詩篇119篇

119篇 神の言葉の祝福

おはようございます。詩篇の中で最も長く、且ついろは歌ともなっているものです。全体にわたって「主のみことば」がテーマとなり、みことばを中心とし、愛し、従い、その祝福に与るべきことが詠われています。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈

この119篇は、其々8節からなる22の詩で構成される、いろは歌となっている。つまり、最初の1~8節はすべてヘブル語最初のアルファベット、アーレフで始まり、以下同じようにヘブル語の22のアルファベットで始まる22の詩で構成されている。新共同訳では、それぞれに、アルファベットの表題が付されているので、わかりやすい。

また22の詩全体にわたり、主のみことばがテーマとなっている。だから、84,90,121,122,132節の例外を除いて、全ての節に、「主のみことば」を言い換えることばが含まれていて、それが何であり、それが私たちの人生にどのように影響するかを語っている。たとえば、神のみことばは、宝(14、72、127、162節)、相談相手(24節)、歌(54節)、蜜(103節)、光(105,130節)、永遠のゆずり(111節)というように。

2.神のことば

ともあれどの詩も、神のことばを愛し信頼することを詠っている。そこでまず、詩人は、神のことばに従うことが人生の祝福であるとする。というのも、第一にそれは人生における指針だからである。人生を清く保ち(9節)、罪から守ってくれる(11節)。だから神のことばは、第二に相談相手である(24節)。そして、第三に、神のことばは人の命である。たましいが悲しみに沈んでいる時に(28節)人を堅く支え(28節)、心を解き放ち広げてくれる(32節)。また人の慰め手である。人を落胆の沼から引き揚げる(25-32節)。第四に神のことばは恵みと救いをもたらす(41節)。神のことばを守る者、神のことばに従う者には、自由があり、ゆとりがある(41-48節)。第五に、神のことばは、人の心に歌を与える。それは、真実の歌であり、他の人々の心を打つ歌となる。というのも、神のことばには命があるからだ(49-56節)。

もし、人が、神のことばを真実に守るならば、同じ志を持つ、神のことばの友が与えられる(63節)。神のことばは分かち合われるものである(57-64節)。

だから神のことばは積極的に学ばれなくてはならない(71節)。それは、試練を通して、苦しみや困難を通して学ばれる。試練の中にあっていっそう味わい深いものとなる。たとえ、人生がついには終わりだと思える様な時も、神のことばは、新しい可能性を開いてくれる(87節)。だから敵は外ではなく、私たちの内にあり、神のことばに信頼して、神のことばの祝福を学ぼうとしない私たち自身となる(89-96節)。

こうして神のことばは、人の愛の対象となり、一日中、思い巡らされる(97節)。しばしば敵に学べとされる。しかし、神のことばに学ぶことが最良の策である(98節)。神のことばに優る教師はない(99節)。老人も知恵者であるが、神のことばにはかなわない(100節)。人にはありとあらゆるよいものに目を留める心がけが必要であるが、人でも、物でもなく、神のことばを最良の教師とすべきである(97-104節)。

神のことばに二心であってはいけない(113節)。神を心から求める生活態度を形作る必要がある。金よりも純金よりも、何よりも神の仰せを愛するように(121-127節)。また、神のことばに対する態度が色々ある中で、愚かと思われようが、ただ神のことばそのものを愛していく(140節)。それが人を真に救うことになる(137-144節)。

著者のしめくくりは祈りとなる。それは、試練や悩みの中でどのように神のことばによって養われ、成長していくかの例証である(161-168節)。

詩篇118篇

118篇 主はいつくしみ深い

おはようございます。全体が、神殿の門から入り、祭壇の前に進むまでの、いわば、礼拝の流れをイメージさせるものとして語られています。そこには、感謝と喜びをもって神の御前に出る姿があります。礼拝は、主への感謝、喜びを献げる営み。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈

詩篇113-118篇は、一つに取り扱われ、過ぎ越の祭りに歌われた。確かに、この詩は、礼拝者が神殿の門から入り、神殿の中庭へと進み、祭壇の前に進むまでの流れに沿った内容となっている。また、神殿聖歌隊のリードによって、神殿に集う群集が自らの信仰の確信を歌にして交互に応答する交唱歌として歌われたと思われる。詳しくは、わからないが、例えば、神殿聖歌隊が「主の恵み」を共に仰ぐかけ声をかけ、「主に身を避けることは、人に信頼するよりも良い。主に身を避けることは、君主たちに信頼するよりも良い」(8-9節)と、会衆が合唱をもって応答する、その繰り返しによって詩篇118篇は構成されている、わけだ。

三段落目、10節から神殿聖歌隊が呼びかける。「すべての国々が私を取り囲んだ」(10節)「彼らは私を取り囲んだ」(11節)。「鉢のように、彼らは私を取り囲んだ」(12節)「おまえは私を激しく押し倒そうとした」これは捕囚期間後の神殿再建の苦労を語っているのだろう。その時、イスラエルの民は、周囲の国々に種々様々な形で妨害された。それは全く気力を削ぐようなものであった。しかし、彼らは神の恵みによって守られ、再建の夢を果たすことができた。「主の御名によって、私は彼らを断ち切る」(10、11,12節)。「主が私を助けられた。主は私の力、またほめ歌。主は、私の救いとなられた」は、群衆の応答である。

15-18節は、聖歌隊と群衆の間で確認された主にあってもたらされた勝利の歌である。本来は、滅ぼされて当然の者たちが、完全に滅ぼし尽くされる事はなかった。神は、イスラエルを裁かれて、投げ出すことはなかった。捕囚の地から帰らせ、神殿を再建させ、もう一度回復させてくださった。主がのばされた御手の恵み深さが思い起こされる。

19節からは、群集が門をくぐり神殿の中庭に入る状況をイメージしてよい。レビ人が先唱する「義の門よ。私のために開け。私はそこから入り、主に感謝しよう。」そこには神殿に入る条件が語られている。

2.新約の引用

22、23節は、イエスによって引用されている(マタイ21:42)。イエスが何の権威によって、種々の業を行っているのかを祭司長や町の長老たちが問題にした時に語った言葉である。イエスは人々から見捨てられ、十字架の死を背負わされた。しかし、その後ペテロがこのことばを再度引用して、その意味を解き明かしたように、まさに捨てられた石であったイエスが神の御力によって復活させられ、教会の礎の石とされた(使徒4:11-12)。26節は、マタイが、イエスのエルサレム入場を迎えた群衆のことばとして引用している(マタイ21:9)。実に、主の救いをもたらす、栄光の主の入場を、群衆たちは迎えた。彼らにその意識はなく、その後イエスは十字架へ向かうのではあるが、それは預言的な歓迎となった。

礼拝は、実に、イエスを主と認め、イエスの十字架の赦しにあって神に近付く素晴らしい恵みの機会である。その神を拝する礼拝の恵みの時が与えられている。たとえ気力を削がれ、希望を失うような事態に陥ろうと、捨て石とされようと、そこから復活の奇跡を成し、祝福に満ちた新しい人生へと励ます主がおられる。その主を拝する時なのである。

27節は、神殿への入場を果たし、祭壇の前まで進み出た場面を語る。心から神への感謝をもって礼拝に集い、その喜びをもって神の御前に近づく様子がイメージされる。主に感謝しよう。主をあがめよう。確かに、主はまことにいつくしみ深く、その恵みはとこしえなのだ。教会の門をくぐったなら、まず神を静かに仰ぎ、神とよき時を過ごすことを覚えたい。

詩篇117篇

117篇 神の御国の実現

おはようございます。わずか2節の短い詩篇でありながら、聖書全体のメッセージを要約するような詩篇です。私たちが向かうべき目標(すべての人類が一つとなり主の栄光を称える)を示し、それがどのように(主のめぐみと誠実さを信頼する)達成されるかを語ります。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安

1.文脈

わずか2節の詩篇であるが、その中身は、壮大である。「すべての国々よ、主をほめたたえよ。すべての国民よ、主をほめ歌え」宣教の究極的な目標が述べられている。ヨハネは、黙示録7:9-12において、終末の人類の姿を描いている。終末においては、「すべての国民、部族、民族、言語から、だれも数えきれないほどの大勢の群衆」が集まり、神の前にひれ伏し、礼拝をささげる。キリストのもとに全人類が一つとされるのである。この詩篇は、わずか2節で、その壮大な光景の中心を描いている。

2.旧約聖書のビジョン

しかしそれは、どのようにして可能となりうるのか。そもそもの出発点は、創世記12:1-3のアブラハム契約にある。そして神がアブラハムと契約を交わされたのは、創世記1-11章に描かれた人類の堕落と罪によって、人類が神の呪いを受けて散らされた事実に基づいている。神はバベルの塔を築き連帯しようとする人類を散らされたが、それで終わりにすることはなかった。むしろアブラハムとアブラハムの子孫によって、人類を再び一つにする計画を明らかにされた。神はアブラハムに「地のすべての部族は、あなたによって祝福される」(創世記12:3)と語られたが、そこで言う祝福の意味は、物質的な繁栄ではなく、散らされた者が一つにされる祝福である。回復されたヨセフの物語は、その美しい具体的なイメージである。そして旧約聖書の歴史書は、その神に選ばれたイスラエルの民が、そのミッションにどう生きたかを記録する。だがそれは、まさに失敗の連続の記録である。彼らは、自分たちが神に選ばれた民であることを誇りとしたが、その祝福を分かち合うことに、失敗した。

3.新約聖書に引き継がれたビジョン

新約聖書の使徒パウロは、その問題を理解し、ユダヤ人に与えられた使命が、新しいイスラエル、いわゆるキリストを信じる者たちに与えられたことを明確にしている(ローマ9:6)。こうして新約聖書は、キリスト者を通して、散らされた者が罪から救い出され、一つにされるミッションがどのようになされうるかを記録している。

イエスが与えられた大宣教命令(マタイ28:18-20)、つまり全人類への宣教命令は、ただ単にキリスト信者の頭数を増やすものではない。それは、罪人を救い、それによってすべての部族をキリストの下に集めるものである。いみじくも大祭司カヤパが預言したように、キリストの十字架は、キリストにあって個々の魂が救われること、そのようにして散らされた者たちが一つとされる目的を持つものであった(ヨハネ11:15、52)。そこを押さえないと、キリスト者もまた旧約時代のユダヤ人と同じ過ちを繰り返すことになる。救われていない人を見下し、頭数を揃えることに熱心な教会となっていく。教会にとって大切なことは、ヨセフと兄弟たちの和解にあるように、愛に満ちた関係が建て上げられていくことである。

この詩篇をローマ15:11に引用したパウロは、人類の将来についてヨハネと同じイメージを持っている。やがて人類が一つとなり、キリストを神として褒め称える日が来ることを望み描いている。散らされたあらゆる民族が神の前にひれ伏し神を称え、永遠の平和を享受する壮大なビジョンがある。実に、この働きへと神の民は招かれている。もちろんこれを完成させるのは、人間の努力や熱心さではない。2節「主の恵みは私たちに大きい。主のまことはとこしえまで」とあるごとく、主のめぐみと、誠実さによる。私たちに期待されるのは、祈り、自らの救いとその恵みを証することである。