人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一18章 あれにないのは王位だけだ

18章 ダビデの婿入り

  1. 器が小さかったサウル

ゴリヤテを倒したダビデは一躍英雄となりました。ただの羊飼いであった若者の人生が、脚光を浴びる様変わりしたものになっていくのです。しかもイスラエルの女たちは「サウルは千を打ち、ダビデは万を打った」と囃し立てました。ダビデの勝利からすれば自然な状況でした。しかし、サウルは「ダビデには万を当て、私には千を当てた。彼にないのは王位だけだ」と激怒します。サウルは、自分から人気が去ったことに気づきました。そして、彼以上に信頼を集め、認められる人物ダビデが登場すると、サウルは猜疑心と嫉妬心の塊と化し、やがて殺意にすら囚われていくのです。

私は、程度の差はあるものだと思いますが、器の小さいサウルは私たちと無縁ではないと考えます。一度自尊心が傷つけられて怒りが燃え上がってしまったり、嫉妬心が芽生えてしまったりすると、人は、なんとも手がつけられない行動をとるものです。人には、自分の欠点や過ち、起きてしまったことを、素直に認めて受け入れることができない弱さがあるのです。人は、本当の自分はそうじゃないのだ、自分はもっと評価に値する人物なのだ、と思う者でしょう。人は、現実的に自分がどのような人間であるか、ということを薄々感じていても、傷ついた心の故にそれを受け入れられないのです。自分の心の深奥、水面下を見つめ、本当の自分の姿をありのままに受け止めていけるかどうかは、その人の人間的な成熟度と関係しています。

2.サウルの解決

再びサウルは、ダビデの琴を必要としました。ダビデは、勇士ではなく琴弾きとして呼び出されています。しかし、ダビデは二度に渡ってまともにサウルの殺意をぶつけられています。サウルは、ダビデの隙を狙って、壁に彼を槍で突き刺そうとしました。また、娘を妻にする代わりにペリシテ人との争いをけしかけ、あわよくば彼を葬り去ろうとしました。しかし、サウルがダビデを排斥しようとする一切の試みは、逆効果となるばかりでした。

それは、主がダビデとともにおられ、サウルとはともにおられなかった、からです。サウルはダビデを恐れ、ダビデの敵となり続ける他ありませんでした。しかし、本来ならば、アベルを妬んだカインのように「罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」(創世記4:7)という、神のことばを彼は思い起こすべきであったのでしょう。サウルは、神の聖霊を受けていました。預言者の一人に数えられたこともあります。しかし、主と心が結びついた人ではありませんでした。つまり、神がサウルと共におられなかったのではなく、サウルが神と共にあることを求めなかったのです。

そこは私たちにとっても大切な点です。なぜならヨハネも言うとおり、神の愛は、十字架においてはっきりと示されたのであり、だれでも主の名を呼ぶ者と共に神はおられるからです。主の名を呼ぶ者は主の祝福を期待すべきです。自分が弱く思わされ、劣等感に苛まれ、人への嫉妬心で心が溢れそうになってもです。だからと言って、主がその人を見捨てられることはありません。むしろ、そのような時にも、あなたは、十字架の愛を示してくださった主を離れないと心に決めることです。「自分は神に見放されている」と思い込んでいるなら、決して新しい幸せな人生を始めることはできません。「神は私たちを幸せにしてくださる。愛する者に善を拒まれない」という確信を持ち続けることです。そしてあなたは過去の嫌な出来事は進んで忘れることです。つまらないことをいつまでも鬱々と考える習慣は止めることです。いつもキリストにある新しい心の習慣、赦しと愛の心の習慣を育てるように過ごすことです。そして、あなたはなかなか身に付きにくいそのような習慣が自分の心の習慣となるまで、神に養われていくことを目指すことです。そのためにの教会の集会、礼拝出席、祈り会の出席です。また神と良き時を過ごし、神の心に触れる聖書通読があるのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。一本の毛を狙って石を投げて失敗することのない、700人の石投げの名手がいたのは、どの部族であったでしょうか?答えは、ベニヤミン族(士師記20:16)でした。では、今日の聖書クイズです。サウルがダビデに花嫁料の代わりに求めた「陽の皮」とは何のことでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

 

Chapter 18 David’s son-in-law

  1. Saul, whose vessel was small

David who defeated Goliath became a hero. The life of a young man who was just a shepherd will be transformed into the limelight. Moreover, the Israeli women whispered, “Saul has slain his thousands, and David his tens of thousands.” It was a natural situation for David’s victory. However, Saul rages, “They have credited David with tens of thousands, but me with only thousands.” The only thing he doesn’t have is the throne.” Saul realized that he was no longer popular. And when David, a person who gains more trust and recognition than him, appears, Saul becomes a mass of suspicion and jealousy, and eventually he is even captured by murderous intent.

I think the small Saul is not unrelated to us, to varying degrees. Once self-esteem is hurt and anger burns up, or jealousy grows, people take actions that cannot be dealt with. People have weaknesses that they cannot honestly admit and accept their faults, mistakes, and what has happened. People will think that they are not really themselves, they are more worthy of evaluation. People can’t accept it because of their broken heart, even if they have a slight feeling of what they really are. Whether or not he can look deep into his heart, underwater, and take what he really is related to his personal maturity.

  1. Saul’s solution

Again, Saul needed David’s kin. David is called as a kin player , not a hero. However, David has been struck by Saul’s murderous intentions twice. Saul tried to pierce the wall with a spear, aiming for killing chance. Instead of having his daughter as his wife, he sought to quarrel with the Philistines and, hopefully, bury him. However, all attempts by Saul to dismiss David were counterproductive.

That is because the Lord was with David, not with Saul. Saul was afraid of David, and he had no choice but to continue to be David’s enemy. But, like Cain, who was jealous of Abel, “Sin is crouching at your door; it desires to have you, but you must master it” (Genesis 4:7). He should have remembered the word of God. Saul was receiving the Holy Spirit of God. He was once counted as one of the prophets. However, he was not a person who had a connection with the Lord. In other words, it wasn’t that God wasn’t with Saul, but that he didn’t want Him to be with Him. That is also an important point for us. Because, as John says, God’s love was clearly shown on the cross, and God is with anyone who calls the name of the Lord. Those who call the name of the Lord should expect the blessing of the Lord. Even if he feels weak, suffers from inferiority complex, and is almost overwhelmed by jealousy towards others. That does not mean that the Lord will abandon him. Rather, even at such times, you should decide not to leave the Lord who has shown the love of the cross. If you believe that you are forsaken by God, you can never start a new happy life.

Keep the conviction that “God makes us happy. He will not be rejected by his loved ones.” And you are willing to forget the bad things of the past. Stop the habit of thinking boring things forever. It’s about spending time nurturing new heart habits, forgiveness and love heart habits that are always in Christ. And you aim to be nourished by God until such a habit that is difficult to acquire becomes a habit of your heart. For that purpose, we attend church meetings, worship services, and prayer meetings. There is also a Bible reading that touches God’s heart, spending good times with God. I pray that today will be a good day.

 

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Which tribe had 700 stone-throwing masters who could throw stones at a single hair and never fail? The answer was the Tribe of Benjamin (Judges 20:16). So, today’s Bible quiz. What is the “foreskins” that Saul asked David for instead of bridal fees? The answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

 

* During the Futakotamagawa Bible Institute Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/

My wish is that the Bible will be a favorite reading for the people.