだからだ(17節)。

ヨブは、神と闇を区別し、すべては神によって生じていることであり、闇も神によって引き起こされている、その中で嘆いている状況を語っている。神のみこころを思い、神に聴く姿勢を守りながら、神の時を待つことを学んでいきたいところである。

 

ヨブ記22章

22章 完全懲悪を超えて

<要約>

おはようございます。エリファズのことばは、それ自体に慰めも励ましもありますが、文脈的に読んでいくと、それはヨブに対する辛辣な攻撃です。そして、真理のある反面、もう一つの真理があることに私たちは気づかなくてはならないのでしょう。神の偉大さ、豊かさに心を留めたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.もう観念したらどうだ(1-10節)

エリファズのことば。第三ラウンドが開始される。エリファズのことばはより攻撃的であからさまになっている。議論はいよいよ感情にエスカレートしてしまったのだ。感情的な議論は、もう何を言ってもお互いに平行線であるが、この議論に語られる。

1節「人は神の役に立てるだろうか」は、「私たちが彼に祈って、どんな利益があるのか」(21:15)に呼応したことばである。つまりエリファズは、神をもはや人間とは人格的な交わりを持つことのできない超越した存在として語り、ヨブが取り上げる、神を地に降ろし、損得のみで物事を考える考え方、それ自体が、バカバカしいことを語っている。実際、人間が正しいからといって、それが全能者の喜びとなるのか。あなたが正しく生きたところで、神にどんな利益があるのか。それは、自分の義務を果たしたに過ぎないのだ。(3節、ルカ17:10)。神のご機嫌を取ろうとするなど、神を本当に恐れているのか?(4節)ただ、人間とは全く無縁で、人間を必要としない神、確かにそうした側面もあるのだろうが、神はそんなに無機質な存在なのか。違う、という気持ちも起こるところだろう。

エリファズは、何とかヨブの考えを改めさせようと、あからさまに語る「神があなたを責められるのは、あなたの悪が大きく、あなたの不義に際限がないからではないか」(4、5節)と。そして、ヨブにヒントを与えようと、具体的に罪のリストを並べて見せている(6-9節)。なんともエリファズは容赦なくヨブを断罪する。根拠もなく、先入観と偏見で、断罪することばほど痛いものはない。だが、人間というのは、そういうものだろう。何を根拠に、そう語るのか。聞けば、確かにあり得ないことでもない、かなと思わされても、ちょっと違うのにな、そう言おうと思えば言えことでしょうが、と心が疲れてしまうような言いがかりに反論し難い思いを抱くものはあるものだ。

ビルダデは一般的な言い方をしたが(18:8-10)、エリファズはヨブに対して直截である。そして、結果、突然の神の逆襲に、今あなたは八方ふさがりの思いで恐れている、というわけである(10、11節)。

2.神は悪者を確かに罰せられる(12-20節)

エリファズは、神の超越性を強調する(12節)。そして、どうやら13節、ヨブよ、あなたは「神に何がわかろうか」と神を侮るような生き方をしてきたのではないか、とさらに推論的結論を強要する。神は、雲が濃いと地上で何が起こっているのか、さっぱりわからない。とでも思ってきたのではないか。そのように考える者たちと同じなら、あなたも同じ運命に出会うのだ(15節)。悪者はそのようにして、砂上の楼閣のごとし、あっという間に人生を崩されていく。あなたも同じではないのか(16節)、と。

同じ穴の狢なのに、あなたは、彼らはほっといてくれ、神など関係がない、という。なのに、神は彼らに寛大でよきにしてくれる。と言う(17節)。だが、私はそんな彼らとは全く関係がない(18節)。私はそんな悪者とは違う。だから言おう。正しい者は、最終的に彼らをあざ笑うことになるのだ。エリファズは、勧善懲悪の理論でヨブのことばを使いながら攻めたてている。

3.神はあわれみ深いのだから、悔い改めることだ(21-30節)

だから21節、エリファズは、ヨブが神に立ち返り、神と和らぐように、勧めている(21-23節)。そして、不当に金銀を得て、富栄えたのなら、アカンのようにそれを隠したりせず、ザアカイのように神に返し、施せという(23節)。金銀に執着する思いを捨てて、それらを手放すことだ(24節)。そうすれば、神があなたの宝となるだろう(25節)。そして神に真っすぐ自分の顔を向けることができ、また新しい人生を歩むことすらできるのだ、と(26節)。エリファズのことばは一見そのとおりのように思われる。しかしよく考えてみれば、功徳によって人は祝福されると聞こえてくるようなことばである。

ある介護施設で、高齢の女性が化粧をしてもらってたいそう喜んだという。何か嬉しかったのだろう、「まるで菩薩様のように綺麗になった」と鏡を見て言ったのだという。しかし言った瞬間、自分が菩薩様だなどとは、ずいぶん罰当たりなことを言ってしまったと気に病んでしまったという。それに対して、「そんなけち臭い方が、菩薩様、神様であるわけがない。神様は私たちが思う以上に心の広いお方ではないか」という職員が語ったことばに、また気持ちが回復して、丸く収まったというお話がある。

イエスは、私たちのあの罪、この罪を数え上げて、一つ一つ赦すために死んでくださったわけではない。私たちの人格を丸ごと受け入れるために十字架にかかってくださったのである。そのような意味では、自分に対しても、他人に対しても因果応報的に、あるいは、勧善懲悪的に物事を考え過ぎないように注意したいところではないか。つまり人の人生は、こうしたから祝福される、ああしたから罰せられる、というものではない。むしろ、神の恵み深さは計り知れない。神は、私たちのけち臭い理屈を超えて、豊かな憐れみを示し、祝福してくださるお方である。だからこそ、そこに希望がある。