士師記16章 ああ神よ、どうか、もう一度だけ私を強めてください

士師記16章 サムソンとデリラ

1.サムソンの怪力とその秘密

サムソンは、ペリシテ人の最南端の町ガザを訪れました。おそらく、欲望の赴くままに、そこにいる遊女たちを尋ねようとしたのでしょう。既にサムソンの評判は、ガザにまで広がっていて、ペリシテ人は彼を捕らえようと機会を狙っていました。しかしサムソンは持ち前の怪力で、町の門のとびらと二本の門柱をかんぬきごと引き抜いて、町を出ていきます。古代の町の門は木造建築でしたが、攻撃されても燃えないように金属で覆われていました。人間が一人で引き抜いて61キロも離れた山の頂に運べるようなしろものではありません。それは、サムソンの尋常ならぬ怪力を物語るエピソードなのです。恐らく町の人々もその怪力を目の当たりにし、恐れを抱いて、誰も手出しできないと思ったことでしょう。しかしその怪力は全て神の霊の力によるもので、サムソン自身のものではありませんでした。ですから、サムソンが神に背き、神がサムソンから離れると、サムソンはただの人になってしまうのです。また、この物語で注目すべきことは、サムソンが神に背き、無力にさせられても、神の御前に悔い改め、助けを求めた時に、神がこれをあわれんで赦され、再び力を与えられた点です。神は憐れみ深いのです。

2.サムソンとデリラ

さてサムソンは、ペリシテに出入りしているうちに、ペリシテ人の女デリラを愛するようになりました。ソロモン王が、多くの外国の女を愛し、堕落していったように(1列王11:1-13)、サムソンも神を敬わない異邦人の女と戯れる内に、自らの滅びを刈り取っていきます。しかもサムソンに対する計略は、五人の領主によるもので、ペリシテの国家存亡をかけたものでした。

デリラは、まさに娼婦に徹して、サムソンの力の秘密を暴こうとします。それは、(1)彼女が本来男よりも金を愛する者だった、あるいは(2)三度の裏切りに、所詮自分がもてあそばれている女であると、一層自尊心を傷つけられた、ためなのかもしれません。しかし、サムソンは真にこの女性を愛したようで、もはや、デリラの悪だくみに全く気付かずにいたのです。執拗なデリラの問いに、サムソンはついに自分の力の秘密がナジル人の誓願にあることを明かしてしまいます。興味深い点は、ナジル人の誓願の内、彼が守ったのは髪の毛を剃らないことだけです。彼はしばしば死体に触れ、強い酒も手にしました。彼のナジル人に誓願などいいかげんであったのです。それは、ある意味で、自己流の信仰生活を送りながら、自らを一応「クリスチャン」だと考えている状況とよく似ています。本来は神の前に全き献身が求められているのですが、そうではない現実の中で、クリスチャンをやっていることがあるわけです。

ともあれ弱くなったサムソンは、ペリシテ人に捕らえられ、牢にぶち込まれ、臼を引かされました。この時代、ろばの力で引く大臼は存在しておらず、おそらくそれは手で回す臼であったとされています。この臼を使ってとうもろこしを挽くのは女性の仕事でした。怪力サムソンは、女子ども程度に力を失う結果となったのです。「神、主よ。どうぞ、私を御心に留めてください」(28節)神あっての自分であることを思い知らされたサムソンは、絶望的な思いの中で神に呼ばわります。ただ、彼の最後の祈りは復讐を求めるものであって、崇高な目的を持ったものではありません。中途半端に従い、最後も自己中心な願いをささげる、いわばどうしようもない罪人の祈りに神は応えてくださるのです。神の愛の深さを思うところでしょう。イエスは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たとあります。サムソンの物語の中にも、本来受けるに値しない者が神の恵みを受ける、神の豊かな愛が語られています。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。旧約聖書では、ペリシテ人は、どこから来た民族だと語られているでしょうか?答えはカフトルです。旧約聖書では彼らはカフトル、つまり一般にクレテ島と考えられているところから来た民族だとされています(エレミヤ47:4、アモス9:7)。では、今日の聖書クイズを一つ、サムソンが使った「ろばのあごの骨」は、アフリカやラテンアメリカでは楽器として使われますが、それは何と呼ばれるでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。