雅歌4章

4章 いよいよクライマックス
おはようございます。歌劇として、雅歌のクライマックスが訪れるところです。これを舞台で見ることができたら、どんなに感動的か、と思うところでしょう。これはすべて神の愛の象徴と、キリスト教的に理解することを押さえて、雅歌そのものを味わいたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ああ、美しい!
4章は、婚礼に際して、花婿が花嫁に捧げた歌、叙述歌というべきもので、この後、5:10-16、6:4-7、7:2-6、にも同じ形式が見られる。1節、男は言う。「わが愛する者。あなたはなんと美しいことよ」(1節)目を鳩になぞらえるのは、女性の清さの表現である(1節)。ギルアデの山を下る山羊の群れは、黒くつやつやした髪をイメージさせる(1節)。雌羊の群れになぞらえられる白い歯の輝き(2節)、そして赤い唇(3節)。男の文化において、思いつく限り、女性の外見の美しさを賛嘆している。頬をざくろの片割れとたとえる(3節)。ざくろは、命の木の象徴であるが、熟して割れた皮からは赤い果肉が見える。これも女の美しさを表すたとえなのだろう。首を兵器倉、やぐら、とたとえるのは日本人の文化では、ピンとこないのだが(4節)、女を飾る宝石類が女性をさらに美しく感じさせる表現法としてイスラエルではよく使われたもののようだ(エゼキエル27:11)。「そよ風が吹き始め、影が逃げ去るまでに」は、2:17と重なる。つまり、陽が昇り、闇が退くまで、あるいは、午後の風が起こり、影が伸び切ってしまうまで、つまり時を忘れてということだろう。香は愛の行為において重要な役割を果たす。互いに心と体の結びつきを求め合う激しい表現である。とにかく、文句なしに美しい(7節)。8節では、男の元へ女が高い山々から降りてくるように促されている。古代東洋の神話世界においては、愛する乙女たちは、非常に高い山々の頂から、降りてくると信じられ、そのイメージを借用したものである。つまり男は、女に神的魅力すら感じているというわけだ。確かに、あなたは私のハートを射抜いた、という(9節)。
2.愛の楽園
10節からの後半は、二人の愛の結びつきを謳歌するものである。「あなたの愛」は、単純な気持ちを語っているのではない。文脈からすれば、性の交わりをイメージさせるが、それをさらに超えた二人の内的な結合を語っている。それは、お酒に酔うことに優り、高価な香油の芳香にも優る体験である、と。11節は、いわゆるディープ・キスのことだろう。こうして男と女は、二人だけの楽園の中に陶酔していく(12-15節)。
古代東洋においては、庭園は、ことに庭園の泉は、珍しく、尊い財産であった。それは、人に奪われてはならない、覆い隠されて守られるべきものであった。その隠れた園での二人の愛が、かき立てられる。もはや、「揺り起こしたり、かき立てたりしないで(2:7,3:5)」という抑制は不要である。「北風」は元気づける冷涼感を、南風は、香草や香料の芳香を強めるものとされる。だから「北風よ、起きなさい。南風よ、吹きなさい」は、庭園に生気をさらに加えよということだろう。大いに二人の愛を煽ってくれ!ということである。雅歌が歌劇であるとすれば、ついにクライマックスの感動的な場面となったのである(つづく)。

雅歌3章

3章 婚宴
おはようございます。いよいよ、二人の愛が実を結び、婚宴のシーンへと入っていく場面です。聖書の解釈においては、繰り返しのフレーズに注意することが一つの原則ですが、ストーリーが一つの繰り返しにより効果的に進展していることを押さえたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.愛は追いかける
 二人の時を過ごし、別れた後、女は、不安に駆られたのであろう。あるべきものがない、心にぽっかり穴が開いたような思い、女は愛し慕う男を捜し始めた(2節)。当時女が夜、通りや広場を歩き回ることは危険な行為であったはずだ。しかしそれでも、自分を虜にした愛する者を捜さずにはいられなかったわけである。町を行き巡る夜回りに怪しまれても、一時も離れぬことができない、愛の病が、女を突き動かしていくのである。ただこれは、女の夢あるいは空想と解釈するのがよいのだろう。ある精神科医が、人の夢は、カタルシス(浄化)であると言った。人は夢の中で、現実の様々な葛藤を処理している、というわけだ。と。
女は男を捜し当て、もはや決して手放すことはしまい、と覚悟を決めている。6節以降の婚礼の行列に繋がることを考えれば、結婚の決意と理解してもよいのだろう。
ここから雅歌は、後半へと入っていくのである。雅歌の全体の構造は、5節、「揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛がそうしたいと思うときまでは」という繰り返しによって区切られている。一回目の2:7のことばは、恋愛中の二人の愛がいたずらにかき立てられることを押さえようとする効果をもたらしていた。二回目の3:5は、ゴールインした二人が、もはや感情的にかき立てられてもよい時期に達したことを確認しているのである。そして、最後の8:4は、日本語の聖書では、あまり違いを感じることができないフレーズとなっているが、ヘブル語本文では、同じ構文でありながら、イムという副詞がマーという疑問代名詞に代わっている。つまり「どうして揺り起こしたり、かき立てたりするのですか」という意味で、愛はすでに成就しているのに、という意味である。この決まり文句が、実に、二人の愛の進展と成就を確認する効果をもたらしている。
2.婚宴のパレード
6節からは、婚宴のシーンとなる。二人の愛はいよいよ深まり、実を結ぶ。「煙の柱のように」(6節)は、女を迎えに来る行列のことである。そして女が愛した男は、ここで初めてソロモンであることが証される(7節)。1列王記10章を開くなら、シェバの女王がどのようにソロモンのところに来訪したのかを知ることができる。その逆バージョンである。ソロモンの豪奢な婚礼の行列がイメージされる。またそれは、詩篇45篇の王の祝婚歌をも思い出させるところだ。大切なのは、それがメシヤ詩篇として初代教会には理解されたことであり、となれば、この雅歌もまた、そのような性格を帯びていることを心に留めることなのだろう。単なる世俗的な愛を寿ぐものではなく、イエスと私たちとの関係を語る象徴的な深さを持つということだ。雅歌の様々な表象を用いて作られたバッハのカンタータBWV140 「目覚めよ、とわれらに声がよびかける」は、その解釈に基づくと思われるものである。

雅歌2章

2章 愛が止まらない
 おはようございます。伝統的に、雅歌は、女を思う男に、神の不合理な深い愛を重ねて解釈されてきたところがあります。確かにそういう部分もあるでしょう。しかし、結論をもう少し先に延ばして、歌劇とされた雅歌の楽しさを味わってみたいところです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.ただあなただけ
シュラムの女はたとえて言う。自分は「シャロンのばら」であると。第三版ではサフランと訳されていた。そもそもシャロンは、地中海に接して、ヨッパからカルメル山麓に伸びた平野を指す。かつては、ワニも住む湿地帯だったようで、そこに群生した色鮮やかな赤い花と考えらえれる(5:13)。また、谷間を埋め尽くすゆりの花。それは、蓮かスイレンに似た花でベルの形をした白いゆりではなかったようだ。つまり女は自分が普通の花だ、と言いたいのだ。しかし女を愛する者は言う。そんなことを言っても、あなたと比べたら他の女はいばらのようなものだ、と(2節)。確かに、自分の惚れた女を、世界で最も美しい人だと思わずにいられない男はいないだろう。女も、同じである。自分が好きになった男は、誰よりも素晴らしい(3節)。いささか、むず痒いほどの、二人だけの対話である。病にも似た、若い男女の恋愛は、そんなものだ、と読み流すところなのだろう。
 4節、どうもここからは、二人の愛の思いの絡み合いが、身体的な一体感として表現されている。リンゴもそうであるが干しぶどうは、古代イスラエルでは愛の営みのかたわらに楽しむもの、愛の営みの楽しみを高揚させる薬剤であった。もう若い頃のことは忘れてしまったが、愛の病に対処するにはエネルギーが必要なのだ。だが、女はどこか冷静である。愛は一瞬の快楽ではない。互いに受け入れ、支え合い、建てあげていく時を過ごすことである。喜びも悲しみも、楽しみも苦しみをも一切を分かち合う積み重ねられた日々である。深く心を通じ合い、老いても支え合う絆である。だからいたずらに「揺り起こしたり、かき立てたり」(7節)せず、時と共に自然に育ち実を結ぶことを大事にしなければならないのだ。
2.愛を止められない
 8節からは、男が女の心を汲みながら、女の立場で歌を詠んでいることに注意したい。10-15節は男のことばであるが、16、17節は再び、女の心を汲む男の歌である。つまり、男は女の思いを巡らし、理解しながら自分の愛を語っている。大切なのは、この詩は、演劇形式において上演されたものだ、ということだろう。雅歌は、読むためのものではなく、聞いたり見たりするための歌なのである。だから舞台監督になって、場面構成をしてみるならば、ここで彼らがいかに愛の病を止められない思いでいるかを感じるところである。
「冬は去り、雨も過ぎて行った(11節)」「刈り入れの季節がやってきて(12節)」時は、春の祝祭の季節である。「ぶどう畑を荒らす狐や小狐(15節)」、そして命溢れる春の草原で草を食む「若い鹿」(9,17節)。彼らの愛を妨げようとする邪魔者たちと、密かに愛に燃える二人の場面が対象的である。そして、女の心を推し量りながら、二人だけの世界を語っていく男の台詞が、止められない愛を深く語っている(つづく)。

雅歌1章

雅歌1章 最も優れた愛の歌
おはようございます。今日から雅歌に入ります。伝道者の書もそうでしたが、事にクリスチャンは、新約聖書的な発想をもって、伝道者の書を読みがちです。雅歌も同様です。私たちの考え方の枠組みを一旦取っ払って、無色透明な思いで、雅歌を読み始めてみましょう。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.雅歌について
雅歌はヘブル語ではシール・ハシーリーム、直訳すれば「歌の中の歌」である。語法的に単語を二度繰り返せば、最上級となるから、「最も優れた歌」という意味になる。あらゆる本の歌の中で最も優れた歌、ということなのだろう。
伝統的にユダヤ人は、この書が、イスラエルに向けられた神の愛を主題としている、と考えてきた。キリスト教会では、個人また教会に対するキリストの愛を伝えるものとして読んできた。この歌の中で最も優れた歌が、私たちに何を語るのか、改めて探ってみよう。
そこでまず、どの節が誰のセリフなのかを整理しながら読んでいきたい。ちなみに一章の場合、男性のセリフは(9-11、15,17節)、女のセリフは、(1:1-4a、4c、5-7、12-14、16)、そしてエルサレムの娘たち(1:4b、4d、8)となる。
2.まだ頂点ならぬ愛
 「あの方が私に口づけしてくださったらよいのに(1節)」女の思いが語られる。もっともっと自分を夢中にさせて欲しいという(2、4節)。自分が愛されていることを心底深く感じたい。恋の始まりだ。5節、「エルサレムの娘たち」は二人の愛を見守る者たちと考えてよい。女が、エルサレムの娘達に語りかける。自分の黒ずんだ皮膚の色を、ケダルの天幕の色と同じであると。ケダルは、ヘブル語で、「黒い」「浅黒い」を意味し、パレスチナからメソポタミヤまで広がるシリヤ・アラビヤの砂漠地域と、黒やぎの毛で作った天幕で生活した遊牧民族を指すことばであった。シュラムの女は自分の肌が黒ずんでいること、しかしそれは日焼けのせいであるとする。自分の魅力に自信がない、ということだろう。そんな自信のなさが、一層、男を恋い慕わせるのである。そして愛する男がどこにいるのか、と尋ねさせている(7節)。8節、間奏曲のようにエルサレムの女たちの答えが挿入される。一緒にいたかったら、彼の仕事を手伝うことだ、と二人の心の距離が未だ遠く、愛の頂点に辿り着いていないことをからかっているかのようだ。しかしそれによって、読者の目は、二人の愛にさらに注目する。男が応答する。男も女を慕っている。ただその関心は、女性の外見にあり、質素な飾り物をさらに豪奢に飾り立てたいという(10節)。しかし女の思いは、男の香、男そのものである(13節)。いずれにしろ、間奏曲は、互いに互いの虜となり、夢心地になっている愛の対話を強調する効果をもたらしている。16節は、女の応答である。「私たちの寝床も青々としています。家の梁は杉の木。」は、二人の愛の営みが、日蔭のあるところならどこでも、と言う。当時の牧畜を日常とする環境ならではの舞台設定だ。愛は感情の発露であり、激しさを秘めている。それは時と場を忘れさせてしまう至福である。今回は、説教の常套句であるキリストの愛を語るのを控えて、さらに次へと読み進むこととしよう(続く)。

伝道者の書12章

伝道者の書12章 神を恐れて歩む
おはようございます。伝道者は、冷静にこの世の事柄を観察し、人にとって死が確実であり、死に向かって様々な生き方をしている現実を指摘します。しかしそれは、無に帰す歩みではなく、神のもとに帰る歩みであると結論するのです。今日も、主の恵みを信頼し、支えられる豊かな一日であるように祈ります。主の平安 
1.神のもとに帰る
伝道者にとって確実なのは、死である。そこで最後に、死に向かう人生について彼の冷めた所見が語られる。「何の喜びもない」と年月は、老いを意味する。「太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後に雨雲が戻って来る」は、老いの現実を印象的に語る。そして3-6節は、いのちが衰えていく様を、絵画的に描いている。年寄りの腕は震え、背は丸くなる。歯抜けになる様を「粉をひく女たちは少なくなって仕事をやめ」と語る。「目は暗くなる」は、視力の衰えを語り、「通りのとびらは閉ざされ」は、聴力の衰え、そして「歌を歌う娘たちはみな、うなだれる」は、声が弱くなることを言っている。年寄りの足は衰え、高い所は怖いし、転倒も心配だ。アーモンドの花、口語訳では「あめんどう」、は白髪を象徴的に語り、のろのろ歩くいなごは、まさに年寄りの歩き方をよく表現している。「風鳥木」、新共同訳では、ヘブル語をそのまま音訳し「アビヨナ」と訳す。口語訳では「欲望は衰え」リビングバイブル訳では「性欲もなく」と意訳される。というのも、ふうちょうぼくのつぼみは酢漬けにして料理されるが、それは食欲や性欲亢進に役立つと言われるからだ。「花開く」は、萎れる他ないことを言う。「銀のひもは切れ、金の器は打ち砕かれ」は、当時使われた油を用いた照明器具の、天井からつるす銀のひもが切れた様子、油の受け皿であった金の器が地に落ち砕けた様を語っている。若かりし頃は、次から次と湧き水が溢れ、世間話に花が咲く井戸のよう、老いは誰も足を運ばない涸れ井戸のよう。伝道者の観察力、まさにその通りだろう。そこで結論。人間はそのように老いて、確実に死を迎えるが、それで終わりではない。人間は確かに、塵で造られたのだから塵に戻っていく。しかし霊は、神より授かった特別なもので、これは、地上を彷徨うのでも、消滅するのでもなく、神のもとに帰るのだ、という(7節)。ここに伝道者の最終結論がある。
 日本人は、死んだら何も無い、すべては終わって消滅すると考える人が多い。天国も地獄もないと。ただ、極楽ぐらいは考えたい人もいるだろう。葬儀の後に、七回忌、十三回忌と追善供養を重ねるのも、そういう信仰があればこそである。しかし、いったいその死者の魂はどこへ行ってしまうのか?伝道者は、それは創造主のもとだ、と言う。だから今の世を、どうでもよく生きればよい、と言わず、大事に生きなさい、と言う。ただ彼の思索の中で、神の愛が自明のことと考えられているために、伝道者の書は、ギリシャ的な快楽思想と混同されて受け止められやすい。人生は空しいものだから、楽しめる時に楽しめ、と。だがそうではない。伝道者の書を正しく理解するためには、新約において、死を打ち破り、十字架によって確かな神の愛を示し、神の安息に招き入れてくださるキリストを知らなくてはならない。この世の世界は矛盾に満ちていて、すべては空しい。しかし、その殺伐とした社会にあって、人は、神のもとに帰るようにと束の間の生を受けている。人は、帰りを待ちわびている神のもとに帰るのだから、神を恐れ、愛し、従う歩みをすることが一番なのである。9-11節、12-14節は、二人の別の著者によるあとがきと言われている部分である。彼らもまた、伝道者のことばを支持する。神は正しく誠実なお方である。この世があなたにとっていかなるところであっても、神に帰る者として生きる、これがあなたにとっての最善なのだ。