詩篇107篇

第5巻 107篇 主に感謝せよ

おはようございます。詩篇107篇は、これまでの105、106篇と共通する部分がありながら、それは歴史的な一大イベントである出エジプトを振り返らず、ただ日常性の中での神の救いと助けを教訓とするものです。日常性に働かれる神を恐れて歩みたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈と背景

第5巻、いよいよ詩篇最後の巻となる。1巻、2巻はどちらかというと、ダビデの個人的な苦悩を歌うものが多かった。3,4巻は礼拝詩、5巻も同様に考えてよい。ただ、この巻分けがどのようにして生じたのかはよくわかっていない。ギリシャ語の七十人訳聖書がこの巻分けを採用していることから、少なくともBC2世紀以前には出来ていたと思われる。

だがこの107篇は、その巻分けとはまるで無関係な始まりのように見える。つまり、4巻の最後106篇と107篇は、その冒頭の書き出しが同じである。そして、それらの終わりは、106:47では、「国々から私たちを集めてください」とあるが、107:3で「国々から彼らを集められた。」とあり、まさに前篇の祈願が成就された連続性があるようだ。実際105-107篇は、「主に感謝せよ」で始まる感謝詩篇として括られ、詩篇105篇は、神の契約への「誠実さ」を、106篇は反逆の民に対する神の「豊かな恵み」を、そして107篇は苦悩にあって主に叫ぶ者への神の「救い」を語る三部作とする学者もある。

ただ構造的に見ると、感謝の勧告(1-3節)から始まり、それに基づくまとめ的教訓(33-43節)、知恵ある選択への勧告(43節)で締めくくられる大枠の間に挿入されるエピソードの違いがある。つまりそれは、出エジプトという歴史的なものではなく、旅人の無事(4-9節)、囚人の釈放(10-16節)、病人の回復(17-22節)、船乗りの守り(23-32節)という日常的なもので、それぞれに、6節と8節、13節と15節、19節と21節、28節と31節と4回にわたって「苦悩から救いだされる神」を宣言するリフレーン(反復句)が挿入され、日常性の中での神の救いと恵みを宣言するものとなっている。107篇は第五巻として別物と考えてもよいのだろう。

2.日常性の中での神の救いと恵み

当時、荒野で道に迷うことは、よく起こりうる生活経験の一つであった。そこで、途方に暮れて神の助けを叫び求めた時に、神は助けられたと言う(4-9節)。また神のことばに逆らい、知恵ある諭しを退けた結果、神の裁きを受けた囚人。神に見捨てられ、人にも同様に扱われても致し方のない者たちが、神に助けを叫び求めると、神は助けられたと言う(10-16節)。続く病人は、愚かしい生活習慣の故に病んだ人たちである。けれども、自業自得と思われる病人が、神に助けを叫び求めると神は癒されたと言う(17-22節)。神が恵み深いというのはこういうことなのだろう。そして悪天候の暴風と高波に弄ばれる船乗り、彼にどんな望みがあろうか。パウロも(使徒27章)、イエスの弟子たちも(ヨハネ6:15-21)同じ経験をしているが、人間の制御を超えた脅威に襲われた時に、彼らが神に向かって叫ぶと、神は助けてくださった、と言う(33-38節)。105,106篇は、歴史的な一大イベントを振り返っていたが、この詩篇は、日常性の中で神の実在と恵みを覚えようとする。

だから最後に、総括的に感謝すべき主の恵みを語る、詩人の確信は深い。「主は豊かな川を荒野に、水の沸き上がる所を潤いのない地に」(33節)「主は、荒野を水のある沢に、砂漠の地を水の沸き上がる所に変える」(35節)、つまり、呪いも祝福も、神の思いのままである。そしてその呪いと祝福は、日常性の中でくだされることであるがゆえに、私たちは神を恐れなくてはならない。「主は君主たちを低くし」(40節)、「貧しい者を困窮から高く上げる」(41節)。だから「知恵ある者はだれか」(43節)と問いかけられる。神を恐れ、神の恵みを見極めて歩む者であろう。

詩篇106篇

106篇 神の豊かな恵み

おはようございます。賛美と祈りを持って始まり、長い罪の告白があり、また逆順の祈りと、賛美で閉じられる、良く構成された同心円的構造をなしています。礼拝用のハレルヤ詩篇として良く構成された構造を持ちながら神の「豊かな恵み」を仰ぐ内容となっています。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈と背景

この詩篇は、イスラエルの罪と不誠実さを振り返っている。先の105篇が、族長時代から出エジプトの歴史を振り返り、契約に誠実で、大いなる御業によりイスラエルを守り祝された主を覚え賛美するものであるとすれば、この106篇は、出エジプトから王国成立までの歴史を振り返り、契約に不誠実で、反逆の歴史を繰り返したイスラエルに対して、神が恵み豊かであったことを語ろうとしている。つまり詩篇105篇は、アブラハム契約に誠実な神を讃えているが、この詩篇ではほぼ同じ歴史を振り返りながら、神の「豊かな恵み」(7節、45節)がキーワードになり、賛美をささげている。

詩それ自体は、賛美(1-3節)と祈り(4-5節)をもって始まり、祈り(47節)と賛美(48節)をもって閉じられ、その間に、長い罪の告白が挟まれる同心円的な構造になっている。罪の告白は、出エジプトの紅海徒渉での不信仰(6-12節)、荒野の放浪中、肉を要求したこと(13-15節:民数記11章)、モーセとアロンへの反逆(16-18節:民数16章)、金の子牛の鋳造(19-23節:出エジプト32章)と続き、再びカナンに近づいた時の二つの失敗、カデシュ・バルネアで主の約束を信じなかったこと(24-27:民数13章)とバアル・ベオルで偶像礼拝の罪に陥ったこと(28-31:民数25章)が語られ、最後にカナンの地定住に続く士師時代の堕落と解放の出来事(32-46節)と記される。

なお、最後の賛美47-48節は、1歴代誌16:34-36のダビデが命じて作らせた賛美の最後三節と同じである。詩篇が先か、歴代誌が先か、よくわからないが、ハレルヤ詩篇として受け止めるなら、歴代誌を引用して詩篇が礼拝用に整えられたと考えることもできる。

2.豊かな恵み

イスラエルの歴史は、神を見捨てる反逆の連続であり、不信仰と不誠実さの繰り返しである。普通は、神に見捨てられて当然のところだ。しかし、そうならないところに神の「豊かな恵み」が明らかとなる。神の愛の深さ、強さは私たちの想像を超えている。神の契約を守られる忍耐、頑固さ、執拗さが、私たちの模範である。私たちの愛が薄っぺらなのは、「豊かな恵み」と一言でまとめられる、神の愛の深さを理解していないからだろう。

23節破れ口に立ったモーセの姿も印象的だ。昔、娘が学校で聞いた話を思い出す。「風呂の栓のような人間になれ」と熱く語る面白い先生がいた、と。風呂の栓なくして風呂には入れない。物事をなすになくてはならない存在になれ、というわけだ。イスラエル反逆の歴史の中で、モーセは、そのような存在となった。誰もかれもが不誠実で愚かな歩みをし、すべてが滅びに向かっているかのように思われる中で、肝心かなめの破れ口をふさぐリーダーシップを発揮した、というわけである。

47節「私たちの神、主よ。私たちをお救いください。国々から私たちを集めてください」この詩篇が捕囚帰還後に詠まれた、と言われる部分であるが、必ずしもそうだとは言い切れない。むしろ注目すべきは、詩人がイスラエルの完全な回復を祈っていることだ。それは、イスラエルの再建を励ますことを目的に書かれた第一歴代誌7章で、北イスラエルの民が振り返られているのと同じである。つまり、詩人は、直接的な読者である南ユダの帰還者だけではなく、彼らよりも150年も昔に滅びてしまった北イスラエルの民を含めた、イスラエル全体の再建をビジョンとして語っている。「国々から私たちを集めてください」主を愛する者が皆集められて教会が完成される喜びを願うこととしよう。

詩篇106篇

105篇 契約に忠実な神

おはようございます。この詩篇では、アブラハム契約に誠実であった神が讃えられています。神の誠実さ、これが私たち信仰者の一番の支えであり、原動力というべきものでしょう。神の誠実さを覚え、礼拝と宣教と従順の歩みを守る一日でありたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈と背景

新共同訳聖書では、詩篇104篇の最後の一節が二分され、後半の「私の魂よ、主をたたえよ。ハレルヤ」は105篇の冒頭に寄せられている。これは、105-107篇をハレルヤ詩篇集として扱おうとする七十人訳の解釈を取っている。新改訳2017は、そう取らない。

さてこの詩篇は、1歴代誌16:8-12の契約の箱を搬入する際の歌にその一部(1-15節)が引用されていることからすれば、この詩篇は歴代誌よりも古いものと考えられる。そしてすでに学んだように、歴代誌は捕囚帰還後の作であり、この詩篇が、次篇と対になっていることからすれば、それは明らかに捕囚から帰って来て、神殿祭儀を復興したイスラエルの民に対して、ダビデ時代の古き詩篇を引用しつつ書かれた、と言えるのではないだろうか。

2.神の誠実さを思う

具体的にその内容は、アブラハムに始まる族長時代から、出エジプトそしてカナン征服までに至るイスラエルの歴史を回顧するものとなっている。そしてその前後を、アブラハムへの契約に対する主の誠実さを訴える節(8節、42節)で囲むものとなっている。

つまり初めは、宣教と礼拝への呼びかけである(1-6節)。そしてすべてはアブラハムの契約から始まった、と語り始める(9節)。アブラハムが契約を受けた時は、わずかで、寄留の他国人であった(8節)。イスラエルは国から国へと渡り歩く流浪の民に過ぎなかった(13節)。神が彼らを守られ生きながらえさせてくださった(15節)。神の不思議なご計画で、まずヨセフがエジプトに遣わされ(17節)、その民を大いに増やされた(24節)。それは同時に、奴隷とされる試練を経ることでもあったが、神は、解放者モーセとアロンを遣わされた(26節)。そして神は、奇しい御業の数々をもってイスラエルを奴隷状態から解放された(27-38節)。荒野の放浪の旅の中でも、神は素晴らしい御業をもってイスラエルを支えられた。こうしてイスラエルは、約束の地に入り、神の恵みの中にあって増え広がった。こうして神は、アブラハム契約にことごとく誠実であった(42節)、と締めくくる。

3.神の誠実さに応答する

最後に、詩人は、神への従順さの応答を語る。この神の誠実さによって達成されたイスラエルの守りと祝福は、「主のおきてを守り、そのみ教えを保つためである」(45節)と。

詩人は、先に神の救いのみ業を、自分たちの国以外に宣言することを勧めた。宣教は神の私たちに対する誠実さの伝達である。また「主に歌え、主にほめ歌を歌え」(2節)と、礼拝することを勧めている。毎週日曜日、私たちは礼拝に集い、そこで一体何をしているのか。賛美歌を歌う、説教を聞く、献金をささげる、その一つ一つの儀礼行為を形で終わらせず、神の奇しいみわざをほめ歌い(2節)、神を誇りに思い(3節)、いっそう神の御力を慕い求める(4節)時とするのである。そして最後に詩人は、主への従順を勧める。順序に注意すべきだろう。私たちの従順が先なのではない。神の誠実さへの応答として従順がある。

私たちは神が何をなさっているかに注意深くあらねばならない。というのも神は私たちのためにイエスと契約を交わされている(マタイ26:28、ヘブル8:8-13)。神は誠実なお方である。しかしヨセフがそうであったように、その誠実さを感じることができない、忍耐を試される時もあるだろう(19節)と。だが、詩人のように、私たちもイエスの復活から、今日に至るキリスト教の定着を巡らし、神の誠実さを心から讃え、主のみこころが成るまで主のみ教えに堅く立ち、礼拝と宣教と従順の歩みを守りたいものである。

詩篇104篇

104篇 茫漠から創造される神への感謝

おはようございます。創世記1章の構造に重なる詩篇と言われます。確かにそのような思考の流れはあるでしょう。詩人が体験したと思われる捕囚からの解放は、その創造の業に等しい大いなる神の御業で、そのように読むと、大いなる励ましのある詩です。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈と背景

詩篇103篇では、神の性質を思い、神を讃えるよう勧められた。この104篇は、神の創造と摂理の業を思い巡らし、神を讃えるように勧められる。冒頭と結びが同じであることからも、両者は、対のものとして書かれたと思われる。内容は、神の創造の業を讃えるものであり、その構造は、創世記1章に準じたもの、と指摘する者もいる。つまり

第一日(光)(創世記1:3-5)⇒詩篇104:2a

第二日(大空が水を分ける)(創世記1:6-8)⇒詩篇104:2b-4

第三日(地と海の区別)(創世記1:9,10)⇒詩篇104:5-9(+10-13)

(植物と果樹)(創世記1:11-13)⇒詩篇104:14-17(+18)

第四日(時を計る者としての光るもの)(創世記1:14-19)⇒詩篇104:19-23(+24)

第五日(海と空の生物)(創世記1:20-23)⇒詩篇104:25,26

第六日(動物と人)(創世記1:24-28)⇒詩篇104:21-24

(全生物に指定された食物)(創世記1:29-31)⇒詩篇104:27,28(+29,30)

という対比を見て取ることができる。ただそのような枠を嵌めずに読むこともできる。というのは、創世記に親しんで育ったイスラエル人が、それを意図せずに思考の下敷きとすることはありうるからだ。なおこの詩篇は、BC4世紀、エジプトのアメンホテプ4世が描いた有名な太陽賛歌とよく似ていると言われるが、実際には、太陽を拝むよりも、太陽を創造された方を拝むことの大きな違いがある。

2.捕囚からの解放

さらにこの詩篇の七十人訳には、「ダビデによる」と表題づけされているが、実際には、第四巻の他の詩と同様、捕囚期後に書かれたとされている。つまりそれはエルサレムの再建を踏まえて書かれている、ということだ。捕囚の惨状は、エレミヤによって「茫漠として何もない」、「光はなかった」と創造の原初の状態にたとえている(エレミヤ4:23-28)。そこから立ち直って町は再建された。つまり詩人は、神の創造の業に重ね、神がイスラエルにしてくださった大いなる御業を思い巡らし讃えているのである。

だから10-13節、谷や山々への水の供給は、創造の素晴らしさではなく、回復された町の麗しさを思っているのであり、14-18節、地に満ち足りる植物も、主が再び、地を祝し、生産性のある毎日を取り戻してくださったことへの感謝である。19-23節は、捕囚から解放された者に、日常の生活リズムが戻って来たことへの感謝、24-26節の海の創造は、商業活動の回復への感謝というわけだ。26節、「レビヤタン」はよくわかっていない。ヨブ記41章では「わに」を、あるいは大魚のことであるが、そうした存在も神を喜んでいるとされる。

ともあれ詩篇104篇は、ただ、創造の業を讃えているのではなく、自分たちの歴史に起こった捕囚帰還という奇跡的な神の介入の業を、無からの「創造」の御業になぞらえて、感謝し、賛美していると読むことができる。だからこそ、「主の栄光が、とこしえにありますように」(31節)。そして神などどうでもよい、と思っている「悪者どもが、もはやいなくなりますように」(35節)と、付加的な賛歌(31-35節)が続くのである。

この背景を踏まえて読むと、私たちもまた、自分たちの茫漠と思える現実に、光をもたらす神を期待することができる。どれほど混沌としていようと、あるいは望みなき状況であろうと、「光よあれ」と語り物事を動かしてくださる神がいる。

詩篇103篇

103篇 懐の深い神への感謝

おはようございます。空を見上げてみましょう。空の大きな広がり、奥行きの深さ。いつも東京の空を見上げる私には、帯広の広々とした空は印象的でした。神の心はそれほどに深い、神の恵み深さを覚えて、今日も、神が最善に導かれると信じて歩みたいものです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈と背景

「ダビデによる」とある。ダビデの作の中では、個人的な色彩の少ない、一般的な主題、賛美を扱う作品となる。しかし、実際にはダビデではなく、民族的な罪の赦しと神の恵みを詠う内容からして、第四巻に特徴的な捕囚期後の作で、聖都回復の喜びを詠うものとする説もある。

2.神の恵み豊かさ

この詩に嘆願はない。ただひたすら「主をほめたたえよ」と勧める。そして著者は、私たちが今まで神よりいただいた祝福を、あれこれ数え上げることを助けてくれる。まず、私たちにとって一番大きな感謝は、主が赦してくださって、和解の関係に入れてくださった、ことだろう。神は「すべての(注目すべき)」咎を赦された(3節)。本来は滅ぼされ、歴史の狭間に消えゆく虫けらに過ぎない人間が、神のあわれみといつくしみを受けるのである。そして滅びの穴から救われた(4節)。放蕩息子が、家の使用人としてではなく、息子として再び迎えられたことを思い起こすところだ。単に神は私たちを救ってくださった、私たちを神の家族の群れに加えてくださった、というのではなく、私たちを最愛の一人子として迎え入れてくださったのである。

そして救われて終わりではない。「あなたの一生を、良いもので満ち足らせる」(4節)という。詩人は、神がめぐみと愛に富む方であることを確信している。「主は、いつまでも争ってはおられない。とこしえに、怒ってはおられない。私たちの罪にしたがって、私たちを扱うことをせず、私たちの咎にしたがって、私たちに報いをされることもない」(9,10節)神は根に持つような方ではないのだ。繰り返し、自分の心に言って聞かせたい、ところではないか。もし神が、罪の代価を最後のびた一文まで支払うことを要求される、きっちりされた方であるなら、私たちの未来に希望はない。しかしそうではない。神は「咎にしたがって、報いをされることもない」(10節)お方なのだ。神の恵みは、空の高さに勝って遙かに大きい(11節)。空を見上げてみよう。神の懐の深さがどれだけであるか、感じたいところだろう。神は、私たちの罪を、はるか遠く、地平線のかなたに投げ捨ててくださるお方である(12節)。それは西と東、全く対極にあり、決して接近することのないものにたとえられる。神が忘れてくださったものをいつまでも覚えていてはならない。

3.神の恵みの下に生きる

神は私たちが単なる土くれに過ぎず、風に吹き飛ばされる籾殻のような,はかない存在である事をわかっておられる(15節)。そのような小さい身でありながら、神を畏れ、神の契約を守ろうとする者を、神は決して見過ごされることはない。主の恵みを経験するために大切なのは、私たちの側に、主の契約に立つ心、応答する心があるかどうかである(18節)。ヒゼキヤの場合は、神の恵みに応答しようとしなかった(2歴代32:25)。

詩人は、神の恵み深いご性質を語り、その神ご自身の支配の中に私たちがあることを、繰り返す。「主は、天にご自分の王座を堅く立て、その王国は、すべてを統べ治める」(19節)。この事実に立つ時に、著者が勧めるように、私たちの心には、主をほめたたえる思いがわいてくる。しかも私たちが神を賛美する時は、私たちだけではない。天の軍勢も、すべての被造物も神を讃える。すべての賛美に、声を合わせて、心からの賛美をささげたいものである。