人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一15章 主のことばを退けた

サムエル記第一15章 悔やまれた王サウル

*English translation at the bottom

1.主の命令

神はアマレク人を完全に滅ぼし尽くすように命じられています。ただここで注意したいのは、この命令は、「イスラエルがエジプトから上ってくる道でアマレクが仕掛けて妨害した行為を、わたしは罰することにした」と、背景を持つものであることです。しかもそれは、最近のことではなく、随分過去のお話、200年以上も昔イスラエルがモーセに率いられてエジプトを脱出した時代の出来事に基づいて、復讐を命じるものなのです。どうして、いまさら、神は古い話をほじくり返すのか、と思うところでしょう。しかし、神がここで語っているアマレクの妨害の性質を理解することが大切です。つまり彼らの妨害は、単にその昔、パレスチナに入ろうとしたイスラエルを通せんぼしたということではありません。彼らは、神がアブラハムに約束されたご計画、つまりイスラエルをカナンの地に定住させようとする約束にずっと敵対し続けてきたということです。サウルがこの徹底的な報復から逃れさせたケニ人は、モーセの義理の兄弟ホバブの子孫で(士師4:11)、その子孫はカナン征服と定着時代にもイスラエルに協力的な民族でした(士師1:16)。しかしそうではなく、常にイスラエルの敵として立ちはだかってきたアマレクには、徹底的にこれを排除せよ、ということなのでしょう。

2.サウルの応答

このように、神が命じられる時、主の軍の将の指揮下にあって戦っていたサウルは、この命令を絶対命令として受け止めなくてはなりませんでした。しかし、サウルは勝利を収めた時に、これを神の勝利ではなく、自分の勝利としてしまうのです。そこで、彼は本来神のものであり、神にお返ししなくてはならない神の戦利品を自分のものとする過ちを犯してしまいます。サムエルが指摘したのは、その問題でした。そしてサウルは王位から退けられることになります。

今日、サウルの住居跡が、ギブア(テル・エル・フル)にあるとされ、発掘されています。それは、大きな長方形の構造で、一角に塔が立てられている砦です。ダビデやソロモンの王宮に比べれば、それは権勢ではなく防御のために設計された非常に質素なものであったとされます。つまりサウルは、ダビデほど派手な性格ではなく、控えめであったと考えられています。また、猜疑心と嫉妬心は持っていても、ダビデのようなおぞましい罪を犯すほどではありませんでした。けれども、サウルは厳しく罰せられ、王位から退けられるのです。何が問題だったのか。

彼は、9節「アガグと、肥えた羊や牛の最も良いもの、小羊とすべての最も良いものを惜しんだ」と言います。そのような卑しい根性が問題だったのだとする者もいます。けれどもそのような人間などいくらでもいるのであって、ダビデも例外ではありません。また、サウルは言いました。20、21節、「私は、主の御声に聞き従い、主が私に授けられた使命の道を進みました。…兵たちは」彼は、「兵たちは」と責任逃れをするのです。エバに罪を擦り付けたアダムの罪を、皆さんも思い起こすことでしょう。しかし、物事を人のせいにする人間もいくらでもいます。むしろサウルが王としてふさわしくなかった問題点は、15節の発言にヒントがあるようです。彼はこう言いました。「兵たちは、あなたの神、主に、いけにえを献げるために、羊と牛の最も良いものを惜しんだのです」サウルにとってサムエルの神は、「あなたの神」であり、「私の神、私たちの神」ではありませんでした。やはり問題は、サウルが、神を信じているようで、そうではなかったという点でしょう。後でサウルは、自分の罪を認めています。人を恐れ、神を恐れなかったことを告白しています。しかし、それは、ダビデのように目に見えない神と向かい合ってなされるものではありませんでした。結局、サウルは、異教の神を、イスラエルの神に挿げ替えて信じているだけの迷信的な信仰者であったのです。それは、私たちにも言えることかもしれません。ごまかしも罪であり、嘘も罪です。しかしそれ以上に、神を信じていても神を主と認めて従うのではない信仰生活もまた大罪と言うべきでしょう。形だけの信仰生活ではなく、日々神に近づき、神に生きる人生を歩ませていただきましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。ダビデの父、エッサイの祖母の名は何というでしょうか?では、今日の聖書クイズです。アマレクは、イスラエルとどのような民族的なつながりのある民族であったでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

 

 

Chapter 15 Saul the Regretted King

  1. 1. Lord’s command

God has commanded the Amalekites to be completely destroyed. However, it should be noted here that this order has a background that “I decided to punish the act that Amalek set and obstructed on the way Israel came up from Egypt.” What’s more, it’s not a recent story, but a long time ago, ordering revenge based on what happened when Israel fled Egypt over 200 years ago, led by Moses. You may be wondering why God is revisiting old stories. However, it is important to understand the nature of Amalek’s obstruction that God speaks of here. So their obstruction is not just that they passed through Israel, who tried to enter Palestine long ago. They have been hostile to God’s promise to Abraham, the promise to settle Israel in the land of Canaan. The Kenites that Saul escaped from this exhaustive retaliation were descendants of Moses’ brother-in-law Hobab (Judges 4:11), who were also supportive of Israel during the conquest and settlement of Canaan. (Judges 1:16). But instead, it seems that Amalek, who has always stood up as an enemy of Israel, should completely eliminate this.

  1. Saul’s response

Thus, when God commanded, Saul, who was fighting under the command of the Lord’s army general, had to take this command as an absolute command. But when Saul wins his victory, he makes it his own victory, not God’s victory. There, he makes the mistake of owning God’s loot, which is inherently God’s and must be returned to God. It was that problem that Samuel pointed out. And Saul will be dismissed from his throne.

Today, the remains of Saul’s residence are said to be in Gibua (Tel El Fru) and have been excavated. It is a fort with a large rectangular structure and a tower in one corner. Compared to the royal palace of David and Solomon, it is said to have been very modest, designed for defense rather than power. In other words, Saul is thought to have been modest, not as flashy as David. Also, although he was suspicious and jealous, he was not as terrifying as David. However, Saul is severely punished and dismissed from the throne. What was the problem?

He says verse nine, “I spared Agag and the best of the fat sheep and cows, the lamb and all the best.” Some argue that such a mean disposition was the problem. However, there are many such human beings, and David is no exception. Also, Saul said. Verses 20 and 21, “I obeyed the voice of the Lord and went on the path of the mission that the Lord had given me …. The soldiers.” He escaped responsibility, saying, “The soldiers.” is. You will also remember Adam’s sin, which rubbed sin against Eve. However, there are many people who blame others for their mistakes. Rather, the problem that Saul was not suitable as a king seems to be hinted at by the statement in verse fifteen. He said: “The soldiers have spared the best of sheep and cows to sacrifice to the Lord your God.” For Saul, Samuel’s God is “your God.” It was not “my god, our god”. Again, the problem is that Saul seemed to believe in God, but he didn’t. Saul later pleaded guilty. He fears people and confesses that he was not afraid of God. But it was not done face-to-face with the invisible God like David. After all, Saul was a superstitious believer who simply replaced the pagan god with the God of Israel. That may be true for us as well. Deception is a sin, and lies are sins. But more than that, a religious life that believes in God but does not recognize and obey Him as the Lord should also be called a mortal sin. Let’s approach God every day and live a life that lives in God, not just a religious life of form. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. What is the name of David’s father, Jesse’s grandmother? So, today’s Bible quiz. What kind of ethnic connection did Amalek have with Israel? The answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

 

* During the Futakotamagawa Bible Institute Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/

My wish is that the Bible will be a favorite reading for the people.