士師記12章 なぜ私と戦おうとするのか

士師記12章 エフライム人との衝突

1.身近なエフライム人

再びエフライム人が出てきます。彼らはクレーマーというべき存在で、8章のギデオンの時もそうでしたが(士師8:1-3)、ここでも、自分たちが戦いに加わることができなかった、と、エフタに難癖をつけています。しかし実際のところ、彼らは、舞台のスポットライトを奪われたことに不満を抱いているのです。実に人間らしい問題です。人は、自分がちやほやされる状況にあればこそ、同意もし、協力もする、しかしそうでなければ、すべき正しいことがあっても協力しない、むしろ、余計な争いを吹っ掛けることがあるものです。とげとげして、けんか腰のエフライム人、今も昔も人間は変わらないものです。

注目すべきは、このような人々へのギデオンとエフタの対応の違いです。ギデオンは、自分を卑しくすることを何とも思わず、エフライム人たちを立てることによって、争いを回避しました(8章)。しかしエフタは、そうではありません。彼は、まともに衝突していくのです。そしてエフタは自分の力を誇示するかのように、戦いに負けて敗退するエフライム人を捕まえては虐殺する暴挙に出るのです。

2.無駄な争いを避ける

6節「シボレテ」は「(川の)流れ」を意味します。ヘブル文字の21番目のアルファベットは、シーンで、2通りの発音があります。ギルアデ人は「シ」とshiと発音しますが、エフライム人は「スィ」suiと発音しました。この違いを利用して、エフタは逃亡するエフライム人を見つけ出しては虐殺していくのです。箴言には、「争いの初めは水が吹き出すようなものだ。争いが起こらないうちに争いをやめよ」(17:14)ということばがあります。神は戦いに召されることもありますが、不用な争いもあるものです。ことに、舞台上のスポットライトを奪い合うような戦いほど無駄なエネルギーを使うものはありません。けれども私たちの日常にはこうした無駄が多いのです。

3.過去の傷から解放される

ギデオンとエフタの違いは何か?ギデオンにあってエフタにない記事、聖書が特記しているのは、エフタの傷つきもがいて生きてきた過去でしょう。人は過去の記憶の中に生きているものです。そして、傷ついた過去によって引っ張られた判断、行動をしていることがあるものです。エフタに物事を適当にあしらう余裕がないばかりか、かくも残虐な振る舞いに突っ走らせたのは、まさにそのためであったのでしょう。大切なのは、そのような自分自身のアンコンシャスバイアス(無意識、無自覚の差別や偏見)に気づくことです。使徒パウロは、自分自身を評して「以前は」愚かで、頑固で、悪意とねたみに生きていたが、「しかし」今は十字架の恵みと聖霊の新生による違う品性に生きている語っています(テトス3:3-6)。自分自身に歪みがあることを素直に認めて、その歪みから解放される奇跡は、まさにイエスの十字架の愛、私たちのために命を捨ててくださった神の愛に触れればこそ起こることです。

教会に宣教の力があるというのは、人を引き付ける魅力的なイベントや、それを行える能力の高い人材、言葉巧みな人材が与えられることよりも、まさにアンコンシャスバイアスから解放された人々が与えられることです。主の恵みに解放されて、自分をよく理解し、素直に物事を受け止め、なすべき正しいことを、しっかり行える人々がいること、それ自体が宣教の力と言うべきでしょう。

エフタに続いてイブツァン、エロン、アブドンと士師の名前がつらねられています。具体的に何をしたのかは語られていません。それほど中身もない時代であったのかもしれません。確かに霊的な深さのない時代というものがあるものでしょう。表面的なことで一喜一憂し、表面的なことで争いごとを深めていく時代、神の目に特記すべき事柄の何もない時代もあるものです。しかし、そのような時代であっても、神に取り扱われ、人生を変えられるということは起こりうるものです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。聖書でケモシュの民と呼ばれたのは、モアブ人、アンモン人、どちらでしょうか?答えは、モアブ人です(民数21:29、エレ48:46)。士師11:23ではアンモン人の神がケモシュとされ、1列王11:7ではモレクとなっています。そこで士師11:23は間違いとする説もありますが、モレクとケモシュは同じものとする説もあります。では、今日の聖書クイズを一つ、ヨルダン川東側のギルアデの地を二つに分けている川の名前は何でしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。