士師記5章 力強く昇る太陽のようになりますように

士師記5章 デボラとバラクの歌(力強く昇る太陽のようになりますように)

1.イスラエル詩の特徴

カナンの王に勝利したデボラとバラクの歌が綴られます。先の4章は、散文の形で勝利が語られましたが、この5章は詩文の繰り返しです。ちょうど出エジプトの勝利を記録した14章と15章の関係に似ています。

またこの詩文、個々の節に、ヘブル詩特有の「並行法」と呼ばれる修辞法が使われています。それは、日本の詩のように韻を踏む音の並行ではなく、フレーズに込められた思想を並行させるものです。ここでは二行詩、または三行詩による同義型並行法があり、一行目の内容が、二行目で再述され、より内容を豊かに語っています。

2.現わされた神の恵み

まず1-3節は、プロローグです。2節、新改訳第三版では、「イスラエルで髪の毛を乱すとき」と始まっていた箇所ですが、新改訳2017では、「イスラエルでかしらたちが先頭に立ち」と改められています。本来、聖なる戦いに出るにあたり、兵士が髪を切らず、伸びた髪を解いて乱して出陣する当時の習慣を物語っています。このあたりを、理解できるように翻訳するのは、なかなか、難しいものだ、と思わされるところです。ともあれ、その時には、主への祈願の成就を思い賛美せよ、というわけです。

4、5節は、懐古調で、自分たちがかつてどんな救いに与ったのかを思い起こさせています。つまり、彼らは自分たちの救いの経験を過去のシナイ時代の経験に結び付けているのです。6-8節は、カナンに虐げられたイスラエルのあわれな窮状を描きます。「隊商は絶え、旅人は脇道を通った」というのは、交通網が破壊し、交易が不可能となり、旅する者たちは妨害を回避するために余り使われないわき道を使ったということです。カナン人の略奪行為によって農業も荒廃した。それは、「新しい神々が選ばれた」、つまりイスラエルが自分たちを導いたまことの神を捨てて、カナンの異教の神々を慕い求めた結果です。「四万人」は多くのを意味する象徴的な数字でしょう。ともあれ勝ち目のない虐げられた人生の中にあって、希望のない民に、神は救いと勝利をもたらされた、9節主をほめたたえよ、と続くわけです。

3.主の招きに応じる

9-18節は、この戦いのために諸部族が召集された様子を語っています。大切なのは戦いのために、精鋭部隊が集められたのではなく、神に忠誠を尽くす主の民が集められたことです。19-22節はその結果としての勝利を語っています。イスラエルはこの勝利に、精鋭部隊も、最新装備も持ちえませんでした。まさに神の介入によってキション川が敵を押し流し、一人の一般人の女の手によって敵将シセラが殺されたのです。

31節、最後の告白祈願は、後のダビデの詩68:1-3節を思い起こさせます。ダビデは、「神は立ち上がり、その敵は散り失せる。…悪しき者が、神の御前から滅び失せますように。しかし、正しい者たちは 小躍りして喜ぶ。神の御前で喜び楽しむ」と歌いますが、それは、イスラエル人たちの間で繰り返し歌われてきたこの詩文が意味的に引用されたものなのかもしれません。

ともあれイスラエルの民は常に、外敵と外圧にさらされ、その中で、いつも信仰を持って、主の民として戦うように召しだされていました。その召集に、信仰を持って応える民もあれば、そうでない民もいました。それは今日も同じでしょう。信仰をもって主に応じて進むところに、主の助けもあり、力強く昇る太陽のごとき歩みも起こりうるのです。では、今日も信仰をもって、神の招きに応じる、よき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ハツォルは、現在発掘されたテル・ハツォルがその場所ではないかとされていますが、それは、イスラエルの二つの湖、フーレ湖と何に挟まれた地にあるでしょうか?答えは、ガリラヤ湖でした。では、今日の聖書クイズを一つ、イスラエルの詩文には、一行目と二行目を平行的関係にする並行法なる修辞法がありますが、一行目と二行目の思想を対比し、思想をより明白にしようとする並行法は、何と呼ばれるでしょうか?①同義的並行法、②反意的並行法、③段階的並行法、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。