詩篇15篇

15篇 神と共に住む

<要約>

おはようございます。聖書を、ただ、人の理想として読むのではなく、神の人に対する思い、語り掛けとして受けていくことが大事なのでしょう。ヨブに懇ろに語られた神は、私たちにも同じようにしてくださるはずなのです。そうであればこそ、その人の霊的な品性も、形を整えるのではなく、心の内から深まるものでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

この歳になると、と言ってよいのかわからないが、毎朝、椅子に座り、聖書に向かうのが何か、楽しみというか、一日の初めにあるべきところに納まる、そんな感覚をまず持つところである。そして、椅子に座るや否や、期待する。今日は、どんなことが私の糧となるのか、出てくるご馳走を楽しみにするかのような心境だ。

この詩の背景はよくわからない。ここでダビデは、神の家を愛し、神の家にとこしえに住まうことを願っている。幕屋に住まう祭司のように、いつでも神の元にあってお仕えしたい、と考えている。それは、敬虔に神を愛する者なら、全て共感しうる願いというべきだろう。ダビデは、神のもとにあってお仕えし続けるための条件をあげている。

2.神の家にふさわしい者

第一に、それは正しく誠実な人生を送る。神と人との前での正しさを意識して歩むことだ。

第二に、それは具体的に正しいことばを語る。心の中の真実を語り、人をそしらない。ヘブル語の意味は「告げ口」である。それは、あれこれ事柄を詮索し、周囲に言いふらすように歩き回ることをイメージする。悪口よりも中傷というべきものである。神と共に住まう人は、他人の名誉を傷つけるようなことを、陰で噂話にしたりはしない。人がいようといまいと、その唇が語ることに変わりはない。人が今は後悔していること、触れられたくないようなことはもちろんのこと、事実かどうかわからないことを推測で話して、しゃべり散らしたり、繰り返し取り上げて、人を困らせたり痛めつけることをしない。ただ愛を持って、人の徳を高める言葉を語ることである(3節)。

第三に、神の側に立って物事を評価しようとする。神に捨てられた人、つまりは神に背いた人をさげすむ、とは、何やらパリサイ人的であるが、ここで言っていることは、自分のスタンスを明らかにすることだ。自分と他人を比較して、私はあのような輩とは違う、というのではなく、私も同じ弱さを持ち同じ失敗をする可能性があるが、神の恵みに信頼し、神の願っておられることに立ち続けようとする意志を明確にすることである(4節)。

第四に、約束を守る。物事を引き受け、契約を交わしたのであるのなら、後で厄介な問題が起こって、経済的な負担が大きくなったとしても、あるいは時間的な融通が利かなくなり窮地に立たせられたとしても、その責任を放棄しないことである(4節)。人は都合が悪くなれば損得を考えて行動する。しかし、神と共に生きる人は、何が正しいかを考えて行動する。それがたとえ、損をするようなことであっても、神の義が現される行動を取るのである。

第五に、お金の面で卑しくないこと。「利息をとって」は、「高利をとって」を意味する。高い利息をとって、負債者を窮地に追い込むことをせず、わいろによって義を曲げるようなことをしない。人をお金によって苦しめたりはしない、ということだろう。

このような人は、ゆるがされることがない。安全で、平穏で、神とともにある祝福を得る。確かにそうであろうと思うが、実際にこうあり続けるのは難しい。難しいが、そのことで整えられることが霊的な成熟なのであるし、そのために、イエスの十字架の励ましがあると言えるだろう。

というのも、朝の恵みの時は、自分が聖なる者であることを確認するときというよりも、イエスの十字架にある罪の赦しの中で、神の子として扱われ、神の幕屋、聖なる山に歓迎されていることを覚える時だからである。そこでは、繰り返し、おおよそ神に似つかわしくない品性をもった私たちが、罪を告白し、罪の赦しを願いながら、キリストの十字架の遜りと共に、頭を垂れて神に近づくことが許される。イエスがおられればこそ、こうした詩編も我が願いとして、このように引き上げてくださいと祈ることができる。この詩篇は、私たちのことばと行いについて、他人に対する関わり、約束やお金に対する感覚を吟味させるものであるが、イエスにつながればこそ、一つ一つ自分の心からの願い、今日の決意として告白されるものとなる。そして傲慢に陥ったことを恥じらったヨブに、懇ろに語り掛けてくださった神が、同じようにご自身の気持ちとして親切に語り掛けてくださることを味わうのである。ただ自分を厳しく見るのではなく、神の愛の中で、自身の魂に対する厳しさを失わず、自らを深く見つめなおし、神の語りかけに応じていく、これが求められていることである。

詩篇14篇

14篇 主の勝利を願う

<要約>

おはようございます。ダビデは愚か者に対する主の勝利を祈っています。しかしその愚か者は、誰なのか、パウロはこの詩を引用して、それは全人類皆なのだ、と解釈を施しています。このように新約的光を照らすならば、ダビデに批判されている愚か者は、実はこの私であると認めざるを得ません。けれども大切なのは、その愚か者に対する神のあわれみと恵みです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

ダビデによる、とあるが、ダビデはこの詩をどのような状況で歌ったのだろう。一説に、アブシャロムが謀反を起こし、勢力を増し加えた時、あるいは、ダビデの生涯には記録のない非常に不運な出来事のあった時と考えられている、具体的にはよくわかっていない。

ただこの詩篇は、もともと、そのように私的に作られたのが、後に公用に使われるものとして書き改められたのだという。実際この詩は、一般的に民族的な内容を持った詩篇第二巻に収められた詩篇53篇とほぼ内容が同じである。原語で読み比べてみると14篇が神の名に固有名詞の「ヤハウェ」を用い、53篇は普通名詞の「エロヒーム」を用いる違いがある。また、5-6節の記述がより結果的な形で綴られている。だから詩篇53篇の方が、侵略や包囲の脅威などの国家的危機に合わせて改訂された、というわけだ。

2.愚か者の確信と結果

ダビデは言う。愚か者は心の中で、「神はいない」と言っている。「愚か者」は、ヘブル語でナーバール、それは、知能的な愚かさではなく、意図的に神に心を閉ざし、逆らう者を意味する。「攻撃的なつむじ曲がり」という解説もある。彼らの特徴は二つ。一つは、神の律法をあざけること、「性根が腐っており、忌まわしいことを行っている」(1-3節)。そして神の民を抑圧することである。新改訳第三版では、「彼らは、パンを食らうように、わたしの民を食らい、主を呼び求めない」であったが、新改訳2017では、「彼らは、私の民を食らいながらパンを食べ、主を呼び求めない」となっている。文法的に、パンを食らうは、完了形の動詞が使われ、私の民を食らうは、分詞形の動詞になっている。つまり、「パンを食らったように、私の民を食らっている」ということで、「食らっている」状態に詩人の関心はある。それは「あなたを知らない国々の上に、あなたの御名を呼ばない諸氏族の上に、あなたの憤りを注いでください。彼らはヤコブを食らい、これを食らって滅ぼし、その牧場を荒らしたからです(エレミヤ10:25)」と語っているエレミヤの思いに通じるものがあり、主を呼び求めない愚か者は、まさに、主の民を食らい、これを食らって滅ぼしつくそうとしている、状況を描写しているのである。それは、弱い者が食い物にされていき、滅ぼしつくされていく絶望的な状況である。だが、神は、生きておられるというべきなのだろう。正しいことをなさる神は、この状況を見過ごしにされることはない、それが著者の確信である(6節)

2.パウロの視点

ただ、興味深いことは、初代のキリスト者はもっと違った読み方をしたことである。パウロは、ローマ書にこの詩篇を引用し、「愚か者」をある特定の人々ではなく、全人類として解釈し引用している(ローマ3:10-12)。つまりこの詩は、初代のキリスト教徒には、ダビデの特定の状況でも、国家的に抑圧された状況でもなく、全人類の罪の状況を想定するものとして読まれたのである。全ての人がこの「愚か者」に値し、そこから救われる必要がある、と読んだのである。

となれば、後半、パンを食らうかのように私の民を食い尽くす者は(4節)、まさに私たち自身であり、主を呼び求めない者は、まさに私たち自身である、ということになる。確かに、私たちは、神に敵対し、神が正しい者と共におられることを知り、神を大いに恐れた者である。そして、弱い者を踏み躙ろうとして来たものである。しかし、7節「ああ、イスラエルの救いがシオンから来るように」そのような私たちが、神に救われたのである。そのような私たちが、神の恵みの中に入れられたのである。

このようにして読めば、この詩篇は、単純な勧善懲悪を語るものではない、と言えるだろう。人はどうしても、神を既に信じている自分たちが正しく、神をまだ信じない悪しき者は、裁きを受けるのだと対立的に物事を考えやすい。だが罪の深みの中に生きている私たちがこの世にあって、完全な聖潔の中に生きるなどありえないことだろう。どこか「愚か者」である性質を引きずって生きているのであり、「救われた罪人」である現実を覚えながら、自分の救いに感謝し、同じ罪人たちの救いを願わなくてはならないのである。パウロは晩年、自分を罪人の頭であると語ったが、私たちはまさに愚か者の頭であると言わねばならない。そして、愚か者の頭として、特定の人々ではなく全人類の素晴らしい救いを祈る者でありたい。

 

詩篇13篇

13篇 恵みに寄り頼み続ける

<要約>

おはようございます。「粘り勝ち」ということばがありますがが、神に粘り続ける、それこそ、求められていることなのでしょう。神は善であり、よきものを拒まれない、神の誠実さに信頼し続ける、その点において、正しい者であることが何よりも大切なことと私は思います。もう、聖書通読一日一生を書き続けて20年、ゆっくり歩いて、長い巡礼の道の最後まで、共に歩き切りたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. 背景

この詩篇、最初と最後では、作者の思いがまるで違う。何がこんな変化をもたらしたのか?不思議に思われるところがある。最初は満たされぬ思いと限界を意識した気持ちが吐露されている。しかし最後には、神に訴える中で、神に対する希望を抱き、神の救いを歌う気持ちになっている。

「いつまでですか」これが、ダビデの時代のいつのことであったのかはよくわかっていない。おそらくダビデが逃亡していた時のことではないか、と考えられているが、この時、ダビデは、一つは、孤独であった。神は私を忘れているのではないか、と思わされていた。ダビデは神の存在を否定しない。しかし、主が自分を気にかけておられることについて確信を持てないでいた。こんなに困っているのに、神は私のことを顧みてくださらない、苛立つ気持ちを押さえられないでいた(1節)。そして、堂々巡りの空しい思考。あれこれいくら考えても、何一つ先が見えてこない、行き詰まりの状況。何もまとまらず空回りして、空しく過ぎていく時間。待てば待つほどに、神の沈黙と闇は濃くなるばかり(2節)。その全ての結果としての悲しみ。ただただひたすら我慢するだけの思い(2節)。そして屈辱。敵のすることは、何もかもうまくいく、なぜか神は、自分ではない敵の味方になっているかのように、彼らの圧倒的勝利を思わされる辱め。(2節)。いつまでこんな状況が続くのか。耐えられない。確かにそんな状況はあることだろう。

2.神のあわれみにすがる

そこでダビデはどうしたのか?ダビデは、絶望のどん底の中で、なおも神に呼び求めている。打ちしおれた中で、敢えて声をあげて、神を呼び求め、叫び求める。「私に目を注ぎ、私に答えてください。」(3節)私が敵に打ち負かされて、先に死に、敵がほくそえむことのないようにしてください、と。自分の叫ばざるを得ない気持ちを素直に、神に言い表している。まさにただ神のあわれみに寄りすがるのみである。

教会が成長する鍵は祈りにある。もう古い文献になるのだろうが、パウロ・ヨンギ(Paul Yonngi Cho)がReaching Cities with Home Cells(Urban Mission, Nov.1984)という小著を書いている。自らの経験をもとに、韓国での教会成長の秘訣を書いているものであるが、日本語にはなっていないし、ヨンギについては、あまり評価しない人も多いので、たまたま手にしたものを読んでみただけなのであるが、印象的なことが書いてあった。つまり、自身の成功は祈りにあるが、祈りの体質が教会に育っていくまでは、大変な時間を要した、と。最初に祈り始めたのは、牧師と牧師の母の二人だけ、二人で、祈る時が何年も続いた。そしてようやく信徒が動き始め、共に祈るようになり、その祈りの輪の広がりの中で教会成長が起こったという。確かに「教会成長の秘訣は祈りである」と語る牧師は多いが、実際に「祈りにおいて格闘し、実を結ぶ祈りの群れを育て上げ、その重要性」を語る牧師は少ないかもしれない。

神の恵みにより頼むことがすべてである。なぜなら、神が「私に良くしてくださる」からである(6節)。英訳(NEB)では、「私の願いすべてを聞き入れてくださった」と訳されるが、それは、願いを聞くにとどまらず、それをはるかに超えて応えられることを意味する。リビングバイブル訳では「身にあまる祝福をいただき、心から主に歌います」とある。だから私たちは主に歌を歌わざるを得ない。

神は私たちに究極の解決方法を与えてくださった。神に祈り願い続けることである。いつまでですか、と思うことがあっても、今少しと粘って祈り続けることである。苦難を信仰と祈りによって解決する学びと訓練を私たちは必要としている。それが出来ていれば、全く打ちのめされた状況の中にあっても、私たちは平安と喜びを持つことができる。信仰の成熟は、普通の感覚では理解できない祝福をもたらす。神は奇蹟の神、天地創造の神である。無から有を生み出すお方である。生ける神に呼ばわろう。

 

詩篇12篇

12篇 真実な主のことば

<要約>

おはようございます。人間の社会は実に不条理に思われることがあるものです。右を見ても左を見ても不真実な人々ばかり、誠実さの一欠けらもないと思わされることがあるものでしょう。しかし、たとえそうであっても、神は真実であると信頼し、前に進むのがキリスト者なのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

背景として考えられるのは、Ⅰサム22:9、23:12、19であるという。つまりダビデがサウルの手から逃れようとしていた時に、ダビデの消息を告げ口する者たちがいた、その状況である。「主よ。お救いください。敬虔な人は後を絶ち、誠実な人は人の子らの中から消え去りました。」(1節)。神を恐れ、神を敬う人がどんどん少なくなっていく、そして、信頼できるような人を探してもいない。右を見ても左を見ても、平気で嘘偽りを並べ立てる者たちばかりである、という。「へつらい」は、調子の良いことを言うことであり、「二心」は、心にないことを言うことに他ならない。問題は、そのような品性の卑しい者が、状況を左右する力を持ってしまう事態であろう。

そのような状況下にあるというのは、実にストレスフルなことである。自分の知らないことが陰で動いていき、物事が動く原理原則としての正義が通用しない、悪しき者がほしいままにふるまい、それに歯止めをかける者もいない、神すら沈黙し、その状況を許されるという事態、それは実にごめんこうむりたい状況であるが、それが現実となることもあるだろう。「主が、へつらいの唇と傲慢の舌とを、ことごとく断ち切ってくださいますように」(3節)と心から叫び祈らざるを得ない状況がるものなのだ。

また、人間は弱く、そのような偽りの舌の間で、自らも影響されてしまうことがある。人の偽りを憎みながら、自らも偽っていることに気付かされることがある。だが、神を真に信じる誠実な心を持つ者にとって、偽り続けることは難しい。自分から誠実さが失われるのは耐えがたいことであるからだ。「この唇はわれらものもだ」(4節)、何を言ったっていいじゃないか、と考えている「彼ら」とは違うのである。

2.主は言われる。

祈る詩人に主が約束される。「わたしは彼を、その求める救いに入れよう」(5節)。悩む人が踏みにじられ、貧しい人が嘆く、そのような状況を神は決して放置されない。神は、エジプトで奴隷状態であったイスラエルを救い出されたお方である。また、祭司長や律法学者など、当時の指導者層に憎まれ、十字架に追い詰められ、死に葬られたイエスを、三日目に復活させたお方である。主の救いは、真実な約束である。この世の偽りと欺きの現実がいかに色濃くあろうとも、主の真実は明らかにそれらに勝っている。

確かに、主の言葉は、るつぼで精錬された銀のように、試されたことば、練られたことばであって、それはへつらいの唇でも、口先でも、気休めのことばでもない。それは、人間のことばとは全く違うことばである。歴史的に試されて、繰り返し確かであると証明されたことばである。その真実な言葉を語られる主が言われる。「今、わたしは立ち上がる」(5節)そして、踏みにじられた者、貧しい者、嘆く者を助け出そう!と。私は嘘を言わない!である。

希望がないと思う時にこそ、この主の言葉に力づけられよう。8節、「人の子の間で」は、「この世の人間社会で」の意味に理解してよい。「卑しいことがあがめられる」、つまり嘘偽りによって国中に不道徳と不条理が蔓延っている状況である。正義が全く踏みにじられ、神も死んだと言われる状況である。確かに、この世の社会では、偽り者が幅を利かせ、悪者がのさばっている、そんな状況が顕著になることがあるかもしれにあ。しかしたとえそうであっても、神のことばは真実である、神は約束に誠実なお方である、と信頼し、なすべきことを淡々と進める歩みをさせていただこう。夜は必ず明けるのだから。

 

詩篇11篇

11篇 主の御顔を仰ぎ見る

<要約>

おはようございます。絶体絶命と思われるような状況に置かれることは、人生にはいくらでもあることです。そのような中で泰然自若として静かに過ごしていくためには、主の誠実さを覚え、そこに信頼できる力を養うことです。それはまさに聖書通読道場でこそ養われるものでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

ヨブ記、詩篇と読んできて、一つの信仰的な態度を考えさせられる。つまりどんなに危機的な状況にあろうと、泰然自若として静かに神により頼んでいく態度である。危機に直面しては、あたふたしやすいし、追い詰められた際には、神を疑い、神も仏もあったものか、と毒づいてしまうのが人間の性であろう。だが、静かに神により頼んでいく姿勢をしっかり養い育てていくのが、霊的な成熟というべきものなのだろう。

背景としては、ダビデがサウルに命を狙われていた時に読まれたものであるとされる。2節にあるように、実際にサウルは、ダビデを投げ槍で突き刺して殺そうとした(1サムエル18:11、19:10)。サウルの陰湿な嫉みにさらされ、ダビデは命の危険を感じたのであろう。「身の安全のために、鳥のように、山へ逃げろ」と自ら、心の内でつぶやいたのかもしれない。あるいは周囲にいる者たちが、そう忠告したのかもしれない。

2.拠り所が壊される

実に、絶体絶命という危機、望みがないという状況に人は追い込まれることがある。「拠り所が壊されたら、正しい者に何ができようか」拠り所は、自分の全存在がかかっている場である。実際、それが、失われたら、自分の小さな正義を振りかざしたところで、何になるだろうか、というわけだ。確かに、その通りだろう。ダビデは、サウルに命を狙われたが、サウルは、まさに国家の最高権力者であり、彼自身が法であり秩序として振舞っていたのだ。ダビデが正義を主張したところで、一笑に付されて終わりである。一体、そんな世界にあって、何ができるのか、というわけだ。善良で正しい者は、その正しさを心に秘めて、臍を噛みながら、破滅を逃れるために、逃げる他なし。これが現実である。

3.信仰を告白する

しかし、そのような状況に人は揺さぶられることがあっても、神はそうではない。神こそが最高権力者であり、万物の支配者である。その神が、全てを見通し、どうあるべきかを知っておられる。4節「まぶたは人の子らを調べる」は、目を細めて、詳細に調べるという擬人的な表現である。神はただ知っているのではなく、物事を見通し、よく理解されている、ということだ。ちょうど、主がソドムとゴモラを滅ぼそうとされた時に「わたしは下って行って、私に届いた叫びどおりに、彼らが実際に行っているかどうかを見よう。わたしは知りたいのだ」(創世記18:21)と語ったように、神は、私たちの生活の場に下りてきて、しっかり調査し、裏も取った上で、正しいことをなさるお方なのだ。

大切なのは、自分の揺さぶられた心に、弄ばれず、静かに動かぬ神により頼む心をしっかり持つことだろう。そしてダビデの祈りの言葉を自分のことばとして、告白することだ。「神は暴虐を好む者を憎む。主は悪者どもの上に網を下す。」「主は正しく、正義を愛される」、「直ぐな人は、御顔を仰ぎ見る」という信仰を告白するのである。

信仰に生きるというのは、危機においてこそ、その真価が試されるものである。誰もが諦めてしまうところ、誰もが逃げてしまうところで、静かに神により頼んでいけるかどうか、そこが問われているし、その試練の受け止め方、対処の仕方に成長することが霊的成熟というものである。この詩篇は、最初に信じる者の安全がどこにあるかを示し、最後においてなぜそうなのかを語る。つまり、「主に私は身を避ける」(1節)そして「主は正しく、正義を愛される」(7節)ということだ。主の誠実さを静かに確信できる者となりたい。人は、主のまなざしを受けていることを知る必要がある。主が御顔を向けておられることに気づかねばならない。その主の御顔を仰ぎ、主に応答することが信仰であり、礼拝でもある。信仰に生きるなら、いかなる状況にあれども「まだまだ、諦めるのは早い」と心得ることとしよう。