人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一23章 彼は下ってくる

23章 仕切りの岩
*English Translation is below
1.ケイラでのダビデの苦闘
ペリシテ人がケイラを攻めて、打ち場を略奪しました。収穫期の終わりを狙った行為でした。その知らせはダビデのもとに寄せられました。イスラエルの王サウルは、ペリシテ人討伐よりも、自分の地位を守り、ダビデを追い詰めることに必死でした。しかしこれも人間の現実でしょう。組織の長として組織の発展を考え引っ張っていくべきなのに、彼は、ただ自分の立場を揺るがす者に目を光らせ、そのような人々を締め出そうとする。それは、サウルに限ったことではありません。そのような組織の中に置かれてしまう不幸はあるものでしょう。しかし、そのような経験の中でも、人は、望みを捨ててはなりません。むしろダビデがそうであったように、人は、心腐らせず、天を仰ぎ、正しいことを行うことです。保身をあれこれ考える人間に天の守りはありません。むしろ、試練の中にあっても、あなたは神が与えてくださっている使命を思い起こし、迷うことなく、そこに立ち戻っていくことです。ダビデは、イスラエルの救出の使命に立ち戻り、ケイラ奪回作戦を展開し、その戦いに勝利を得ました。
この時、ダビデは詩篇31篇を作ったとされています。ダビデはケイラの町での戦勝を喜び、「【主】はほむべきかな。主は堅固な城壁の町の中で私に奇しい恵みを施してくださいました。(21節)と賛美しています。ダビデは、このケイラの町を自分の根城にしようと考えたようです。彼らはダビデに恩義を感じて、自分たちに忠誠を尽くしてくれると思ったのでしょう。しかし、それほど物事は単純には進まないものです。サウルが町を攻めてくる噂が起こると、ケイラの人たちは、いとも簡単にダビデを見捨てるのです。人間というのは、全く薄情なものです。
2.さらに奥の荒野へと彷徨うダビデ
ダビデは600人の部下と共にケイラを後にしました。ダビデの心の動揺は、同じ詩篇31篇によく伝えられています。ダビデは告白します、「死人のように私は人の心から忘れられ壊れた器のようになりました。」(12節)。彼は揺れていました。実際のところ、神を信じていても怖いものは怖いのです。そんな折に、神は、ダビデに無二の親友ヨナタンを遣わし、励ましを与えています。しかし、人から励ましを受けても、心の恐れが霧散するわけではないでしょう。不安の根本的解決は、神の慰めと励ましを得ることにおいて他にありません。ダビデは、神を待ち望み、こう祈りました。「私の時は御手の中にあります。私を救い出してください。敵の手から追い迫る者の手から。」(15節)。ダビデは自分のあらゆる事柄が神の御手の中にあることを知っていました。彼はこの事件を通して、目に見えない神に完全により頼むことを教えられたと言うべきでしょう。
同じ詩篇の中で、ダビデはこう告白しています。「私はうろたえて言いました。「私はあなたの目の前から断たれたのだ」と。しかし私の願いの声をあなたは聞かれました。私があなたに叫び求めたときに。」(22節)人生は複雑です。そんなに簡単に逆風の向きが変わることはありません。ダビデの逃亡先がサウルの耳に伝えられ、ダビデの知らぬところで、ジフ人たちが、ダビデをサウルの手に渡す密約を交わす。こんなことが次々に重なり、ますます状況が悪くなる。そんな時には、試練は訓練のためにある、などと自分に言い聞かせるのも難しくなってくるものでしょう。やはり神などいるものか、自分はもう終わりだと思ってしまうのではないでしょうか。ダビデも同じです。ダビデはこの時、詩篇54篇も書いて、こう祈っているのです。「神よあなたの御名によって私をお救いください。あなたの力強いみわざによって私を弁護してください。神よ私の祈りを聞いてください。私の口のことばに耳を傾けてください。見知らぬ者たちが私に立ち向かい横暴な者たちが私のいのちを求めています。彼らは神を前にしていないのです。セラ」
必死に神にしがみついて、神の助けを祈るダビデの姿が印象的です。この時ダビデは、この困難の後、自分がどれほど輝かしい未来に与るかなど、つゆ知らずにいました。悩みの時に、諦めてしまえばそれまでです。実際、土壇場の土壇場で神は奇跡的に介入されています。ペリシテ人が突入してきたために、サウルは追撃をあきらめなくてはならなかったのです。
ダビデは、告白します「見よ神は私を助ける方。主は私のいのちを支える方。神がすべての苦難から私を救い出し私の目が敵を平然と眺めるようになったからです。」(詩篇54:4,7)苦難の山を乗り越えたダビデに学ぶ霊的法則は、この暗黒の時に、さらに謡われた詩篇27:14に明らかです「待ち望め【主】を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め【主】を。」たとえ不利な状況にあっても、淡々と神のことばを信頼していくことで、神が働かれたことを記念する仕切りの岩を築く、神の恵みを味わう経験をすることができるものです。確かにすべてを動かす鍵は、神にあるのです

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。ケイラとアドラムの間にある山を、当時は何と呼んだでしょうか?①ハレテの森、②エフライムの森、③レバノンの森、答えは①ハレテの森でした。では、今日の聖書クイズです。マオンの町の有力な資産家の妻で、後に、ダビデの二番目の妻になった女性は誰でしょうか?①アビガイル、②ルツ、③ミカル、答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 23 Partition Rock
1. David’s struggle in Kayla
The Philistines attacked Keila and plundered the battlefield. It was an act aimed at the end of the harvest season. The news came to David. Saul, king of Israel, was more desperate to defend his position and hunt down David than to subdue the Philistines. But this is also human reality. As the head of the organization, he should think about and lead the development of the organization, but he just keeps an eye on those who shake his position and tries to keep them out. It’s not just about Saul. Unfortunately, one will be placed in such an organization. But even in such a hard situation, one must not give up hope. Rather, as David did, one is to look up to heaven and do the right thing, without heartbreak. There is no heavenly protection for human beings who think about self-protection. Rather, even in the midst of trials, you should remember the mission that God has given you and return to it without hesitation. David returned to his mission to rescue Israel, launched an operation to recapture Keila, and won the battle.
At this time, David is said to have made his Psalm 31. David was delighted with the victory in the city of Keila and praised, “Praise be to the Lord, for he showed his wonderful love to me when I was in a besieged city (Ver. 21). It seems that David wanted to make this town of Keila his roots. They would have benefited David and thought he would be loyal to them, but that’s not the case. It simply doesn’t go on. When rumors of Saul attacking the city occur, the people of Keila easily abandon David. Humans are utterly ruthless.
2. David wanders further into the wilderness
David left Keila with 600 men. David’s emotional upset is well documented in the same Psalm 31. David confesses, “I am forgotten by them as though I were dead; I have become like broken pottery.” (ver. 12). He was shaking. In fact, even if you believe in God, what is scary is scary. At that time, God sent David his best friend, Jonathan, to encourage him. However, even if you receive encouragement from people, the fear of your heart will not be dissipated. The ultimate solution to anxiety is to get God’s comfort and encouragement. David longed for God and prayed: “My time are in your hands; deliver me from my enemies and from those who pursue me.” (Ver.15). David knew that everything he had was in the hands of God. It should be said that he was taught to ask the invisible God completely through this incident.
In the same poem, David confesses: “In my alarm I said, “I am cut off from your sight”! Yet you heard my cry for mercy when I called to you for help (Ver. 22). Life is complicated. The direction of the headwind does not change so easily. David’s escape is told to Saul’s ears, and where David is not, the Ziffs make a secret agreement to hand David into Saul’s hands. These things happen one after another, and the situation gets worse and worse. At such times, it will be difficult to tell yourself that the trials are for training. Perhaps there is a god, and I think I’m done. The same is true for David. David also wrote his Psalm 54 at this time, and he prays: “Save me, O God, by your name; vindicate me by your might. Hear my prayer, O God; listen to the words of my mouth. Strangers are attacking me; ruthless men seek my life- men without regard for God. Selah. ”
The appearance of David desperately clinging to God and praying for God’s help is impressive. At this time, David was unaware of how bright the future he would be after this difficulty. If you give up when you are in trouble, that’s it. In fact, at the last minute, God is miraculously intervening. Saul had to give up his pursuit because of the Philistines rushing in.
David confesses, “Surely God is my help; the Lord is the one who sustains me. For he has delivered me from all my troubles, and my eyes have looked in triumph on my foes.” (Psalm 54:4,7) The spiritual law learned from David over the mountains of hardship is evident in Psalm 27:14, which was further sung in this darkness. “Wait for the Lord; be strong and take hear and wait for the Lord.” Even in a disadvantageous situation, by trusting the word of God, we will build a partition rock to commemorate the work of God. You can experience the grace. Certainly, the key to moving everything is in God.

<Quiz corner>
First, yesterday’s quiz. What did you call the mountain between Keilah and Adullam at that time? (1) Hareth Forest, (2) Ephraim Forest, (3) Lebanese Forest, the answer is (1) Hareth Forest, So, today’s Bible quiz. Who is the wife of a leading wealthy man in the town of Maon, who later became David’s second wife? (1) Abigail, (2) Ruth, (3) Michal, the answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.