人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一16章 人はうわべを見るが、主は心を見る

16章 選ばれた後継者ダビデ

*English translation at the bottom

 

1.選ばれたダビデ

新しい指導者ダビデが選ばれていきます。神がどのような人を指導者として選ばれるのか。神の選びの原則は、「人が見るようには見ない。人はうわべを見るが、主は心を見る」とその違いが語られます。エッサイの家族の中から、ダビデが王として選ばれることなど、誰も思いつきもしないことでした。「末の子」という言い方には、単に年少であるという以上に、最も小さな者、つまり数に入らない者という意味もありました。ダビデは家族の中では、人選の内には入らなかったのです。ダビデは、王に選ばれるなど、ありえない人物でした。

旧約の考え方は、そのような意味で、新約が教えるものと連続性があります。たとえばパウロは「神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。また、この世の取るに足りない者や見下されている者を神は選ばれました。すなわち、有る者をない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです」(1コリント27-28)。と言っているようにです。

となれば、どんな人も神への期待を持ってよいのですし、「私なんかつまらない人間」とか「なぜ私は認められないのか」などといじけた心は捨て去ることです。神は、決してそのような人を忘れてはおられません。むしろ、自身の恥辱的な思いを神に委ねましょう。

2.神の業が起こる

サムエルは、この無名の青年ダビデに、油の角を取り、兄弟たちの真中で油を注ぎました。その日以来、主の霊がダビデの上に激しく下ったと言います。サウルにも霊は注がれました。しかしサウルは、その霊を守ろうとしませんでした(2テモテ6:20)。ペンテコステの日に、天から聖霊が下り、それによって弟子たちは偉大な働きをしました。神の聖霊は、私たち一人一人にいのちを与え、生活を変え、神の業を進めてくださるのです。

しかしそれにしても、そのような無名のダビデはどのような経過を辿って王となったのでしょうか。サムエル記は一つの興味深いエピソードを記載します。

サウルはサムエルの支持を失った後、深刻な不安に襲われ精神的な病に陥っています。「主の霊がサウルを離れ、主からの悪い霊が彼をおびえさせた」というのは、サムソンが神に敵対した状況に似ています。神に心が敵対する時に、神は、その者を守ることができません。サウルは人の助けを必要とするようになりました。ところが、そこにダビデを知る家来がいたのです。神は、しっかり築きあげられた人脈よりも、意図せぬほんの小さなつながりを用いられたのです。人が見向きもしない事柄、関心を向けないつながりをもって、神は私たちの人生にチャンスをもたらされます。

実際、サウルは、ダビデの素性など全く知りませんでした。サウルにとってダビデは、名もなき多数の一人に過ぎなかったのです。サウルは、ダビデの竪琴を喜び、ダビデを愛したと言いますが、サウルの関心は心を安らがせる竪琴の音にあって、竪琴を弾くダビデにはありませんでした。ダビデなどどうでもよい存在だったのです。少なくともこの時点でサウルは、美しい音色を奏でるこの人物がいずれ自分にとって代わるようになるとは全く考えもしなかったことでしょう。

実に不思議です。しかしこのような神の業を覚える時に、私たちには希望が生じます。神の業があればこそ、無名のダビデが、イスラエルの王であるサウルに近づき、サウルに召し抱えられることも起こる。それは、ヨセフが奴隷の身でありながら、小さなきっかけによってエジプトの大臣に導かれるのと似ています。

大切なことは、常識的な理解を超えて物事を進められる、主権を持った神がおられる、と認めることです。となれば、人に認められない思いで悩んでいる人も、自分を売り込むことに力を注ぐ必要はないし、ある地位に執着して、ことさら自分の権限を主張する必要もありません。神がご計画された以上は、私たちが思わぬ方法で、すべてが導かれていくのです。今日も、不思議をなさる主に自分の思いを委ねましょう。そして、ダビデが竪琴を引くことに心を込めたように、主に与えられた小さな務めに忠実でありましょう。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。アマレクは、イスラエルとどのような民族的なつながりのある民族であったでしょうか?答えは、エサウの孫、エリファズの子アマレクの子孫です(創世記36:12,16)。では、今日の聖書クイズを一つ、獄中にいるヨセフを思い出して、ファラオにつなげたのは、どちらでしょうか?①料理官長、②献酌官長、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

 

  1. Selected David

A new leader, David, will be selected. What kind of person does God choose as a leader? The difference is said in the principle of God’s choice, “We do not see as we see. People see the surface, but the Lord sees the heart.” No one could think of David being chosen as king from Jesse’s family. The phrase “youngest child” also meant the smallest, uncounted, rather than just young. David was not part of the selection in his family. David was an unlikely person, such as being elected king.

In that sense, the idea of ​​the Old Testament is continuous with what the New Testament teaches. For example, Paul said, “God chose the foolish ones of the world to disgrace the wise, and the weak ones of the world to disgrace the strong ones. God chose the one who was not and the one who was looked down upon, that is, the one who was equal to nothing in order to make the one like no one “(1 Corinthians 27-28). It seems to say.

In that case, any person can have expectations for God, and throw away the messy hearts such as “I’m a boring person” and “Why can’t I be recognized?” God never forgets such a person. Rather, let God entrust his own shameful feelings.

  1. God’s work happens

Samuel took the horns of oil and anointed this unnamed young man David in the middle of his brothers. Since that day, the Spirit of the Lord has fallen violently upon David. The spirit was also poured into Saul. But Saul did not try to protect the spirit (2 Timothy 6:20). On the day of Pentecost, the Holy Spirit descended from heaven, by which his disciples did great work. The Holy Spirit of God gives each of us life, changes our lives, and advances God’s work.

But even so, how did such an unnamed David become king? Books of Samuel describes one interesting episode.

After losing the support of Samuel, Saul suffered from serious anxiety and suffered from a mental illness. “The spirit of the Lord has left Saul, and the evil spirit from the Lord has scared him,” is similar to Samson’s hostility to God. When the heart is hostile to God, God cannot protect him. Saul now needs the help of others. However, there was a servant who knew David there. God used tiny unintentional connections rather than well-established connections. God brings opportunities to our lives with things that people don’t look at and connections that don’t pay attention to.

In fact, Saul didn’t know David’s identity at all. For Saul, David was just one of many unnamed people. Saul says he was pleased with David’s lyre and loved him, but Saul’s interest was in the soothing sound of the lyre, not in David playing the lyre. David was something that didn’t matter. At least at this point, Saul wouldn’t have thought that this beautiful-sounding person would eventually replace him.

It’s really strange. But when we learn this divine work, we have hope. Only with the work of God could an unnamed David approach Saul, the king of Israel, and be called upon by Saul. It is similar to Joseph being a slave, but being led by an Egyptian minister by a small trigger.

Conclusion

The important thing is to admit that there is a sovereign god who can do things beyond common sense. Then, even those who are suffering from unrecognized feelings do not have to focus on marketing themselves, nor do they have to be obsessed with a position and claim their authority. As long as God has planned, everything will be guided in a way we do not expect. Even today, let’s entrust our thoughts to the wondering Lord. And let us be faithful to the little duties given to the Lord, just as David was devoted to drawing the lyre.

 

First, yesterday’s quiz. What kind of ethnic connection did Amalek have with Israel? The answer is the grandson of Esau, the descendant of Amalek the son of Eliphaz (Genesis 36:12, 16). So, today’s Bible quiz. Which one did you connect to Pharaoh, remembering Joseph in prison? (1) Chief Cook, (2) Chief Dedication, the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

 

* During the Futakotamagawa Bible Academy Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/

My wish is that the Bible will be a favorite reading for the people.