詩篇22篇

22篇 主は義を行われる

<要約>

おはようございます。22篇はメシヤ詩篇、ことにイエスの十字架の苦悩を物語った詩篇とされるものです。「主は義を行われる」これが結論であり、私たちの確信とすべきことでしょう。神は貧しい者の祈りを決して見過ごされることはありません。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

詩篇22,23,24の三篇は、「羊飼いの詩篇」と呼ばれる。羊飼いであるイエス・キリストについて、預言的に語るものだからである。22篇は、羊飼いが羊のために自らの命を犠牲にし、死んでくださったこと(ヨハネ10:11)、23篇は、羊飼いが羊のために復活の命を持って世話をしてくださること(ヘブル13:20-21)、そして24篇は、羊飼いが羊のために栄光を受けて戻って来られること(1ペテロ5:4)が、預言されている。

ただ、この22篇に始まらず、既に見て来たように、ダビデの詩篇はイエスについて預言的に語ってきているところがある。後に使徒ペテロが、ダビデは預言者であり、イエスのことを予見して語った(使徒2:30-31)と語っているが、こうしてすでにダビデの時代に、メシヤの存在が意識されていたことが重要である。それは、同じ知恵文学であるヨブ記が、単に苦難の意味を説く書に終わらず、メシヤ預言的な内容を含み、神と人の仲介者の存在を示唆し、それがまた苦難の僕であることを示しているのと同じである。ともあれ、詩篇22篇は、69篇と同様に、イエスの十字架を語るものとして解釈されてきた。だから、前半には、福音書が引用する言葉も多い。イエスの十字架上の苦悩の叫び(1節、マタイ27:46)取り囲む群衆に嘲笑われ、毒舌を浴びせられた経験(6-8節:ルカ23:35、マタイ27:39,43)。イエスが渇き(14-15節:ヨハネ19:28)、手と足が釘付けにされたこと(16節:ルカ24:39)、イエスの着物がくじ引きにされたことである(18節:ヨハネ19:23-24)。全体的にイエスの身体的、心情的経験を詳しく描写されている。

2.イエスの敗北

実際、イエスは私たちの身代わりとなって、神の代りに罰せられたのであるから、手加減なしに、神に見捨てられる経験をしなくてはならなかった。完全に神に背を向けられ(2節)、もはや虫けらのごとく(6節)、助ける者もなく(11節)、死のちりの中に突如放り出されなくてはならなかった。

9節、「まことに、あなたは私を母の胎から取り出した方、母の乳房に寄り頼ませた方」とある。人が平穏無事にこの世に産まれ生きている、それ自体が、神の守りである。そして特段変わったことはないとしても、生まれてきてからこのかた、幼い頃から主を呼び求め、主の守りの中に日々が過ごされてきた、それはまさにイエスの生涯そのものである。

しかし、ある日その人生の歯車が逆回転する、人々には虫けら同然のように扱われ、神に見捨てられ、神に置き去りにされるかのような状況が起きたわけだ。人生の坂を転げ落ちる自分を、神以外の誰が救い出してくれるのか、と思う状況の中でただただ底知れぬ深さに落ちていくのである。それは、究極の孤独感であり、人間経験の最悪の苦悩である。このように、ここには十字架における内面的な苦しみと、肉体的な苦痛を語りつくすものとなっている。それはまさに失敗でもあり敗北と思われるものであるが、そうではなかった。それら起こるべきことがすべて起こらずにして、イエスの十字架の勝利はなかったからである。

3.イエスの勝利

イエスが十字架の苦悩を味わいながら、この詩篇に支えられたことは間違いない。そして、その苦悩すべてが、予め神に計画されたことである、と神の計画に対する信頼を抱いたからこそ、その絶望的な状況を乗り越えることもできた、と言うべきだろう。22節以降、もはや神に見捨てられたという訴えで始まった詩篇は、神に守られた平安を確信し、語りつくして終わっている。24節、「主は、貧しい人の苦しみを蔑まずいとわず、御顔を彼から画することなく、助けを叫び求めた時、聞いてくださった」この詩篇の後半は、神の誠実さを語り、神への感謝と賛美に満ちている。それは最悪の状況の中からの復活と勝利を語っている。たとえ死に至る苦悩があろうとも、神は決して貧しい者の叫びを聞き洩らすことはなく、必要な手立てを与えてくださる。そのあわれみ深い神に触れてこそ、「大いなる会衆の中での私の賛美はあなたからのものです」(25節)という告白に至る。

確かに、イエスの十字架は、近視眼的にはまさに見捨てられたと思うような状況であったかもしれないが、主は、イエスを復活させ、イエスが神のお気に入りであることを明らかにされたのである(8節)。「主が義を行われた」は、私たちの主の十字架の最後のことば「完了した」(ヨハネ19:30)に匹敵する。

世に苦しみは多い。しかしただ苦しむのではなく、苦しみの中にあっては、神が重要な信頼を託し、何かの働きを完成させていく途上に置かれていることを覚えたいものだろう。神が一人一人にこの時代に生きる使命を託され、イエスの御足跡を踏みゆくべき模範として残されていることは、間違いないことなのである。神は誠実なお方である。

 

詩篇21篇

21篇 喜びの日に王のために祈る
<要約>
おはようございます。教会は祈りの家、それはとりなしの場であるということです。そのような意味で、教会は祈祷会が盛んにならなければならないところだと思います。教会が祈りに満たされる時に、神の業が起こるというべきでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安
1.背景
先にダビデは、苦難の日に、「主の名」を呼び求めた。「あなたの心の望みを主がかなえてくださいますように。あなたのすべての計画を遂げさせてくださいますように」(20:4)、と。そして、主は、その祈りに応え確かに威力を現され、素晴らしい祝福をもたらされた。その「喜びの日」に、ダビデは再び祈っている「あなたは彼の心の望みをかなえ、唇の願いを、退けられません」(21:2)。つまり詩篇20篇とこの21篇は、願いと答えという対になっている。前者が戦いの前に、王のためにとりなす祈りであるとすれば、これは戦いの後に王の祝福に対する感謝をささげる祈りである。とりなしの祈りととりなしの感謝の祈り、これは、神が私たちに応えてくださった時に倣うべき祈りである。
歴史的な背景として、アンモン人の地を攻め取った時の出来事が背景にあると考えられている(1歴代誌20:2)。ダビデの頭には、金一タラントの重さがあり、宝石がはめ込まれたアンモン人の王の冠が置かれた。それは王の権威の再確認を意味した(3節)。しかし、大切なのは、勝利をもたらした王ではなく、王に勝利を導いた神が心から讃えられていることである。そしてアンモン人の王への勝利は、バテシェバの事件の後のことであったとすれば、それは、実に神の恵み深さ、神の約束に対する忠実さを物語っている。実に、偉大なのは、人ではなく神である。
2.メシヤ詩篇として読む
そしてさらに、この詩篇は、ダビデの経験にとどまらない、先の詩篇同様にメシヤの経験を語っている、とされる。つまり、十字架において勝利し、尊厳と威光を得られたキリストについて語っている。実際、パウロは語っている。「キリストは、…自分を空しくして、しもべの姿をとり、…それも十字架の死にまで従われました。それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名を与えられました。」(ピリピ2:6-11)またヨハネもこう語る。「彼らは大声で言った。「屠られた子羊は、力と富と知恵と勢いと誉と栄光と賛美を受けるにふさわしい方です。」(黙示録5:12)苦難において呼び求めたキリストに、主が応え、主は永遠の栄光をキリストに与えられたのである。
確かに9節「あなたの現れのとき、あなたは彼らを燃える炉のようにされます。主は御怒りによって彼らをのみ尽くし、火は彼らを食い尽くします」、10節、神が「地の上から彼らの裔を人の子らの中からの子孫をあなたは滅ぼしてしまわれます」というのは、「主イエスが、燃える炎の中に、力ある御使いたちとともに天から現れるときに起こります」(2テサロニケ1:9)という終末の出来事を彷彿とさせる。キリストの出現、それに伴う火と裁きがテーマとなっている。
3.勝利の祈り
ともあれ、この詩篇は、すべてキリストの道を進む者の、勝利の祈りでもある。イエスは、復活の後、エマオの途上の弟子に現れて二人に新しい啓示を与えられた。二人はイエスの十字架は失敗であり挫折であると思っていた。これですべてが終わったと考えていた。しかし、そうではなかった。十字架の苦しみはあらかじめ聖書に語られていたからである。イエスには、十字架によって全人類の罪の赦しを達成する大きな使命があった。そしてその苦難を忍んで使命を果たし、復活し、神の栄光の御座に再び戻られたのである。それは型である。私たちも同様に、十字架の苦難の道を通ってのみ、イエスと同じ栄光に与ることができる。
だからこそ、まことに、王は主に信頼し、いと高き方の恵みによってゆるがない(7節)。たとえ人が、悪を企て、たくらみを設けたとしても、心配するに及ばない。その人は自ら滅びるであろう。神が私たちの味方であるならば、誰が私たちに敵対しえようか。たとえ苦難に落とされようとも、私たちは勝利を得る。私たちは歌い、主の威力をほめ歌うようになる(13節)。そうであればこそ、いくさ車でも、馬でもなく、主をこそ誇り、主に信頼して歩ませていただこう。13節は、20:9に対応している。

詩篇18篇

18篇 メシヤの勝利

<要約>

おはようございます。背景がはっきりとしている詩篇です。ダビデがサウル王の執拗な殺意から救い出され、統一王国の王となった時に、自分がいかに神のあわれみと恵みによって、死から命へと導かれたかを思い起こしながら詠んだ歌です。まさに、天変地異にも等しい、神の介入がダビデの人生を変えた、そこに私たちの希望もあると言えるでしょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.背景

2サムエル22章にも、同じ歌が収録されている。表題に「主が、彼のすべての敵の手、特にサウルの手から彼を救い出された日に、この歌のことばを主に歌った」とされる。サウル王の抑圧から解放され、統一王国の王となったダビデが、過去を振り返り、現在の幸いが、神の恵みによってもたらされたことを確認している詩である。

確かにこの詩篇は、伝統的にダビデのものとされてきた。実際29節、徒歩によって戦うのは、ダビデまでとされ、それ以降、つまりソロモン時代以降は、戦車によって王は戦ったからである。しかし、この詩篇をパウロ、そしてヘブルの著者も、メシヤ預言の一つとして解釈して、引用している(ローマ15:9、ヘブル2:13)。つまりこの詩篇は、ダビデの作でありながら、キリストの勝利にこそ、最もよくあてはまるものなのである。そのような観点も含めて早速読んでみよう。

2.ダビデの感謝

まず1-3節は、導入的な賛美である。ダビデは神が、強固な砦、守り、救い、力となったと率直に讃えている。これほど素直に歓喜にあふれ、神の威力を評価し、神を近く覚え、心から讃えられるのは、苦難にあってまことに神を信頼し続けた結果である。信仰の成果は、日々の積み重ねで、連続的なものであり、思いついた時に効果をもたらすものではない。まさに「継続は力なり、聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われていくものがあるものです」というべきものだろう。

サウルに追跡された数年間、ダビデは確かに神に守られ続けた。ダビデを守ったのはヨナタンでも、あの部下この部下でもない。まさに目に見えない神が堅固に守られたがゆえに、ダビデはここまで生きながらえた。悩みの中で彼が神に呼ばわった時に、神は、確かにその力強い御手を指し伸ばして救い出してくださった(1-19節)。ダビデは、神が自分に代わって戦ってくださったことを深く確信して詠いあげている。確かに、敵はダビデよりも強かったが、神は、敵の圧倒的な強さを無にしてくださったのである(17節)。

3.ダビデの告白

続くダビデの義の告白は(20-29節)、実はパウロが解釈するようにキリストにおいてこそ、相応しい告白である。「きよい者にはきよく、曲がった者には、ねじ曲げる方」(26節)確かに神は、神の言葉を守り、誠実な歩みをする者に報いてくださる。ダビデは、神に対して悪を行わず、主のおきてに従った、という。だから、神の加護を受けるためには、私たち自らが正しくあらねばならない、となりがちである。だが、何人も神の前に完全に生きることはできない。ダビデがここまで引き上げられたのは、ただ神の恵みによる。このように完全に言い切ることができるのは、キリストのみである。だからメシヤ詩篇として読むことが、最もふさわしいということにもなる。そして私たちにおいては、キリストにあって罪を告白し、赦しを得る、キリストの義に寄りすがり、神の哀れみの豊かさをたたえるところにこそ、私たちの義がある、と言えるだろう。主の道を守るというのは、まさに、その悔い改めに基づく神の義の追及にある。

4.神による勝利

30節以降後半、ダビデは、神による勝利を繰り返し語る。この神こそ、私たちの助けであると同時に、私たちを養育的に成長させてくださるお方である(30-36節)。神は私たちを助け出し、支え、生かし、品性を形作ってくださるお方である。神は私たちを鍛え、戦い方を教え(34節)てくださる。しかし、神はそれによって誇らない。まさに神の謙遜さによって、私たちは大きくされる。

だが、ここで読み解くべきことは、実に、ダビデにとって神の助けがいかに大きなものであったか、ということだろう。神が小さき塵に等しいダビデに示してくださった、その大きなあわれみに、ダビデは震える思いでこれを詠んだということである。ダビデにとっては全く閉ざされた人生、全く終わってしまった人生であったはずが、神は、天変地異を起こすがごとく、ゴミための中からダビデの声を耳に入れ、救いだし、ダビデに栄誉を着せてくださったのである。サムエル記のダビデの生涯をもう一度読み返してみたいところである。その貧しき者に対する神の大いなる業を信じるのでなければ、私たちにどのような希望があるだろうか。

37-45節における動詞は、ほとんどがヘブル語においては未来あるいは継続を意味している。つまり、ダビデは未来を展望して語っている。すでに与えられた勝利が、更に大いなることを約束している、と理解される。実際ダビデのその後は、近隣諸国を平定し、イスラエルを偉大な国としていくのであるが、それは、まさに神の業なのである。神は、死者の神ではない。生ける神であり、常に私たちに寄り添い、私たちの未来を導かれるお方である(46節)。だから絶えず、私たちは神によきことを期待してよい。だが、その確信的な内容は、パウロがエペソ人への手紙で語るように、キリストの奥義の実現である(エペソ3:6)。49節、パウロは、キリストがユダヤ人のためにだけではなく異邦人のためにも来られたことを示す、四つの預言の第一のものとして引用した(ローマ15:9)。50節「油注がれた者は」まさにキリストであり、終末的なビジョンを持ってこそ、この詩を心から歌うことができる。