ヨハネの福音書18章

ヨハネ18章 イエスの捕縛、裁判、十字架
1.イエスの逮捕(18:1-14)
エルサレムの旧市街、神殿の丘と呼ばれる場所からケデロンの谷を挟んで東側にオリーブ山があります。その西側の斜面にゲッセマネ(油しぼりの意)の園があり、イエスはそこを祈りの場としていました(ルカ22:40)。マルコの母マリヤの所有地であったとも考えられています。そこには古くから教会があり、テオドシウス大帝によって建立された最初の教会は、614年ペルシア軍によって破壊され、1919年、フランシスコ会によって、現在のビザンティン式カテドラルが再建されました。この教会のために16カ国の国際的な協力があったため、俗に「万国民の教会(Church of All Nations in Jerusalem)」とも呼ばれています。中央祭壇の前には、イエスが祈られたと思われる場所、「苦難の岩」と呼ばれる岩盤があり、鉄柵で囲んでいます。
また、万国民教会から園を横切り、道を隔てて100メートルばかり北に「裏切りの洞穴」があります。イスカリオテのユダの裏切りによってイエスが逮捕された場所とされているところです。イエスは、ローマ軍の1個小隊に囲まれる中で逮捕されましたが、イザヤが預言したように(53:8)抵抗もせず、カヤパの官邸に連行されました。いや、むしろイエスはその時を待ち、より積極的にこの事態を受け止めていたかのようでした。実際イエスは、剣を持つペテロを制し、弟子を逃し、ただ一人進んで連行されていくのです。
2.イエスの裁判と主張(18:15-40)
イエスの裁判が始まります。それは、不当な裁判でしたが、ここでもヨハネは、裁判の不当性よりも、イエスがそれを預言の成就として、淡々と受け止めていく姿を描くのです。既に述べたように、重大な犯罪の逮捕は、夜ではなく、日中にされなくてはなりませんでしたし、裁判は複数の裁判官の前で行われなくてはなりませんでした。さらに判決は三日後に慎重になされなくてはなりませんでした。これらどの原則も破られながらも、イエスは、この不当な裁判をそのまま受け止めていくのです(36節)。というのも、イエスにはこの裁判によって決定される十字架刑によって成し遂げなくてはならないものがあったからです。イエスは一つの使命を担ってこの世にやってきました。18章でも、またこの19章でも、イエスはご自分がこの世のものではないことを強調しています。そのようなイエスの姿と主張に、ピラトは、イエスを有罪扱いすることに躊躇いを感じていたようですね。極悪人のバラバを引き合いに出し、死刑を求めるユダヤ人の良心に訴え、イエスを解放しようとしました。その結果は19章に続きますが、18章で注目すべきは、イエスとピラトとの「真理」を巡る対話です。
ピラトにはよくわかっていたことでしょう。目の前に立っているイエスがローマ帝国をひっくり返すような反逆者ではないことぐらい。だからこの男は何者なのだろう、という疑問はあったはずです。イエスは、そんなピラトに語り掛けます、「わたしは真理について証しするために生まれ、そのために世に来ました」と。ピラトは、「真理とは何か」とイエスの言葉を受け止めながらも、それ以上掘り下げようとはしませんでした。しかしそれは、大方の人間の現実を象徴しています。人はどこか真理を求めながらも、真理を実際に追及して生きていくことはしないものです。しかし求めるべき真理があり、それはイエスにある、聖書の中にあるというべきなのです。

最後に、今日の聖書クイズを一つ、イエスが逮捕された時に送られた兵士の単位は「一隊」とされますが、それはどのくらいの規模であったでしょうか?①100人、②300人、③600人、昨日のクイズの答えは、③キション川でした。今日の答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。