人生💯倍の祝福😊【聖書】サムエル記第一25章 主は害を加えさせなかった

25章 ダビデとナバル

*English translation is below;

  1. ダビデのありのままの姿

ダビデには600人の部下がいました。彼は、部下を養うためには、何かをしなくてはなりませんでした。そこでダビデは、かつてナバルという人物に恩を売ったことを思い出すのです。ナバルの意味は「愚か者」ですが、親が彼にそのような名前をつけるとは思われないので、おそらく本当の名前をもじったあだ名なのでしょう。しかしこの男は、その名の通りの人生の結末を迎えてしまうのです。

彼は、農夫たちの中では一番の金持ちでした。そこでダビデは、自分の部下を数人遣わして、彼らの財産を守ったことについて、その報酬を求めたのです(8節)。しかしナバルは、非常に乱暴な答え方をして、ダビデの部下を追い返してしまうのです。しかも、ナバルは、ダビデを「脱走した家来」と呼び、神がダビデを王として立てられたことを認めようとはしませんでした。

恩を仇で返され、その存在すら軽んじられてしまう、ダビデはこのような非礼に対しては、仕返しをする十分な理由がある、と思わされたのでしょう。ダビデは、部下に武器を持たせると、400人の部隊を組織して、ナバルどころか一家を皆殺しにするために出かけていくのです。24章では、ダビデはサウルに手を下さず、人間として実に立派な態度を貫いたのですが、その直後には、全く粗野な罪人の姿をさらしているのです。そこには自制心の一欠片もありません。ナバルのわずかな侮辱の言葉で憤り、復讐心を行動に移しているのです。いじめられっ子が逆に自分の意になるものを苛めるような、なんとも浅ましい姿をダビデはさらしています。

2.聖書の本質的なメッセージを見抜く

ダビデの物語をどのように、適応すべきか。多くの人は、ダビデの試練に自分の試練を重ねて読むものでしょう。確かに、苦難にあってはダビデに自分を重ねて、神の恵みを仰ぐのです。しかしそれは表面的な読み方です。実際、私たちはこのような野蛮なダビデを自分に重ねることはしないからです。大切なのは、私たちは、ダビデの生涯を読みながら、単純に自分に重ねるのではなく、神がその物語を通して語ろうとしている本質的で霊的なメッセージを理解することです。

つまり、サウルに対する霊的な勝利と思われるエピソードは、必ずしも彼の品性に基づくものではない、ということに私たちは気づかなくてはなりません。むしろ著者が小サウルとも言うべきナバルのエピソードを取り上げるのは、些細な侮辱を見過ごしにできず怒り狂うダビデを描くためです。そしてここに既に、後のダビデの過ちの萌芽は現れていることを示しているのです。サムエル記は、ダビデの勇壮を描きながら、歴代誌同様にダビデを英雄視してはいません。サムエル記は、神の前にあるダビデの浮き沈みを、そのまま描いているのであって、神がそのようなダビデを丸ごと受け入れ、愛されていることを知ることが大切なのです。サムエル記の主役は、サムエルでも、ダビデでもなく、神なのです。

ですからダビデが、復讐の罪に陥り、最悪の結果をここに記録されずに済んだのは、一重に、アビガイルの機転によるものでした。全く、ダビデの生涯も地位も、神のあわれみによるものであって、ダビデ自身の品性や、才能や、能力によらない、ということを理解すべきなのでしょう。

そのような意味では、私たちが教えられるべきことは、自分自身の人生に主の恵みが強く表されることを祈り、求め続けることです。欠乏にあっては天来のマナを求め、また、復讐に値する侮辱に際しても、ただ復讐するのは主であると神にすがる人生を歩み続けることです。つまり、日々刻々、一瞬一瞬神に寄り頼んで生きる姿勢が大事にされなくてはなりません。どんなに誘惑に打ち勝った経験があろうと、どんなに聖められた経験をしたとしても、それは、永続的なものではなく、日々刻々の勝利です。私たちの勝利は、天に宝を積むことになりますが、地においては、その時々の勝利に過ぎません。いつでも、私たちは次の戦い、次の戦いへと備えられなくてはならないのです。では今日もよき一日となるように祈ります。

 

<クイズコーナー>

最初に、昨日のクイズです。エン・ゲディは、どこの荒野にあった町であったでしょうか。①シュルの荒野、②ユダの荒野、③パランの荒野。答えは、②ユダの荒野でした。では、今日の聖書クイズです。ナバルが住んでいたカルメルと、エリヤがバアルの預言者と対決したカルメルは、同じものでしょうか?違うものでしょうか?答えはまた明日、では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 25 David and Nabal

  1. The true appearance of David

David had 600 subordinates. He had to do something to feed his men. So David remembers that he once sold his favor to a man named Nabal. Nabal means “fool”, but it’s probably a nickname for the real name, as parents don’t think he would give him such a name. But this man, as the name implies, ends his life.

He was the richest of the farmers. So David sent several of his subordinates to seek compensation for protecting their property (verse eight). However, Nabal gives a very violent answer and drives out David’s men. Moreover, Nabal called David an “escaped servant” and refused to admit that God had made David the king.

David would have thought that there was good reason to revenge for such disrespect, as his grace was returned and even his existence was disrespected. With his men armed, David organizes a unit of 400 and goes out to kill his family, not just Nabal. In Chapter 24, David did not touch Saul and maintained a very good attitude as a human being, but shortly after that, he exposed the appearance of a completely crude sinner. There is no fragment of self-control there. He is indignant at Nabal’s slightest insults and puts his revenge into action. David exposes a very shallow figure in which a bullied child, on the contrary, harasses what he wants.

  1. See through the essential message of the Bible

How should David’s story be adapted? Many will read David’s trials on top of his own. Certainly, in times of hardship, he puts himself on David and seeks the grace of God. But that’s a superficial reading. In fact, we don’t superimpose such a barbaric David on ourselves. It is important for us to read David’s life and understand the essential and spiritual message that God is trying to tell through the story, rather than simply overlaying it on ourselves.

In short, we must be aware that what appears to be a spiritual victory over Saul is not necessarily based on his character. Rather, the author takes up the episode of Nabal, which can be called a small Saul, in order to depict David who is angry and cannot overlook the trivial insult. And here already shows that the sprouting of later David’s mistakes has emerged. Books of Samuel portrays David’s heroism, but does not view David as a hero like Chronicles. The book of Samuel depicts the ups and downs of David in front of God as it is, and it is important to know that God accepts and loves such David in its entirety. The protagonist of the book of Samuel is not Samuel or David, but God.

So it was solely due to Abigail’s wit that David was guilty of revenge and did not record the worst results here. Indeed, it should be understood that David’s life and status are due to God’s mercy, not to David’s own personality, talent, or ability.

In that sense, what we need to teach is to pray and continue to seek the strong manifestation of the Lord’s grace in our own lives. In deficiency, we seek heavenly mana, and in insults that deserve revenge, we just continue to live a life of God that revenge is the Lord. In other words, the attitude of living by relying on God moment by moment must be valued day by day. No matter how much temptation you have overcome, no matter how holy you may be, it is not a lasting one, but a day-to-day victory. Our victory will be a treasure in heaven, but in the earth it is only an occasional victory. At any given time, we must be prepared for the next battle, the next. I pray that today will be a good day.

<Quiz corner>

First, yesterday’s quiz. Where was En Gedi in the wilderness? (1) Shur wilderness, (2) Judas wilderness, (3) Paran wilderness. The answer was (2) the wilderness of Judas. So, today’s Bible quiz. Is Carmel, where Nabal lived, and Carmel, where Elijah confronted Baal’s prophet, the same? Is it different? The answer is tomorrow, and I pray that today will be a good day.