人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一17章 この戦いは主の戦いだ

17章 ゴリヤテとダビデ

1.ゴリヤテのエピソード

このエピソードほど、子どもへの読み聞かせにピッタリのものはないでしょう。日本で言えば、金太郎や桃太郎のお話に匹敵するようなものです。つまり、今はまた違うかもしれませんが、子どもの頃には、金太郎や桃太郎の話をよく語り聞かせられたものです。そこには、勇気ある子どもに育っていくことが期待する親の願いもあったでしょう。イスラエルの子どもたちも同じであったと思います。ただこの物語には日本人の昔話にはなく、日本人の家庭では決して教えられない要素もあるのです。「イスラエルの戦陣の神、万軍の主の御名によって、お前に立ち向かうのだ」(45節)という、万軍の主への信頼と、「主が剣や槍を使わずに救うことを知るであろう。この戦いは主の戦いだ」(47節)という神による勝利という考え方です。自分が強くなって、その力で相手を打ち負かすのではない。むしろ、私たちには力はないとしても、神共にいませば、恐れるものなし、という心的態度です。

2.サウルの対応

さてそのストーリーですが、ゴリヤテという巨人が出てきます。身長は6キュビト半、つまり2.7メートル以上もあったと言います。その身長でどれだけ機敏な動きができたのかは疑問ですが、さらに聖書は、彼が青銅で、5000シェケル(約57キログラム)のよろいを身に着けていたと言います。ゴリヤテは一騎打ちを望みました。それはおそらく、イスラエルの誰よりも肩から上だけ背の高かったサウルに対する挑戦だったのでしょう。しかし、サウルは、これに応じようとしなかったのです。彼にそんな勇気はありませんでした。しかも情けないことにサウルは、自分の地位を守ることだけを考える指導者に成り下がっていたのです。

3.ダビデの応答

そこにダビデという若者が現れました。勇ましい青年のようですが、兄たちの面目を潰す、いささか人を不快にさせるところのある人物でした。彼は空気を読まずに突然現れて、サウルの関心を買い、サウルに認められています。しかし、先に16章において、ダビデはサウルに立琴の弾き手として、また道具持ちとして召し抱えられています。なのに、サウルがダビデを知らなかったかのように描かれているのは、どういうわけかと思うところです。サウルが相次ぐ戦争に時間を奪われダビデの琴を必要としなくなっている間に、ダビデも成長し、一見それと気づきにくい状態が生じたのかもしれません。あるいは、サムエル記を書いた著者が、ここに戦記物の資料から一つのエピソードを無理やり挿入したために起こった矛盾なのかもしれません。注解書を読んでも、私には、この点はよくわからないところがあります。

ともあれ、ダビデはイスラエルの神を侮辱するペリシテ人に怒りを燃やしています。ペリシテ人は生ける神について何も知らない、それがダビデの確信でした。しかしダビデは、こんな確信をどこで身に着けたのでしょう。彼の時代には、ダビデとゴリヤテの物語はありませんでした。ただ「主が剣や槍を使わずに救う」(47節)という言葉は、ヨシュア記24章のメッセージを思い浮かばせます。ヨシュアは、主のことばを代弁し、カナンの地を征服したのは「あなたがたの剣にもよらず、またあなたがたの弓にもよらなかった(12節)」主の助けによるものである、こと強調しています。つまり、初代教会の人々にとっての聖書は旧約聖書であったように、ダビデの時代の人々にとっての聖書はモーセ五書とヨシュア記であったということです。彼らは、モーセ五書とヨシュア記を、繰り返し読み聞かせられながら、大切な心的態度を養われたと言えるでしょう。

ともあれ全く勝つ見込みのない状況であれ、主が共におられるのであれば、普段使い慣れた石投げと一つの石、つまり自分のありのままの力で勝つことができるというわけです。かつて神はギデオンに「あなたのその力で行け」(6:14)と命じられましたが、私たちに勝ち目のない戦を強いられることがあっても、そこで落胆することがあってはなりません。主が共にいてくださるなら、恐れるものなしです。確かに、完璧に作られて、十分な勝算を見込んだ計画も水の泡と化すことはよくあることです。最も力有る者もその力を発揮できないことがあるものです。勝利を与えてくださるのは主であることを忘れてはならないのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。獄中にいるヨセフを思い出して、ファラオにつなげたのは、どちらでしょうか?①料理官長、②献酌官長、答えは献酌官長(創世記41:9)でした。では、今日の聖書クイズです。一本の毛を狙って石を投げて失敗することのない、700人の石投げの名手がいたのは、どの部族であったでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

 

Chapter 17 Goliath and David

  1. Goliath episode

Nothing is more suitable for reading to children than this episode. In Japan, it’s comparable to the stories of Kintaro and Momotaro. In other words, it may be different now, but when I was a kid, I was often told the story of Kintaro and Momotaro. There may have been a wish of parents who expected to grow up to be a courageous child. I think the children of Israel were the same. However, this story has some elements that are not found in Japanese folk tales and can never be taught in Japanese families. “I will confront you in the name of the LORD of hosts, the God of the war of Israel” (verse 45), and “knowing that the LORD will save you without using swords or spears.” Probably. This battle is the battle of the Lord ”(verse 47), the idea of ​​victory by God. You don’t get stronger and beat your opponent with that power. Rather, it is a mental attitude that even if we have no power, we are not afraid if we are with God.

  1. Saul’s response

Well, in that story, a giant named Goliath comes out. He says he was six and a half cubits, or more than 2.7 meters. It is doubtful how agile he was at that height, but the Bible also says he was bronze and wore an armor of 5,000 shekels. Goliath wanted a single combat. Perhaps it was a challenge to Saul, who was taller than anyone else in Israel. But Saul refused to respond. He didn’t have that courage. And sadly, Saul has become a leader who only thinks about protecting his position.

  1. David’s response

A young man named David appeared there. He seems to be a brave young man, but he was a little offensive to his brothers. He suddenly appeared without reading the air, gained Saul’s attention, and was recognized by Saul. However, earlier in Chapter 16, David was called by Saul as a player of the standing kin and as a tool holder. However, I wonder why Saul is depicted as if he didn’t know David. While Saul was deprived of time by a series of wars and no longer needed David’s kin, David may have grown and seemingly unnoticed. Or it may be a contradiction caused by the author who wrote the book of Samuel forcibly inserting an episode from the material of the war memorial here. Even after reading the commentary, I’m not sure about this point.

In any case, David is angry with the Philistines who insult the God of Israel. The Philistines knew nothing about the living God, that was David’s conviction. But where did David get this conviction? There was no story of David and Goliath in his time. However, the phrase “The Lord saves without using a sword or spear” (verse 47) is reminiscent of the message of Joshua chapter 24. Joshua spoke for the word of the Lord and conquered the land of Canaan with the help of the Lord, “not by your sword, nor by your bow (verse 12).” It emphasizes that. In other words, just as the Bible for the people of the Early Christianity was the Old Testament, the Bible for the people of David’s time was the Pentateuch and the Book of Joshua. It can be said that they cultivated an important mental attitude while reading the Pentateuch and the Book of Joshua repeatedly.

In any case, even if there is no chance of winning, if the Lord is with you, you can win with the stone throwing and one stone that you are accustomed to, that is, your own power. God once commanded Gideon to “go with your power” (6:14), but even if we are forced into an unbeatable battle, we must not be discouraged there. not. If the Lord is with you, there is nothing to be afraid of. Certainly, it’s not uncommon for a plan that is perfectly crafted and has a good chance of winning to turn into a bubble. Even the most powerful people may not be able to exert their power. Remember that it is the Lord who gives victory. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Which one did you connect to Pharaoh, remembering Joseph in prison? (1) Chief baker, (2) Chief cupbearer, the answer was (2)Chief Cupbearer,(Genesis 41: 9).So, today’s Bible quiz. Which tribe had 700 stone-throwing masters who could throw stones at a single hair and never fail? The answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

 

 

 

* During the Futakotamagawa Bible Institute Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/

My wish is that the Bible will be a favorite reading for the people.