詩篇43篇

43篇 神の光とまこと

<要約>

おはようございます。43篇は、42篇の続きというべきものです。同じ言葉が繰り返されながら、連続して読んでいくと、そこに、詩人の心の変化を感じとることができます。大切なのは、表面的に明るくなることではなく、心の奥深なところで、主の平安と静かさに満たされることでしょう。それ自体が霊的な力というべきものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

  1. 文脈と背景

42編に続いて、詩人は、神を呼び求めながら、手ごたえのある応答を得られないことを問題にしている。なぜ、神は聞いてくださらないのか。「神よ、と呼びかけるお前に、神はついているのか」「そもそも神などいるのか」自分が置かれた現実を考えると、そんなあざけりに、全く言い返すことができない。「なぜ私は敵のしいたげに、嘆いて歩き回るのですか」(2節)。打ち負かされた思いになるだけ、自分の無力さを思い知らされるだけ、ということがあるものだろう。

2.表面的なものではない、霊的な深さ

ただ、42篇からの続きとして読んでみると、詩人の気持ちに変化のあることがわかる。「なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私のうちで思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を」42篇5節、42篇11節、43篇5節と同じフレーズが繰り返されていながら、その調子は違う。初めは、落胆の中で自問自答しているのだ(42:5)。それが、自分自身の心への語り聞かせになっている(42:11)。最後は、信仰の確かさを宣言することばになっている(43:5)。苦難の嵐が静まりそうもないとしても、目に見えない神に対する信頼は深まり、心穏やかにされることがあることを、私たちは知らなくてはならない。確かに、捕囚の状況は、取り消すことのできない大きな変化であり、終わりである。もはや、味方する者は誰一人いない、異空間に置かれたようなものである。そこにどんな逆転勝利も期待することはできない。しかし実際の所、目に見えない神の、新しい導きを、見えない栄えある将来を静かに描き始めることも可能なのだ。

異教社会における牧会伝道は、なかなか、聖書どおりにはいかないことがある。パンを水の上に投げるような、無駄な日々が積み重なるだけ、ということがある。そのような中で、楽しく明るく伝道することが人を引き付けるコツだと思いながら、心の暗さがにじみ出てしまうような、毎日をやり過ごすこともあるかもしれない。しかし、大切なのは、霊的な明るさであり、楽しさである。目に見えない神との交わりの中に、どれほど、伝道者が満たされているか、それが、やがて宣教の実りを得させる結果となることに間違いはない。表面的な明るさや、楽しい雰囲気ではなく、心の底からの神に対する信頼と心穏やかさが、宣教の原動力であり吸引力であると私は思うのである。

3.霊的深さを持つ

では、どのように、詩人はその霊的に深い変化を引き起こしているのか。その要因の一つは、今の神に見捨てられたような状況が、無機質なものではなく、「あなたの波、あなたの大波」(42:7)と神のご計画の中にあることを心得ることにあるのだろう。あなたを襲っているのは、世の波、世の大波ではない、「主の波、主の大波」である。ヘブルの著者は語っている。「主の訓練を軽んじてはならない。主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、受け入れるすべての子に、むちを加えられるのだから。訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです」(ヘブル12:6,7)。私たちには苦難があるが、それは主の知らぬものではない。主のコントロールの中にある。ヨブのように、その苦難の意味は知らされないが、それは確かに、主のよしとする時までなのである。だから、苦難にあって、涙を自分の食べ物とする(42:3)、いわゆる感傷的に不幸に浸りきるのではなく、この大波も一時、過ぎ去っていくものであると心得ることであろう。

そして二つめに、自分の不幸を反芻するのではなく、「神の光とまこと」(3節)に心を向けることである。神が導いてくださる将来を臨み見て、神の約束のことばを繰り返し噛みしめることである。信仰によって生きるというのは、まさに神は正しい、良きことをなさるお方であると認め、神に全き信頼と期待を抱くことである。お金もない、人脈もない、何も可能性がないところで、なおも神の可能性に頼っていくことが信仰である。アブラハムのように「望み得ない時に、望みを抱いて信じ」(ローマ4:18)というのが信仰である。「不信仰になって神の約束を疑うようなことはなく、かえって信仰が強められて、神に栄光を帰し、神には約束したことを実行する力がある、と確信していました。」(ローマ4:20,21)というのが、信仰なのである。詩人がここで、捕囚からの帰還をどこまで具体的に想定したのかはわからない。それはやがて歴史的な大きな変化として起こって来ることなのであるが、詩人が、少なくとも信仰的にそれを臨み得たことは確かだろう。

最も困難な人生を生き抜くために必要なのは、「神の光とまこと」に目を向けることである。神は誠実である。落胆せず、閉じこもらず、顔を上げて、神の正しさを、誠実さを聖書を読み進む中で見出すようにしようではないか。そうすれば詩人のように、確信を持って言うことができるだろう「神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を」(43:5)