人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一19章 神の霊が臨み

19章 サウルとの決裂

*English translation is below;

  1. 命を救われるダビデ、ヨナタンとミカル

神は人格を有するお方です。つまり、人の行動に喜びもし、悲しみもするのです。イスラエルの栄光である方は、祭壇の向こうでただ鎮座しておられるようなお方ではありません。まさに人と心を交わし、喜怒哀楽を共にするお方です。そのような神と、日々、心を交わし、神の聖さ、義しさ、愛の深さを味わうことがあるなら、私たちが世俗の卑しい心のままに生きることはないでしょう。

サウルは神の存在を認めながら、嫉妬心に駆られ、ダビデを敵視し、ただダビデを殺すことに夢中になっていきます。これは、普通の人間の心理かもしれませんが、それは、まさに彼が神を認めながらも、神を知らないため、神と時を過ごし、神を味わい知ることのなかったため、と言えるのではないでしょうか。今日のクリスチャンも同じです。神を口にしながら、神を味わい知ることがなければ、世俗の妬み、憎しみ、苦々しい思いの中で、翻弄される日々を歩む他ありません。

6節、「サウルはヨナタンの言うことを聞き入れた。」この時点では、サウルはまだ抑制が効いていました。ですから、ヨナタンの理路整然としたとりなしにより、サウルは自分の思いが度を越していることに気づいて、関係を回復しようとしています。ダビデも宮廷に戻ることができました。しかしそれは、あくまでも一時的なものです。人間の心は、そんなに容易く修正されることはないのです。

8節、再び戦いが起こった、とされます。著者はこの戦いの結果、サウルの嫉妬心が再燃したことを語ります。そしてサウルも抑制を利かせられなくなり、とうとうサウルとダビデの関係も、破綻してしまうのです。

2.匿われるダビデ、サムエル

追い詰められたダビデが助けを求めたのはサムエルでした。サムエルは、ギブアから歩いて1時間のラマに住んでいました。彼はひっそりと暮らしていたのではなく、そこで預言者学校を営んでいたようです。サムエルはダビデを受け入れ匿いました。サウルは諦めませんでした。ところが、追跡隊が、そこで主の霊の働きに次々と捕らえられていくのです。仕舞には、自分から出て行ったサウルも主の霊に捕らえられました。しかも彼は激しい恍惚状態に陥り、24時間無意識で裸のまま倒れて預言をしていた、と言います。一帯これは何を言おうとしているのでしょう。

主の霊の働きが、サウルとダビデの関係を裂いています(9節)。かと思えば今度は、同じ主の霊の働きが、ダビデを殺めようとするサウルに待ったをかけ続けるのです。しかもカルト的な現象が起こる記録、何の意味があるのか、と考えます。このようなところがあるから宗教は気味が悪い、と思わされるようなところですし、そもそも、意味不明です。

ダビデは、一躍王の婿に抜擢されたかと思ったのも束の間、自らの命をひたすら守る逃亡者となっていきます。ダビデは、サウル亡き後、いずれ繁栄を極めていくのですから、それは必要な時代であった、と言っても、この時のダビデには納得できなかったことでしょう。いわれ無き濡れ衣を着せられ、誤解に誤解を重ねられ、全く評価もされず、足蹴に放り出され、むしろもう終わりだと思ってしまうような時代です。このような時に、人は先が見通せないので辛い思いをするわけです。

ただ彼は神の配慮を何も受けなかったわけではありません。根本的な解決ではなくても、神は、ヨナタンにダビデをいつくしむ心を与えられました。またミカルにダビデを救う心を与えてくれました。ダビデの居場所が発覚した際も、神は、追っ手に混乱を与えダビデが捕まらないようにしてくださいました。神はダビデを取り囲む人々に、確かに働き、ダビデの希望をつないでくださったのです。ということは、いのちある限り、希望はあると心得るべきでしょう。私たちの主は善き方です。運が悪い、運がよいと、漠然と物事が動いているわけではありません。物事をよきに進めてくださっている神がおられるという信仰に生きることです。この最悪の時代にも「主の霊」が動いている、となれば、この先があると考えることです。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。サウルがダビデに花嫁料の代わりに求めた「陽の皮」とは何のことでしょうか?答えは、男性の生殖器の包皮のことです。割礼の際に切り取られるもので、ある意味で、無割礼のペリシテ人に対して、割礼を授ける羞恥を与えたということです。では、今日の聖書クイズです。ダビデの父、エッサイの祖母の名は何というでしょうか?①エバ、②ルツ、③エステル、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

 

*二子玉川聖書学院聖書通信講座開講中、旧約概論や新約概論と本ブログを合わせて学ぶことで、聖書を体系的に全体的に理解できるようになります。偏りのないしっかりとした信仰を持ってまいりましょう!詳しくはこちら

 

<天草さんのフォローアップ>

パスターまことの聖書通読一日一章をフォローし、さらに掘り下げにチャレンジしている、天草さんのサイトはこちら⇒「天草幸四郎」http://progress-to.jugem.jp/

私の願いは、聖書が国民の愛読書になることです。

Chapter 19 Breaking with Saul

  1. David saved his life

God is a person with a personality. In other words, God is happy and sad about what people do. God, the glory of Israel, is not just sitting behind the altar. He is a person who exchanges hearts with people and shares emotions. If we interact with such a God every day and enjoy the holiness, righteousness, and depth of love of God, we will not live in a worldly unclean heart.

While acknowledging the existence of God, Saul is driven by jealousy, hostile to David, and becomes obsessed with just killing David. This may be normal human psychology, perhaps because he acknowledged God but did not know him, so he spent time with him and never tasted him. The same is true for Christians today. If you don’t taste and know God while speaking to God, you have no choice but to go through the days of being tossed in the envy, hatred, and bitterness of the world.

Verse 6, “Saul listened to Jonathan.” At this point, Saul was still in control. So, with Jonathan’s coherent intercession, Saul realizes that his thoughts are overkill and is trying to restore his relationship. David was also able to return to the court. But it’s only temporary. The human mind cannot be changed so easily.

In verse eight, it is said that the battle has happened again. The author says that Saul’s jealousy reignited as a result of this battle. And Saul can no longer be restrained, and finally the relationship between Saul and David collapses.

  1. Hidden David

It was Samuel that the cornered David asked for help. Samuel lived in Lama, an hour’s walk from Gibua. He did not live quietly, where he seemed to run a school of prophets. Samuel accepted and hid David. Saul did not give up. However, the pursuit team is captured one after another by the work of the Lord’s spirit there. In the end, Saul, who had left himself, was also captured by the Spirit of the Lord. Moreover, he is said to have fallen into a state of intense ecstasy, unknowingly falling naked for 24 hours and prophesying. The whole area What is this trying to say?

The work of the Lord’s spirit is breaking the relationship between Saul and David (verse 9). But this time, the spiritual work of the same Lord continues to wait for Saul to kill David. Moreover, I wonder what the meaning is of the record in which a cult-like phenomenon occurs. Because of this, religion seems to be creepy, and in the first place, it doesn’t make sense.

David becomes a fugitive who saves his own life for a short while, even though he thought he was appointed as the son-in-law of the king. David would be extremely prosperous after Saul’s death, so even though it was a necessary time, he would not have been convinced at that time. It’s an era when people are falsely accused of being falsely accused, misunderstood and misunderstood, not evaluated at all, thrown into kicks, and rather thought to be over. At times like this, people have a hard time because they can’t see ahead.

But that doesn’t mean he didn’t receive any divine consideration. Even if it was not a radical solution, God gave Jonathan the heart to love David. He also gave Michal the heart to save David. When David’s whereabouts were discovered, God confused the pursuit and prevented him from being captured. God worked for the people around David and continued to give him hope. So, as long as you have life, you should know that there is hope. Our Lord is good. If you’re unlucky or lucky, things aren’t moving vaguely. Living in the belief that there is a God who is doing things well. If the “spirit of the Lord” is moving even in this worst time, it means that there is a future. I pray that today will be a good day.

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. What is the “foreskin(yo-nokawa in Japanese)” that Saul asked David for instead of bridal fees? The answer is the foreskin of the male genitals. It is cut off during circumcision, and in a sense, it gives the uncircumcised Philistines the shame of giving them circumcision. So, today’s Bible quiz. What is the name of David’s father, Jesse’s grandmother? (1) Eve, (2) Ruth, (3) Esther, the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.

* During the Futakotamagawa Bible Institute Bible Correspondence Course, you will be able to systematically understand the Bible as a whole by studying the Old Testament and New Testament in combination with this blog. Bring a well-balanced and solid faith! ➡ Click here for details

 

<Follow-up of Mr. Amakusa>

Click here for Amakusa-san’s site, where you follow one chapter of the Bible reading of Makoto Paster and take on the challenge of digging deeper. ⇒ “Koshiro Amakusa” http://progress-to.jugem.jp/