人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一14章 主を妨げるものはない

14章 ヨナタンの活躍

*English translation at the bottome

13章では、神の指導者が、まず神の視点から物事を見ていく力を持つべきことを学びました。続く14章で、サウルとヨナタンの対照的なあり方から学ぶことがあります。指導者が人を霊的に鼓舞する力を持つべきことです。

1.霊的な決断力

ペリシテとの戦いが始まった際に、サウルはざくろの木の下にとどまっていましたが、ヨナタンは、ペリシテ人の先陣のところへ出て行き、これを討ちました。ヨナタンはサウルの優柔不断に我慢がならなかったのかもしれません。彼は、父に秘密裏に行動するのです。

また、サムエルの支持を失ったサウルは、エリの曾孫で、相続により大祭司となったアヒヤに導きを求めています。誰かを頼らざるを得ない気持ちがあったのでしょう。しかし、サウルは大祭司をあてにしていたわけでもありません。導きを求めようとはしているが、大祭司と話している間に状況が変わると、大祭司にもう用事はないという態度を取るのです(19節)。聖書などあってもなくてもかまわないというのと同じようなものです。

一方ヨナタンは、心が神に結びついた人であり、自分の部下を霊的に鼓舞する人物でした。ヨナタンは、先陣のところによじ登り、「一くびきの牛が一日で耕す畑のおおよそ半分の場所で」(14節)つまり、英訳のNIVによれば「およそ半エーカーほどの広さのところで」とあり、約2000平方メートル(約600坪)の広さのところで、ペリシテ人たちを討ったと言います。ヨナタンと家来が乗り越えた峡谷は、まともな人間ならば、それをよじ登るなど決して考えもしない急峻の崖で、まさにそのことをして奇襲攻撃をかけたのです。突如現れたヨナタンの姿にペリシテ人は度肝を抜かれたに間違いありません。陣営は大きく動揺し、さらに主が同士討ちを起こさせ、大混乱となるのです。こうしてエフライムの山地に隠れていたイスラエル人たちも、戦況の変化を知るや、勝利の分け前に与ろうと戦いに加わっていくのです。

2.霊的な影響力

サウルの失敗は、イスラエルの民を鼓舞することができないことでした。神が指名された器に必要とされるのは、霊的決断と霊的な影響を及ぼす力である。いつでも人間には、望みを持つことのできない絶望的な状況が起こりうるものです。しかし、神の器は、その行き詰まりの中で、神に望みを抱き、神に信頼し、他人をも奮起させる力を持っている。説教というのはそういうものでしょう。神のことばを預かり伝えるというのは、結局は人を神にあって奮い立たせることにあります。信仰によって神を見上げ、人を励ましていくことにあります。

ともあれ、サウルにそのような霊性はありませんでした。むしろサウルは人間を頼みとしました。それは、力のある者、勇気のある者を見つけるとすぐに召抱えようとしたサウルの姿勢にも現れています(52節)。けれども、ヨナタンは対照的です。「主がわれわれに味方してくださるであろう。多くの人によっても、少しの人によっても、主がお救いになるのを妨げるものは何もない」と語っています。彼は人間的なものを頼みとせず、神に信頼するのです(6節)。

3.霊的な柔軟性

またサウルは、民に誓わせ、食物を絶つことを命じます。これは何とかしてペリシテ人を追い込めようとするサウルの執念であったのかもしれませんが、軽率な誓いでした。ヨナタンはそのような意味のない誓いには耳を貸しません。むしろ、ヨナタンは、果てしなく持続する戦闘を有利に進めるために元気を回復することに意を注ぐのです。

しばしば、どうでもよいことに拘る指導者はいるものです。肝心なことへの優先順位が間違っている指導者です。サウルの働きは、総括的に、「彼は勇気を奮って~イスラエル人を略奪者の手から救い出した」(48節)と語られています。サウルは確かに、侵略者に対抗し、これを撃退した実績を持ちました。しかしその働きに間違いも多かったのです。ことに、神の民をまとめる霊的指導性には乏しいものがありました。どのように物事を進めるか、神を信じている者らしい進め方というものがあるものでしょう。物事が進めば、どんなやり方でもよいのだ、というわけではなく、どんな価値観に基づいて物事を進めているかに注意したいものです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ダビデ王以降、ゲバに要塞を築いた王様は誰でしょうか。答えはアサです(1列王記15:22)では、今日の聖書クイズです。イスラエルは乳と蜜の流れる地と言われますが、蜜とは、なんの蜜のことを言っているのでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。バランスの取れたしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!➡詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

 

Chapter 14 Jonathan’s success

  1. The difference between Saul and Jonathan

In Chapter 13, we learned that God’s leader should first have the power to see things from God’s point of view. In the following chapter 14, we will learn from the contrast between Saul and Jonathan. Leaders should have the power to inspire others spiritually.

1) Spiritual determination

When the battle with the Philistines began, Saul remained under the pomegranate tree, but Jonathan went out to the Philistines’ forerunners and defeated them. Jonathan may not have put up with Saul’s indecision. He acts secretly to his father.

In addition, Saul, who lost the support of Samuel, is seeking guidance from Ahijah, a great-grandson of Eri, who became a high priest by inheritance. He must have had to rely on someone. But Saul did not count on the high priest. He seeks guidance, but when things change while he is talking to the high priest, he takes the attitude that the high priest is no longer in business (ver. 19). It’s like having or not having a Bible.

On the other hand, Jonathan was a person whose heart was connected to God and who spiritually inspired his subordinates. Jonathan climbed to the forefront, “in about half the field that a yoke cow cultivates in a day” (ver. 14), that is, “about half an acre,” according to the English translation of NIV. It is said that the Philistines were defeated in an area of ​​about 2000 square meters (about 600 tsubo). The canyon that Jonathan and his servants overcame was a steep cliff that a decent human would never think of climbing it, and he did just that and launched a surprise attack. There is no doubt that the Philistines were amazed at the sudden appearance of Jonathan. The camp is greatly upset, and the Lord causes amicable fire, causing great confusion. The Israelites, who were hiding in the mountains of Ephraim in this way, became aware of the changes in the war situation and joined the battle to take part in the victory.

2) Spiritual influence

Saul’s failure was the inability to inspire the Israelites. What is needed for a vessel nominated by God is spiritual decision-making and the power to influence spiritually. At any given time, humans can have desperate situations in which they cannot have hope. However, in the deadlock, God’s vessel has the power to hold hope for God, trust in God, and inspire others. That’s what preaching is. In the end, to take care of and convey the word of God is to inspire people in God. It is about looking up at God and encouraging people by faith.

Anyway, Saul did not have such spirituality. Rather, Saul relied on humans. It is also reflected in Saul’s attitude of trying to take over as soon as he finds a powerful and courageous one (ver. 52). But Jonathan is in contrast. He says, “The Lord will be on our side. There is nothing to prevent the Lord from salvation, either by many or by a few.” He does not rely on humans, but trusts in God (ver. 6).

3) Spiritual flexibility

Saul also swears by the people and orders them to cut off food. This may have been Saul’s obsession to drive the Philistines somehow, but it was a careless vow. Jonathan does not listen to such meaningless vows. Rather, Jonathan is dedicated to rejuvenating him in order to take advantage of endless battles.

Often, there are leaders who are obsessed with what they don’t care about. A leader who has the wrong priority for what matters. Saul’s work is generally described as “He bravely rescued the Israelites from the hands of the predators” (ver. 48). Saul did have a track record of fighting and repelling the invaders. However, there were many mistakes in his work. In particular, there was a lack of spiritual leadership to unite God’s people. There will be a way to do things like a person who believes in God. It doesn’t mean that you can do it in any way as long as things go, but you want to be aware of what values ​​you are based on. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Who is the king who built the fortress in Geba after King David? The answer is Asa (1 Kings 15:22), which is today’s Bible quiz. Israel is said to be a land of milk and honey, but what kind of honey does honey mean? The answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

 

* During the Futakotamagawa Bible Institute Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/

My wish is that the Bible will be a favorite reading for the people.