士師記10章 主は苦痛を見るに忍びなくなった

士師記10章 エフタ登場の前のこと

1.士師トラ、ヤイル

士師トラ、ヤイルの活躍が記されます。著者の記録は簡潔です。トラはわずか5行、ヤイルは6行、先のギデオンやアビメレクのようなストーリー性もありません。しかし、トラについていえば、「アビメレクの後」とあるように、その活躍はイスラエルの混乱を鎮め、平和にするものでした。続くヤイルと合わせて約45年間、イスラエルは、平和を守られたということです。彼らは戦士というよりも、よき行政管理者として手腕を振るった士師でした。

2.忍びなくなる神

そして6節、著者は、「イスラエルの子らは再び、主の目に悪であることを行い…主は彼らをペリシテ人の手とアンモン人の手に渡された」と綴ります。イスラエルは再び試練にさらされ、彼らを救済する士師が必要とされたのです。そして勇士エフタが登場、彼のストーリーは、12章7節まで続きます。10章は、エフタが登場する前のお話です。士師記は、士師が登場するに至るイスラエルの背信がまず語られるのが一つの形式になっていますが、ここでは神とイスラエルの対話が記されています。苦境に立たされたイスラエル人は、悔い改めて、神に救いを求めました。そして神は、「あなたがたはわたしを捨てて、ほかの神々に仕えた。だから、わたしはこれ以上あなたがたを救わない。」(13節)と冷たい対応を取るのです。ここで注目されるのは、そっぽを向かれた神が、イスラエルの悔い改めをご覧になって、「イスラエルの苦しみを見るに忍びなくなられた」ところです。

イスラエルの悔い改めは、いつものことながら、また一時的なもので、喉元過ぎれば熱さ忘れる、というたぐいのものであったかもしれません。しかしここで彼らは、確かに「自分たちのうちから異国の神々を取り去って、主に仕えた」(16a)と、悔い改めが真剣であることを示すのです。パウロは、悔い改めと悔い改めに似た後悔とは違うとしています。コリント人への手紙第二7章にこうあります。「神のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。見なさい。神のみこころに添って悲しむこと、そのことが、あなたがたに、どれほどの熱心をもたらしたことでしょう。そればかりか、どれほどの弁明、憤り、恐れ、慕う思い、熱意、処罰をもたらしたことでしょう。」(2コリント7:10,11)。

後にイスラエルは平和を取り戻せば、また神に背を向け、迷い出てしまうかもしれませんでした。しかしこの時は、確かに、イスラエルは真剣に悔い改め、切実に助けを求めていました。神は、その心の叫びを、聞き逃されなかったのです。それは、私たちにとって救いです。何度裏切られても、苦しみを見ると、忍びなくなる。実に神は甘いと言わざるをえません。愚かさのゆえに行き詰まり、神を求める人間の繰り返し。何と言ったらよいものでしょう。しかし、そのような人間にどこまでも付き合う神の姿が印象的です。私たちの苦しみに忍びなくなる神、これこそ、私たちの救いです。もし、今自分が神の災いのもとにあると思うならば、神に向かって悔い改めの心をはっきりと示しましょう。神は哀れみ深いお方であるがゆえに、私たちに、もう終わりということはありません。神は愛です。神の哀れみによりすがって、今日もよき一日を過ごすことができるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。シェケムはアビメレクにとってどのようなつながりのある町であったでしょうか?①無関係、②母親の出身地、③父親の出身地、答えは②母親の出身地でした。では、今日の聖書クイズを一つ、ギルアデは、ヨルダン川の東、西、どちらにあった地でしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!➡詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。